赤毛のアチョー!!(2015年3月16日)

 2015年3月28日土曜日終電より一時間早い22時台ので東中野から中央本線で新宿駅乗換の山手線で品川駅へ。次の日までに手元の論文を仕上げて郵送しようと思って、三日前にどこかのホテルで泊まることを決めて探したせいか、都内でまったく安いのが見当たらなかったので、なぜか関内で泊まることになる。両日とも青春18きっぷでの移動だったので、交通費の負担で実質高くなるということはない。品川駅で京浜東北線に乗るが混んでいて座れない。大井町駅あたりでようやくロングシートに座れて、ノートPCを開き、図版の調整をしていた。

※追記 三國志研究第十号(2015年9月5日)

 そうすると左隣から「呂布」とか「赤兎馬族の末裔 小喬」とかの文字が見えて、何ごとかと思ったら、『週刊少年ジャンプ』掲載のマンガだった。どうやら現代を舞台とした功夫マンガ(雑誌表紙には「拳法アクション」)とのことで、とりあえずマンガのタイトルは(ひそかに)メモをとることができたし、そんな有名な雑誌に載っているのだったら後でどうとでも調べがつくと思っていた。

・集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト - Shonen Jump
http://www.shonenjump.com/


 ところが上記サイトを見ると、どうやら連載作品ではなかったようで、件の作品は『週刊少年ジャンプ』No.16 2015年3月30日号(3月16日発売)掲載のセンターカラー特別読切、小野玄暉「赤毛のアチョー!!」とのことだった。読切なので連載よりはあまり内容については情報がネットにはない。どこらへんまで三国要素があるか未確認。気になる方はネットで感想を手繰ると良いよ。

※2016年8月21年リンク追記
・すごないマンガがすごい!
http://subcham.blog.fc2.com/
・小野玄暉 『赤毛のアチョー』 感想&評価 【ジャンプ読み切り】 - すごないマンガがすごい!
http://subcham.blog.fc2.com/blog-entry-1085.html
※記事「レポ:8/6北九州 兀突骨で酒池肉林?!(2016年8月6日)」を書いている最中、ここの記事を見かけ気になって軽く検索すると出てきた。なるほどね、そういうあらすじか。一年半近く抱えてた謎が解けたよ。主役の名は「周雄介(まわりゆうすけ)」っていうんだ。ヒロインの小喬に合わせてだろうけど。

※新規関連記事 京浜線の思い出巡り(2018年2月10日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/3445