Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 05月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 211 - 240 / 324 件 (0.0081 秒). 検索条件の修正

211. 【真説】日本誕生I卑弥呼は金髪で青い目の女王だった!(2016年4月28日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter http://twitter.com/Vitalize3K ・Twitter / Vitalize3K: 書架に並んでいたので手にとってみたが、かなり内容がぶっ飛んでいた… ... http://twitter.com/Vitalize3K/status/726313241215791106 下記出版社サイトの下記書籍ページによると、KKロングセラーズより2016年4月28日(※日付はAmazon.co.jpより)に加治木義博/著『【真説】日本誕生I卑弥呼は金髪で青い目の女王だった!』(ISBN978-4845423828)が1389円(税別)で発売したという。下記ページによると著者は故人だそうで。 ・心を豊かにしていく出版会社 KKロングセラーズ http://kklong.co.jp/ ・【真説】日本誕生I卑弥呼は金髪で青い目の女王だった! 加治木義博/著 http://kklong.co.jp/201604-3.html ※関連記事 第31回 春の古書大即売会(京都古書研究会2013年5月1日-5日)

212. 賢人の中国古典(2013年6月26日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第6号(総262号その2)(2013年7月17日発行)により知ったこと(…と記事に紹介するタイミングを逸してしまいます)。 ・株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/ ・賢人の中国古典 | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b6729.html 上記サイトの上記ページにあるように、 2013年6月26日に幻冬舎より荒俣宏・北尾吉孝・中野明・守屋洋・黒鉄ヒロシ/著『賢人の中国古典』(ISBN:9784344902718)が1300円(税別)で刊行したという。上記ページでは何が三国と関係するが判りにくいが前述のメルマガによると、守屋洋「第3章 三国志に学ぶ処世術」の原稿があるそうな。 ※関連記事  PHP研究所からの書籍三種  『三国志』正史に学ぶ生き残り術(2009年12月20日)  守屋洋先生と行く『三国志の旅』4泊5日(2011年11月4日-8日)

213. 三国志ナビ(2014年2月1日)
http://cte.main.jp/newsch/forum/viewtopic.php?showtopic=180&page=5#210 有り難いことに上記のように「三国志ニュース」の掲示板で教えていただいたこと。 下記出版社サイトの(現在、近刊情報から辿れる)各該当ページにあるように、2014年2月1日(Amazon.co.jpでは「2014/1/29」とする)に新潮社より渡邉義浩/著『三国志ナビ』(新潮文庫、ISBN 978-4-10-115450-3)が578円で発売するという。 ・新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/ ・渡邉義浩『三国志ナビ』|新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/115450/ ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※著者の研究室サイト ※関連記事 三国志学会 事務局&サイト移転(2013年4月1日)

214. 群雄三国志 智略と戦いのすべて(2016年4月22日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter http://twitter.com/Vitalize3K ・Twitter / Vitalize3K: 【新刊情報】渡辺精一監修のムック『群雄三国志』が5/3に859円で発売。 ... http://twitter.com/Vitalize3K/status/726310333267087360 つまり下記出版社サイトの下記書籍ページによると、PHP研究所より2016年4月22日に渡辺精一/監修『群雄三国志 智略と戦いのすべて』(ISBN978-4-569-83030-8)が850円(税別)で発売したという。煽りは「超ビジュアル相関図でよくわかる」。 ・PHP研究所 http://www.php.co.jp/ ・群雄三国志 智略と戦いのすべて | 渡辺精一監修 | 書籍 | PHP研究所 https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83030-8 ※関連記事 オールカラーでわかりやすい! 三国志(2014年10月30日)

215. 中国四千年の智恵 故事ことわざの語源202(2016年5月23日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第6号(総300号その2)(2016年6月29日発行)により知ったこと。下記の出版社サイトの下記ページによると2016年5月23日に鉄筆より野口定男/著『中国四千年の智恵 故事ことわざの語源202』(ISBN978-4-907580-08-7)が800円で搬入発売したという。その「故事ことわざ」の中に三国関連がある。 ・鉄筆通信 teppitsu http://teppitsu.blogspot.jp/ ・鉄筆文庫5月新刊の見本出来 http://teppitsu.blogspot.jp/2016/05/5.html

216. CG再現 三国志(2010年7月22日)
・株式会社双葉社 http://www.futabasha.co.jp/ ・株式会社双葉社 | CG再現 三国志(CGサイゲン サンゴクシ) | ISBN:978-4-575-45169-6 http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45169-6.html 上記ページにあるように、双葉社より2010年7月22日にスーパームック『CG再現 三国志』(ISBN 978-4-575-45169-6)が1680円で発売したという。上記ページから下記へ本の紹介を引用する。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 本の紹介 曹操・孫権・劉備 英傑たちの興亡をスーパービジュアルで再現! 謎に包まれたシーンがいまCGで甦る! 魏・呉・蜀 三国の特徴をCG&現地取材で魅せる! [CONTENTS] 三国志の魅力 / CGアート集 赤壁の戦い / 三国志戦いの歴史 / 三国志演義とは / 三国志の世界 ほか ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

217. 三国志 曹操(2016年3月9日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter http://twitter.com/Vitalize3K ・Twitter / Vitalize3K: 【新刊情報】別冊宝島編集部 編『三国志 曹操』が本日より書店にて800円+税にて発売。... http://twitter.com/Vitalize3K/status/707407547200724994 ・哲舟 (Tetsu_uenaga) on Twitter http://twitter.com/Tesshu8 ・Twitter / Tetsu_uenaga: ありそうでなかった曹操のムック。「三国志 曹操」(別冊宝島編集部)に、ドラマ『三国志 Three Kingdoms』&『曹操』の紹介文を寄稿しましたよ。 ... http://twitter.com/Tetsu_uenaga/status/707764405019119616 つまり下記出版社サイトの下記書籍ページによると、宝島社より2016年3月9日に別冊宝島編集部/編『三国志 曹操 「曹操=悪役」が根底から覆る!』(ISBN:978-4-8002-5115-2)が800円(税別)で発売したという。 ・宝島チャンネル http://tkj.jp/ ・三国志 曹操 http://tkj.jp/book/?cd=02511501 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※執筆者の一人 ※関連記事 六朝学術学会 第32回例会(2016年3月14日) ・各駅亭舎・本陣(HOME) http://kakutei.cside.com/ ※執筆者の一人 ※関連記事 三国志と日本人 1800年の交流(2016年3月13日)

218. 呉から明かされたもう一つの三国志(2016年9月15日)
※関連記事 三国志「その後」の真実(2016年9月6日) 上記関連記事に続き、三国志研究会(全国版)第3回例会の二次会にて、教団さんが見せてくださったリストで知ったこと。 ・青春出版社 http://www.seishun.co.jp/ ・呉から明かされたもう一つの三国志 http://www.seishun.co.jp/book/17592/ ※関連記事 いまさら聞けない三国志の大疑問(2010年10月9日) ※新規関連記事 史記と三国志(2017年12月20日) 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年9月15日に青春出版社より渡邉義浩/監修『呉から明かされたもう一つの三国志』(青春新書インテリジェンス、ISBN:978-4-413-04492-9)が1080円(税別)で出版されるという。 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※関連記事 三国志の英雄と文学(日本文化社会学会第七回研究大会2016年9月4日)

219. マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!(2000年4月10日発行)
※前の記事 餃子専門舗 三國志(大阪府交野市、東大阪市)  2019年6月29日土曜日16時すぎ。横浜中華街にいて、神奈川県横浜市中区山下町166(横浜中華街内) 横濱バザール 3階のブックカフェ関帝堂書店に向かう。鉄観音を注文。『孔明のヨメ。』3巻だった、三国志フェス2013レポと三国志祭レポ ・横濱バザール http://yokohamabazaar.com/ ・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店 http://kanteido.com/ ※関連記事 王欣太談鄭問(2018年7月4日) ※新規関連記事 人形劇三国志 君主と軍事・謀臣たち(川本喜八郎人形ギャラリー2019年7月7日-)     ※関連記事  孔明のヨメ。 3巻(2014年2月6日)  ヨメウラ三国志(2013年12月2日)  メモ1:三国志フェス2013(2013年9月28日)  第七回三国志祭(2013年10月13日14日)  特別展『三国志』事前取材レポート(2019年6月1日)  そこで宮崎正勝/監修・たかもちげん/画『マンガ この一冊で中国の歴史がわかる!』(三笠書房2000年4月10日発行)を見かける。パラパラと見ると、pp.93-128が「第三章 分裂の世紀 ――三国志と南北朝」で、その三国部分は赤壁がメインだった。 ※関連記事 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日) ・三笠書房 https://www.mikasashobo.co.jp/c/

220. 名言で読み解く中国の思想家(2012年8月25日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2012年第10号(総251号)その2(2012年9月25日発行)によると、ミネルヴァ書房より湯浅邦弘/編著『名言で読み解く中国の思想家』(ISBN:9784623063789)が発売したという。下記の出版社のサイト内の書籍ページによると、2012年8月25日に3150円の出版だ。それで何が三国に関係あるかというと、下記書籍ページによると、中国思想史の「主要人物」として「諸葛孔明」、つまり『三国志』巻三十五蜀書諸葛亮伝で立伝される諸葛亮字孔明が取り上げられている。どんな「名言」なんだろうね。 ・ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/ ・名言で読み解く中国の思想家 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/book/b102922.html

221. 三国志ヒーローズ!!(2016年12月22日)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter http://twitter.com/Vitalize3K ・Twitter / Vitalize3K: 【新刊情報】12/22(木)に集英社みらい文庫より奥山景布子 著、RICCA 絵『三国志ヒーローズ』が660円+税で発売。 ... https://twitter.com/Vitalize3K/status/801965832582479872 下記出版社サイトの下記ページによると、集英社より2016年12月22日に奥山景布子/著、RICCA/絵『三国志ヒーローズ!!』(集英社みらい文庫 ISBN978-4-08-321351-9)が660円(税別)で発売するという。 ・集英社みらい文庫 http://miraibunko.jp/ ・これから出る本 │ みらい文庫の本 │ 集英社みらい文庫 http://miraibunko.jp/book/nowon/index.html ※2016年12月22日発売のページ。月が変わればページ内容も変わると思われ。 ※関連記事 戦国ベースボール 三国志トーナメント編(2016年6月24日7月22日)

222. 献帝の見た日食(2015年12月)
※関連記事 ノート:四川棒遣い人形展(2015年10月17日) 上記関連記事で少しだけしか書くことができなかったが、そのニュースは2015年9月12日土曜日開催の「三国志学会 東京講演会」の行きしなに、偶然、東京メトロ東西線の九段下駅で会ったご本人が教えてくださった。 ※関連記事 三国志学会 第十回大会(2015年9月5日12日土曜日) 何かというと、下記の三月さんのサイトの下記ブログ記事にあるように、楽史舎の同人誌が中国書籍を販売することでお馴染みの東方書店で取り扱うとのことだった。 ・楽史舎index http://www.diced.jp/~rakushi/ ・新年のご挨拶と通販のお知らせ http://rakushisha1999.blog110.fc2.com/blog-entry-55.html まず下記の書店サイトの下記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第11号(総292号その2)(2015年10月15日発行)によると、その第一弾は幾喜三月さん著者で、『雲気占』(楽史舎2013年12月)370円、『中国式城門をつくろう 土木篇』(楽史舎2013年8月)278円、『中国式城郭をつくろう 土木篇』(楽史舎2012年8月)463円、『二十八宿占』(楽史舎2009年8月)278円、『宙の世界』(楽史舎2008年8月)556円の5冊だった。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ その5冊に三国要素が含まれるかどうかわからなかったんで、記事にするのは保留していたんだけど、そんな時に来たのが同じく『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第3号(総297号その2)(2016年3月30日発行)。そこに書かれるに、下記ページにあるように、幾喜三月『献帝の見た日食 後漢末から晋統一までの71の日蝕一覧』(楽史舎2015年12月)556円が東方書店から販売されているという。それはもろ三国時代がメインの話しで、三国志ニュースでも紹介しやすい。 ・国内書 献帝の見た日食 後漢末から晋統一までの71の日蝕一覧【中国 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=9900009978&bookType=jp

223. 三国志物語 燃える大平原(1953年7月)
※前の記事 春の古書大即売会2017(京都古書研究会2017年5月1日-5日)  前の記事のように京都の春の古書大即売会2017で絵物語の畑純太郎/文、永松健夫/絵『三国志物語 燃える大平原』を買った。裏表紙によるとヤマト出版社発行で定価60円とのこと。ただ記憶によると、これは小学館『小学六年生』1953年8月号の付録で、その傍証的にそのp.183の下段に小学館『小学六年生』9月号付録の広告が入っている。ちなみにそれはデッケンズの名作集とのこと。この表紙自体が後付け別販売なのか、付録の段階でついていたのか不明だけど、ともかく後日、国会図書館で確認するに(※下記関連記事にあるよう以前も調べているが)、その号はデジタルデータ化されているものの、付録が未収録だ。ただデータ中の目次からもデータ上の目次からもどんな付録かわかるので、それが「三国志物語 燃える大平原」であることは間違いないようだ。 ・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/ ※関連記事 中国における墓主図像の研究(神戸大学2002年9月30日)  新書ぐらいの大きさで230ページあり、基本のレイアウトは1ページを四分割したとき、右上と左下に文、左上と右下に絵といった、平面上、文と絵が半々となる。これに関して聞く話をまとめるに、教団さん→箱崎緑さんという情報の流れがあって、そこから箱崎緑「吉川英治『三國志』が描く母 ――日本の大衆文学としての『三国志演義』」『三國志研究』――三国志学会、第11号、2016年9月、PP.135-151 に「三国志物語 燃える大平原」についてほんの少し触れられたのだろう。  国会図書館に所蔵されてないため、反射的に購入したものの、二ヵ月足らず後に迫った、「日本マンガ学会第17回大会」での拙論「日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」」で使うつもりはなかった。 ・日本マンガ学会 http://www.jsscc.net/ ・日本マンガ学会第17回大会 プログラム - 日本マンガ学会 http://www.jsscc.net/convention/17 ※関連記事 日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)

224. 中国人物伝 II 反逆と反骨の精神 三国時代─南北朝(2014年10月7日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第11号(総278号)(2014年9月18日発行)により知ったこと。 ・岩波書店ホームページ http://www.iwanami.co.jp/ ・中国人物伝 全4巻 井波律子 https://www.iwanami.co.jp/moreinfo/026775+/ ※関連記事 世説新語1(2013年11月14日) 上記サイトの上記ページにあるように、2014年10月7日に岩波書店より井波律子『中国人物伝 II 反逆と反骨の精神 三国時代─南北朝』(ISBN:978-4-00-026776-2)が3024円(税込)で発売するという。上記ページにあるように全4巻の「中国人物伝」シリーズで、「本シリーズは著者の既刊著作から再構成したものですが,中国史の流れを意識しつつ,全体にわたって加筆修正.書き下ろしの新稿も含まれています.」と説明される。

225. 中国学の散歩道―独り読む中国学入門(2015年10月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第12号(総293号その2)(2015年11月30日発行)により知ったこと。下記出版社サイトによると2015年10月に研文出版より田中靖彦/著『中国学の散歩道―独り読む中国学入門』(研文選書124、ISBN978-4-87636-401-5)が2700円で発行したという。それでどこが三国かというと、目次に「諸葛孔明の人間観」とある。 ・<通販>研文出版(山本書店) - 中国図書専門 研文出版(神保町 山本書店出版部) http://www.kenbunshuppan.com/ ※関連記事  中国知識人の三国志像(2015年7月)  メモ:日中における『三国志』の受容と再創造の概況

226. 世説新語1(2013年11月14日)
・平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/ ・平凡社[東洋文庫 - 世説新語1] http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=80_843 ※リンク変更 ・世説新語1 - 平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/book/b161896.html ※リンク追記 ・世説新語2 - 平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/book/b165227.html  ※2014年1月出版。おそらく1月14日発売。ISBN9784582808452、3100円+税 ※リンク追記 ・世説新語3 - 平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/book/b168003.html  ※2014年3月出版。おそらく3月14日発売。ISBN9784582808476、3100円+税 ※リンク追記 ・世説新語4 - 平凡社 http://www.heibonsha.co.jp/book/b177288.html  ※2014年5月出版。おそらく5月14日発売。ISBN9784582808490、3100円+税 ※リンク追記 ・世説新語5 - 平凡社

227. 三国恋戦記 公式ビジュアルファンブック(2012年11月24日)
※関連記事 ラヴ♥コレクション2013(2013年2月11日) 上記関連記事を作成時に気付いたこと。 ・宙(おおぞら)出版 http://www.ohzora.co.jp/ ・宙(おおぞら)出版|三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~公式ビジュアルファンブック http://www.ohzora.co.jp/release/detail/?format=biblio&isbn=978-4-7767-9615-2 上記出版社サイトの上記ページによると、2012年11月24日に宙出版から『三国恋戦記 ~オトメの兵法! ~公式ビジュアルファンブック』(ISBN978-4-7767-9615-2)が2835円で発売したという。タイトル通り乙女ゲーム『三国恋戦記 ~オトメの兵法!~』のファンブックで、Daisy2の全面監修だそうな。 ※関連記事 三国恋戦記~オトメの兵法!~(2010年3月19日)

228. 三国志事典(2017年5月22日)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・東方書店 (toho_jimbocho) on Twitter https://twitter.com/toho_jimbocho ・Twitter /toho_jimbocho: 【これから出る本】 『三国志事典』 渡邉義浩 著/大修館書店/5月下旬刊行予定 ... https://twitter.com/toho_jimbocho/status/861896755499065344 ※関連記事 蜀の美術:鏡と石造遺物にみる後漢期の四川文化(2017年4月5日) 下記の出版社サイトの書籍ページによると、大修館書店より2017年5月22日に渡邉義浩/著『三国志事典』(ISBN 9784469232783)が3600円(税別)で刊行されたという。またそのページからのリンク先になる下記ページによると、東京都千代田区神田神保町1-3-2 書泉グランデで件の書籍を買うと、同所7階にて2017年7月6日木曜日19時30分より開演の講演会「曹操高陵の謎」とサイン会に参加できるという。後者について作家、マンガ家、タレント等以外でその発想はなかった、良い意味での驚き。 ・株式会社大修館書店 http://www.taishukan.co.jp/ ・三国志事典 http://www.taishukan.co.jp/book/b287561.html ・『三国志事典』発売記念 渡邉義浩先生講演会&サイン会開催 http://www.taishukan.co.jp/news/n19215.html ・グランデ | 神保町の書店・本屋 各種イベント開催 - 書泉 https://www.shosen.co.jp/grande/ ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※著者サイト ※関連記事  「古典中國」における小説と儒教(2017年5月15日)  三国志の世界 ― 三顧の礼(2017年5月13日-6月17日)  三国志名場面めぐり7日間(2017年9月11日-9月17日)

229. シブサワ・コウ35周年メモリアルブック(2016年11月8日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ※新規関連記事 三國志2 for App Pass(2017年9月20日) 上記の「GAMECITY」の2017年10月19日のNEWSから引用するに「シブサワ・コウ35周年メモリアルブック 11/8(水)発売!」とのことで、下記ページへリンクがはられていた。つまりは2017年11月8日に『シブサワ・コウ35周年メモリアルブック』(ISBN9784908050657)が7344円で発売したという。表紙を見る限り、シミュレーションゲーム「三國志」シリーズも含まれるようで。 ・【Loppi・HMV限定】 シブサワ・コウ35周年メモリアルブック(特製化粧箱付) : シブサワ・コウ | ローチケHMV - 9784908050657 http://www.hmv.co.jp/product/detail/8118175 ・「シブサワ・コウ」35周年記念サイト - GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/shibusawa-kou/ ※関連記事 シブサワ・コウ35周年記念キャンペーン情報第1弾公開(2016年10月28日)

230. 関聖帝君鎮座150周年紀念:関帝廟と横浜華僑(2014年12月2日)
※関連記事 三国志 ~桃園の誓い~(モンスターストライク2015年1月4日-12日) 上記関連記事で触れた軍議で実物を見せて貰い、分厚い本という印象があったし、その出版の打ち上げパーティーが2014年12月2日にあったこと自体は知っていたのだが、肝心の下記公式サイトではそれについて触れられてないし、ソースが新聞記事というのも何の繋がりも閲覧者に示せることができないため、記事にしないでいた。 ・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》 http://www.yokohama-kanteibyo.com/ ※リンク承認制だったようでURLだけ示す。 ※関連記事 横浜中華街関帝廟カウントダウン(2014年12月31日) いくら待っても公式サイトで情報が出てこない中、下記書店サイトのブログ記事で取り扱う旨がでてきたので、ようやっと記事にする。何かというと。「関帝廟と横浜華僑」編集委員会/編『関聖帝君鎮座150周年紀念:関帝廟と横浜華僑』が2014年12月2日に3900円(税別)で発売されたという。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・1月10日の新着和書~『関聖帝君鎮座150周年紀念:関帝廟と横浜華僑』『時事中国語の教科書 2015年度版 中国夢』他 http://toho-blog.blogspot.jp/2015/01/1101502015.html

231. 三国志男(文庫2014年7月3日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第10号(総277号その2)(2014年8月20日発行)により知ったこと。 ・株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/ ・三国志男 | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b7928.html 上記サイトの上記ページにあるように、2014年7月3日に幻冬舎よりさくら剛『三国志男』(幻冬舎文庫、ISBN:9784344422209)が730円(税別)で発売したという。

232. 60分で名著快読 三国志(2016年1月7日)
※関連記事 図解 三国志 群雄勢力マップ 詳細版(2016年1月27日) 上記関連記事を書く際にAmazon.co.jpにアクセスしたらリコメンドで知ったこと。 ・日本経済新聞出版社 http://www.nikkeibook.com/ ・60分で名著快読 三国志 - 日本経済新聞出版社 - 日経BP https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/19786 ※新規関連記事 「三国志」の知恵(2019年11月8日) 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年1月7日に日本経済新聞出版社より狩野直禎/著『60分で名著快読 三国志』(日経ビジネス人文庫、ISBN978-4532197865)が800円(税別)で発売したという。下記関連記事で触れたのと併せると、まさか同じ日に三国志学会、会長&事務局長の文庫が同日に発売されるとは! ※関連記事 一冊でまるごとわかる三国志(2016年1月7日) ・三国志学会 http://sangokushi.gakkaisv.org/ ※関連記事 三国志学会 第十一回大会(2016年9月3日10日土曜日)

233. 纒向発見と邪馬台国の全貌(2016年7月29日)
※関連記事 ねこ戦‐三国志にゃんこ‐ コミックNewtypeへ(2016年8月15日) 上記関連記事を書く際に知ったこと。 ・株式会社KADOKAWA 企業情報 http://ir.kadokawa.co.jp/ ・「発見・検証 日本の古代」古代史シンポジウム2016 につきまして http://www.kadokawa-zaidan.or.jp/news/2016/07/000330.php ・発見・検証 日本の古代I 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡 http://www.kadokawa.co.jp/product/301604000207/ 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年7月29日に角川文化振興財団より『発見・検証 日本の古代I 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡』(ISBN 978-4-04-876390-5)が2160円で発売したという。電子書籍配信日は2016年8月27日とのこと。

234. オタ中国人の憂鬱(2011年1月)
※前の記事 八陣の庭(京都 二条城二の丸庭園)  2018年5月4日金曜日3時10分に目が覚める。やろうと思っていた裁縫を少しもできず4時44分出発。三国志ニュースの記事「真・三國無双8 オリジナル・サウンドトラック コンプリート(2018年2月14日)」を書く。

235. 写真紀行 心に残る「三国志」の言葉(2015年8月31日)
下記ブログ記事で知ったこと。 ・WALK ON http://kougasui.blog15.fc2.com/ ・『写真紀行 心に残る「三国志」の言葉』発売  (※上記ブログ記事) http://kougasui.blog15.fc2.com/blog-entry-784.html 下記の出版社サイトの書籍ページによると2015年8月31日に新潮社より小松健一/著『写真紀行 心に残る「三国志」の言葉』(ISBN978-4-10-339271-2)が1620円で発売されるという。下記ページの紹介文を読むといきなり小説の『三国志演義』からの文言が出てきており、あたかもタイトルに掲げる「三国志」を否定しているようだ。 ・新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/ ・小松健一『写真紀行 心に残る「三国志」の言葉』|新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/339271/ ※関連記事  三国志(一) 桃園の巻(2013年2月1日)  さくら剛/著『三国志男』(2008年5月12日)

236. 新・読み解き 三国志(2012年7月25日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2012年第10号(総251号)その2(2012年9月25日発行)によると、廣済堂出版より桐野作人/著『新・読み解き 三国志』(ISBN:9784331654927)が発売したという。下記の出版社のサイト内の書籍ページによると、2012年7月25日に630円の発売だ。 ・株式会社廣済堂出版 kosaido publishing http://www.kosaido-pub.co.jp/ ・新・読み解き 三国志 | 株式会社廣済堂出版 kosaido publishing http://www.kosaido-pub.co.jp/pocket/post_1807.html

237. 三国志武将事典(2014年12月9日)
・三国志フェス2015水魚の交わり 後援:中国大使館文化部他 http://3fes.sangokushi-forum.com/2015/ ・出展ブース ─個人・販売スペース─ http://3fes.sangokushi-forum.com/2015/booth4th.html#sangokushibusyo ※関連記事 三国志フェス2015 水魚の交わり 予習リンク集 上記公式サイトの「三国志フェス2015 水魚の交わり」の会場でのブース出展で知ったこと。 ・新紀元社 http://www.shinkigensha.co.jp/ ・三国志武将事典 http://w3.shinkigensha.co.jp/books/978-4-7753-1307-7.html 上記出版社サイトの上記ページによると、2014年12月9日に新紀元社より小出文彦/著『三国志武将事典』(ISBN978-4-7753-1307-7)が2700円(税別)で発売したという。 ※同社関連記事 三国志合戦事典(2010年12月22日)

238. 現代語訳 魏志倭人伝(2014年6月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2014年第9号(総276号)(2014年7月28日発行)により知ったこと。 ・中経出版 http://www.chukei.co.jp/ ・現代語訳 魏志倭人伝|中経出版 http://www.chukei.co.jp/s_bunko/detail.php?id=9784046004031 ※関連記事 三国志 それからの系譜(2013年10月) 上記サイトの上記ページにあるように、2014年6月に中経出版より松尾光『現代語訳 魏志倭人伝』(新人物文庫 ISBN:978-4-04-600403-1)が800円(税別)で発売したという。タイトルの「魏志倭人伝」とはもちろん『三国志』巻三十魏書東夷伝倭人条のことだ。中経出版なのに「新人物文庫」となっているのは上記関連記事参照のこと(そこでも触れたけどもっといえば大元はKADOKAWAだね)。

239. 三国志 運命の十二大決戦(2016年2月29日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第3号(総297号その2)(2016年3月30日発行)により知ったこと。下記の出版社サイトの書籍ページによると、祥伝社より2016年2月29日に渡邉義浩『三国志 運命の十二大決戦』(祥伝社新書、ISBN9784396114572)が820円(税別)で発売されたという。 ・祥伝社の出版物 http://www.shodensha.co.jp/ ・三国志 運命の十二大決戦 http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396114572 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※関連記事  一冊でまるごとわかる三国志(2016年1月7日)  三国志の世界 ― 桃園の誓い(2016年4月9日-6月18日)  三国志と『論語』(2016年5月1日、5月8日)

240. 史記・三国志英雄列伝(2015年11月5日)
※関連記事 北京大学版 中国の文明 3(2015年7月25日) 上記関連記事同様、「第二回 英傑群像ナイト」にて横山光輝先生の担当編集者だった岡谷信明氏による告知で知ったこと。 ・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ ・史記・三国志英雄列伝 潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/html/books/shosai.php?book_cd=3974 上記のサイトの上記ページによると、2015年11月5日に潮出版社より井波律子/著『史記・三国志英雄列伝 戦いでたどる勇者たちの歴史』(ISBN9784267020353)が2160円で発売するという。