Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 04月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 241 - 270 / 317 件 (0.0082 秒). 検索条件の修正

241. 一冊でまるごとわかる三国志(2016年1月7日)
※関連記事 図解 三国志 群雄勢力マップ 詳細版(2016年1月27日) 上記関連記事を書く際にAmazon.co.jpにアクセスしたらリコメンドで知ったこと。 ・株式会社 大和書房 生活実用書を中心に発行。新刊案内、書籍目録、連載エッセイ、読者の広場 http://www.daiwashobo.co.jp/ ・一冊でまるごとわかる三国志 - 株式会社 大和書房 http://www.daiwashobo.co.jp/book/b213581.html 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年1月7日に大和書房より渡邉義浩/著『一冊でまるごとわかる三国志』(だいわ文庫、ISBN9784479305712)が740円(税別)で発売したという。 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※関連記事 渡邉義浩先生の新聞記事(読売新聞2016年1月6日 朝日新聞1月8日)

242. 新説 「三国志」の虚構と真実(2015年5月11日)
http://cte.main.jp/newsch/forum/viewtopic.php?showtopic=180&page=12#253 有り難いことに上記のように「三国志ニュース」の掲示板で教えていただいたこと。 ・Panda Publishing http://panda-publishing.co.jp/ ・電子書籍『新説 「三国志」の虚構と真実』の配信をスタートしました | 歴史 | Panda Publishing http://panda-publishing.co.jp/2015/05/11/%e9%9b%bb%e5%ad%90%e6%9b%b8%e7%b1%8d%e3%80%8e%e6%96%b0%e8%aa%ac%e3%80%80%e3%80%8c%e4%b8%89%e5%9b%bd%e5%bf%97%e3%80%8d%e3%81%ae%e8%99%9a%e6%a7%8b%e3%81%a8%e7%9c%9f%e5%ae%9f%e3%80%8f%e3%81%ae%e9%85%8d/ 上記のサイトの上記ページによると、Panda Publishingより電子書籍の満田剛/著『新説 「三国志」の虚構と真実』が配信開始されたという。450円。 ・満田剛のブログ http://tmitsuda.blog112.fc2.com/ ※著者ブログ ※関連記事  三国志 最強武将Top45(2012年9月11日)  世界史から見た日中外交史(2015年5月24日) 人物ごとの構成で、上記関連記事の同著者の『三国志 最強武将Top45』(電子書籍)でのパラメータが武力、知力、統率力、魅力、政治力、門地の6項目だったのに対し、これは個人武力、知力、政治・外交、魅力・人望、門地、人脈、魅せ場、統率力の8項目だ。

243. 世界史劇場 正史三國志(2017年7月24日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2017年7月6日文春文庫) ※新規関連記事 簡牘が描く中国古代の政治と社会(2017年9月15日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第7号(総312号その2)(2017年8月31日発行)により知ったこと。 ・ベレ出版 https://www.beret.co.jp/ ・世界史劇場 正史三國志|書籍案内|ベレ出版 https://www.beret.co.jp/books/detail/656 ※関連記事 中国英雄列伝を漢文で読んでみる(2009年5月18日) 上記の出版社サイトの上記の書籍ページによると、2017年7月24日にベレ出版より神野正史『世界史劇場 正史三國志』(ISBN978-4-86064-516-8)が2100円(税別)で発売したという。

244. 曹操注解 孫子の兵法(2014年8月7日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第10号(総277号その2)(2014年8月20日発行)により知ったこと。 ・朝日新聞出版 最新刊行物 http://publications.asahi.com/ ※新規関連記事 三国的世界(CCTV纪录 via YouTube 2018年8月19日-21日) ・朝日新聞出版 最新刊行物:文庫:曹操注解 孫子の兵法 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16181 上記サイトの上記ページにあるように、2014年8月7日に朝日新聞出版より中島悟史『曹操注解 孫子の兵法 <新装版>』(ISBN:9784022618078)が907円(税込)で発売したという。 「新装版」とあるのは1998年12月にビジネス社より同書が発売したからのようだね、左のAmazon.co.jpのページによると。

245. 古代年代論が解く邪馬台国の謎(2013年11月)
※関連記事 中国古典文学と挿画文化(2014年2月) 上記関連記事を書く際に知ったこと。 下記の出版社サイトの下記書籍ページによると、勉誠出版より2013年11月に安本美典/著『古代年代論が解く邪馬台国の謎 科学が照らす神話の時代』(ISBN978-4-585-22554-6)が2800円(税別)で発売したという。 ・勉誠出版 --HOME http://bensei.jp/ ・古代年代論が解く邪馬台国の謎 http://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=5501 ・古代年代論が解く邪馬台国の謎 http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100281

246. 100分de名著 陳寿『三国志』(2017年4月24日)
下記のTwitter AccountのStatusなどで知ったこと。 ・うめ (umeharam) on Twitter https://twitter.com/umeharam ・Twitter /umeharam: Eテレ「100分 de 名著」の5月のタイトルに陳寿「三国志」が。25分×4回の放送予定。 ... https://twitter.com/umeharam/status/846860564345241600 ※関連記事 化粧 KEWAI -舞台の顔-(逸翁美術館2017年1月21日-3月26日日曜日) ※新規関連記事 三国志~趙雲伝~(BS12 トゥエルビ 毎週月曜-金曜2017年12月27日-) 下記出版社サイトの下記書籍ページにあるように、2017年4月24日にNHK出版より渡邉義浩『100分de名著 陳寿『三国志』』(ISBN978-4-14-223074-7)が524円(税別)で発売するという。下記の書籍ページをみてからわかるように、NHK教育番組のテキスト。という文脈、枠内での出版なんだろうね。番組については情報がそろってから記事を改めて書く予定。 ・NHK出版 https://www.nhk-book.co.jp/ ・ 100分de名著 陳寿『三国志』 2017年5月 | NHK出版 https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062230742017.html ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※関連記事 曹操の文学と『文選集注』(東洋文庫アカデミア2017年4月29日)

247. 『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ(2017年11月20日)
※関連記事 三国志の英雄たちは実は「ダメ上司」だった(東洋経済オンライン2017年12月12日) 上記関連記事を書く際に知ったこと。 ・三笠書房 http://www.mikasashobo.co.jp/ ・『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100850500 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、三笠書房より宇山卓栄『『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ』(ISBN9784837985051)が2017年11月20に発売されたという。700円(税別)。

248. 三国志 その終わりと始まり(2018年1月4日)
 下記のTwitter Accountの下記statusで知ったこと。それを実際、受容形態ごと見かけたっていう理由付けの日記は後回しで先に書籍の紹介。 ・上永 哲矢【哲舟】 (Tetsu_uenaga) on Twitter http://twitter.com/Tetsu_uenaga ・Twitter / Tetsu_uenaga: 来月というか年明け、2冊の著書(新書)を出させていただく運びになりました。雑誌「時空旅人」の高野山、三国志特集の改訂版です。詳しくはまた追って。 ... https://twitter.com/Tetsu_uenaga/status/941173098312646656 ※関連記事 文学&歴史に学ぶ!幸せなキャリアの築き方(2018年2月18日) ※新規関連記事 三国志【デジタルリマスター版】(GYAO!無料公開2018年3月12日-18日)  下記出版社サイトの下記ページによると2018年1月4日に三栄書房より上永哲矢『三国志 その終わりと始まり』(ISBN9784779635045)が950円で発売したという。新書サイズ。巻末の注意書きをみると同社の『時空旅人』掲載分をベースにしているようだね。日本の関帝像マップもある。 ・三栄書房 オフィシャルサイト http://www.sun-a.com/ ※新規関連記事 時空旅人 2019年7月号(2019年5月25日発売) ・三国志 その終わりと始まり | 三栄書房 http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9949 ※関連記事  時空旅人 Vol.26 大人が読みたい三国志(2015年5月26日)  完全版 大人が読みたい三国志(2016年8月26日)  雲才さん(hideppさん)や北伐の菊さんの絵が使われていて、Cha-ngokushiに馴染み深いこととなっている。 ※関連記事  馬超画(Cha-ngokushi2017年11月-)  メモ:Cha-ngokushi(2017年2月4日訪店)

249. 治乱のヒストリア(2017年3月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※新規関連記事 「三国志」を文学する―『三国志』から『三国志演義』へ―(2017年4月) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第3号(総308号その1)(2017年4月24日発行)により知ったこと。 ・法政大学出版局 http://www.h-up.com/ ・治乱のヒストリア « 法政大学出版局< http://www.h-up.com/bd/isbn978-4-588-10034-5.html ※関連記事  中国史の時代区分の現在(2015年8月10日)  100分de名著 陳寿『三国志』(2017年4月24日) 上記の出版社サイトの上記の書籍ページによると、2017年3月に法政大学出版局より伊東貴之/編、渡邉義浩・林文孝/著『治乱のヒストリア 華夷・正統・勢』(ISBN978-4-588-10034-5、シリーズ・キーワードで読む中国古典 4)が2900円(税別)で発売したという。一見、三国と関係なさそうだけど、内容紹介で明確に「治乱興亡の『三国志』から」とある。

250. 黄昏三国志 孔明以後の英雄たち(2015年4月16日)
・中経出版 http://www.chukei.co.jp/ ・黄昏三国志 孔明以後の英雄たち|中経出版 http://www.chukei.co.jp/general/detail.php?id=9784046011435 ※関連記事 賢人の中国古典(2013年6月26日) 上記サイトの上記書籍ページによると、また下記の同グループのKADOKAWAのページによると、2015年4月16日に中経出版より守屋洋/著『黄昏三国志 孔明以後の英雄たち』(ISBN978-4-04-601143-5)が1400円(税別)で発売したという。またその電子書籍も2015年4月20日に発売したという。上記ページの目次によると、「一 蜀 滅亡への道/二 魏 簒奪への道/三 呉 転落への道/四 晋 自滅への道」とのことで国別となっている。 ・株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|黄昏三国志 孔明以後の英雄たち http://www.kadokawa.co.jp/product/321412000011/

251. 道教の歴史(2015年3月27日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第4号(総285号)(2015年4月3日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記書籍ページによると2015年3月27日に山川出版社より橫手裕/著『宗教の世界史 6 道教の歴史』(ISBN978-4-634-43136-2)が3500円(税別)で刊行したという。後述の目次によると、もちろん『三国志』に載る太平道と五斗米道についても書かれてある。 ・歴史と教科書の山川出版社 http://www.yamakawa.co.jp/ ※新規関連記事 曹操(2019年7月18日) ・道教の歴史 | 歴史と教科書の山川出版社 http://www.yamakawa.co.jp/product/detail/2386/ ※関連記事 三国志学会第一回大会ノート2

252. と学会レポート オタク的中国学入門(2007年7月9日)
※前の記事 日経三国志 新宿メトロプロムナード(2018年5月7日-13日)  2018年5月20日日曜日朝静岡県内。CiNiiで検索してみると「さわやかウォーキング」を社会学的に分析した論文ってないもんやね。これだけの集客の仕組みが気になる。列車に乗る前に三国志ニュースの記事「博多豚まんや孔明(福岡市南区)」を仕上げて更新。乗る予定の列車が3分前すでに入線してた。列車のトイレ使う。小田原駅で5分で乗車券を買って戻るの失敗。乗り継いで東へ。三国志ニュースの記事「中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月)」を書いていたけど、混雑してノートPCをあけている場合じゃなくなって後半は眠っていた。東京駅11時1分発中央線快速。11時17分、新宿駅 「中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月)」を書き終える。11時19分ごろに中野駅に到着。そこから徒歩で東に戻り、都営地下鉄の東中野駅へ。春のワンデーパス500円の期間が終わっていた。仕方がないので700円の都営まるごときっぷを買う。 ・お得な乗車券 | 東京都交通局 https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/fare/otoku_index.html ※関連記事 蜀三傑人形(1851年)  都営大江戸線(光が丘行)で新江古田駅へ。最終節ミラン×フィオレンティーナにあわせ、ポルタ・フィオレンティーナでランチ。ようやくこれた!五ヶ月の念願。 ・ポルタ・フィオレンティーナ https://portafiorentina.jimdo.com/ ※関連記事 メモ:パクリが平常運転化された連環画(パ平連)(マンガ論争18 2017年12月29日)  開店まで10分ぐらいまつ。店内は天井から葡萄のイミテーションがぶらさがりイタリアの写真がいっぱいはってあって、風景画もあって、写真の中には水色の10番マラドーナのユニフォームの写真があった。前日とのかぶりをさけてピッツァを食べたけど今度はパスタもおさえておきたいね。  予定では12時45分発のためあわてて店を出て都営大江戸線、都営浅草線を乗り継いで中延駅へ。そこから東急大井町線で自由が丘駅へ。13時46分。徒歩で、「アイハラ ハルノブ 作品展 こんにち わにわに」内の企画、MAKOさんの読み語りライブを見にギャラリー澄光へ。 ・Gallery Choukou ~澄光は若手アーティストを応援します~ http://www5a.biglobe.ne.jp/~choukou/ ・atom75makoのブログ https://ameblo.jp/atom75mako/ ・いちごいち絵本77…今日、出会った1冊があなたの宝物になりますように。 https://ameblo.jp/atom75mako/entry-12377493082.html ※関連記事 横山光輝 三國志 劉備、関羽、張飛、曹操、孔明(5体)(2003年?)

253. 見て読む中国 京劇の世界(2006年6月20日)
※前の記事 メモ:人形に生命を吹き込む(2018年3月17日)  2018年3月末に『三国志研究』の投稿〆切があって郵送なので、3月30日内には速達で郵送する必要があって、さらに2018年4月1日に日本マンガ学会第18回大会の要旨の〆切があるんだけど、こちらはメールも受け付けるので当日日付中と、2つの〆切が控えていた。そのため3月下旬は当然、その2つを優先させていたので、記録がおざなりになっていて、レポート系の記事にするようなネタはないと思い込んでいたけど、前者の文献調査であった。  それは表題のもので先に書くと、下記サイトの下記ページにあるように、2006年6月20日に東方書店より徐城北/著、陳栄祥・施殿文/訳『見て読む中国 京劇の世界』が発行されたという。2592円。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・国内書 見て読む中国 京劇の世界 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=449720507X&bookType=jp ※関連記事  三国志 鉄籠山(東京2018年5月20日)  メモ:コミックマーケット93 3日目(2017年12月31日)  汲古書院 訳あり特価本販売中(東方書店2017年12月)  『三国志演義』の「幸福」(東方2017年1月) ※新規関連記事 中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月)  どこらへんが三国に関係するかというと、p.23に白黒写真が載せられてあって、そのキャプションが「北京の最初の写真館である泰豊写真館の任景豊社長は、日本で撮影技術を学んだ。1905年にフランス製の手回しの撮影機を購入し、琉璃厰にあった祠の境内で自然光を利用して友人の譚鑫培が主演した「定軍山」を撮影し、それが中国最初の映画となった。全3巻、白黒の無声映画である。写真は映画のワンシーン。(中国映画資料館提供)」とあり、実は中国最初の映画は三国ものの「定軍山」だったと。確認で自分のメモに対して「定軍山」と検索すると2015年6月24日にBSスカパーで放送されたドキュメンタリーシリーズ『京劇』(CCTV大富)についてのメモで中国人による最初の映画「定軍山」とある。ほかには「数百年続いた昆曲があきられていた」とか「1890年代、清朝が京劇に関わる」とか「譚派。京劇のスター制度」とかメモがあった。 ※関連記事 メモ:三国志II 天翔ける英雄たち(日本テレビ、アニメ1986年8月22日)  pp.22-23の見開きページ上部に「清末期の有名な画家・沈蓉圃が描いた「同光十三絶」と題した俳優たちの肖像画」とキャプションのついた絵があって、その俳優はそれぞれの役に扮しており、三国の人物もあって、「群英会」から魯粛、周瑜、「空城計」から諸葛亮が描かれる。  あと論文的にはp.22の「一九一九年(大正八年)、梅蘭芳(一八九四~一九六一年)が自らの劇団を率いて京劇の日本公演を行い、これにより初めて海外に京劇が紹介された。」という文も重要。下記関連記事で触れた日本マンガ学会第17回大会の発表分の論文化で、そこの京劇の衣装の資料がウェブ上にあったチラシを用いているため、そのまま使うと肖像権を侵害しそうだったので、文献のものと差し替えたいって流れだ。試しにネットを介していつも利用する図書館で「京劇」と蔵書検索すると一番画像が豊富そうだったので。 関連記事 メモ:日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)

254. SDガンダム BB戦士三国伝 メモリアルブック(2018年1月22日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・栗原昌宏☆ BB戦士三国伝メモリアルブック1/22発売‏ (knighthayate) on Twitter http://twitter.com/knighthayate ・Twitter / knighthayate: 新紀元社さんの「SDガンダム BB戦士三国伝メモリアルブック」発売日決定いたしました‼︎ 2018年1月22日発売‼︎ ... http://twitter.com/knighthayate/status/943678180736483330 下記出版社サイトの下記ページによると、新紀元社より2018年1月22日に栗原昌宏/著『SDガンダム BB戦士三国伝 メモリアルブック』(ISBN978-4-7753-1533-0)が2400円(税別)で発売されるという。 ・Shinkigensha Web | 新紀元社 http://www.shinkigensha.co.jp/ ・SDガンダム BB戦士三国伝 メモリアルブック | Shinkigensha Web http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1533-0/ ※関連記事  三国志武将事典(2014年12月9日)  武将バトルRPG 転生三国志(2016年1月30日) そのまんまのタイトルとおもいきや、似通った二つの名前を混ぜたタイトルで、つまりは「BB戦士No.300」として2007年6月13日に出荷されたプラモデル「劉備ガンダム」からの「BB戦士三国伝」シリーズと、「三国伝 001」として2010年2月25日に出荷されたプラモデル「真 劉備ガンダム」からの三国伝「真」シリーズ、つまり「SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors」のシリーズを併せてのメモリアルブックのようだね。ちなみに同社の既出のSDガンダムのメモリアルブックは『SDガンダム SD戦国伝 メモリアルブック』、『SDガンダム アニメーションメモリアルブック』とあって、今回のは第3弾に当たる。 ・BB戦士三国伝 10周年記念 | バンダイ ホビーサイト http://bandai-hobby.net/site/bbsangokuden/ ・SDガンダムBB戦士|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト http://bandai-hobby.net/brand/bb/ ※関連記事  『BB戦士三国伝 ...

255. 三国志 英傑たちのその後と謎(2015年8月8日)
※関連記事 超意訳 三国志(2015年11月20日) 上記関連記事を書く際に知ったこと。 ・宝島チャンネル http://tkj.jp/ ・三国志 英傑たちのその後と謎 http://tkj.jp/book/?cd=02451501 つまり上記ページによると、宝島社より2015年8月8日に武光誠/監修『三国志 英傑たちのその後と謎』(ISBN:978-4-8002-4515-1)が630円(税別)で発売したという。

256. 教科書では読めない中国史(2006年3月)
※前の記事 中国古代化学(2017年9月)  2017年10月28日土曜日16時ごろ、前の記事にあるように東京の神保町の東方書店の中に入った。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/  いやその前に入り口前にある“ワゴンセール”が気になって。 ※関連記事 僕らの三国志大全(2012年12月13日)  2012年12月13日発売のムック『僕らの三国志大全』(綜合ムック、綜合図書、ISBN4862980848)が530円で販売していて、その他いろいろあったけど、冨谷至『教科書では読めない中国史―中国がよくわかる50の話』(小学館2006年3月1日)というのが定価1500円(税別)のところ720円であり、ぱらぱらとめくると『三国志』パートもあるようで。後で検索してみると三国志ニュースでちゃんと紹介してなかったようなので、ここで記事に。下記関連記事(1番目)に「三国に関係ないかなと思って手に取ったら、「分裂の時代」という章で『三国志』と『三国演義』の違いや、邪馬台国のことが書かれてあった。」とあるぐらい。 ・CiNii 図書 - 教科書では読めない中国史 : 中国がよくわかる50の話 http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA75983784 ※関連記事  第36回 秋の古本まつり(京都古書研究会2012年10月31日-11月4日)  『漢簡語彙 中国古代木簡辞典』『漢簡語彙考証』(2015年3月25日)  漢唐法制史研究(2016年2月)  2016年度(第28回)日本秦漢史学会大会(2016年11月19日)

257. 劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』(2018年5月18日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・戸田書店前橋本店 (toda_books) on Twitter http://twitter.com/toda_books ・Twitter / toda_books: 本日の注目の新刊はこちら。「劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』」柿沼陽平著(文春新書)。三国志ファンとしてはスルーできない見出しがいっぱい。″諸葛亮は軍略をたてるのが苦手″ ″呂布の赤兎馬はポニーなみに小さかった″ 最新の三国志研究が示す驚くべき事実! え、えーーーー。読むしかない。 ... https://twitter.com/toda_books/status/997051629521195010 下記のサイトの下記ページによると、2018年5月18日(20日発行)に文藝春秋より柿沼陽平『劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』』(文春新書、ISBN978-4-16-661171-3)が880円(税別)で発売するという。 ・文藝春秋ホームページ http://www.bunshun.jp/ ※関連記事  三国志読本(文春文庫2017年5月10日)  泣き虫弱虫諸葛孔明 第四部(2017年7月6日文春文庫) ・文春新書『劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』』柿沼陽平 | 新書 - 文藝春秋 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166611713 ※関連記事  中国古代の貨幣(2015年1月20日発行)  北京大学版 中国の文明 3(2015年7月25日)

258. 英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典(2017年7月7日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 鏡鑑としての中国の歴史(2017年6月) ※新規関連記事 泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部(2017年6月26日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』第6号(総311号その2)(2017年7月28日発行)により知ったこと。 ・トップページ|実業之日本社 http://www.j-n.co.jp/ ※新規関連記事 乱世のプロモーターたち(オール生活1984年5月号-1985年4月号) ・英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典|実業之日本社 http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-45649-2 ※関連記事  「その後」の三国志(2016年12月9日)  知れば知るほど面白い 英雄たちで知る三国志(2013年1月19日) 上記の出版社サイトの上記の書籍ページによると、2017年7月7日に実業之日本社より水野大樹/監修『英雄たちの装備、武器、戦略 三国志武器事典』(ISBN978-4-408-45649-2、じっぴコンパクト新書)が800円(税別)で発売したという。 ※関連記事 三国志合戦事典(2010年12月22日)

259. 春の古書大即売会2017(京都古書研究会2017年5月1日-5日)
※前の記事 髀肉之嘆(Cha-ngokushi2017年4月)  上記の前の記事の続き。 ※関連記事 第34回 春の古書大即売会(京都古書研究会2016年5月1日-5日)  上記関連記事や下記サイトにあるように京都古書研究会主催で毎年5月初頭、8月中旬、10月末11月初頭に、多くの古書店が参加する古書の即売会が開催され、今年は2017年5月1日月曜日から5日金曜日祝日まで、みやこめっせ・京都市勧業館1階第二展示場(左京区岡崎)にて京都古書研究会の「春の古書大即売会2017」が開催される。 ・京都古書研究会 http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/ ・京都最大級の総合イベント・展示会場 みやこめっせ 京都市勧業館 http://www.miyakomesse.jp/ ※次回記事 春の古書大即売会2018(京都古書研究会2018年5月1日-5日)

260. 十八史略(2014年7月9日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第9号(総276号)(2014年7月28日発行)により知ったこと。 ・筑摩書房 http://www.chikumashobo.co.jp/ ※新規関連記事 資治通鑑(2019年7月9日) ・筑摩書房 十八史略 / 曾 先之 著, 今西 凱夫 著, 三上 英司 著 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480096326/ 上記サイトの上記ページにあるように、 2014年7月9日に筑摩書房より曾先之撰、今西凱夫・三上英司/訳『十八史略』(ちくま学芸文庫 ISBN:978-4-480-09632-6)が1400円(税別)で刊行したという。『十八史略』(じゅうはっしりゃく)は下記関連記事にあるように日本の漢文の教科書でよく使われる(ダイジェスト的な)史書で、『三国志』の記述からもあれこれ取り入れられており、下記関連記事にあるように訳本もあれこれ売られている。 ※関連記事  教科書本文データ集(全国漢文教育学会)  「十八史略 3 梟雄の系譜」(文庫)の三国志関連部分  十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典(2011年1月25日)  十八史略で読む「三国志」(2012年8月25日)

261. 三国志読書会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月30日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・三国志英傑群像岡本 (eiketu) on Twitter http://twitter.com/eiketu ※関連記事 官渡戦役 ボードゲーム会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月29日) ※新規関連記事 三国志講談「祝融の女心」(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年10月20日) ・Twitter / eiketu: 急きょ、三国志ギャラリーで今月末2つ追加で #三国志イベント 実施します! ①6/29 官渡戦役ボードゲーム会(2セット有。英傑が関わったもの) ②6/30 三国志読書会 渡邉義浩『漢帝国ー400年間の興亡』を読む (三国前夜を学ぶ) 共に13時~最大夕方、各500円 ... https://twitter.com/eiketu/status/1139047732645990401 下記サイトの下記ページによると、兵庫県神戸市長田区二葉町(大正筋商店街)のKOBE鉄人三国志ギャラリーにて2019年6月30日日曜日13時より「三国志読書会」が開催されるという。参加費500円とのことで、何を読むかは渡邉義浩『漢帝国―400年の興亡』(中央公論新社2019年5月22日、中公新書2542、ISBN978-4-12-102542-5) ・KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)鉄人28号&横山光輝三国志 http://www.kobe-tetsujin.com/ ・KOBE鉄人三国志ギャラリー 鉄人28号と三國志の展示館&グッズショップ http://www.kobe-tetsujin.com/gallery/ ・中央公論新社 http://www.chuko.co.jp/ ・漢帝国―400年の興亡 http://www.chuko.co.jp/shinsho/2019/05/102542.html ※関連記事  官渡戦役 ボードゲーム会(KOBE鉄人三国志ギャラリー2019年6月29日)  三国志 演義から正史、そして史実へ(2011年3月25日)

262. 鏡が語る古代史(2017年5月19日)
・關尾史郎のブログ http://sekio516.exblog.jp/ ・読了(17/06/14) (※上記ブログ記事) http://sekio516.exblog.jp/25847771/ ※関連記事 漢唐法制史研究(2016年2月) 上記のブログ記事のRSSで知ったこと。 ・岩波書店ホームページ http://www.iwanami.co.jp/ ※新規関連記事 生と死のことば(2017年10月20日) ・鏡が語る古代史 https://www.iwanami.co.jp/book/b287048.html ※関連記事  三國志よりみた邪馬臺國(2016年4月27日)  井波律子/著『中国の五大小説(上)三国志演義・西遊記』(2008年4月22日) 上記サイトの上記書籍ページにあるように岩波書店より2017年5月19日に岡村秀典『鏡が語る古代史 鏡に託された,人びとの〈声〉を聴く』(ISBN9784004316640、岩波新書 新赤版 1664)が出版されたという。860円(税別)。

263. 三国志詩話(2016年2月24日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第3号(総297号その1)(2016年3月30日発行)により知ったこと。右のAmazon.co.jpのページによると2016年2月24日に創英社/三省堂書店より瀧口房州/著『三国志詩話』(ISBN978-4881429426)が1296円で発売したという。 ・書籍 編集 出版の創英社 - 三省堂書店 http://www.books-sanseido.co.jp/soeisha/

264. 汲古書院 訳あり特価本販売中(東方書店2017年12月)
 下記サイトの東方書店が発行するメールマガジン『【中国・本の情報館】Webユーザーのみなさまへ』vol.145(2017年12月4日発行)により知ったこと。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ※関連記事 東京便り―中国図書情報 第25回(2016年1月) ※新規関連記事 美しい中国 合肥(人民中国 2019年1月5日発売) その発行元の東方書店のサイトの下記ページにあるように現在、汲古書院が東方書店に「訳あり特価本」を廉価にて提供し、東方書店がそれを「訳あり特価本」として実店舗とネットで販売しているとのこと。「訳あり特価本」は下記ページによると「版元の汲古書院が函無しや多少の汚れや傷みがあるもので通常の販売が出来ないものですが、使用には何ら支障がないと判断したもの」と意味づけされる。 ・国内書 汲古書院・訳あり特価本 第1弾 http://www.toho-shoten.co.jp/kbook/kyuko2.html ・株式会社汲古書院 古典・学術図書出版 http://www.kyuko.asia/ ※関連記事 「古典中國」における小説と儒教(2017年5月15日)  三国と関係しそうなのをタイトルから判断するに『和刻本正史 後漢書』(現在、売り切れ)や『和刻本正史 晋書 1』とか、あと『魏晋南北朝字音研究』とか『和刻本文選』とかタイトルに「中国古代」とつくのが関係しそうだ。

265. 第30回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2017年8月11日-16日)
※前の記事 劉備関羽張飛はりぼて(神戸市六間道五丁目商店街2017年7月22日-10月22日)  前の記事から3週間経った2017年8月12日土曜日。その日の朝は京都にいて、京都の催事と東京の催事どちらに参加しようか迷ったが、結局両方参加するという土日の二日間、タイトな予定を組んでみた。まず表題の第30回下鴨納涼古本まつり。 ※前回記事 第29回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2016年8月11日-16日) ※次回記事 第31回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2018年8月11日-16日)  上記の前回記事にもあるように、毎年この時期に京都市の下鴨神社の「糺の森」、つまり神社の境内の青空の下で、京都古書研究会主催の「下鴨納涼古本まつり」が開催される。今回で第30回で、2017年8月11日金曜日祝日から16日水曜日までだ。 ・京都古書研究会ブログ http://koshoken.seesaa.net/

266. クイズで楽しむ 三国志仰天エピソード210(2014年5月17日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第8号(総275号その2)(2014年6月24日発行)により知ったこと。 ・マイナビ文庫 | マイナビブックス https://book.mynavi.jp/bunko ・マイナビ文庫 クイズで楽しむ 三国志仰天エピソード210 | マイナビブックス< https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=25027 上記サイトの上記ページにあるように、2014年5月17日に三国志クイズ学会/編『クイズで楽しむ 三国志仰天エピソード210』(マイナビ文庫、マイナビブックス、ISBN978-4-8399-5104-7)が691円で発売したという(PDF版も同価格のようで)。上記ページの紹介文を読むと、初心者向けでもあるようだね。

267. 史料で読み解く三国志の嘘と真実(全三巻2017年8月、10月、12月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 2度目の中国ができるまで(2018年1月) ※新規関連記事 出土状況よりみた長沙呉簡(2013年3月) ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第一巻 三国の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089120&bookType=jp ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第二巻 蜀漢の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089137&bookType=jp ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第二巻 蜀漢の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089144&bookType=jp 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2018年第1号(総136号その1)(2018年2月9日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記ページによると、大樟樹出版社合同会社より方北辰・譚良嘯/主編、人見香緒/訳『史料で読み解く三国志の嘘と真実』「第一巻 三国の謎100」(ISBN978-4-909089-12-0)が2017年8月に、「第二巻 蜀漢の謎100」(ISBN978-4-909089-13-7)が2017年10月に、「第三巻 三国志を読む愉しみ」(ISBN978-4-909089-14-4)が2017年12月に各3000円(税別)で刊行されたという。 ・浙江出版東京株式会社トップページ http://www.zjp.co.jp/ ・史料で読み解く三国志の嘘と真実 http://www.zjp.co.jp/sinkan7.html

268. 和紙人形を創る(2002年6月)
※前の記事 メモ:三国志英雄譚(松本2017年4月8日訪問) ・和紙の専門店「紙舘 島勇」 – 貴重な和紙や美しい染めの千代紙を数多く取り揃えております。 http://shimayu.co.jp/ ・伊藤叡香 和紙人形作品展「三国志英雄譚」開催決定! – 和紙の専門店「紙舘 島勇」 http://shimayu.co.jp/archives/1304 ・家族で楽しめるショッピングセンター アイシティ21のホームページ http://www.inouedp.co.jp/icity/  2017年4月8日土曜日、昼ごろに長野県東筑摩郡山形村7977のi-City21 3F 山形ウエルアップホールにて伊藤叡香 和紙人形作品展「三国志英雄譚」【松本開催】を見ていた。  その展示物の一つに、写真集があって、それをぱらぱらめくると、そこにも三国の人形が写真としてあった。しかし今回の作品展とはデザインが違っていて、諸葛亮は葛巾羽扇とオーソドックスで、展示にない孫権が写ってたりと。逆に今回の作品展での諸葛亮の主題が明確になっているようだった。  それもそのはずで、その写真集は伊藤叡香『和紙人形を創る』(MPC2002年6月、ISBN978-4871976091)とほぼ15年前のものだからだ。この記事を書く際に軽く検索すると、その出版社はすでに倒産しているそうで、どんな人形が掲載されているか確認のとれる公式サイトはない。

269. 超ビジュアル! 三国志人物大事典(2017年11月10日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 曹全碑(2017年9月30日) ※新規関連記事 三国志名言集(2018年1月16日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2018年第1号(総315号その1)(2018年1月5日発行)により知ったこと。 ・西東社|『人生を楽しみ・今を楽しむ』実用書を作り続けていく http://www.seitosha.co.jp/ ・超ビジュアル! 三国志人物大事典 | 超ビジュアル歴史シリーズ | 児童|西東社 http://www.seitosha.co.jp/book/isbn-9784791625703.html 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2017年11月10日(※日付はAMAZONより)に西東社より渡辺精一/監『超ビジュアル! 三国志人物大事典』(超ビジュアル歴史シリーズ、ISBN9784791625703)が1500円(税別)で発行されたという。「※小学校中学年以上向き(ルビ入り)」だそうな。 ※関連記事  三国志 合戦読本(2017年2月13日)  オールカラーでわかりやすい! 三国志(2014年10月30日)  渡辺精一監修『図解 三国志』

270. すぐわかる! 三国志(2016年3月7日)
積極的にチェックしている訳ではないんで、当然、先生のご執筆ペースからいって想定されていたが、今回紹介するのはそんなチェック漏れ分。 ・趣味の雑誌・趣味の本を発行するエイ出版社 https://www.ei-publishing.co.jp/ ・すぐわかる! 三国志 https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/book-415747/ ※関連記事 呉から明かされたもう一つの三国志(2016年9月15日) 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年3月7日にエイ出版社より渡邉義浩/監修『すぐわかる! 三国志』(ISBN:978-4-7779-3996-1)が700円(税込)で発売したという。 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/