倭の風(2013年3月25日)

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第3号(総259号)その1(2013年4月9日発行)により知ったことで、下記の出版社サイトの下記ページによると、中央公論新社より2013年3月25日に小説の加藤徹/著『倭の風』(中公文庫。ISBN978-4-12-205770-8)が940円で発売されたという。

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

・倭の風|文庫|中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/bunko/2013/03/205770.html


 また冒頭のメールマガジンによると、「1996年PHP研究所出版『倭の風──小説「卑弥呼」後伝』を改題し、大幅に加筆したもの。」とあり、その著作の著者名は「嘉藤徹」名義だ。それで今回の名義は一瞬、同姓同名別人と思ったが、上記のページを見ると、やはりあの加藤先生のようだね。だとすると多彩な才能をお持ちのお方だね。

・加藤徹 KATO,Toru (Japan)
http://www.geocities.jp/cato1963/

※関連記事 華容道-赤壁・曹操追撃戦-(2013年1月13日)

※新規関連記事 初心者にもわかる「三国志」の世界(中野2019年2月6日-27日)

前述の出版社サイトの文庫ページより下記に紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヒメミコト亡きあとの倭国へ帰還するために、トヨは魏の都洛陽を脱出した。三世紀半ばの倭国を舞台に壮大なスケールで展開する歴史ファンタジーの快作。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://cte.main.jp/newsch/article.php/2728