三国志三映画初WOWOWシネマ放送(2022年4月3日)

 EPGで知ったこと。

 2022年4月3日日曜日13時55分から(101分)のBS WOWOWシネマにて映画「三国志 呂布 鬼神伝」(字幕版、原題「斗破乱世情」、2020年中国)、同日続けて15時50分から(84分)同チャンネルで映画「三国志 関羽 青龍偃月刀 最後の一閃」(字幕版、原題「青龍偃月刀」、2021年中国)、同日さらに続けて17時25分から(94分)同チャンネルで映画「真・三国志 蜀への道」(字幕版、原題「趙子龍」、2020年中国)が放送されるという。機関誌『WOWOW』2022年4月号によると、同年同月2日土曜日から3日日曜日まで「アジアンムービー5DAYS[獅子奮迅!アクション編]」としての計8作品の映画が放送され、それら8作品の中の三作品が上記三国志映画とのこと、呂布、関羽、趙雲の三連続。ちなみに下記関連記事にある映画「三国志 趙雲 無双伝」は2022年4月21日4時45分から放送がある。

・WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/

※関連記事 三国志 趙雲 無双伝(WOWOW2021年11月21日)

・三国志 呂布 鬼神伝| 映画
https://www.wowow.co.jp/detail/174873

・三国志 関羽 青龍偃月刀 最後の一閃
https://www.wowow.co.jp/detail/176583

・真・三国志 蜀への道
https://www.wowow.co.jp/detail/175226

※関連記事 メモ:真・三国志 蜀への道(心斎橋2021年10月30日)


 番組紹介文を上記ページより下記へそれぞれ引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「三国志」を題材にしたソードバトルアクション歴史劇。三国志の中でも屈指の強さとされる武将・呂布を主人公に、若き日の呂布の戦い、そして貂蝉との悲恋を描く。

現在も映画やドラマ、コミックなどの題材にされる「三国志」「三国志演義」の中でも、その圧倒的強さで高い人気を誇る武将・呂布の若き日を描く。呂布が幼き日に名前もなく番号で呼ばれる実験体として育てられ、数百もの毒を与えられたため血液そのものが毒となっているなど、原典を大胆にアレンジし、ファンタジー風味を加えたアクションエンターテインメントとして映画化されている。「三国志演義」をもとにした貂蝉との悲恋、1日千里を駆ける愛馬・赤兎馬との出会い、そして一騎当千の戦いぶりが見ものだ。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「三国志」の人気武将・関羽を題材にしたソードアクション歴史劇。非業の死を遂げた父・関羽が愛用した青龍偃月刀を奪還し、復讐を果たそうとする息子・関興の戦いを描く。

武勇にたける上、忠義にも厚く、敵将である曹操からも一目置かれていた武将・関羽。本作は、「三国志」「三国志演義」の中でもとりわけ人気が高く、後世の人々から神格化されて“関帝”と称される彼を題材にしたアクション歴史劇だ。関羽の息子・関興を主人公に、呉軍に敗れ、非業の死を遂げた関羽愛用の大薙刀・青龍偃月刀を取り戻そうとする関興の復讐劇が繰り広げられる。壮大なスケールで描かれる関羽最後の戦い“樊城(はんじょう)の戦い”や、要塞のような敵城を舞台にしたクライマックスの大合戦が見もの。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾の人気俳優マイク・ハーが、「三国志」の英雄・趙雲役を演じたアクション歴史劇。“長坂の戦い”を題材に、劉備軍に加わった趙雲が曹操軍を相手に大活躍を繰り広げる。

21世紀の現代でも愛読者が多く、映画やドラマ、ゲームなど多くの2次創作の題材にもされる「三国志」「三国志演義」。その中で、槍の名手として描かれた武将・趙雲を主人公に描くソードアクションが本作だ。ドラマ「天使のラブクーポン」や「とんだロマンス」などで知られる台湾出身のスター俳優マイク・ハーが趙雲役を熱演。有名な“長坂の戦い”をクライマックスに、赤子を抱え、たったひとりで敵と戦う趙雲の孤軍奮闘や、関羽、張飛らとともに、曹操の大軍を迎え撃つ一騎当千の戦いぶりが見もの。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こう三国関連の紹介文が並ぶと爽快感があるけど、最後の「真・三国志 蜀への道」の文について、前述の関連記事にあるようにこの映画はすでに見ていて、「赤子を抱え、たったひとりで敵と戦う趙雲の孤軍奮闘」なんてあったか?と思ってしまって(ネタバレ以前の話で)、そう考えると他の2つの紹介文についてもあっているかどうかが見ものかもしれない。
http://cte.main.jp/newsch/article.php/6002