『全訳 封神演義』(全四巻)の出版に関連して(東方 444号2018年2月5日発行)

※前の記事 コミックに広がる中国的世界(2019年3月16日)

 2019年3月16日土曜日開催の中国古典小説研究会2018年度関東例会の午後のシンポジウムで配布された資料に二階堂善弘「『全訳 封神演義』(全四巻)の出版に関連して」『東方』444号東方書店2018年9月5日発行pp.9-13のコピーがあって、後日、読むと少しだけ三国ネタがあったね。あと表題の『全訳 封神演義』も二階堂先生が訳者の一人ね。

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※関連記事 美しい中国 合肥(人民中国 2019年1月5日発売)

・今月の『東方』
https://www.toho-shoten.co.jp/toho/tohonew.html

※関連記事 中国版画散策 第44回(東方 451号2018年9月5日発行)

・関西大・二階堂研究室 NIKAIDO Yoshihiro - 関西大学
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~nikaido/

※関連記事 リンク:関帝信仰と周倉(2014年4月1日)

・勉誠出版 --HOME
http://bensei.jp/

※関連記事 サブカルチャーとしての三国志(現代中国のポピュラーカルチャー 勉誠出版2007年3月)

・スーパーサイキック仙人アクション!―『全訳 封神演義』全4巻完結特集
http://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=9536


 はじめの方で三国ネタが出てくるのだけど、『封神演義』由来の財神が定着してるって流れで、下記に引用するように出てくる。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財神では、他に趙公明と文財神の比干、武財神の関帝(関羽)が祀られることもあります。これも、関羽は『三国志演義』で知られるものですが、比干は『封神演義』で有名です。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それで日記パートに戻るのだけど、東京メトロ東西線で戻って「MANGA<スタイル>の海外への伝播と変容 最終報告会」のの明治大学中野キャンパスにもどってきた。

・科研費シンポジウム「MANGA<スタイル>の海外への伝播と変容 最終報告会」を実施します | 明治大学
http://www.meiji.ac.jp/nippon/info/2018/6t5h7p00000u2hkl.html

 会場についたのが18時25分でやはり総合討議・質疑応答の時間だったけど、18時30分できっかり終わるだなんて!18時45分、昼と同じ百均ショップでタルタルコロッケロールとふんわり玉子蒸しケーキ4個セット、ココナッツクッキーを買う。全部プライベートブランド。列車を乗り継いでマンガ喫茶へ。20時40分、三国志ニュースの記事「善書-華僑・華人の人生訓(2011年9月2日)」をふんわり仕上げた。Netflix でSci-Fiドラマ『スター・トレック ディスカバリー』#2-9を見る。プロジェクト・ダイダロス、そんな切ない!

・Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!
https://www.netflix.com/

・スター・トレック: ディスカバリー | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
https://www.netflix.com/title/80126024

※関連記事 鄭問之三國誌 1(1999年10月30日)

※新規関連記事 中国歴史読本(2018年5月27日)

 続いてNetflixでアニメ『盾の勇者の成り上がり』を見る。

・TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』
http://shieldhero-anime.jp/

※関連記事 メモ:臥龍梅(2019年3月2日清見寺参拝)

 飲み物をとりにいくと、『はじめの一歩』124最新巻がかえってきていて読んだ。ツイッターでも話題になっていた自首シーン、どんなトンデモ展開になっているかとおもったら「丸く」おさまっていた。おもしろいね。26時30分就寝。

※次の記事 中国の民話《薬草編》下巻(1987年12月)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4903