多目的掲示板
レスがあったらメールが欲しい」機能をご活用してください。
74 / 152 ツリー ←次へ前へ→

いまさらながら。 介子嘉 03/3/18(火) 2:03 [未読]
いえいえ、レポのあの部分は最近、書きました 清岡美津夫 03/3/18(火) 21:13 [未読]
Re:いえいえ、レポのあの部分は最近、書きました 介子嘉 03/3/18(火) 23:24 [未読]
再版(?) 清岡美津夫 03/3/19(水) 22:08 [未読]

いまさらながら。
 介子嘉 E-MAILWEB  - 03/3/18(火) 2:03 -

引用なし
パスワード
    関プチの記事見ていて、ふと思ったことが。
「あ、この、さだまさしの三国志CD、上集持ってる。」
 ……実家にオキッパになっていますが、すごく笑えます。光栄のDXシリーズ以外に三国志のCDであれほど笑ったのは初めてでした。(しかもDXシリーズと違って内容は普通に三国志)
『この赤兎馬、背も高い、と思ったら階段の上に…』というような一節があって、そこが一番好きでしてv
 董卓も奮っています。
『顔中がヒゲ、体中がゼイ肉、人呼んで白ブタ将軍』…

 元々は単行本で昭和59年1月に自由書館から発行(らしいです)
 現在は2002年7月10日第一刷、文藝春秋発行で文庫になってます。
 ちなみに題名は同じ『落談まさし版 三国志英雄伝』で、内容は演義です。

いえいえ、レポのあの部分は最近、書きました
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 03/3/18(火) 21:13 -

引用なし
パスワード
   あははは、さだまさしの三国志CD、もっていたのですね。
それは奇遇ですねー
(光栄のDXシリーズはそれ以降のレポででる予定です。。。みんなで満漢全席BLACKの天下3分の計を聴きました♪)
というか、やはりあれってCDがあったんですね。
元がラジオ番組のコーナーらしいので、本より、そっちの方がいいのにとおもってたので。

ふふふ、そんな内容なのですね♪(階段の上って!・笑)
まさに「落談」って感じがしますねー
一節一節の終わりにオチがついている感じなんでしょうね


復刊ドットコムにその本があるので、絶版なのでしょうかね。
http://www.tpot2.com/~sunshi/w/w030314.html#09

Re:いえいえ、レポのあの部分は最近、書きました
 介子嘉 E-MAILWEB  - 03/3/18(火) 23:24 -

引用なし
パスワード
   >復刊ドットコムにその本があるので、絶版なのでしょうかね。
>http://www.tpot2.com/~sunshi/w/w030314.html#09

 ですから絶版であって、絶版ではないんですっててば。
 文芸春秋から去年、文庫版で再刊されています。もちろん再編集なので、CD版から比べれば削られている部分もありますけれども、白ブタ将軍は健在です。
 普通に書店で平積みに(去年の7月の話ですけれど)なっていたものなので、通常の書店で手に入ります。
 赤兎馬の階段落ち(池田屋の階段落ちとは意味が違う)は削られていましたが。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975977022

 このURLで出なければ、紀伊国屋ウェブで「さだまさし」で検索してください。「三国志英雄伝」、出てきます。

再版(?)
 清岡美津夫 E-MAILWEB  - 03/3/19(水) 22:08 -

引用なし
パスワード
   はははは(照れ笑い)、ちゃんと、文庫化って介さん、書いてくれてますね。
どうも、風邪でまだ頭がボーっとしてたみたいです(苦笑)
すみません。。

再編集で削られているってのは逆に言えばマニア心をくすぐっているというか何というか…
(全部、載っている古い方を手に入れるぞ! って感じで)

私の知っているそういったケースは逆に元のやつより、増えてましたよ。
やはり、そうしないと売れないんでしょうね。


で、教えていただいたURLをみると、ありました、それですね。
「在庫稀少」となっているのは結構、売れているんでしょうかね。
さだまさしさんだから、けっこう、年が上の人とかも三国志ファンになったりして。

74 / 152 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
(SS)C-BOARD v3.8 is Free