漢三國西晉鏡銘集成(横浜ユーラシア文化館2015年3月-)

下記のTwitter AccountのStatusなどで知ったこと。

・キリエ‏ (Kyrie0359) on Twitter
https://twitter.com/Kyrie0359

・Twitter / Kyrie0359: 近場で何か面白そうな企画展やってないかなぁ…、と思って探したら、なかなか興味深いものが上がっていたのでご報告。 横浜ユーラシア文化館『漢三國西晉鏡銘集成』 ...
https://twitter.com/Kyrie0359/status/936441006483841024

※関連記事 三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)

※新規関連記事 世界の街道をゆく 三国志の道III・中国(テレビ朝日2018年2月)

下記施設サイトの下記ページおよびそこからリンクされるPDFファイルにあるように、横浜ユーラシア文化館(横浜市中区日本大通12)は2015年3月より林裕己『漢三國西晉鏡銘集成』を公開したという。タイトルどおりの時期の鏡の銘を集めまとめており、ぱらぱらと見ると「忠平」など『三国志』に載る年号も見られる。つまりは中国古代の鏡の裏面に書かれる銘文のデータベースということだ。

・横浜ユーラシア文化館
http://www.eurasia.city.yokohama.jp/

・kyomeishusei
http://www.eurasia.city.yokohama.jp/database/kyomeishusei.html

※関連記事
 特別公開『三国志』(2015年12月10日-2016年1月11日)
 大三国志展(出土品でたどる三国志)
 三角縁神獣鏡と東アジア世界(2012年10月10日)
 石刻拓本資料(京都大学人文科学研究所所蔵)


「林裕己「漢三國西晉鏡銘集成」に寄せて・・・・・・・横浜ユーラシア文化館」を読むと横浜ユーラシア文化館が校正し、林裕己氏が確認するという流れとのことだ。
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4427