魏晉南北朝史研究会 第20回大会(2020年12月5日)


RSSフィードを通じて下記ブログ記事で知ったこと。

・魏晋南北朝史研究会
http://6ch.blog.shinobi.jp/

・第20回 魏晋南北朝史研究会大会プログラム
http://6ch.blog.shinobi.jp/未選択/第20回%20魏晋南北朝史研究会大会プログラム

※前々回記事 魏晉南北朝史研究会 第18回大会(2018年9月15日)

上記の公式ブログの上記記事にあるように、2020年12月5日土曜日13時から18時まで「オンライン(Zoomミーティング)」にて「魏晉南北朝史研究会 第20回大会」が開催されるという。テーマは「考古資料を用いた魏晋南北朝史研究」とのことで、今回は13時10分から13時55分までの研究報告1の枠に岩本篤志(立正大学)「後漢・三国時代の中央アジア――近年の発掘成果の紹介をかねて」と明確に三国が見える。中央アジアといえば下記関連記事で触れた書籍を思い出すね。

※関連記事 三国志の考古学(2019年6月)


 上記ブログ記事から下記へプログラムを引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プログラム】
開会挨拶・趣旨説明       伊藤敏雄会長
13:10~13:55  研究報告1  岩本篤志(立正大学)
           「後漢・三国時代の中央アジア――近年の発掘成果の紹介をかねて」
          コメント     伊藤敏雄(前・大阪教育大学)
13:55~14:40  研究報告2  阿部幸信(中央大学)
           「南朝陵墓神門石獣像の左右配置をめぐって」
          コメント     永田拓治(阪南大学)
14:40~14:50  休 憩
14:50~15:35  講演      三﨑良章(早稲田大学本庄高等学院)
           「墳墓画像を用いた魏晋十六国研究の現状と課題」
15:35~15:45  休憩
15:45~16:30  総合討論
16:30~16:40  休 憩
16:40~17:30  総会・その他報告
閉会挨拶             川合安副会長
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5518