本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年8月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<   >>

ブレイク明けのパトの切れ切れの動き


AC Milan - Biglietti Milan online

ACミラン・チャンネル2011/2012:BS12 TwellVで無料放送!

 セリエA 2010/11 第7節 ミラン×キエーヴォを見る。 2010年10月16日のナイトゲームを2013年1月6日に見る。サン・シーロ ACミラン・チャンネル(解説/実況:野々村芳和/中村義昭)。4位ミラン11点

 ACミラン4-3-1-2 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  19ザンブロッタ、13ネスタ、33チアゴ・シウバ、77アントニーニ
  8ガットゥーゾ(カピターノ)、21ピルロ、10セードルフ
  80ロナウジーニョ
  7パト、11ズラタン・イブラヒモビッチ

 パトが負傷明けだそうな。赤黒シャツに白パン黒ソックス。キエーヴォは黄色一色4-3-1-2。そしてミランの応援歌。
 パトが左から中央へいきいきなりミドルシュートはキーパーキャッチ。2分、イタリア代表にザンブロッタが招集された話題。暴動が起き6分で中断だそうな。4分、カウンターで中央でボールを保持するロナウジーニョ、左イブラ、右パトで、イブラにパスするもそこからのワンタッチパスはバイタル右のスペースへ。6分、ピルロのボックス左のパスはイブラにとおらず、セードルフから左のアントニーニにパス、そこからのクロスをイブラが受け、左に流れ、イブラはそこから組み立て、ドリブルで揺さぶり、クロスを出すもキーパーがカット。左コーナーキック。イブラが右サイドに行き、ファーにクロス、パト、ロナウジーニョに渡るもシュートはブロックされる。8分、ガットゥーゾの中盤でのボールテイクからドリブルで上がる。12分、パトが右からのドリブルでガットゥーゾにパス。左でセードルフがクロスを出すも合わず。14分、中村さんによるとアントニーニの背番号は尊敬するザンブロッタの生年だそうな。15分、左のセードルフからのミドルフィードにパトがボックス右で裏を狙う。17分、キエーヴォの左からのクロスは合わず、セードルフが拾い、左サイドのアントニーニがボールを運び、イブラへの縦パス。そこからのファーサイドへのパトへ。パトがフリーでボックス右からのボレーシュートはゴールマウス左へ入る。パトは走っていき両手の人差し指を立てる。観客席まで行き座る。ロビーニョ、イブラとハグ。1-0でミランの先制。20分、負傷→復帰したが不調→インターナショナルブレイク→それで今のパトだそうな。21分、ガットゥーゾにイエローカード。22分、ロナウジーニョの足裏でボールを後で送り相手の股を抜くリプレイ。23分、右からのシュートにアッビが何とか抑える。25分、ピルロのフリーキックはセーブされる。左サイドのパトからイブラへサイドチェンジ。右のロナウジーニョはボールロスト。すぐに守備にいくがかわされる。27分、キエーヴォが左でフリーになるもアッビのファインセーブ。弾いた玉でもう一度のシュートも弾く(ハイライトで知ったが両方ともコンスタンによるシュート。左足の次は右足で)。28分、右サイドでイブラのポストプレーが倒されファール。そのすばやいリスタートで右サイドのパトが反応し、右に流れつつボックス内でのシュートは真ん中上に入る。2-0でミランが差を付ける。イブラとのハグのあと頭をなぜなぜされていた。というか2013年1月からは考えられない切れ切れのパトの動き。

ついにこの日が来た。さよなら、パト。(2013年1月4日の雑記)

 32分、シウバがボールを拾いに行くときに後から蹴られイエローカード。34分、アントニーニがジャンプしてのハイキックで左サイドでトラップしようとしたがラインを割る。35分、キエーヴォがボックス左に進入しクロスを出すも弾かれる。左のコーナーキック。アントニーニからボールをテイクしてキエーヴォがドリブルでバイタルまで行きミドルシュート。アッビがセーブ。37分、キエーヴォの左にコンスタンが居るが2012/13シーズンのミランの21のコンスタン? アッレグリ指揮下の2ヶ月目だそうな。40分、キエーヴォの右からのクロスはファーに行き弾く。41分、23番、ケヴィン・コンスタンのクロス…アップになるとあの鼻の大きさはやはりあのコンスタンだ。42分、右サイドからロナウジーニョが斜めにドリブルで切り込み、バイタル中央にいるイブラにショートパス。そこからのシュートかパスかは目前でカット。43分、キエーヴォの右からのフリーキックにシウバが触り、そこからカウンターで中盤にてイブラからの縦パスを受け、パトが左サイドで1対1、シュートを打つも後のキーパーのセーブ。右のコーナーキック。45分、右サイドでネスタがコンスタンにボールを奪われる。2-0でミラン勝ち越し、前半終了。イブラとピルロが話しつつピッチ外へ
 ACミランチャンネルのCM。2013年初戦バージョン。ミラノレポートはミランの今シーズン・ゴール集。パトの開幕ゴールから始まる。しかも2点も入れる。
  46分、左よりの距離のあるところでパトが倒され、フリーキック。ショートパスで右サイドに切り替える。48分、キエーヴォがせめあがり、バイタル右でフリーになるもそこからのシュートをふかす。51分、イブラがボックス左外からボックス進入を試みるも弾かれる。52分、キエーヴォが左サイドで崩しにかかる。中央のロナウジーニョがノールックパスで左のイブラにわたり、そこからのシュートはキーパーが抑える。56分、低い位置でパスカットしてキエーヴォにミドルシュートを放たれるもアッビのファインセーブ。カウンターでロナウジーニョが中盤でボールを得て、三人で囲むが止まらず、コンスタンが服をひっぱりイエローカード。57分、シウバが足を当たられその場に倒れ込む(リプレイだとスライディングした時に自分の体重と相手の体重が足首にかかったようだ)。58分、カウンターで左右を大きく使ったロナウジーニョとイブラのワンツー。イブラはワンタッチで裏を狙うがロナウジーニョに合わず。59分、左からのコーナーキック。パスを回して時間稼ぎ。60分、シウバ→25ボネーラ交替。この時期ですでにシウバ&ネスタのセンターバックが安定していたと評。61分、イブラの肘が相手にあたってしばし中断。シウバが担架で運ばれる映像。次のチャンピオンズリーグのレアルマドリード戦が心配されていた。65分、左サイドで、ロナウジーニョからのスルーパスにアントニーニが受け、中央へ切り込んでのシュートはゴールネットを揺らすもののオフサイド。67分、キエーヴォの左からのコーナーキックはファーに行きヘディングシュートを放たれるが右に逸れる。68分、パト→70ロビーニョ交替。キエーヴォの右からのコーナーキックでニアで頭に合わせ、その後方に居たイブラの頭に当たり、ゴールマウスの左に入る。2-1でキエーヴォが差を詰める。判定はイブラのオウンゴール。72分、キエーヴォのカウンターでボックス右にて手間取っている間に、後から中央右よりのスペースに飛び込みシュートを放たれるも左に逸れ助かる。74分、キエーヴォにボックス内に抜かれゴールネットを揺らされるもオフサイド。「Milan, Milan, Milan」の応援。76分、センターサークルでコンスタンに対しピルロがファール。この時に背番号21を落としたか(違)。77分、中盤でロナウジーニョに対するコンスタンのファール。セードルフ→27ケヴィン・プリンス・ボアテング交替。78分、ピルロの放り込みのパスにイブラがボックス内にて頭で落とし、マイナスのパスはロナウジーニョがワンタッチでグラウンダーのシュート。しかしキーパーが抑える。82分、中盤右でロナウジーニョが相手に腰を掴まれファールを誘う。84分、イブラがボックス右でボールをキープし、中央へ動いてからのグランダーのシュートはキーパーが拾う。イブラが中盤で数人を抜くショー。最後は足裏で後へボールを送り、地面のボールにドロップキック。しばし口論。85分、中盤でピルロのファール。すばやいリスタートでキエーヴォがカウンターを狙うもいなされる。86分、左のキエーヴォのコーナーキック。それが右に流れ、ロビーニョが中盤まで運ぶも妨げられ、組み直す。しかしボールロストでキエーヴォのターン。88分、ロナウジーニョが距離のあるところからの意表の突くシュートはキーパー正面。キエーヴォの左からのクロスは右へ流れる。90分、短いパスでボールを回すミラン。アディショナルタイム4分。92分、カウンターで右サイドでロナウジーニョがボールを運びロビーニョが右から斜めい走り、両手を広げボールを要求する仕草、そこへスルーパスは通り、キーパーが飛び出るも右にかわし、角度のないところでも冷静にシュートを流し込む。3-1でミランが差を付けマッチを決定付ける。ロビーニョがそのまま観客の声援に答えミランエンブレムにキスし両の掌を見せ。後からイブラが飛び乗り、ロナウジーニョが来て三人でハグ。あとでピルロとロビーニョがハグ。あぁ、ファンタスティックフォーの時代だ。それで3-1で試合終了し、ミランの勝利!

※次節・雨の中の熱戦(2010年10月26日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22