邪馬台国からヤマト王権へ(東京都新宿区2019年6月2日)

下記関連記事の続きで講座を紹介。

※関連記事 中国×日本『三国志』版画の中の風と霧の表現(立命館孔子学院2019年5月30日)

下記サイトの下記ページによると、東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階 朝日カルチャーセンター新宿教室にて2019年6月2日日曜日13時から16時15分まで東京大学名誉教授 佐藤信先生による講座「邪馬台国からヤマト王権へ 最新古代史研究」があるという。「会員 6,480円 一般 7,776円」とのこと。

・朝日カルチャーセンター | 新宿教室
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/

※関連記事 「魏志」東夷伝の世界(東京都新宿区2019年5月19日)

・邪馬台国からヤマト王権へ
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/cd1a265d-4984-e47b-fc0e-5c430b0fc121

※関連記事 中国古代家族史研究 秦律・漢律にみる家族形態と家族観(2012年2月)


上記の講座のページより内容を下記に引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本列島の古代史像は、発掘調査成果や出土文字史料の発見、そして国際的視角などによって、大きく変容してきています。本講座では、焦点となる各時代の歴史動向について、史料にもとづく最新の研究状況をもとに、改めてあたらしい古代史を通観したいと思います。
 邪馬台国からヤマト王権へ…『漢書』『後漢書』の小国群、「魏志倭人伝」の邪馬台国(卑弥呼)から、『宋書』の倭国(倭の五王)へと、中国正史にみえる倭の政権は展開しています。これと、弥生時代、古墳時代の遺跡の様相や『古事記』『日本書紀』の記事などをつきあわせて、列島におけるヤマト王権の展開への道を再検討します。(講師記)

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※新規関連記事 初心者にもわかる三国志 関羽の謎(千葉県千葉市2019年6月8日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4922