本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ワンIワンGワンM


NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 NHKアニメ『銀河へキックオフ!!』#16(2012年7月17日放送分)にて、スリーUの背番号は11,8,5。といってもガットゥーゾメクセスに似ているわけじゃない。というか8月下旬まで放送がないのは残念だ。

それはズラタン(2012年6月16日の雑記)

※前記・タイウォ?(2012年7月10日の雑記)

※次記・誰がモデル?(2012年8月28日の雑記)

※追記・原作では「キャプテン翼クン」だった(2012年12月22日の雑記)

<追記>
※前戦・キャプテン翔(2012年7月10日の雑記)

NHKアニメワールド 銀河へキックオフ!!

 NHK-BSプレミアムでNHKアニメ『銀河へキックオフ!!』第16話 「スリーUの決意」(2012年7月17日放送)を見る…といいたいところだけど、2013年7月31日BSアニマックス放送分で見直している(というかそのビデオを2年後の2015年7月22日に見ているのだけど)。植松ががり勉呼ばわりされている。空手の本を手に取る植松。そこはイブラと同じくテコンドーでお願いします。ほら、サッカーに手は関係ないとツッコミ入れられているし。翔が実家の焼肉屋「どんまい!」で植松とマンツーマン話す。やはり植松がスリーUの中でリーダー格か。そうかスリーUは団地住まいつながりか。そして逆三角形の「ギャクサン」が編み出される。

 そして、スリーU vs 三つ子

 植松がドリブルで上がる。戻しのキックで後ろからくる浮島と内村にボールをまわし、さらに進む植松。ゴールに迫る。植松が左右の二人に挟まれる。もどしのパス。内村の見縦パス。植松がジャンプしてのヘディングシュート。竜持があっさりテイク。右を走り、中央の虎太にパスして無人のゴールに入れる。でもスリーUを認める三つ子。ここで花島監督が出てきてまとめ。三つ子が「ギャクサン」を「ショウサン」と訂正させる。

※次戦・誰がモデル?(2012年8月28日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22