関帝堂書店テークアウト(横浜中華街2020年6月2日-)

※前の記事 私の新刊 畠智慧・作 三国志 燕虎物語(こどもの本2011年5月号 5月1日)

 2020年6月19日金曜日16時12分上野駅発で横浜中華街に向かう。途中、後続の列車が遅れ、それに合わせて遅れる。17時前に石川町駅に到着。神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店へ。

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 三国志断簡 空明の哥(2004年7月28日発行)

※新規関連記事 英雄大戦 曹操対ハンニバル(2004年10月)

※新規関連記事 関帝堂書店テラスカフェ(2020年8月12日-)

※新規関連記事 関帝堂書店ブックカフェ(2020年9月6日-)

・再開ステップですよ
https://8790073586.amebaownd.com/posts/8392087

※関連記事 多謝カード(ブックカフェ関帝堂書店2020年6月2日-)

・6月2日開港記念日ですよ
https://8790073586.amebaownd.com/posts/8376875

 上記関帝堂書店のブログ記事にあるように、新型のやつ感染拡大防止のため行政からの休業要請に応じ臨時休業中だったBOOKS&CAFE関帝堂書店は2020年6月2日から、上記ブログ記事「6月2日開港記念日ですよ」から引用するに「販売部…通路に面した本・雑貨の販売。/喫茶部…コーヒー持ち帰りのみ。店内利用不可。」とのこと。「コーヒー持ち帰りのみ」とあるけど、その2日後の「再開ステップですよ」を見ると、メニューが増えている。まぁ、その様子を見に行くのが今回の目的。


  

 今まで店内への出入り口には「当面の間/店内席カフェ利用は自粛で。」という張り紙が貼ってた。まず販売部だけど、廊下に面した本棚を見ると、結構、三国関連のがある。それで喫茶部は白い棚の一つの穴から商品を受け取るようになっているのとは別に、そこから右上のガラスのパネルが一つ空いてて小窓のようになっていてそこからお金のやり取りができるようだね。つまり廊下と店内との境界がカウンターっぽくなっていた。

  

  

 白い棚の穴にはポップがたっていて、そこに「持ち帰りドリンクメニュー」が書かれていって、まとめると、
  コーヒー 450円
  カフェオレ 500円
  ミルクココア500円
  杏仁ミルクセーキ 600円
となる。もちろん杏仁ミルクセーキ600円を!

  

※次の記事 横浜→神戸 三国志ブックカフェ杏仁ハシゴ(2020年6月19日→20日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5377