Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 11月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 31 - 60 / 420 件 (0.0118 秒). 検索条件の修正

31. 赤兎馬Presents「三国志の宴2」第3部
・赤兎馬Presents「三国志の宴2」第2部 http://cte.main.jp/newsch/article.php/612  休憩時間。会場には『横山光輝三国志』(アニメ)のテーマソングが流されている。  ここでアンケート提出のお願いがアナウンスされる。どうやら第3部は会場に入るとき、客に配られた「三国志の宴2」アンケートを回収しそれを元にトークを進めるとのこと。  清岡は初めの「三国志時代の中で好きな戦いは何ですか?」という質問でいきなり躓いて出せず仕舞い(汗)。「三国志時代」の意味がよくわからなかったので。「三国時代」であれば教科書通り後漢が滅んでから呉が滅ぶまでの時代だろうし、「三国志の時代」であれば、三国志に書かれている時代だろうし、「三国志が書かれた時代」であれば、呉が滅んだ時から陳寿が亡くなるまでの時代だろうし。  ここでDJ急行さん&セラチェン春山さんが舞台に上がってきて、第3部の開始を告げるアナウンス。 MC「宴もたけなわになってきました」 というように掴みトークが入る。そうすると、川本喜八郎先生がお帰りになられるとのことで、会場は拍手。ここで『人形劇三国志』の劉備コスプレの仮装士 義さんが立って拍手。 MC「劉備はスタンディングオベーションですよ」 仮装士 義さん「みんな立てよ!」 というような呼びかけでみんな立って拍手。うーん、すごい熱気だ。  「三国志討論会(三国志出版業界人が語る!)」に出演される方々がコールされ壮大な音楽と共に順に舞台に上がってくる。暖かい拍手でお出迎え。その都度、自己紹介。  まず一部でお馴染みの赤兎馬の柄沢さんと松本キックさんが舞台にあがる。その次は『コミック三国志マガジン』編集のメディアファクトリーのEDさん。その次が『三国志占い』や「コーエー三國志11 武将FILE」などのライターのエイジさん、その次が『別冊宝島 僕たちの好きな三国志』などの編集者、岡部さん。  左から、セラチェン春山、柄沢さん、岡部さん、エイジさん、EDさん、松本キックさん、DJ急行さん  早速、進行。まずアンケートの問いがスクリーンに映し出される。 1 三国志時代の中で好きな戦いは何ですか?(理由も)  まずMCが回収したアンケートから適当にチョイスして読み上げていく(この間、出演者がスケッチブックにそれぞれ答えを書き込む)。  官渡の戦いが多いとのこと。赤壁の戦い、天水の戦い、黄巾党の戦い、夷陵の戦いなんか出ていた。  そして準備OKとのことで、岡部さんは「官渡の戦い」。正史視点で見ると重要度が高いとのこと。エイジさんは蜀滅亡後の巴東攻防戦。ここで仮装士 義さん拍手(と舞台から突っ込まれていた・笑)。國が滅んだのに民を守るあたり。EDさんは呂蒙が関羽を追いつめる戦い。EDさんは呂蒙好きとのこと。キックさんは白狼山の戦い。袁家が滅んだ戦いだから。  再びアンケートから。南蛮行とのこと。理由は「動物好きだから」。場内爆笑。ニックネーム、パンクラスismさんかららしい。場内笑。  あと麹義が公孫[王賛]を破った戦い、とかで場内の笑いを誘っていた。 2 もし自分が三国志時代に生まれたら?  前回もあったアンケートらしい。  アンケートから。邪馬台国の場所を確認するとか、塔から飛び降りるとか、憤死とか(笑)   岡部さんは劉備に金を貸す人とのこと。これに柄沢さんがかなり食いついてきていてMCに突っ込まれ場内笑。エイジさんは軍師として小国に使えるとのこと。呂布軍あたりとのこと。EDさんは呉に仕えて孫権の宴会にでるとのこと。キックさんは絡まれないように見ておく。  ここでアンケートから。さっきのパンクラスismさんは四国志にするとのこと。あと「即死、張飛の城門やぶりで殺される」とのこと(これって横山光輝三国志だね)。「孔明に会いたい、会うだけで良い!」とか 3 一番自分がなりたくない三国志の人物は?(理由も)  アンケートから。「王允、呂布が! 呂布が~…」。「劉備のお母さん。息子の子育てに悩みそうだから」。「塔から飛び降りる坊主」(これも横山光輝三国志だね・笑)。  岡部さんは賈[言羽]。字が出ないからとのこと。場内、納得の声があがる。出ない字は最後、印刷所で書かないといけないとのこと。ここで柄沢さんがキーホルダーつくったときの「張バク」の苦労話をしていた。エイジさんは蜀の黄皓。國を滅ぼす元になった宦官だからとのこと。EDさんは関羽の部下だけは辛いとのこと。キックさんは越吉。「落とし穴にはまって関興に殺されるのはやだ」とのこと。 4 上司にしたい三国志の人物は?(理由も)  アンケートより。夏侯惇が多いとのこと。簡雍は、だらけていても許されそうとか、曹操で厳しくして欲しい、とか。あと水鏡先生がうけていた  岡部さんは黄忠。時代は爺さんといって笑いを誘う。アーケードゲームの『天地を喰らう』ネタでしばし盛り上がる。  この流れで飛び入りの質問。「好きな三国志のゲームは?」ってこと。MCはアーケードゲームの『天地を喰らう2』とのこと。EDさんは『三国志大戦2』とのこと。13代目の君主カードを最近、なくしたらしい。岡部さんは『真・三國無双3』。このときに自分の本がすごく売れたかららしい。逆に4のときは売れなかったそうな。ここで柄沢さんが答えて曰く『ナムコ 三国志 中原の覇者』。そうナムコ「中原の覇者Tシャツ」を販売しているため。二年がかりで版権とったとのこと。エイジさん、コーエーの『三國志』。これも仕事がらみとのこと。キックさんもコーエーの『三國志』。 5 クラスにいたら嫌な三国志の人物は?(理由も)  まずアンケートから。呂布が多いとのこと。諸葛亮は揚げ足を取られそうとのこと。あと「荀[或〃]、クラスにいたらいじめを苦に自殺しそう」がうけてた。あとも「馬謖、授業でも山頂付近の発言をしそう」が面白かった。「十常侍、ああいうグループ嫌い」は大うけ。  岡部さんは曹操。才能がずば抜けていてクラスで一番がとれないから。EDさんは周瑜。女子は嬉しいけど男からみたらどうなの?って理由。キックさんは何進。肉くさくなるとのこと。  あとアンケートから「程[日/立]、給食に人肉を混ぜられそう」。一部で大うけ。そして「(三国志の宴は)1より2の方が濃いですね~」とMCからのコメント。 6 抱かれたい三国志の人物は?(理由も)  アンケートは詳細は省くけど、一番、人気は馬超。その一つの理由が「馬をも超えるから」って(笑) 地下で暗いとはいえ昼間なんだけど(汗)  岡部さんは呂蒙。その心は「しばらく経つとうまくなる」。場内笑&歓声。エイジさん、呂布。単純に呂布が好き。キックさんも呂布で「あいつは甘えん坊とのこと」。EDさん、孫権。 7 三国志が好きで損した事は?または得した事は?  アンケート。「今、ここにいること(良い意味でも悪い意味でも)」。拍手。「三国志好きの嫁をゲットした」(場内歓声)。しばらくどうやって口説いたかって話で盛り上がる。あと損したことで合コンで得意げに話したら引いた、とか話が面白かった。  岡部さんは、お互い三国志好きだと知ったらうち解けられるってこと。エイジさん、本を書きました。EDさん、転職できたこと。キックさん、みんなに会えた。拍手。昔、笑いのネタで諸葛屋という軍師という役で板橋区を日本国から独立させるって話をやっていたそうな。損したことはおかしな仲間が増えたこと。 ...

32. 赤兎馬Presents「三国志の宴3」レポ
※前記事 第8回三顧会午後2  2008年5月31日土曜日に赤兎馬Presents「三国志の宴3」という三国志関連のイベントが行われた。会場は東京お台場にある「Zepp東京」二階の「TOKYO CULTURE CULTURE」で前回、前々回とは違う場所。 ・三国志ブランド「赤兎馬」 http://www.plastic-rouge.com/souten/ ・赤兎馬 Presens「三国志の宴3」三国志イベント情報 http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/ibe/utage_2008.htm ・[ ZEPP INFORMATION SITE ] http://www.zepp.co.jp/ ・TOKYO CULTURE CULTURE:@nifty http://tcc.nifty.com/ ※関連記事 2008年5月31日 赤兎馬Presents「三国志の宴3」開催 ※追記 赤兎馬×レッドクリフ 三国志の宴スペシャル!(2008年10月10日) ●三国志ニュースでの目次  第1部 長野剛先生のお話  第2部 おもしろ三国志氏スーパーライブ!!  第3部 さくら剛氏(三国志男)  清岡は前日から夜行バスに乗り、早朝、東京入りしていた。大塚のモスでくつろいでブログ記事を書いてから、山手線→ゆりかもめで会場に向かう。ゆりかもめに乗るのは初めて。ランダム選曲のHDDプレイヤーがちょうどKRAFTWERK「AUTOBAHN」を流しており良い感じなレトロフューチャー感。  前に座っていたカップルの女性がモノレールという単語を忘れており、ゆりかもめをリニアモーターカーと言い間違え、男性が超伝導のマイスナー効果が云々とリニアモーターカーの説明をした上でそれを否定(※そもそも新交通システムであってモノレールでもない)。女性が自らの言い誤りに気付き、すごく速いモノレールをテレビで見たから勘違いしたと言っていた(上海磁浮列車のことか?)。 ※追記 メモ:コミックマーケット82 3日目(2012年8月12日)  ゆりかもめからの風景を楽しんだ後、11時40分ごろ、青海駅を降ると、そこは小雨混じりの寒い浜風が吹く場だった。幸い黒っぽい長袖の冬服を着ていた。会場のサイトによると「「青海駅」前」と書かれていたので、すぐ辿り着けるだろうと思っていたが見事に迷う(汗)。仕方ないのでその場でノートPCで確認しようやくZepp東京に到着…と思ったら実はZepp東京の事務所がある裏側だったので表側に回り込み、ようやく(パレットタウンの)大観覧車のあるような華やかな場所に出る。そこがZepp東京2階TOKYO CULTURE CULTUREだ(写真)。  私事ながら、ちょうどイベントの一週間前にデジタルカメラが壊れ、仕方なくお古の安物のデジタルカメラを持ってきており、さらに前回、知り合いが観客席に7人も居たんだけど(下記、参照記事)、今回は販売二日でチケットが売り切れたこともあって、知り合いで誰か一般参加するとは聞いておらず、一人で見るだろうということもありテンションが下がりまくりだった。 ※参照記事 「三国志の宴2」が始まるまで  会場前で気を取り直そうと、すでにできあがっていた行列に混じろうとしていると、後から「清岡さん!」と声をかけられる。誰だと思って声の主の方を見ると、そこには知り合いのRiangさん。確か、チケット販売日に国内には居ないと聞いていてチケットを取れていないとばかり思っていたが、どうやらRiangさんの知り合いのぱっつんさんがチケットを余分に押さえていたそうな。その場にはさらにぱっつんさんの知り合いの闇月さんがいらっしゃって、そのグループに参加させて貰うことになる。  12時に開場するもスタッフの事前の説明通り整理番号順に会場入りすることとなった。先行し36番の清岡と40番のRiangさんが場所取りをすることとなる。会場は真ん中の北側が出入り口でその向かい側の南側にステージがある。東西に長細い会場で、南側の壁に三つのスクリーンがある(ここらへんは上記TOKYO CULTURE CULTUREのサイト参照)。そんな構造なものだから、ステージに真っ正面の席はない。それでなるべく正面に近いところに陣取ろうとするものの、すでに向かって右側はほとんど埋まっていたが、幸い左側が空いていた。なるべく正面に近い角度にしようと、Riangさんと共に左すぐのテーブルの一番、北側の四席をとる。下記のような配置。 窓        闇月さん   清岡 窓  窓  Riangさん | テ ー ブ ル | →ステージのある南側 柱 柱        ぱっつんさん  前回は地下の会場だったので、暗く落ち着いたイメージがあったんで、清岡は黒っぽい服を着てたんだけど、実は今回の会場は北側がすべて大きな窓になっており明るい会場となっていた。  テーブルには伝票とそのホルダーやチラシがあり、ワンドリンク制とのこと。とりあえず清岡は金欠だったので、アップルジュースを頼み、食べ物を特に頼まなかった。  チラシの中にはフリーペーパーの『三国志新聞』(月一発行の第二号)があって、事前に知っていたとおり、傅僉さんの記事「三国志に学ぶビジネス処世術」を確認。あと発行元のサンクチュアリ出版がこの新聞への寄稿を求めているので興味ある方はどうぞ。サンクチュアリ出版へのメールでも受け付けている。 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ・「三国志新聞」第二号発行  (※ブログ記事) http://sangokushi.chugen.net/633/index.html ...

33. 劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフ(2011年8月8日-31日)
 さっき手元のアクセスログで「新聞記事 三国志 朝日新聞」という検索語句が見え、「朝日新聞の記事をネットでみたければ、検索サイトで検索するのではなく、まず朝日新聞のサイトに行くのが常道だろう」とぼやきに似た思いを抱きながら、下記、朝日新聞のサイトでサイト内検索すると、いくつか記事がピックアップされた。 ・asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト http://www.asahi.com/ ※上記サイトの「リンクについて」のページでは、前世紀の遺物のように、リンクする際は報告する旨が書かれているため、その古びた意志を尊重し皮肉を込めURLだけ示しリンクはしない。  その一つが下記リンク先で触れた発表会のことで、もう一つ大きなトピックがあった。 ※関連記事 張春祥京劇教室・洪剛鑼鼓教室合同発表会(2011年1月23日)  それは2011年1月1日の「EXILE今年は女性アーティストを発掘」という記事にあった。その中に8月に舞台『レッドクリフ』が上演される旨が書かれていた。その情報を頼りに下記サイトに行き着く。 ・劇団EXILE http://www.gekidan-exile.com/  それによると、タレント事務所のLDH主催、ネルケプランニング制作、劇団EXILE(げきだんエグザイル)による『W-IMPACT レッドクリフ』の公演が2011年8月にあるという。何がダブルインパクトかというと、おそらく二つの演劇でそれぞれ主演があって、計お二人の主演があるからなんだろうね。  それら二つの演劇は、東京都中央区のル テアトル銀座 by PARCOにて2011年8月8日月曜日から31日水曜日までのAKIRA/主演『レッドクリフ -愛-』(全席指定12000円)と、東京都渋谷区の青山劇場にて2011年8月13日土曜日から24日水曜日までの『レッドクリフ -戦-』(全席指定12000円)のことだ。 ・ル テアトル銀座/Le Theatre GINZA http://www.theatres.co.jp/letheatre/ ・青山劇場・青山円形劇場 http://www.aoyama.org/  いずれも詳しい日程は下記サイトに出ており、前売開始は2011年1月29日土曜日とのこと。ローソンチケットとe+(イープラス)で取り扱っている。 ・ネルケグループ http://www.nelke.co.jp/ ・チケット情報・販売|ローソンチケットのチケット販売サイト「ローチケ.com」 http://l-tike.com/ ※『レッドクリフ -愛-』はLコード:35016、『レッドクリフ -戦-』はLコード:35017 ・e+(イープラス)チケット|チケット情報・販売・購入・予約 http://eplus.jp/  前述のネルケグループのサイトから下記へ日程をまとめてみる。 ・『レッドクリフ -愛-』※開場は開演の30分前  2011年8月8日(月)19時、9日(火)19時、10日(水)14時19時、12日(金)19時、13日(土)13時18時、14日(日)13時18時、15日(月)19時、17日(水)14時19時、18日(木)19時、19日(金)19時、20日(土)13時18時、21日(日)13時18時、22日(月)19時、23日(火)19時、24日(水)14時19時、26日(金)19時、27日(土)13時18時、28日(日)13時18時、29日(月)19時、30日(火)19時、31日(水)14時 ・『レッドクリフ -戦-』※開場は開演の30分前  2011年8月13日(土)18時、14日(日)13時18時、15日(月)14日19時、17日(水)14時19時、18日(木)19時、19日(金)14時19時、20日(土)13時18時、21日(日)13時18時、22日(月)14時19時、23日(火)19時、24日(水)13時18時

34. 三国志Three Kingdoms公式朗読CD発売記念イベント(2012年5月27日)
※関連記事 三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD(全5話2012年2月3日-) 上記関連記事にあるように、2012年2月3日から『三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD』全5話が発売される。 ・ドラマ「三国志」公式サイト http://www.sangokushi-tv.com/ ※リンク追記 ・三国志 朗読CD | Cinem@rt 特設ウェブサイト http://www.sangokushi-tv.com/cd/index.html ※ここの「最新情報」4月27日分によると「S席5,000円 A席4,000円」で5月12日よりチケットぴあで販売。「ゲスト:堀内賢雄、櫻井孝宏、KENN、羽多野渉、置鮎龍太郎、寺川愛美(進行)」 <引用追記> 前述のドラマ「三国志」公式サイトのNEWSの5月18日最終更新の分を下記へ引用する。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 朗読CDシリーズで馬超を演じた杉田智和の声の出演(一部)が決定! 杉田自身が愛して止まないキャラクター、馬超を演じた朗読CD「虎の咆哮」は大好評発売中! 各回内容詳細(予定) 1回目(14時半開場 15時開演) ・オープニング ・三国志トークショー 1 演じたキャラクター紹介と収録時エピソードなど① 2 キャストが選ぶ、好きな登場人物 3 三国志あるある ・三国志クイズ大会①(会場参加 勝ち残りプレゼント有) ・三国志特別朗読劇① ・抽選会(会場プレゼント) ・エンディング 2回目(18時開場 18時半開演) ・オープニング ・三国志トークショー 1 演じたキャラクター紹介と収録時エピソードなど② 2 キャストが選ぶ、好きなシーン 3 諸葛孔明先生の三国志塾 ・三国志クイズ大会②(会場参加 勝ち残りプレゼント有) ・三国志特別朗読劇② ・抽選会(会場プレゼント) ★”三国志特別朗読劇”も、1回目2回目はネタを変えて披露。 登場キャラクター5篇6人の奇跡のコラボ朗読(約15分づつ 予定) 緊急告知! ◆ニコニコ生放送にてイベントの生中継(27日 18:30~開始)が決定!! ◆「三国志TKチャンネル」 http://ch.nicovideo.jp/channel/sangokushi-tk にて2回目(18時30分~)を生中継します! ※有料放送です。1500 ニコニコポイント(1,500円相当)でご覧頂けます。 視聴にはニコニコ動画アカウントとネットチケット購入が必要となります。 ...

35. メモ:「やつい孔明のヴィレ蛮征伐」最終日(2013年8月2日)
※三国関連の前の記事 月刊コミックトム 創刊号(1980年4月15日) ※三国と無関係な前の雑記 ・3位には入って欲しいところ (2013年8月2日の雑記) http://cte.main.jp/calcio/blog.cgi?n=645  上記の雑記にあるように、2013年8月2日金曜日に東京の阿佐ヶ谷駅を始発で出て列車を乗り継ぎつつ東海道線を西に向かっていた。もちろん、青春18きっぷを使用してだ。  途中、緊急停止があった関係で4分、遅れたものの、11時15分ごろに名古屋駅に無事到着する。目指すは下記関連記事で触れた、「やつい孔明のヴィレ蛮征伐~サインお渡し会ツアー~」最終日の会場となる、イオンモールmozoワンダーシティ、そしてまずは最寄り駅の名鉄犬山線の上小田井駅だ。 ※関連記事 「やつい孔明のヴィレ蛮征伐」で寸劇(2013年8月2日)

36. 新北京プロレス新木場大会 全対戦カード発表
何か検索ワードが多いなと思ったら、昨日、DDTプロレスリングのサイトで2008年2月7日木曜日にある「新北京プロレス Japan Tour 2008 新春興行」の全対戦カード発表があったみたいだ。 ・DDT XXXch Official Web http://www.ddtpro.com/ <関連記事> ・2008年2月7日(木)新北京プロレス Japan Tour 2008 新春興行 http://cte.main.jp/newsch/article.php/755 ・2007年6月6日 新北京プロレス Japan Tour 2007 http://cte.main.jp/newsch/article.php/617 ※次回 新北京プロレス Japan Tour 2009 in SHINJUKUFACE(2009年1月11日)

37. メモ2:三国志フェス2013(2013年9月28日)
※2013年9月目次的ページ ・メモ:一周片道乗車券往復 http://cte.main.jp/sunshi/2013/0920.html ※前の記事 メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日) ※関連記事 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日)  2013年9月28日土曜日12時15分、「三国志フェス2013」のステージでは「エンペラー・オブ・お笑い三国志」が始まっていた。

38. 日中合作「三國志」飯田公演(2008年9月23日祝日)
・飯田市川本喜八郎人形美術館 http://www.city.iida.nagano.jp/puppet/kawamoto/ ・日中合作「三國志」飯田公演 チケット発売 http://www.city.iida.nagano.jp/cgi-bin/puppet/kawamoto/info/c-board.cgi?cmd=one;no=58 ・劇団影法師 公式インフォメーション http://www.kageboushi.com/ 上記、「飯田市川本喜八郎人形美術館」の公式サイトによると、飯田文化会館にて劇団影法師(日本)、中国湖南木偶皮影芸術劇院による特別限定公演「三國志 総集編」が上演されるとのこと。劇団影法師による三国志関連の上演は2005年11月3日以来かな。 引用した方が正確で早いので上記、公式サイトより下記に一部引用。 --引用開始---------------------------------------------------------  ■公演名:日本・中国共同制作       特別限定公演「三國志 総集編」飯田公演       第一幕 三顧の礼・赤壁の戦いほか11景(50分)       第二幕 甘露寺・孔明北伐ほか9景(50分)              原作:三国志演義/羅貫中(平凡社 立間祥介訳)       脚本:ジェームス三木       演出:小森美巳       人形美術:川本喜八郎       出演:劇団影法師(日本)、中国湖南木偶皮影芸術劇院  ■日時:9月23日(祭日) 開演/午後2時(開場/午後1時20分)  ■会場:飯田文化会館(飯田市高羽町5-5-1 美術館から徒歩20分)  ■定員:800名  ■チケット:前売券 一般3000円、小中学生・高校生1000円        当日券 一般3500円、小中学生・高校生1500円       ※全席自由       ※チケットには当美術館入館券が付いています         (入館有効期限は2008年7月1日~9月30日)       ※無料託児あり  ■販売窓口:川本喜八郎人形美術館・飯田文化会館など    【遠方の方でチケット購入を希望される場合】   電話またはメールで美術館までご連絡ください。   前売券をお取り置きいたします。 --引用終了--------------------------------------------------------- ※関連記事  三國志-<赤壁大戦>(2008年8月8日 いいだ人形劇フェスタ)  飯田市川本喜八郎人形美術館のしおり  日中合作大型人形劇「三国志」 ※追記 関帝誕(飯田市川本喜八郎人形美術館) ※追記 人形劇「三国志」総集編 公演地域日程まとめ

39. 赤兎馬Presents「三国志の宴3」第2部レポ
・三国志ブランド「赤兎馬」 http://www.plastic-rouge.com/souten/ ・赤兎馬 Presens「三国志の宴3」三国志イベント情報 http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/ibe/utage_2008.htm ※目次 赤兎馬Presents「三国志の宴3」レポ ※前記事 赤兎馬Presents「三国志の宴3」第1部レポ  ここで全てのカーテンが開けら北側から外光が入れられる。MC曰く、その理由は第2部でおもしろ三国志さんを外に晒すからとのこと。笑いを誘う。そんな感じで「第2部 おもしろ三国志氏スーパーライブ!!」を偽悪的に紹介していく。 ・おもしろ三国志の【諸葛孔明IN THE HOUSE】 http://sango94.blog26.fc2.com/ ・三国志の宴3 終了 http://sango94.blog26.fc2.com/blog-entry-65.html  松本キックさんによると、ライブに出てまったく受けなくて(おもしろ三国志さんが)すごく落ち込んで、活動休止にすると言ったそうな。それでも「三国志の宴3」出演の声かけたら、「これはやります」と言ったとのこと(笑)  さらに第2部への前降りとして、MCがライブ中、「TOKYO CULTURE CULTURE」の目の前にあるパレットタウンの大観覧車に乗るよう煽り、会場の爆笑を誘っていた。どうも無線マイクは大観覧車の下部では届くとかで。  というわけで15分間の休憩。  休憩中、周りでmixiの話などしていた。 ●第2部 おもしろ三国志氏スーパーライブ!!  会場の音楽が替わりMCが出てきて、窓を通じて見える外の様子を「修学旅行生ですか」と言っていじりだす。というのも逆に言えば外から中の会場が丸見えということで、暗におもしろ三国志さんにプレッシャーを与えており、それを察する観客を笑わせていた。  ここで今まで集まったアンケートを読んだりと、アンケート提出の呼び掛け。  アンケートの「7 「三国志の宴」に呼んで欲しいゲストはだれですか?」で『蒼天航路』の作者の王欣太先生が挙がっており、MCによると主催の柄沢さん曰くもちろん視野には入っているとのこと(場内歓声が挙がる)。しかし王欣太先生は大阪に住んでいるそうだって話になり、その流れで「三国志の宴」大阪篇?なんて話が出ていた。  ここで別のアンケートで「5 三国志が好きで得した事は?または損した事は?」の回答として「(得した事で)おもしろ三国志さんに出会えたこと」が挙がっていた。MCは「残念ながら損した事ですね」と言って場内の笑いを取り、徐々にライブへの気を向けている。  そしてMCによる、やはり笑いを誘う偽悪的紹介。「前回と同じですよ」とか(笑) ※参照記事 赤兎馬Presents「三国志の宴2」第2部  そしてDJ急行さんが大観覧車の一回分の料金(※公式サイトでは900円とのこと)として、その場に千円札を置いて乗るよう煽り、場内を湧かせる。 DJ急行さん「写メを撮りたい方、撮ってください。思い思いの画像をネットにアップして下さい!」  (場内笑。※というわけでお言葉に甘え写真をアップしてみる) DJ急行さん「スーパーライブ! おもしろ三国志!」 というタイトルコールで14:15ごろ、おもしろ三国志さん、右手の控え室より音楽と共にやってくる。前回と同じく。朝服のようなゆったりした服を纏って、『蒼天航路』の曹操メイクに左目に矢付きの眼帯をし、冕冠を被り、スニーカーを履いた姿。 おもしろ三国志さん「一年ぶりだ、義兄弟」  (場内歓声) おもしろ三国志さん「今日、初めておもしろ三国志を見る諸君らは、今日から俺たちの義兄弟だ」  (場内歓声) おもしろ三国志さん「明日、死ぬかもしれないけど」  (場内爆笑) という感じで観客を掴み、実はDJ急行さんが大観覧車に乗ることを煽っていたことはネタバレでありハードルを上げられたことを告げ笑いを誘う。さらには千円札を懐に入れ会場の笑いを誘う。  タイトルコールから一曲目に入る。 1. 呂伯奢  ミニマルな音の中、曹操の名言「寧教我負天下人、休教天下人負我。」(『三国演義』第四回「廢漢帝陳留為皇、謀董賊孟徳獻刀」)をフィーチャーしたセリフ(日本語)を何回か言っている。観客は手拍子したり掛け声入れたり大盛り上がり。  おもしろ三国志さんは『三国演義』のこのシーンのセリフをバックの声に合わせて効果的に言う(バックはアニメ『横山光輝 三国志』のサンプリング?) 「やってしまったものはどうにもならん!」とか。  パフォーマンスは左右に長い会場を目一杯使って、左奥に居る観客を玩具の刀で斬りつけたり、右奥に居る観客を斬りつけたり(今回、通路が広いのでうまく利用し動きまくり・笑)。  曲終了。一斉に「おもしろーい!」の掛け声。  やはり窓越しの少し離れた通路を通る人のチラチラと見る視線が気になるようでそれをネタに場内を笑わせていた。 おもしろ三国志さん「諸葛亮孔明、好きな人も嫌いな人も居るだろうと思う。そんな愛され憎まれている諸葛亮。みなさんはどんなイメージを持つだろうか。賢い…先が見通せる…でも戦がうまくない」  (場内笑) おもしろ三国志さん「でもオレの考える諸葛亮は忠義者のイメージ……」 ...

40. 三国志-呂布と貂蝉(2009年10月2日-5日)
・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ・京劇フェスティバル『呂布と貂蝉』  (※上記のブログ記事) http://sangokushi.chugen.net/1186  RSS配信を通じ上記ブログ記事で知る。  下記サイトに情報があるように、2009年10月2日から5日までの間、北京京劇院による京劇「三国志-呂布と貂蝉」(武戯)が東京芸術劇場・中ホールで上演されるという。前売開始は2009年6月20日土曜日10時より。全席指定8000円。電子チケットぴあPコード395-655、ローソンチケットLコード30068 ・TOKYO京劇フェスティバル2009ホームページ http://www.tomin-gekijo.or.jp/tokyo-kyogeki2009/ ・東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/ 開演日時  2009年10月2日金曜日19時  2009年10月3日土曜日11時半  2009年10月4日日曜日16時半  2009年10月5日月曜日14時  解説を見ると『三国演義』にも出てくる「連環の計」を題材にしているようだね。

41. やつい孔明のヴィレ蛮征伐~サインお渡し会ツアー~(2013年6月15日-7月30日)
中身は三国に関係ないのでほぼプチネタ ・Victor Entertainment http://www.jvcmusic.co.jp/ ・DJやついいちろう(エレキコミック)|ニュース|Victor Entertainment http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A022595/44.html 上記のサイトの上記ニュースページによると、全国のヴィレッジヴァンガード各店にて2013年6月15日土曜日から7月30日火曜日まで「やつい孔明のヴィレ蛮征伐~サインお渡し会ツアー~」が開催されるという。これは2013年6月12日水曜日発売のDJやついいちろう(エレキコミック)『YATSUI FESTIVAL!』(アルバムCD、Victor、VICL-64028、2500円)に合わせたツアーで、上記ページによると、このCDを「お買い求め頂きましたお客様に、先着でイベント参加券を差し上げます」「ご予約いただいたお客様には優先的にイベント参加券を確保し、対象商品ご購入時にお渡しいたします」とのことだ。 ・百年日記 http://ameblo.jp/100nen/  ※やついさんのブログ ※関連記事 三国志フェス2011リンク集 もちろんCDは元よりツアーも三国とは無関係なんだろうけど、やついさんが三国志好きということか、ツアー名は三国にちなんだ名が付けられている。

42. 三国志フェス2011リンク集
・三国志フェス 2011年9月10日開催 http://3fes.sangokushi-forum.com/2011/ ※関連記事 三国志フェス2011(2011年9月10日) ※追記 「三国志フェス2012」開催見送り ※追記 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日) 上記リンク先にある「三国志フェス2011」もう閉会から一ヶ月経ったことだし、別件で集めたリンクを載せる。mixiやFacebook等のSNSでアカウントがないと見れないのは省く。

43. Imagine Future. プレミアムイベント~つぎに志の炎を燃やすのは、キミだ。~
「4/5 レッドクリフ シンポジウム」という検索があって何かと思えば、下記のサイトのイベント情報にあるように、2009年4月5日に『レッドクリフ Part II』の公開を記念したイベント「Imagine Future. プレミアムイベント~つぎに志の炎を燃やすのは、キミだ。~」があるようだね。 ・Imagine Future. -つぎに志の炎を燃やすのは、キミだ。 http://if2009.jp/ ※関連記事 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ 応募締切は3月30日だけど、記録のため記事に起こしておこう。というわけで上記サイトより下記へイベント内容を引用。 --引用開始----------------------------------------------------- 日時:2009年4月5日(日) 募集人数:50組100名 応募締切:2009年3月30日(月) 出演:小池百合子(衆議院議員)    竹中平蔵(慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所所長)    秋元康(作詞家)    松浦勝人(エイベックス・エンタテインメント株式会社 代表取締役社長)    小倉優子(タレント)    ジョン・ウー(映画監督) ※レッドクリフのキャストは出演致しません。 MC:田村淳(ロンドンブーツ1号2号) 内容:登壇者によるプレゼンテーション、パネル・ディスカッション    レッドクリフPartII─未来への最終決戦─ 試写会 --引用終了-----------------------------------------------------

44. 三国志フェス2013準備委員会第1回例会 議事録 公開版
※前記事 三国志フェス2013準備委員会(2012年8月11日)  上記関連記事にあるように、2012年8月11日土曜日に「三国志フェス2013準備委員会 第1回例会」が開催された。以下はその時の議事録の公開版だ。「公開版」というのは非公開版もあり、それは三国志フェス2013準備委員会出席者向けの資料となり、そこにあるアイディア段階の企画や収支に関することは公開版に入れると不都合が生じそうなので省いた。 三国志フェス2013準備委員会第1回例会 議事録 公開版 日時 2012年8月11日土曜日16時30分-18時30分 場所 東京都新宿区 若松地域センター2F 第1集会室 参加者 9名(時計回りの自己紹介順) おさっちさん(司会&報告者)、清岡(議事録)、朝霧さん、垂井さん、伏竜舎さん、益永さん(途中出席)、森さん、白鳥さん、玄鵬さん ・三国志フェス2013 準備委員会 http://3fes.sangokushi-forum.com/2013/ ・三国志フェス2013準備委員会 http://www.facebook.com/events/392106027505529/  ※facebook内サイト ※会場サイト ・若松地域センター http://www2.odn.ne.jp/~hak92550/

45. 2006年2月19日「長江の流れは緩やかに見えて」観劇
 孫堅の若かりし頃を描いた舞台

46. RE-INCARNATION RE-BIRTH(2013年9月12日-16日)
※前回記事 RE-INCARNATION(2013年8月15日-22日) 上記前回記事の続きだけど。同じく下記ブログで知ったこと。 ・WALK ON http://kougasui.blog15.fc2.com/ ・再演&続編上演  (※上記ブログ記事) http://kougasui.blog15.fc2.com/blog-entry-713.html 下記会社サイトの下記公式サイトにあるように、東京都足立区千住ミルディス1番館 10F シアター1010にて演劇『RE-INCARNATION RE-BIRTH』が2013年9月12日から16日まで行われるという。具体的には12日木曜日18時30分、13日金曜日18時30分、14日土曜日13時、17時30分、15日日曜日13時、17時30分、16日月曜日14時開演で、どの回も開場は開演の30分前とのことだ。全席指定席の6800円、プレミアムチケット(パンフレット・その他グッズ付)9000円とのこと。 ・舞台制作 Office ENDLESS http://andendless.com/special/rein/ ・RE-INCARNATION http://officeendless.com/sp/rein/ ・シアター1010 http://www.t1010.jp/ ※追記 リインカーネーション(2013年9月) ※追記 RE-INCARNATION Original Soundtrack by てらりすと(2013年9月) ※次回記事 RE-INCARNATION RE-VIVAL(東京2014年12月19日-29日、大阪2015年1月10日11日)

47. 「張飛 ボクシング」
手元のアクセスログを見ると「張飛 ボクシング」という検索が続いていた。 てっきりテレビか何かで神戸ハーバーランドのボクシングをしている張飛像がとりあげられたかと思っていた。 ・神戸ハーバーランドに三国志の武将像 http://cte.main.jp/newsch/article.php/775 ところがGoogle ニュースで検索をかけるとどうも違うらしい。 ・Google ニュース http://news.google.co.jp/ どうやら、明石ボクシングクラブ(明石ジム)所属のスーパーライト級の選手に張飛選手(リングネームとのこと、本名・張師、竹内幹雄)がいらっしゃって、3日に試合があってTKO負けしたとのこと。 ・明石ボクシングクラブ http://www.akashi-boxing-club.com/ ※このサイトに選手の写真がある。兵庫県明石市にある場所(住所)もここにある。 4日付けのニュースによると、そのときのダメージで未だ意識が回復していないということで安否が心配されるところ。 <5月19日追記> 今日の昼過ぎから「張飛 ボクシング」の検索が急に増え、嫌な予感がしましたが、ネットのニュースを確認したところ残念ながらやはりそうでした。 18日に亡くなられたとのことです。 お悔やみ申し上げます。 <追記終了> ※三国志ジャンルにおける張飛に関してはこちらの掲示板の書き込み参照 そういえば関係ないが、同じく三国志関連の人物をリングネームとしているということで、プロレスの趙雲子龍選手を思い出した。 ※参考記事 新北京プロレス新木場大会 全対戦カード発表

48. 語り芝居 中国古典 三国志(2009年6月7日建仁寺)
街角のポスターで見かけたので情報中継。 2009年6月7日日曜日19時開演の『語り芝居 中国古典 三国志』という催しが京都の建仁寺であるという。 ・イベントデック http://www.eventdec.com/ 上記主催サイトの「Live Infomation」(※「Information」のことかと。最近、「r」を抜くのが流行りなのかな)から内容を下記へ引用。 --引用開始--------------------------------------------------------- 語り芝居 中国古典 三国志 東洋歌劇と東洋古典楽器、 ピアノ、弦の音色によるコラボレーション 憩かなみ/野沢雅子 チェロ:大藤圭子/古琴、古筝、中阮:費 堅蓉 キーボード:長島芳幸/三弦:塙 智恵/笛:浅野 久恵 バイオリン:夢奏 平成21年6月7日(日)  開場 午後6:30 開演 午後7時 於:建仁時 前売り:全席自由 4.500円(当日5.000円) 全国ローソンにて販売 Lコード:57197 --引用終了--------------------------------------------------------- ※誤字もそのまま引用。 ※関連リンク ・建仁寺 The Oldest Zen Temple Kenninji http://www.kenninji.jp/ ・ローソンチケットのチケット販売サイト「ローチケ.com」 http://l-tike.com/

49. 三国志サミット(2015年11月21日)
情報が公開されたので記事に。 ・三国志サミット 2015年11月21日(土)東京大田区で開催! http://kakutei.cside.com/3594smt/ 上記のサイトによると、2015年11月21日土曜日午後に東京都大田区の大田区民プラザ 大ホールにて「三国志サミット」が開催されるという。「主催/三国志サミット実行委員会 協力/三国志学会」とのこと。※8/24追記。「三国志サミットは、三国志を徹底的に語る公開トークイベントです。」とのことで、他に「台湾の伝統人形劇「布袋戯」の上演」、「三国志にまつわる楽曲の演奏会」、「三国志グッズが一同に会す物販コーナー」があるとのこと。後援に「講談社(隔週刊 三国志DVD&データファイル)」が加わり、「三国志サミット ビジュアル&ロゴ /『轅門に戟を射る』(呂布・紀霊・劉備)/メインビジュアル作画:菊馳さしみ(北伐) ロゴ・デザイン:山田一人(北伐)」とのこと。チケットについて「※会場は全席自由。チケットは「イープラス」にて、/9月中旬に前売り販売いたします。今しばらくお待ちください。」と。※追記。「前売チケット発売は9/12(土)10:00から。一般¥2,500、学生¥2,000です! 」とのこと ・大田区民プラザ http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/plaza/ ※同会場関連記事 京劇「三国志」 ~古城会~ 関羽千里行より(2015年8月30日) ・三国志学会 http://sangokushi.gakkaisv.org/ ※「協力」関連記事 三国志学会 第十回大会(2015年9月5日12日土曜日) ・三国志DVD&データファイル│講談社 http://ent.kodansha.co.jp/3594/ ※関連記事 隔週刊 三国志DVD&データファイル(隔週木曜日2015年10月1日-) ・北伐:力漲る三国志手ぬぐい・Tシャツ http://shop.hokubatsu.com/ ・三国志サミット2015 ビジュアルを担当させていただきました http://hokubatsu.blog.fc2.com/blog-entry-1274.html ※リンク追記 ・三国志サミット|公演/舞台のチケット情報・販売・購入・予約|e+(イープラス) http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002168189P0030001 ※関連記事 六間道三国志祭(2014年10月12日13日)

50. 歴ドル・美甘子presents『レッドクリフpart2』公開記念三国志ナイト(2009年3月23日)
・三国志検定公式ポータルサイト http://www.3594kentei.com/ 上記サイトの3月16日の新着情報で知ったこと。 ・美甘子オフィシャルブログ「美甘子のパノラマ島奇談」 http://ameblo.jp/mikako426/ ・「『レッドクリフpart2』公開記念三国志ナイト」やります!! (※上記ブログ記事) http://ameblo.jp/mikako426/entry-10220960028.html 上記のブログ記事のように、2009年3月23日月曜日19:30スタートで新宿ロフトプラスワンにて歴ドル・美甘子presents『レッドクリフpart2』公開記念三国志ナイト(2009年3月23日)を開催するという。 ・ロフトプラスワン http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/ 出演者情報等、上記ブログ記事から下記へ引用。 --引用開始----------------------------------------------------- かつてない壮大なスケールでジョン・ウー監督が三国志を描いた話題の映画『レッドクリフ』が遂に完結! それを記念して歴史上の様々な人物たちをこよなく愛している歴史アイドル(歴ドル)美甘子を中心に三国志研究家や三国志好き芸人、ミュージシャンなどが一同に介しての一大三国志サミット開催。爆笑&ためになる三国志トークはもちろん、ここでしか観れない『レッドクリフ』秘蔵映像なども公開予定!! 【出演】美甘子(歴史アイドル) おもしろ三国志 さくら剛(『三国志男』著者) 他 三国志好き有名人多数参加予定! 【司会】 DJ急行 OPEN18:30 / START19:30 前売¥1,500当日¥2,000(ともに飲食代別)) 前売チケットはローソンにて3/3発売(L:34665) --引用終了----------------------------------------------------- 前回のレッドクリフ公開記念イベント「三国志ナイト」については下記記事参照。 ※関連記事 レッドクリフ公開記念イベント「三国志ナイト」(2008年10月27日) しかし、ネイキッドロフトからロフトプラスワンへとは箱が大きくなったもんだねぇ。 ちなみに、もう一人の歴史アイドルについては参考までに下記に記事へのリンクをあげておく。 ※参照記事 歴ドル小日向えりの恋する三国志(2009年3月10日) ※追記 熱血!平成教育学院「才色兼備!!歴ドルSP歴史マニア美女」 ※追記 三国志大戦トークライブイベント Vol.3(2010年11月13日) ※追記 第2回 三国志感謝祭(2011年11月5日)

51. 日中合作大型人形劇「三国志」
11月3日、劇団影法師さんによる大型人形劇「三国志」がファイナル公演を迎える。縁あって応援したいと思いますので、この場をお借りして少しご紹介したいと思います。 「この公演は、人形美術にあの川本喜八郎氏を、脚本にこれまたジェームス三木氏を迎え、演出は小森美巳氏が手掛け、劇団影法師と中国の成都人形芸術劇団が日中間で合作をし、1990年の初演以来10年間に渡り日本全国内において縦断公演を展開、2000年にはそれまで海外からいただいていた多数の観客からのオファーに応えるべく、ニューヨークやモントリオール、北京、香港等での世界ツアーも実施し、これまでに計120万人を魅了してきたものです」  そしてその公演が11月3日をもって見納めとなる。  興味のある方は下記劇団影法師公式サイトをのぞいてみてください。 http://www.kageboushi.com/sangokushi/sangokushi1.htm

52. 鋼鉄三国志 歌劇舞台~深紅の魂よみがえりしとき(2008年9月17日)
※関連記事 蒼天航路(2009年8月21日- DVD&Blu-ray)  上記記事のように、声優の宮野真守さんが主役(曹操)を演じるアニメ『蒼天航路』が2009年8月21日からDVDで発売される記念と言うわけではないけど、以下、同じく声優の宮野真守さんが主役(陸遜)を演じるアニメ『鋼鉄三国志』に関する記事。  三国志の人物名や設定を一部借りた中華ファンタジーであるアニメ『鋼鉄三国志』はテレビ東京で2007年4月6日から2007年9月28日まで放送していた。  最近、手元のサイトへの検索語句を集計しているわけだけど、その過程で、関連カウントが多い2007年のトピックとして印象に残ったのは、『BB戦士三国伝』とこの『鋼鉄三国志』についてだ。 ※関連記事  『BB戦士三国伝 ~英雄激突編~』公式サイトリニューアル(2008年8月1日)  『鋼鉄三国志』第26話(2008年3月26日)  『BB戦士三国伝』は今年で第三シーズン(戦神決闘編)を迎え、現在もなお商品展開をしているわけだけど、対照的に、『鋼鉄三国志』は2007年をメインとして現在では商品展開はされていない。  良いとか悪いとか言うつもりは全くないんだけど、『鋼鉄三国志』の商品展開(キャラソン、ボイスコレクション、声優による歌劇等)に、声優ファン層を積極的に取り込もうとした戦略が大いに見え、なおかつ上記記事を見てわかるように2008年下半期以降、メインに商品展開していたコナミデジタルエンタテインメントからは何も発売しないという潔い撤退っぷりが、とても興味をかき立てられた。  後者の補足事項として、公式サイトも現在、存在していない、つまりドメイン(koutetsu-sangokushi.jp)が他の業者に押さえられている(コナミデジタルエンタテインメント版の公式サイトは下記のようにまだ存在する) ・鋼鉄三国志 http://www.konami.jp/visual/koutetsu-sangokushi/  これはデータベース消費的にも研究対象になりうるな、とぼんやり思いつつ懐かしんでいたら、たまたまある商品を見かける。  それはUNIVERSAL SIGMAから2008年9月17日に発売された『鋼鉄三国志 歌劇舞台~深紅の魂よみがえりしとき』というDVDだ。  これは2008年6月28日29日に上演された宮野真守さん主演の『鋼鉄三国志歌劇舞台~深紅の魂よみがえりしとき~』のDVDなんだろうね(下記関連記事参照)。DVD化されていたなんて驚き。右の商品リンク先のレビューを読むと、どのように受容されたかも知り得て興味深い。 ※関連情報 『鋼鉄三国志』関連情報 ※追記 メモ3:「アクセス集計に見られる現代日本における三国志由来事項の変容と浸透」 ※追記 コスプレイヤーズアーカイブ(SNS) ※追記 鋼鉄三国志(Show Time) ※追記 鋼鉄三国志(2010年3月4日-4月10日)

53. 中国京劇院「三国志~諸葛孔明」のDVDとビデオ
 「三国志スケジュール試用版」の情報探索で知ったこと第8弾  例によって検索ワードであったんで再検索してみて知ったこと。  今年、2006年6月6日から8月3日までの間、全国を巡回していた中国京劇院「三国志~諸葛孔明」のDVDとビデオがすでに販売されているとのこと。 ・2006年7月14日 中国京劇院 三国志~諸葛孔明~(京都) http://cte.main.jp/newsch/article.php/321  早速、三国志スケジュール試用版に登録だ、なんて思ったけど、肝心の発売日がよくわからない(おまけにDVDは売り切れているし)。  まぁ、ネットでビデオを購入できるのは良いね。 (余談)この京劇は平日上演が多くて土日はあまり上演しない。個人的なことだけど、平日には見に行けないし地元で土日の上演ってのがない。そのため、私は東京で7月29日に三国志シンポジウムを見て、帰りの道中にある浜松で30日日曜日に上演される京劇を見ようと計画を立てていた。ところが東京で30日にある三国志学会第一回大会が一般聴講もOKだと知ったんで、観劇を中止し、30日も東京に居ることにした。そのため、結局、今回の京劇は見ることができなかったから、ビデオでもこの京劇を見れる機会があるのは嬉しい。  この販売店「音和生活~my style music~」は「会社概要」のページを見ると、「三国志~諸葛孔明」を中国京劇院と共同制作した財団法人民主音楽協会(民音)そのものなのかな?(よくわからないけど) ・音和生活~my style music~ http://www.rakuten.co.jp/onwa/ ・中国京劇院「三国志」(ビデオ販売ページ) http://item.rakuten.co.jp/onwa/10000085/  というわけでとりあえず今は三国志ニュースのみで。  その代わりといっては何だけど、京劇関係で面白いサイトを見つけたのでリンクはっとく。 ・サイト「紅娘の演劇観劇記」 http://www.geocities.jp/hongniang60jp/  ここに非公式の紹介ページ「中国京劇院「三国志」~諸葛孔明~」もあったり、「日本で京劇を見るために」もあったり何より「来日公演こぼれ話」なんてのもある。後でじっくりと見ることにしようと。  ちなみにここのサイトにあるブログのビデオの記事は下記 ・中国京劇院「三国志~諸葛孔明」DVDかビデオを購入すると http://hongniang60.cocolog-nifty.com/top/2006/08/post_a912.html ・ちょっと気になっていること http://hongniang60.cocolog-nifty.com/top/2006/09/post_3128.html

54. 2007年5月27日 赤兎馬Presents「三国志の宴2」開催
<追記>2007年5月27日 赤兎馬Presents「三国志の宴2」第1部 http://cte.main.jp/newsch/article.php/611  メールマガジンの三国志SHOP通信「赤兎馬」vol.127(2007年3月3日発行)によると、昨年に続き、2007年5月27日日曜日(昼頃スタート)に東京都、新宿のロフトプラスワンにて三国志ブランド「赤兎馬」主催で三国志トーク+ライブイベント「三国志の宴2」を開催するそうな。  今回のスペシャルゲストはなんと川本喜八郎先生! 三国志ファンにとって「NHK人形劇三国志」の人形作者でお馴染みだ。  すでに三国志ブランド「赤兎馬」のサイトでもその告知がある。 ・三国志ブランド「赤兎馬」 http://www.plastic-rouge.com/souten/ ・速報!三国志の宴2開催決定情報 5月27日(日) http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/ibe/loft_1_2007.htm ※関連リンク ・桃園の会ブログ(川本喜八郎先生関連) http://cte.main.jp/newsch/article.php/498 ・2006年6月4日 赤兎馬Presents「三国志の宴(仮)」開催 http://cte.main.jp/newsch/article.php/313 こりゃカレンダーにまる! だ。 今回もバナーできたら貼らしていただきます~ <3月12日追記> ・2007年2月17日三国志ファンのための新年会2007 http://cte.main.jp/newsch/article.php/517 ↑この間、行った「異邦人」という店が林ビル4階にあって、三国志の宴2の会場となるロフトプラスワンは林ビルの地下2階にある。 知らず知らずのうちに下見に行ってたんだ(笑) <4月4日追記> ↑というわけでバナーができたようなので貼ってみる。 それにしてもサイトにあるバナーを貼るソースのリンク先がloft_1_2006.htmとなっているけどloft_1_2007.htmが正解だね(4月4日現在)

55. 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日)
・三国志フェス2013 - 曹操魏公就任1800年記念 http://3fes.sangokushi-forum.com/2013/  上記サイトで2013年4月6日に告知されたように、2013年9月28日土曜日に横浜市中区の横浜産貿ホール マリネリアにて「三国志フェス2013」が開催されるという。今のところ、 三国志フェス実行委員会主催で後援に三国志学会とある。 ・横浜産貿ホール マリネリア http://www.y-shikouren.or.jp/sanbo/ ・三国志学会 http://sangokushi.gakkaisv.org/ ※というか、URLが替わってさらに事務局の場所(早稲田大学へ)も替わったので改めて記事にだね。 ※関連記事 三国志学会 第八回大会(2013年9月14日土曜日)  ※そして上記関連記事にあるように2013年9月は三国月間に。  「三国志フェス」は下記関連記事にあるようにスピンオフも含め過去3回開催されており、いずれも東京都23区内だったが、横浜市内は今回初となる。 ※関連記事  三国志フェス2010(2010年8月21日土曜日)  三国志フェス2011リンク集  ノート:Mini三国志フェス in レキシズルスペース(2012年10月13日)

56. 赤兎馬×レッドクリフ 三国志の宴スペシャル!(2008年10月10日)
有り難いことにまたまた情報募集のコメント覧で情報をいただく。 日本での公開まで二ヶ月切った映画『レッドクリフ』と三国志ブランドとしてお馴染みの「赤兎馬」とのコラボ企画ということで2008年10月10日に『レッドクリフ』の試写会&座談会である「赤兎馬×レッドクリフ 三国志の宴スペシャル!」(抽選無料招待制)が行われるとのこと。 よくよく見ると赤つながりだね~。 ・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト http://redcliff.jp/ ・三国志ブランド「赤兎馬」 http://www.plastic-rouge.com/souten/ というわけで詳細情報を下記に情報募集のコメント覧から引用する。 --引用開始--------------------------------------------------------- いつもお世話になっております。 この度、映画「レッドクリフ」×赤兎馬コラボ企画-第一弾として 試写会イベントを開催する事になりました。 抽選で100組200名様無料ご招待となりますので お知らせ致します。 詳しくは詳細ページがありますので お手数ですがそちらをご覧頂ければと思います。 イベント詳細ページ http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/red/red_utage_sp.htm イベント情報 ◆「 赤兎馬×レッドクリフ 三国志の宴スペシャル!」 ~三国志好きによる、三国志好きのためだけの三国志イベント~   抽選で100組200名様無料ご招待 ◆日程:10月10日(金) ◆会場:明治安田生命ホール(新宿) ◆時間:17:30~開場     18:00~ イベント開始     18:10~『レッドクリフ』上映開始     20:40~ ゲストと客席による「レッドクリフ」座談会     21:10 終了(予定) --引用終了--------------------------------------------------------- 上記には書いていないけど、詳細ページを見るとおもしろ三国志さんのライブがあったり、司会がDJ急行さんとセラチェン春山さんだったり、ゲストにスーパーログさん、柄沢さんや小日向えりさんがいらっしゃるってあたり「三国志の宴スペシャル」って感じだね~。 ※関連記事  呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ  赤兎馬Presents「三国志の宴3」レポ ※追記 歴ドル小日向えりの恋する三国志(2009年3月10日) ※追記 「蒼天」三国志アクションRPG(2010年春)

57. 速報:おもしろ三国志、サマソニ出陣!
さっぱり情報の咀嚼ができていないのですが、ともかく、 おもしろ三国志さんの「サマーソニック10」(2010年8月7日土曜日8日日曜日東京大阪開催)の出場が決まったようです。 おめでとうございます! ・SUMMER SONIC 2010 http://www.summersonic.com/ ・おもしろ三国志の諸葛孔明 IN THE HOUSE! http://ameblo.jp/omoshirosangokushi/  ※リンク追記  ・出れますサマソニ  (※上記ブログ記事)  http://ameblo.jp/omoshirosangokushi/entry-10603877814.html 下記サイトにある一般公募部門「出れんの!?サマソニ!?」という企画で厳しい選考を勝ち抜いて、出場を決められたそうです。今日(2010年7月28日)に出演アーティスト13組の発表がありました。ちなみに下記サイトではおもしろ三国志さんの「董卓討つべし」が視聴できます。サイトにある出演決定リストが「五十音順」で、個人的には「やる気のないダースベイダーのテーマ」でお馴染みのあの栗コーダーカルテットと並んでいるのが不思議な感じですね。 ・e+エンタメ市場《meets》 ×SUMMER SONIC 10 http://emeets.jp/ ※おもしろ三国志さんについての関連記事  赤兎馬Presents「三国志の宴2」第2部  赤兎馬Presents「三国志の宴3」第2部レポ  おもしろ三国志アワー(2010年7月1日より毎週木曜) ※追記 三国志マニアまやや(アニメ『海月姫』2010年10月14日-) ※追記 リンク:董卓討つべしRemixies ※追記 オタク女子文化研究所 第4回(2012年1月25日20時) ※追記 ザ・トップ5(2012年3月14日)

58. メモ:三国志フェス2011が始まるまで(2011年9月9日)
※関連記事 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日)  上記バナーのサイトや上記関連記事にあるように、2013年9月28日に横山で「三国志フェス2013」が開催される。昨年は下記関連記事にあるように、スピンオフの2012年10月13日開催「Mini三国志フェス in レキシズルスペース」をカウントしなければ2年ぶりの開催となる。 ※関連記事 ノート:Mini三国志フェス in レキシズルスペース(2012年10月13日)  その2年前の「三国志フェス2011」については下記関連記事のように「三国志ニュース」にてリンク集を作ったものの、レポートやメモの類は、いつもにも増してあまりにも個人よりになりすぎてしまったこともあり個人サイトに掲載したものの、すっかり「三国志ニュース」の記事にする機会を逸していた。 ※関連記事 三国志フェス2011リンク集 ・三国志フェス2011関連 (※個人サイトの雑記) http://cte.main.jp/sunshi/2011/0909.html  一応、上記の雑記の末尾に「次回の三国志フェスの開催が決まり、それに日が近付けば、PRの意味でもこれらを三国志ニュースに移植する可能性あり」と書いていて、そして今回の「三国志フェス2013」の開催が決まって、そして開催まで一ヶ月余り前となった。

59. 新北京プロレス Japan Tour 2010 新春興行(2010年2月3日)
検索語句を通じ知ったこと 下記、DDTプロレスリングのサイトを見ると今年の年初に続き、来年の新春、2010年2月3日木曜日(19時開場19時半開始)に「新北京プロレス Japan Tour 2010 新春興行」が開催されるようだね。今回の春節開催ではないようだ。前回と違って東京・新木場1st.Ringで行われるとのこと。(スーパーシート)前売5000円 (指定席)前売4000円 ・DDTプロレスリング公式サイト http://www.ddtpro.com/ ※関連記事 新北京プロレス Japan Tour 2009 in SHINJUKUFACE(2009年1月11日) ※追記 新北京プロレス Japan Tour 2011 新春興行(2011年2月11日) まだカードが発表されていないから判らないんだけど、きっと前回と同じく三国志に由来するレスラーが出てくると思う。 <追記> というわけで公式サイトにカードが出ていたので、下記へ引用する。煽り文が素晴らしい。あと曹操が第一試合だなんて贅沢だなぁ(笑) ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎第一比赛 北原の鬼vs中原の王! 15/1 曹操孟徳 vs ミスター・モンゴル ※中原の王、全人民のアイドル曹操と、北原の鬼と呼ばれたブフ(モンゴル相撲)の使い手ミスター・モンゴルが遂に直接対決! ◎第二比赛 Beyond Silkroad~中国拳法vsパンクラチオン~ 20/1 Dragon-Achooooo&偏腿王 vs カンクロウス&タケダイオス ※中国拳法とパンクラチオンとの終わりなき抗争に、擒拿術(関節技)の名手、偏腿王(へん・たいおう)が参戦。大秦国(ローマ)最強の拳闘士と激突する! ◎第三比赛 西遊演義 金角銀角の恐怖!の巻 30/1 孫悟空&沙悟浄&猪八戒with三蔵法師 vs 金角&銀角 ※これまでのあらすじ~チベット目指して旅を続ける三蔵たちの前に、双子の魔人金角と銀角が立ち塞がる。三蔵をさらわれてしまった悟空たちは双子を追い続け、遂に遠く離れた日本にたどり着いた。感動のクライマックス! ◎第四比赛 ∞/1 BEST of SUPER 河川 ∞/1 ロングリバー黄河 vs ロングリバー長江 ※もはや説明不要、超弩級の直接対決が実現! どっちが長いか、ごちゃごちゃ言わんと戦って決めたらええんや! ◎セミファイナル ...

60. ノート:Mini三国志フェス in レキシズルスペース(2012年10月13日)
※前回記事 三国志フェス2011 終了後(2011年9月10日) ・Mini三国志フェス in レキシズルスペース http://3fes.sangokushi-forum.com/2012_mini/ ・レキシズル|歴史好き同士の交流活性プロジェクト http://hello-kiitos.sakura.ne.jp/rekisizzle/ ※関連記事 Mini三国志フェス in レキシズルスペース(2012年10月13日) ※追記 三国志フェス2013(横浜2013年9月28日) ※新規関連記事 mini三国志フェス2020 in OYF(2020年6月21日)  上記サイトや上記関連記事にあるように、2012年10月13日土曜日に15時開場で16時から22時までの間、東京都千代田区神田駿河台のレキシズルスペースにて「Mini三国志フェス in レキシズルスペース」が開催された。