本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2022年6月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<   >>

ロビーニョのドッピエッタ!


AC Milan - Biglietti Milan online

ACミランチャンネル2012/2013:BS12 TwellVで無料放送!

 BS12 TwellVACミランチャンネル セリエA 2010/11 第25節 ACミラン×パルマ 2011年2月12日開催を2012年12月9日に見る。
解説:野々村芳和 実況:中村義昭 2011年に入ってまだ負け無しとのこと。当時、1位ミラン49点、2位ナポリ48点、3位インテル44点、4位ラツィオ42点。8位ユヴェントス38点。

 ミラン4-3-1-2 アッレグリ監督
  32アッビアーティ
  17オッド、13ネスタ、33チアゴ・シウヴァ、77アントニーニ
  8ガットゥーゾ(カピターノ)、4ファン・ボメル、52メルケル
  10セードルフ
  11イブラヒモヴィッチ、99カッサーノ

 セードルフは20節のレッチェ戦以来の復帰、ガットゥーゾは前節のジェノア戦で復帰したという。あぁネスタ&シウヴァの映像。ファーストに白パン黒ソックス。パルマ4-3-3。青に腕が黄色のユニに青パン黄ソックス。パルマにはジョビンコが居る。164cmだそうな。ACミラン・チャンネルのCMはCL進出決定バージョン。
 ガットゥーゾからの零れ玉を拾ってのセードルフがドリブルで上がりいきなりのミドルシュート。1分、パトじゃなくてカッサーノのスタメンという説明。4分、今はロビーニョのトップ下が一番良いと野々村さん。守備貢献もするそうな。パト&ロビーニョは国際Aマッチに呼ばれたと中村さん、チャンピオンズリーグで温存と野々村さん。6分、ガットゥーゾがパスを零し、相手のカウンターに対しオッドがセンターラインを越えての守備で芽を摘む。7分、左サイドで縦パスを受けたメルケルが斜めにドリブルで切り込みシュートを打ち、弾かれ、それをバイタル中央のイブラがワンタッチでスルーパスし、それをセードルフが飛び込み、キーパーが飛び出すも冷静にセードルフがかわし足を延ばして何とかボールに触れ流し込む。1-0でミランの先制! カッサーノがセードルフの背中にのっかかる。ゴール前はセードルフはブーイングを浴びていたそうな。10分、中盤左サイドからのカッサーノの縦パスにイブラがワンタッチで上がるアントニーニにパス。見せるねぇ。13分、ジョビンコが左サイドからバイタル中央に切り込み、右へパスし、折り返しの低いクロスをアッビがなんとかキャッチ。14分、ネスタは21節以来の復帰とのこと。15分、メルケルはパーマのなんとも言えないいけてない髪形(まぁ2012年現在のサイケデリックよりマシだが)。16分、カッサーノがバイタル左から中央のガットゥーゾとのワンツーで(返しは浮き球)、右に決める。0-2でミランが差を付ける。まずイブラにハグ、その後、セードルフ、ファン・ボメルとハグ。20分、イブラのFKは浮く。22分、中村さんによるとピルロが直前の練習で怪我したそうな。あとメルケルはトップ下からスタートしたらしい。23分、「Forza Milan!」の掛け声。人気のジェペスコロンビア代表に選出された話題。24分、パルマの守備が中途半端と野々村さん。27分、メルケルからのパスをエリア左角で貰ったセードルフがディフェンダーを横にドリブルで上がり、股を抜くクロスにニアのメルケルが絶好機ながら空振り。左サイドのカッサーノが頭を抱える。28分、パルマの左CKは大きすぎ。ネスタが耳の隠れる髪の毛の長さでソバージュかけている。30分、オッドのロングフィードにエリア内左でイブラが頭で落とし、そこにカッサーノが入りミドルシュートを放つもキーパーが弾く。31分、左のカッサーノからのミドルフィードにエリア内右でイブラが胸トラップしシュートを打つもキーパーがセーブ。その時エリア左に居たメルケルがイブラに何か言ったようで、イブラが怒り気味で言い返している。野々村さんの推測だとメルケルがボールを寄こせといってあのチャンスでシュートしないでどうするとイブラが反論したのだろうと。35分、オッドのFKにイブラが飛び込み頭であわせるがジャストミートせず流れる。39分、カッサーノの左サイドでの低い位置でのカットが前に飛び、イブラが拾いドリブルであがるが、エリア前で倒される。ノーファールでカウンターのピンチだったが、ファン・ボメルのアピールで中断。ボールポゼスションはパルマの方が長いと。45分、パルマのフリーキックは変化し右に逸れる。危ない。45分、右サイドからのオッドのグラウンダーのクロスにメルケルがニアに飛び込むも数人のディフェンダーに妨げられ合わず。2-0で前半終了
 ミラノレポートはクルバ・スッド2010X'masパーティー “スーペル・ピッポ”登場。中村さんによるとまだピッポはチャンピオンズリーグの名簿に残っているので出場するかもしれないとのことだ。ACミラン・チャンネルのCMはCL進出決定バージョン。
 49分メルケルがスライディングでボールテイクし、イブラが左サイドを上がり、その右をカッサーノがボールを運び、右サイドでセードルフが手を挙げ走る。イブラとのパス交換で、イブラが戻る走りの時にタックルを足にくらいバイタルやや左でFKゲット。50分、壁に当たり、コースが変わり、零れた球をやや右のファン・ボメルがボレーシュート。それが弾かれ、さらに右のセードルフがシュートを打つも弾かれる。57分、セードルフ→70ロビーニョ交替。ロビーニョはそのままトップ下。58分、パルマの左からのミドルシュートはアッビがセーブ。60分、ロビーニョが左サイドから中央に向かい切り込みつつ、バイタル左に立つイブラへパス。ポストプレーのイブラが回転しさらに左のカッサーノとパス交換し、ゴールへ向かう。ロビーニョはそのまま走り、右を併走し、カッサーノからのパスをイブラがスルーしロビーニョの絶好機で低い強烈シュートがゴール右に突き刺さる。キーパー間に合わず。走っていってロビーニョがイブラと抱きつく。62分、ガットゥーゾ→16フラミニ交替。63分、縦のスルーパスにイブラがやや右をドリブルで上がり、クロスを出しファーのロビーニョに到達する直前にカットされる。おしい。63分、安定して攻め続けるミラン。カッサーノが右サイドからバイタル中央へパスし、イブラがワンタッチでロビーニョに向けたスルーパスを狙うもカットされる。64分、イブラからのショートパスを受け、中央カッサーノが前へ向きドリブル、右にフラミニ、左にロビーニョ。引き付けて(結果的に)股抜きで一人抜き左にスルーパスし、ロビーニョが真ん中へ決める。4-0でゲームを決める。ロビーニョのドッピエッタ。ロビーニョの変なダンスを披露し、その後、後からメルケルがハグ。そしてリプレイではロビーニョが左膝を着き右膝を立てそこにカッサーノが足を乗せ靴を磨くパフォーマンスを披露する。67分、イブラ→7パト交替。次戦のトッテナム戦にむけての温存のようだね。68分、ジョビンコを下げる。75分、中村さんによるとボアテングは内転筋を痛めて戦列離脱中とのこと。ピルロはパルマ戦への練習中に痛めたとのこと。79分、アマウリがミドルフィードをエリア内右で受けるもネスタが対応。右CK。弾くがもどされアマウリの胸の落としにミドルシュートを放たれるが浮く。アントニーニが足を吊る。84分、エリア右でカッサーノのパスを受けたパトはディフェンダー二人を前にドリブルしシュートを打つも浮く。89分、パルマのFKに壁のネスタが脇腹直撃。しばしうずくまる。アディショナルタイム2分。試合終了で4-0でミランの勝利! ACミラン・チャンネルのCMはCL進出決定バージョン。番組終了直後のBS12 TwellV自体のCMでのACミラン・チャンネルの紹介は「新たな伝説の目撃者になれ、ACミラン・チャンネル」のナレーションで、エル・シャーラウィのラツィオ戦のゴールシーンややアバーテのクロス、ロビーニョのシュート。最後、デ・ヨングのセレブレーションが悲しくなるね。

デ・ヨングの今シーズンのプレイ見納め(涙)(2012年12月9日の雑記)

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22