邪馬台国の風(宝塚大劇場2017年6月2日-7月10日、東京宝塚劇場7月28日-8月27日)

※関連記事 歴史としての『三国志』―災害・宗教・民族走廊(2017年3月11日)

上記関連記事で触れた講座の二次会にて満田剛先生から伺ったこと。

・宝塚歌劇公式ホームページ
http://kageki.hankyu.co.jp/

・花組公演 『邪馬台国の風』『Santé!!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/yamataikokunokaze/index.html

上記サイトの上記ページにあるように、2017年6月2日金曜日から7月10日月曜日まで宝塚大劇場にて、または7月28日金曜日から8月27日日曜日まで東京宝塚劇場にて、宝塚歌劇花組による『邪馬台国の風』が上演されるという。ちなみにレビューは『Santé!!』 詳しい日時は上記公式ページより。宝塚大劇場の座席料金がSS席 12000円/S席 8300円/A席 5500円/B席 3500円、東京宝塚劇場のがSS席 12000円/S席 8800円/A席 5500円/B席 3500円。文脈がよく知らなくて申し訳ないが、それぞれの劇場で『邪馬台国の風』の新人公演が設定されてある。

※関連記事
 宝塚歌劇に関羽&張飛
 火の鳥(2013年11月15日21日30日 12月4日14日)


前述ページから一部引用するに「中でも倭国連合の中心となる邪馬台国は肥沃な領土を背景に勢力を拡大していたが、対立する狗奴国はその豊かな土地を手に入れようと、幾度となく戦を仕掛けてきていた。」とのこと。宝塚「明日海りお、仙名彩世の新トップコンビを中心にお届けする、壮大な歴史ファンタジー。」とのこと。

※関連記事 「魏志倭人伝」の世界(NHK文化センター徳島教室2017年4月20日-9月21日)

※新規関連記事 宝塚プルミエール #3(WOWOWライブ 2017年6月24日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/4178