研究最前線 邪馬台国(2011年6月10日)

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/

・購入(11/06/30)  (※上記ブログ記事)
http://sekio516.exblog.jp/15161477/

上記ブログ記事で知ったこと

・朝日新聞出版 最新刊行物
http://publications.asahi.com/

・朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:研究最前線 邪馬台国
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12692

上記ページにあるように、2011年6月10日に朝日新聞出版より石野博信、高島忠平、西谷正、吉村武彦/編『研究最前線 邪馬台国 いま、何が、どこまで言えるのか』(朝日選書878 ISBN:9784022599780)が1470円で発売したという。


上記ページより下記へ内容紹介文を引用する。また上記ページにはネット上で立ち読みもできる。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州?近畿? 奈良県纒向遺跡の大型建物跡の発見で、200年来の邪馬台国所在地論争に終止符が打たれるのか。魏志倭人伝、全国の発掘調査の成果を第一線の研究者はどう読み解くのか。10年夏、江戸東京博物館で開催のシンポジウム「いま、なぜ邪馬台国か」での白熱した討論・講演を元に、これまでの争点を整理し、今後の課題もわかりやすく解説。纒向遺跡の最新成果も掲載。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※関連記事 古田武彦・古代史コレクション(2010年1月30日-)

※追記 ここまでわかった! 邪馬台国(2011年6月)

※追記 魏志倭人伝の謎を解く(2012年5月25日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/2103