Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 03月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 121 - 150 / 317 件 (0.0085 秒). 検索条件の修正

121. 諸葛孔明――「三国志」とその時代(講談社学術文庫2011年10月12日)
講談社関連の記事が続くんだけど、同じくサイト「講談社 BOOK倶楽部」で見掛けたこと。 ・講談社 BOOK倶楽部 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/ ※リンク追記 ・諸葛孔明 「三国志」とその時代 宮川尚志 講談社 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2920751  ※上記ぺーじによると「本書の原本は1940年、冨山房より「支那歴史地理叢書」第八『諸葛孔明』として刊行され、1966年には桃源社より本書と同名の改訂版が刊行されました。文庫化にあたっては1984年、光風社出版より刊行された同名書を底本としました。」とのこと。  上記サイトの発売予定によると、2011年10月12日に講談社学術文庫から宮川尚志/著『諸葛孔明――「三国志」とその時代』(ISBN978-4-06-292075-9)が1008円で発売されるとのこと。同著者同題で既に発売されていることから、既刊の文庫化といったところだろう。有り難い。 ※関連記事 第33回 秋の古本まつり(京都古書研究会)

122. 関羽 ─神になった「三国志」の英雄(2011年10月12日)
下記のブログ記事で知ったこと。 ・宣和堂遺事 http://sengna.com/ ・10月の本 http://sengna.com/2011/10/02/201110books/ 下記出版社サイトの「これから出る本」のページによると2011年10月12日に筑摩書房より渡邉義浩/著『関羽 ─神になった「三国志」の英雄』(筑摩選書 ISBN9784480015280)が1575円で発売するという。 ・筑摩書房 http://www.chikumashobo.co.jp/ ※関連記事 「三国志」の英雄--関羽(2009年12月11日)  ※同著者による以前の関羽についての寄稿 ・大東文化大学 中国学科 渡邉義浩研究室 http://www.ic.daito.ac.jp/~y-wata/ ※著者サイト ※関連記事 BS歴史館 シリーズ“三国志”時代を超えた男の魅力(2011年10月6日13日) ※関連記事(同著者蜀漢人物繋がり) 諸葛孔明伝―その虚と実(2011年3月7日) ※追記 神になった三国志の英雄! 宿敵をも魅了した関羽の「義」(歴史街道4月号2012年3月6日)

123. 魏の武帝 曹操(2010年8月6日)
・新人物往来社 http://jinbutsu.chukei.co.jp/ ※関連記事 新人物往来社サイトリニューアル(2009年12月24日)  上記サイトによると、2010年8月に石井仁/著『魏の武帝 曹操 正邪を超越した史上屈指の英傑』(新人物往来社、新人物文庫、ISBN:978-4-404-03894-4)が700円で発売するという(右のAmazon.co.jpでの発売日は2010年8月6日)。  これって石井仁/著『曹操 魏の武帝』の文庫化だね。お手頃価格になっているので未読の方もそうでない方も欲しい方はこの機にどうぞ。 ※参照記事 第33回 秋の古本まつり(京都古書研究会) ※追記 第30回 春の古書大即売会(京都古書研究会2012年5月1日-5日) ※参照リンク ・「三国志ファンのためのサポート掲示板」で「魏の武帝」と検索 http://cte.main.jp/c-board.cgi?word=%E9%B0%82%CC%95%90%92%E9&target=all&cmd=src ※追記 赤壁地名考―孫呉政権と江南の在地勢力(2011年11月3日)

124. 教えてあげる諸葛孔明(2011年11月25日)
※参照記事 激突! 三国志武将かるた(2009年7月) サイト「月光楽園」の「つれづれ日記」で知ったこと。 ・web KADOKAWA - 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/ ※関連記事 蒙求 ビギナーズ・クラシックス中国の古典(2010年12月25日) ※追記 十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典(2011年1月25日) ※追記 仲達(角川文庫2012年1月25日) ・教えてあげる諸葛孔明: 文庫: 安藤昌季&チームジェズー | 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=201108000314 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、角川書店より2011年11月25日に安藤昌季&チームジェズー/著、CHAN×CO/カバーイラスト『教えてあげる諸葛孔明』(角川ソフィア文庫、ISBN978-4-04-407702-0-C0121)が660円で発売したという。同社同文庫には「教えてあげる」シリーズがあるようで、三国に関係ないが他には『教えてあげる織田信長』と『教えてあげる平清盛』が発売されている。

125. 三国志に学ぶ勝利学(2010年4月5日)
・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ 上記、出版社のサイトによると、月刊『潮』で2008年5月号(2008年4月5日発行)から2010年1月号(2009年12月5日発行)まで全21回連載していた村上政彦/著「『三国志』に学ぶ勝利学。」が単行本化されるという。それは2010年4月5日に村上政彦/著『三国志に学ぶ勝利学』(ISBN978-4-267-01846-6)が1200円で発売するという。表紙に横山光輝/著『三国志』(マンガ)の若いときの劉備の姿が使われている。 ※関連記事  『三国志』に学ぶ勝利学。(月刊「潮」2008年5月号)  村上政彦/著『三国志に学ぶリーダー学』(2008年4月25日)

126. 三国志くん for iPhone, iPod touch and iPad(2011年3月29日)
・ナタリー - 音楽、マンガ、お笑いのニュースサイト http://natalie.mu/ ・お笑いナタリー - やついいちろう「三国志TV」がiPhoneアプリ化 (※上記ニュース記事) http://natalie.mu/owarai/news/46734 上記記事で知ったこと。下記関連記事にあるように、ネット配信で『エレキコミック やついいちろうの三国志TV』という番組があって、それを書籍化した『エレキコミックやついいちろうの三国志くん。』が株式会社産業編集センターより2010年6月22日に発売された。この度、さらにiPhone, iPod touch and iPadのアプリ(Apps)化されたという。 ※関連記事  エレキコミック やついいちろうの三国志TV  エレキコミックやついいちろうの三国志くん。(2010年6月22日) ※追記 三国TD-春(2011年1月25日) ・エレキコミック公式サイト エレキズム http://elecomi.com/ ※著者公式サイト ・SHC 出版部 | 株式会社産業編集センター http://www.shc.co.jp/book/ 前述のニュース記事によると、その『三国志くん』(iPhone、iPod touch、iPad 対応)は2011年4月8日リリースになっているが、下記の配信ページでは2011年3月29日になっている。配信者は「GENIUS AT WORK」で600円。 ・iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 三国志くん http://itunes.apple.com/jp/app/id408251989

127. まんが劇画ゼミ 7巻(1980年2月25日)
・青春18きっぷ無事発売 (※2013年2月15日の三国と無関係の雑記) http://cte.main.jp/calcio/blog.cgi?n=435  上記の雑記で書いたように、今季も無事、「青春18きっぷ」が発売され、あれこれ旅立つ機会が出来た。それで移動中は下記のように、あれこれ書籍を読んでいた。 ・マンガ関連二種 (※2013年3月2日の三国と無関係の雑記) http://cte.main.jp/sunshi/2013/0301.html#02  ちょうど初日は土曜日での移動とのことで、下記関連記事と同様、国立国会図書館が開いているので、また足を向けることに。 ※関連記事 三国志ジョーカー 単行本未収録分(2011年7月6日-11月5日) ・国立国会図書館サーチ(NDL Search) http://iss.ndl.go.jp/

128. 国際稀覯本フェア(京都2012年3月23日-25日)
※関連記事 第35回 秋の古本まつり(京都古書研究会2011年10月29日-11月3日) 上記関連記事で触れたように、2012年3月23日金曜日-25日日曜日に京都市勧業館みやこめっせ1FにてABAJ主催「国際稀覯本フェア2012 in Kyoto」(あるいは「京都国際古書展2012」と呼称)が開催される ・ABAJ 日本古書籍商協会 http://www.abaj.gr.jp/ ・京都最大級の総合イベント・展示会場 みやこめっせ 京都市勧業館 http://www.miyakomesse.jp/ 今、上記ABAJ公式サイトを見に行くと、そのフェアのPDF目録が公開されていたので、何か三国古書がないか見てみると、中尾松泉堂書店のところの241ページに『三国志』全六十五巻 寛文十年刊 題箋付 大本 箱入40冊294000円と、『諸葛孔明異傳』兵法註解評林 全七巻 宝永六年刊 大野木版 題箋付 大本7冊210000円があるね。 ・中尾松泉堂書店 http://www.shosendo.com/ リストアップされているだけでどんな本が判りかねるが、それは会場でのお楽しみといったところだろうか。

129. まんがのソムリエ(2014年5月31日発行)
※関連記事 第27回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2014年8月11日-16日)  上記関連記事で触れた伊藤昌亮『フラッシュモブズ 儀礼と運動の交わるところ』(NTT出版2011年2月25日発売)を粗方、読んで(やはり2ちゃんねる吉野屋オフの件が面白く感じてしまう)、延長を含めた(第2期)貸出期間4週間が過ぎようとしていたため、返す。 ・フラッシュモブズ 儀礼と運動の交わるところ|書籍出版|NTT出版 http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002116  しかし、これから先、依然、旅の予定があったため、旅のお供にすぐさま何か借りねばならぬと思い立って、いつも見るマンガ評論・研究の棚にあったのが今回の記事で取り上げる中野晴行『マンガのソムリエ』(小学館クリエイティブ2014年5月31日発行)だ。 ・まんがのソムリエ | コミック関連本 | 趣味 | 書籍 | 小学館 http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784778035099 ※これによると発売は5月26日になっている。

130. 蒙求 ビギナーズ・クラシックス中国の古典(2010年12月25日)
※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍 メールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』2011年第2号(総227号)(2011年1月27日発行)で知ったこと。 ・web KADOKAWA - 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/ ・蒙求: 文庫: 今鷹真 | 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=201003000346 上記出版社サイトの書籍ページにあるように、角川書店より2010年12月25日に今鷹眞/著『蒙求 ビギナーズ・クラシックス中国の古典』(ISBN 978-4-04-407221-6-C0198、角川ソフィア文庫)が780円で発売したという。タイトルから想像できるように、初学書でおなじみの唐代の李翰(李瀚)撰『蒙求』関連の書籍だ。 ・参照リンク http://cte.main.jp/newsch/article.php/264#comments それで何が「三国志ニュース」で取り上げる所かというと、上記書籍ページの「立ち読み」を読めば判るように、鍾会の発言にある「王戎簡要」「裴楷清通」(『三国志』巻二十三魏書裴潛伝注引『晋諸公贊』)や、諸葛亮関連の「孔明臥竜」の句があり、三国要素の含む話がいくつか収録されていると期待できるからだ。

131. メモ:漫画学のススメ(2000年1月20日)
※関連記事 ノート:連環画は中国特有の『マンガ』なのか?その絵本としての可能性を探って(2012年2月15日)  上記関連記事で触れられた、日下翠/著『漫画学のススメ』(白帝社2000年1月20日)からの引用部分を確認しようと、近くの図書館から借りてきた。下記関連記事にあるようにISBNコードは978-4-89174-400-7、定価は2520円。 ・白帝社ホームページ http://www.hakuteisha.co.jp/ ・漫画学のススメ http://www.hakuteisha.co.jp/books/400-7.html

132. 2時間でわかる「三国志」と古代中国(2007年10月17日)
2007年10月17日に『2時間でわかる「三国志」と古代中国』(KAWADE夢文庫、「常識として知っておきたい、中国激動の時代の歴史と英雄たち」という副題がある)という書籍が河出書房新社から540円で出版されるとのこと。詳しくは下記の河出書房新社のサイトへ。 ・河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/ 紹介文を上記サイトから引用。 --引用開始--------------------------------------------------------- 始皇帝、項羽と劉邦、諸葛孔明…個性的な英雄が次々と現れた古代中国。『三国志』や『史記』に描かれた名場面やエピソード、そこから生まれたことわざ・慣用句など激動の時代の歴史ロマンを楽しむ入門書! --引用終了--------------------------------------------------------- こういった時間制限のあるタイトルの三国志関連で、今までうまく書けているものを個人的に見たことないんだけど(詰め込みすぎか端折りすぎ)、これはどうだろね。 あと書籍は「三国志」に限った内容でないが、タイトルには他の史書を押しのけて「三国志」と入れているのは、タイトルに「三国志」と入れると売り上げがアップすると売り手に思われている傍証になりうるのかな。 ※追記 いっきに読める三国志(2009年11月16日) ※追記 三国志の〈兵法〉のことがマンガで3時間でわかる本(2008年5月18日)

133. 第34回 春の古書大即売会(京都古書研究会2016年5月1日-5日)
※関連記事  第33回 春の古書大即売会(京都古書研究会2015年5月1日-5日)  第39回 秋の古本まつり(京都古書研究会2015年10月30日-11月3日) ※新規関連記事 春の古書大即売会2017(京都古書研究会2017年5月1日-5日)  上記関連記事や下記サイトにあるように京都古書研究会主催で毎年5月初頭、8月中旬、10月末11月初頭に、多くの古書店が参加する古書の即売会が開催され、今年は2016年5月1日日曜日から5日木曜日祝日まで、みやこめっせ・京都市勧業館1階第二展示場(左京区岡崎)にて京都古書研究会の「第34回 春の古書大即売会」が開催される。 ・京都古書研究会 http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/ ・京都最大級の総合イベント・展示会場 みやこめっせ 京都市勧業館 http://www.miyakomesse.jp/ ※関連記事 『古代中国を発掘する─馬王堆、満城他─』(1975年)

134. 倭国伝 中国正史に描かれた日本(2010年9月13日)
・講談社「おもしろくて、ためになる」出版を http://www.kodansha.co.jp/ ・倭国伝 中国正史に描かれた日本 藤堂明保 竹田晃 影山輝國 講談社 http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2920107 上記書籍ページによると、講談社より2010年9月13日に藤堂明保、竹田晃、影山輝國/訳注『倭国伝 中国正史に描かれた日本』(講談社学術文庫、ISBN978-4-06-292010-0)が1523円で発売したという。サブタイトルで触れられているように、中国の正史の一つである『三国志』にも当時の日本のことが書かれており、目次を見るとこの書籍に『三国志』巻三十魏書東夷伝についても収録されているということで、ここで紹介してみた。

135. 待てあわてるなこれは孔明の罠だ(2014年6月18日)
※関連記事 横山光輝三国志上海パズル(2014年4月) 上記関連記事で、光プロのサイトにアクセスしたときに知る。 ・横山光輝オフィシャルサイト http://www.yokoyama-mitsuteru.com/ ・待てあわてるなこれは孔明の罠だ(2014/06/ 4) http://www.yokoyama-mitsuteru.com/DB/usr/Search.php?main_table_no=7&template_name=update_details.html&m_prk=150&search_type_m_prk=3 下記サイトの下記ページによると、2014年6月18日に宝島社より原寅彦/著、横山光輝/画『待てあわてるなこれは孔明の罠だ 横山光輝三国志 名言名場面200選』(ISBN978-4-8002-2689-1)が1200円(税別)で発売されたという。つまり ・宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル http://tkj.jp/ ・待てあわてるなこれは孔明の罠だ│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル http://tkj.jp/book/?cd=02268901

136. SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 三璃紗英雄烈伝(2010年11月26日)
※関連記事 SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 角川つばさ文庫版(2010年11月15日) 上記関連記事の続き。第三弾 ・web KADOKAWA - 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/ ・SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 三璃紗英傑烈伝: コミック&アニメ: | 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=201009000024 上記出版社のサイトのページによると、2010年11月に角川書店よりサンライズ/監修、ガンダムエース/編『SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 三璃紗英傑烈伝』(ISBN 978-4-04-854568-6-C0076)が1029円で発売するという。 ※追記。発売日は2010年11月26日。 ※追記。いつの間にかタイトルが『SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 三璃紗英傑烈伝』から『SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 三璃紗英雄烈伝』に変更されていた(英傑→英雄)。

137. 瞳 増刊2 博多人形師 天平大雅作品集(2005年5月)
アクセスログによると2011年3月4日金曜日09:09:59に「読売新聞 卑弥呼」という検索語句が観測された。というわけで当時、Googleのニュース検索で検索すると、(それとは直接繋がらない可能性が高いが)2011年2月18日にJR博多駅(福岡県福岡市)中央口の改札内にて特大の博多人形「卑弥呼」が設置されたことを知った。 その人形は下記のサイトの「博多人形 昨日・今日・明日」のページを辿ると見ることができる。そこのページによると「卑弥呼 幸子作 150cm /おおきい博多人形(通商産業省・補助事業)」とのこと。ちなみに卑弥呼は『三国志』巻三十魏書東夷伝に載る人物。 ・博多人形商工業協同組合 http://www.hakataningyo.com/ ※追記 図説 地図とあらすじでわかる! 倭国伝(2011年5月15日) ※追記 福岡関帝廟入口(福岡県福岡市中央区天神地区) 別件になるが、博多人形と三国志と言えば、下記サイトの下記ページにあるようにマリア書房から2005年5月に『瞳 増刊2 博多人形師 天平大雅作品集』(ISBN-13:978-4895113687)が1890円で発売していた。名前の通り天平大雅氏による三国ものの博多人形の写真集だ。 ・Maria Shobo - マリア書房 http://www.mariashobo.jp/ ・瞳 増刊2 博多人形師 天平大雅作品集 - マリア書房 オンラインショップ http://shop.mariashobo.jp/?pid=23217260

138. イラスト図解 三国志(2010年9月29日)
※関連記事 三国志の〈兵法〉のことがマンガで3時間でわかる本(2008年5月18日) 上記関連記事の続き。 やはりAmazon.co.jpでフォローし損ねに気付いたんだけど、下記グループ公式サイトの書籍ページによると、2010年9月29日に日東書院本社より土岐秋子/著、塩沢裕仁/監修『イラスト図解 三国志』(イラスト図解シリーズ ISBN978-4528019294)が1365円で発売したという。表紙には題名、著者名や出版社名等以外に「三国の滅亡と栄枯盛衰する英雄達の生き様」という文字が書かれてある。 ・TG-NET 辰巳出版グループホームページ http://www.tg-net.co.jp/ ※参照記事 図解 三国志ミステリー(2008年10月3日) ・イラスト図解 三国志 (イラスト図解シリーズ) - TG-NET 辰巳出版グループホームページ http://www.tg-net.co.jp/nyujo/search/search.php?mode=detail&keyword=4528019299

139. 講談と評弾―伝統話芸の比較研究―(2010年3月30日)
※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍 上記関連記事で紹介したメールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2010年第6号(総210号その1)(2010年4月20日発行)で知ったこと。 ・八木書店 http://www.books-yagi.co.jp/ 上記出版社サイトの「人文書出版」のページを見ると、今、木越 治/編『講談と評弾―伝統話芸の比較研究―』(2010年3月30日発行、3780円、DVD映像120分付き、ISBN978-4-8406-9675-3)の紹介が見える。 このどこが「三国志ニュース」の記事として取り上げる書籍かというと、DVD収録映像に該当ページから下記へ引用するようなのがあるため。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 三国志(長坂橋の戦い)王池良 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

140. 中国動漫新人類(2008年2月12日)
※関連記事 三国演義連環画と横山三国志  上記関連記事にあるようにここ数ヶ月、横山光輝/著『三国志』(マンガ)に関して興味のあるところなんだけど、あれこれ調べる過程で目に付いたのが下記の掲示板の書き込みだ。 ・三国志ファンのためのサポート掲示板 http://cte.main.jp/ ・Re:雑談・交流ツリー   (※上記掲示板内書き込み) http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=3065  上記の書き込みで引用されるのは遠藤誉/著『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』(日経BP社2008年2月12日発行)という書籍からのもので、日本の三国作品を通じて中国で三国について知ったというエピソードだ。  今さらながらこの書籍が気になってこの書籍を借りて下記関連記事で触れた旅行の移動中に目を通す(意識していなかったが意外と下記の記事と関連性がなくはない)。 ※関連記事 「ゆるキャラまつりin彦根」に孔明わん&関うーたん(2012年10月20日21日)

141. 『邪馬台三国志』
ネットでたまたま見かけたのでメモ。 邪馬壹國(邪馬台国)といえば、『三国志』の魏書東夷伝に載っており『三国志』とは切っても切れない関係なんだけど、その邪馬台国関連の書籍が1990年に新人物往来社から出版されているとのこと。それが高田康利/著『ヤマト・出雲・邪馬台国の三国史』。続けて1994年に『新ヤマト・出雲・邪馬台の三国志』が出版されている。 それ関連の『邪馬台三国志』が下記サイトで公開されている。 ・『邪馬台三国志』 http://www2h.biglobe.ne.jp/~aoitaka/ ※追記 新人物往来社サイトリニューアル(2009年12月24日) ※追記 第30回 春の古書大即売会(京都古書研究会2012年5月1日-5日)

142. 面白いほどよくわかる三国志(2001年6月)
※関連記事 イラスト図解 三国志(2010年9月29日) 上記関連記事の続き。 やはりAmazon.co.jpでフォローし損ねに気付いたんだけど、下記グループ公式サイトの書籍ページによると、2001年6月に日本文芸社より阿部幸夫/監修、神保龍太/著『面白いほどよくわかる三国志 英雄・豪傑たちの激闘の軌跡と三国興亡のすべて』(学校で教えない教科書シリーズ ISBN978-4-537-25044-2)が1365円で発売したという。 ・日本文芸社 http://www.nihonbungeisha.co.jp/ ・日本文芸社 | 面白いほどよくわかる三国志/阿部 幸夫 監修/神保 龍太 著 http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/pages/ISBN978-4-537-25044-2.html Amazon.co.jpによると、『面白いほどよくわかる三国志』の改題、軽装版として同社から2004年9月に阿部幸夫/監修、神保龍太/著『今さら聞けない三国志のツボ』が発売したそうな。

143. 十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典(2011年1月25日)
・goggles::LIST http://goggle.txt-nifty.com/ ・2012/01に買うブツ(附2011/12に観た買ったモノ)  (※上記ブログ記事) http://goggle.txt-nifty.com/obi/2012/01/list-2012012011.html 上記ブログ記事で知ったこと。 ※関連記事 故事成語・ことわざで読む中国史(2012年1月13日-3月9日) 上記関連記事で触れたように、『十八史略』を通じて三国要素が伝達するものの、それが変容する場合もあると示した。そんな『十八史略』だけど、タイミングの良いことに、下記サイトの下記書籍ページによると角川書店より2011年1月25日に竹内弘行/訳『十八史略 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典』(ISBN 978-4-04-407225-4)が820円で発売するという。 ・web KADOKAWA - 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/ ・十八史略: 文庫: 竹内弘行 | 角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=201008000365 ※関連記事 教えてあげる諸葛孔明(2011年11月25日)

144. 古田武彦・古代史コレクション(2010年1月30日-)
・關尾史郎のブログ http://sekio516.exblog.jp/ ・購入3(11/02/09)  (※上記ブログ記事) http://sekio516.exblog.jp/14244050/ 上記ブログ記事で知ったこと。 ・ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/ ・古田武彦・古代史コレクション - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/news/n876.html 上記ページにあるように、「古田武彦・古代史コレクション」という書籍のシリーズが出ていて、タイトルからも判るように、そのシリーズには多く『三国志』巻三十魏書東夷伝倭人条関係の書籍がある。 ・倭人伝を徹底して読む - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/book/b81943.html

145. 三国志 最強武将Top45(2012年9月11日)
・世界をおもしろくする出版社 - ユナイテッドブックス http://www.unitedbooks.co.jp/ ・App Store - 三国志 最強武将Top45 http://itunes.apple.com/jp/app/san-guo-zhi-zui-qiang-wu-jiangtop45/id557852278 上記出版社サイトからリンクされる上記アプリページによると、2012年9月11日にユナイテッドブックスより「iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1 以降」対応の満田剛/著『三国志 最強武将Top45』(電子書籍)が頒価1000円でリリースされた。また10月12日まで『戦国 最強武将Top45』と共に85円で販売されている。他にも(もちろん著者は違うが)『最強戦車Top45』や『世界の旅客機 Top45』があって、つまりは同社でのそういうシリーズなんだね。 ・満田剛のブログ http://tmitsuda.blog112.fc2.com/ ※著者サイト ※関連記事 三国志 歴史講座 時代の実像と変革者たち(2012年9月18日より隔週火曜全6回)

146. <萌訳☆>三国志(2011年2月22日)
・goggles::LIST http://goggle.txt-nifty.com/ ・2011/04に買うブツ(附2011/03に観た買ったモノ)  (※上記ブログ記事) http://goggle.txt-nifty.com/obi/2011/04/list-2011042011.html 上記のブログ記事により知る。 下記出版社サイトの書籍ページにあるように、2011年2月22日に諸星崇/著、榎本秋/監修、宗正うみこ/イラスト、うらら/4コママンガ『<萌訳☆>三国志』(ISBN978-4-88181-808-4)が総合科学出版より1575円で発売したという。 ・総合科学出版|おかげさまで40周年、再起動! http://www.sogokagaku-pub.com/ ・<萌訳☆>三国志|総合科学出版 http://www.sogokagaku-pub.com/published/808.html

147. 邪馬台国の数学と歴史学(2011年1月)
メールマガジン「書羅盤:チャイナブックナビゲーター」2011年第4号(総229号)(2011年3月3日発行)で知ったこと。 ・出版社ビレッジプレス http://www.village-press.net/ ・半沢英一著「邪馬台国の数学と歴史学―九章算術の語法で書かれていた倭人伝行路記事」 http://www.village-press.net/?pid=25762859 上記サイトの上記ページによると、出版社ビレッジプレスより2011年1月に半沢英一/著『邪馬台国の数学と歴史学―九章算術の語法で書かれていた倭人伝行路記事』(ISBN978-4-89492-168-9)が1764円で発売したという。

148. 第38回 秋の古本まつり(京都古書研究会2014年10月30日-11月3日)
※関連記事  第27回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2014年8月11日-16日)  第37回 秋の古本まつり(京都古書研究会2013年10月31日-11月4日)  上記関連記事にあるように京都古書研究会主催の「第27回下鴨納涼古本まつり」に引き続き、また昨年の「第37回 秋の古本まつり」に引き続き、「第38回 秋の古本まつり」に行ってくる。2014年10月30日木曜日から11月3日月曜日祝日まで。知恩寺境内(京都大学吉田キャンパスの北部構内と本部構内の間辺り)で開催されている。 ・京都古書研究会 http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/ ・古書研行事予定 http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/event.html ・京都古書研究会ブログ http://koshoken.seesaa.net/

149. SDガンダム三国伝 たちあがれ ゆうしゃたち!(2010年6月28日)
※関連記事 SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors 真三璃紗大戦(2010年12月2日) というわけで上記の続きでアニメ「SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors」公式サイトの2010年8月26日更新シリーズ第2弾 ・SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/sdgundam3gd/ 上記サイトによると、講談社シール101絵本174『SDガンダム三国伝 たちあがれ ゆうしゃたち!』が800円で発売中とのこと。 内容について上記サイトの該当ページから下記へ引用する。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 三国伝の勇者たちが、101枚のシールで大暴れ! 『SDガンダム三国伝』で大活躍するガンダムたちのひみつを大公開。迫力の大バトルがくりひろげられるぞ。 シールをはって遊んで、たのしさ100倍! ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・講談社「おもしろくて、ためになる」出版を http://www.kodansha.co.jp/ 上記の出版社のサイトからこの絵本について探してみると、発売は2010年6月28日、ページ数は25、ISBNは978-4-06-366475-1とのこと。 ※追記 SDガンダム三国伝 ランチグッズ(2010年9月中旬) ※追記 SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 角川つばさ文庫版(2010年11月15日) ※追記 十大三国志ニュース2010 前編

150. エレキコミックやついいちろうの三国志くん。発売記念トークショー!!(2010年6月28日)
・エレキコミック公式サイト エレキズム http://elecomi.com/ 上記エレキコミック公式サイトの「ライブ/イベント」のページを見ると、2010年6月28日月曜日20時より「エレキコミックやついいちろうの三国志くん。」発売記念トークショー!!」がロフトA(東京都杉並区阿佐谷南)で行われるという。前売1800円(Lコード38176)で当日2000円で共に飲食代は別だそうな。 ・LOFT PROJECT http://www.loft-prj.co.jp/ ※ここのサイトの「LOFT A」というところが会場となる。 ※追記 ゲストはカオポイントおくまんさん、ペナルティワッキーさん、スピードワゴン井戸田さんだったそうな。 書籍の『エレキコミックやついいちろうの三国志くん。』については下記関連記事参照。 ※関連記事 エレキコミックやついいちろうの三国志くん。(2010年6月22日) ※追記 三国志フェス2010(2010年8月21日土曜日) ※追記 三国志大戦トークライブイベント Vol.3(2010年11月13日) ※追記。以下、公式サイトのライブ/イベントより引用。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「エレキコミックやついいちろうの三国志くん。」発売記念 やついいちろうサイン会 日にち 2010年07月10日(土) 開催時間 16:00~ 場所 有隣堂ヨドバシAKIBA店 参加方法 ※予定しておりました枚数に達したため、整理券配布は終了いたしました。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※追記 『エレ片のコント太郎』ポッドキャストで三国志ネタ