多目的掲示板
レスがあったらメールが欲しい」機能をご活用してください。
99 / 152 ツリー ←次へ前へ→

すごい発見!この人がこんなところで・・・ 鵬挙 02/8/8(木) 0:49 [未読]
「孫夫人奮戦の図」 清岡美津夫 02/8/9(金) 7:32 [未読]
Re:「孫夫人奮戦の図」 鵬挙 02/8/10(土) 0:36 [未読]
もしかして、三国志に、ねぶたジャンルが確立される... 清岡美津夫 02/8/10(土) 19:43 [未読]

すごい発見!この人がこんなところで・・・
 鵬挙  - 02/8/8(木) 0:49 -

引用なし
パスワード
   http://homepage1.nifty.com/ja7bal/nishinepu.htm をどうぞ♪
地元の祭りを調べていたら、思わぬ方に遭遇しました。
隣にいる赤子はもしや・・・?倒されているのは一体どなたでしょう?
この祭りは半数近くが三国志・水滸伝ものなので、また「これは!」と思うモノがあったら紹介していきたいと思います。

「孫夫人奮戦の図」
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 02/8/9(金) 7:32 -

引用なし
パスワード
   おぉ、「孫夫人奮戦の図」なのですね。
お知らせ、ありがとうございます♪

赤子は劉禅っぽいんですけど、だとすると、
「劉禅を呉へ連れてかえるところ」なのでしょうか?
とすると、倒されているのは蜀将?(汗)
この後、趙雲さんが登場してとめられるのでしょうか(?)
んー、謎が多い絵ですねー。(多分、あまり考えてないが正解のような……・汗)

「孫夫人奮戦の図」で検索したら、青森ねぶたの作品名一覧を見かけました。
想像以上に三国志関係が多くて、びっくりでした。やはり蜀関係が多いですねー。
呉主役っぽいのだと、「三国志 陸遜、蜀の兵を破る」とかあるそうですね。
うーん、青森ねぶた、恐るべし。。。。

Re:「孫夫人奮戦の図」
 鵬挙  - 02/8/10(土) 0:36 -

引用なし
パスワード
   ▼清岡美津夫さん:
>おぉ、「孫夫人奮戦の図」なのですね。
>お知らせ、ありがとうございます♪
>いえいえ、どういたしまして、恐れ入ります(^^;)

>赤子は劉禅っぽいんですけど、だとすると、
>「劉禅を呉へ連れてかえるところ」なのでしょうか?
>とすると、倒されているのは蜀将?(汗)
>この後、趙雲さんが登場してとめられるのでしょうか(?)
>んー、謎が多い絵ですねー。(多分、あまり考えてないが正解のような……・汗)
>
 そうですね、ねぶた絵師さんは独創的な感覚で仕上げますから、史実はあまり考えないで描いているようですね。その例として、次の
 http://www.jomon.ne.jp/~seicho/Nebuta.html
 中段の写真の「周瑜・曹操を討つ」のように(こんな場面、史実であったっけ?!)と史実に詳しい方が首をひねるようなねぶたが出来上がるのですね・・・・

>「孫夫人奮戦の図」で検索したら、青森ねぶたの作品名一覧を見かけました。
>想像以上に三国志関係が多くて、びっくりでした。やはり蜀関係が多いですねー。
 う〜ん、日本人は蜀好みなのでしょうか?「関羽」と「諸葛亮」がよく題材にとりあげられますね。しかも去年は諸葛亮が「大賞」を取って、花火をバックに海上運行までしたのですから。これも孔明の妖術のなす業か・・・?!
>
呉主役っぽいのだと、「三国志 陸遜、蜀の兵を破る」とかあるそうですね。
 あ、それは初めて知りました。しかも、陸遜とは珍しいです。もう少し粘って調べてみようかしらん♪

>うーん、青森ねぶた、恐るべし。。。。
 はてさて、ねぶた絵師さんは祭りが終わったその日から、来年の題材を考えるそうな・・・。来年はどなたが現れるのでしょうか・・・・?

もしかして、三国志に、ねぶたジャンルが確立され...
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 02/8/10(土) 19:43 -

引用なし
パスワード
   またまた、書き込み、ありがとうございます♪

▼鵬挙さん:
> そうですね、ねぶた絵師さんは独創的な感覚で仕上げますから、史実はあまり考えないで描いているようですね。その例として、次の
> http://www.jomon.ne.jp/~seicho/Nebuta.html
> 中段の写真の「周瑜・曹操を討つ」のように(こんな場面、史実であったっけ?!)と史実に詳しい方が首をひねるようなねぶたが出来上がるのですね・・・・

おー、ここにも呉主役のねぶたがあるのですね。
なかなか興味深いですね。
(まぁ、周瑜の描像には目をつぶります・笑)

いやいや、史実性というか、私には映画の看板とか何かのポスターみたいなノリを連想いたしました。
何か、イメージ画みたいな、ノリですかね。
周瑜主役の赤壁の戦いの映画があるとすれば、看板はこういった構図になるのですかね。
(下に小さい、孫権、劉備、黄蓋の姿があって、上の方に孫策の回想の姿があったりすのでしょうね)

んー、内山卓也さんに乾杯☆

>>「孫夫人奮戦の図」で検索したら、青森ねぶたの作品名一覧を見かけました。
>>想像以上に三国志関係が多くて、びっくりでした。やはり蜀関係が多いですねー。
> う〜ん、日本人は蜀好みなのでしょうか?「関羽」と「諸葛亮」がよく題材にとりあげられますね。しかも去年は諸葛亮が「大賞」を取って、花火をバックに海上運行までしたのですから。これも孔明の妖術のなす業か・・・?!

おぉ、孔明、つよしですねー、大賞をとるなんて。
孔明は中国でも日本でも好まれるんでしょうね。
なんか、私なんか、すっかり忘れがちな、古き良き(?)三国志観が満載っぽいですねー

>呉主役っぽいのだと、「三国志 陸遜、蜀の兵を破る」とかあるそうですね。
> あ、それは初めて知りました。しかも、陸遜とは珍しいです。もう少し粘って調べてみようかしらん♪

そういう写真がいっぱいあるサイトがあるといいですねー
さすがにないですかね、、、、

>>うーん、青森ねぶた、恐るべし。。。。
> はてさて、ねぶた絵師さんは祭りが終わったその日から、来年の題材を考えるそうな・・・。来年はどなたが現れるのでしょうか・・・・?

とりあえず、文台さんに一票!(笑)

99 / 152 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
(SS)C-BOARD v3.8 is Free