マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!(2000年4月10日発行)


※前の記事 餃子専門舗 三國志(大阪府交野市、東大阪市)

 2019年6月29日土曜日16時すぎ。横浜中華街にいて、神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店に向かう。鉄観音を注文。『孔明のヨメ。』3巻だった、三国志フェス2013レポと三国志祭レポ

・横濱バザール
http://yokohamabazaar.com/

・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店
http://kanteido.com/

※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日)

※新規関連記事 人形劇三国志 君主と軍事・謀臣たち(川本喜八郎人形ギャラリー2019年7月7日-)

   

※関連記事
 孔明のヨメ。 3巻(2014年2月6日)
 ヨメウラ三国志(2013年12月2日)
 メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日)
 第七回三国志祭(2013年10月13日14日)
 特別展『三国志』事前取材レポート(2019年6月1日)

 そこで宮崎正勝/監修・たかもちげん/画『マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!』(三笠書房2000年4月10日発行)を見かける。パラパラと見ると、pp.93-128が「第三章 分裂の世紀 ――三国志と南北朝」で、その三国部分は赤壁がメインだった。

※関連記事 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日)

・三笠書房
https://www.mikasashobo.co.jp/c/


 それで次のイベントでご一緒するんで(というよりそのイベントの主催者)、折角なんで、来てもらおうと誘ったのが、楪らくさん。関帝堂書店の本で楽しんでいらっしゃったようで何より。

※次の記事 メモ:冷艶鋸鑑賞会という名の三国志会@横浜中華街(2019年6月29日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5017