Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 03月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 271 - 300 / 318 件 (0.0088 秒). 検索条件の修正

271. 中国古代史入門(2016年11月4日)
※関連記事 すぐわかる! 三国志(2016年3月7日) 上記関連記事の続き。というより同じくチェック漏れ分。 ・株式会社洋泉社 雑誌、新書、ムックなどの出版物に関する案内。 http://www.yosensha.co.jp/ ・中華思想の根源がわかる!中国古代史入門 http://www.yosensha.co.jp/book/b252535.html 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2016年11月4日に洋泉社より渡邉義浩/編著『中華思想の根源がわかる!中国古代史入門』(ISBN:9784800310958)が950円(税別)で発売したという。 ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/

272. はじめて学ぶ中国思想(2018年4月20日)
下記関連記事を書く際に武田雅哉・加部勇一郎・田村容子/編著『中国文化55のキーワード /世界文化シリーズ6』(ミネルヴァ書房2016年4月)の情報について出版社サイトにアクセスしたときに知ったこと。 ※関連記事 中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月) 下記出版社サイトの下記書籍ページにあるように、ミネルヴァ書房より2018年4月20日に渡邉義浩・井川義次・和久希/編著『はじめて学ぶ中国思想 思想家たちとの対話』(ISBN9784623081066)が出版されたという。タイトルだけだと三国と関係なさそうだけど、煽り文に「孔子・老子・孫子・諸葛亮・王弼・朱熹・王陽明・魯迅・毛沢東… 約80名の思想家、四書五経までカバーした充実の一冊。」としれっと「諸葛亮」が入っていたり、目次を見ると、コラムに『三国志』の撰者である陳寿が挙げられたりと三国関連の人物もあるそうな。 ・ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/ ※関連記事 歴女と歴史コンテンツツーリズム(2017年4月20日) ※新規関連記事 教養の中国史(2018年8月20日) ・はじめて学ぶ中国思想 http://www.minervashobo.co.jp/book/b345291.html ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※編著者サイト ※関連記事  「古典中國」における小説と儒教(2017年5月15日)  一年で学ぶ「三国志」の世界(NHKカルチャーセンター横浜ランドマーク教室2018年4月6日-2019年3月29日)  狩野直禎先生米寿記念 三国志論集(2016年9月10日)

273. 生と死のことば(2017年10月20日)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter https://twitter.com/toho_jimbocho ・Twitter /toho_jimbocho: ‏【国内書新刊】 『生と死のことば:中国の名言を読む /岩波新書』 川合康三 著/岩波書店/2017年10月刊行/本体780円+税 ... https://twitter.com/toho_jimbocho/status/922419052781363203 ※関連記事 中国明堂思想研究(2018年2月15日) ・国内書 生と死のことば 中国の名言を読む http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4004316831&bookType=jp 下記の出版社サイトの書籍ページによると、岩波書店より2017年10月20日に川合康三『生と死のことば 中国の名言を読む』(岩波新書 新赤版1683、ISBN9784004316831)が780円(税別)で刊行されたという。後で引用する目次によると、「五 生への執着」に「2 曹操の遺令(陸機)」、「十二 死を乗り越える」に「2 生への意志(曹操)」があって、つまり三国関連がある。 ・岩波書店 http://www.usio.co.jp/ ※関連記事 鏡が語る古代史(2017年5月19日) ※新規関連記事 中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2019年版(2018年8月1日) ・生と死のことば https://www.iwanami.co.jp/book/b313873.html ※関連記事  曹操 矛を横たえて詩を賦す(2009年7月8日)  三国志学会 第四回大会ノート5 ※新規関連記事 文選 詩篇(訳注、2018年1月16日-)

274. 三国志読本(文春文庫2017年5月10日)
下記ブログ記事で知ったこと。 ・尚書省 三國志部 http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/ ・[書籍]宮城谷昌光『三国志読本』発売(2017年5月10日) http://d.hatena.ne.jp/kyoudan/20170507/1494117660 ※関連記事 三國志(アフリカ座2017年7月5日-7月9日) ※新規関連記事 『三国志演義』を読むー史実はいかにして小説になったかー(兵庫大学エクステンション・カレッジ2017年6月1日-7月6日) 下記出版社サイト内にある下記ページによると、2017年5月10日に宮城谷昌光/著『三国志読本』(小説、文春文庫、ISBN978-4-16-790856-0)が710円(税別)で発売したという。もちろん文庫なので先に単行本がある。 ・文藝春秋ホームページ http://www.bunshun.co.jp/ ・文春文庫『三国志読本』宮城谷昌光 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167908560 ※関連記事  三国志読本(2014年5月16日)  宮城谷昌光/著『三国志外伝』文庫(2016年10月7日)  三国志名臣列伝 後漢篇(オール讀物2015年12月22日-)

275. 三国志名言集(2018年1月16日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 超ビジュアル! 三国志人物大事典(2017年11月10日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2018年第1号(総136号その1)(2018年2月9日発行)により知ったこと。 ・岩波書店 http://www.usio.co.jp/ ※新規関連記事 中国明堂思想研究(2018年2月15日) ・三国志名言集 https://www.iwanami.co.jp/book/b341721.html ※関連記事 中国文学の愉しき世界(2017年9月15日) ※新規関連記事 魏晋南北朝官人身分制研究(2017年11月1日) 上記のサイトの上記ページによると、2018年1月16日に岩波書店より井波律子『三国志名言集』(岩波現代文庫、ISBN9784006022969)が1340円(税別)で刊行したという。上記ページより下記に内容紹介文を引用するように「三国志」というか『三国志演義』がかかわってくるそうで。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 『三国志演義』は乱世を生き抜く智恵の言葉の宝庫.波瀾万丈の物語にちりばめられた名言・名句を160項目選び出し,本文(読み下し文・原文・現代語訳)を掲げ,解説を付す.本文の調子の高さ,響きの楽しさに,声に出して読みたくなる! 三国志ファン必携,三国志初心者も楽しめる1冊.情景を彷彿させる挿絵も多数. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

276. 邪馬台国全面戦争 捏造の「畿内説」を撃つ(2017年7月)
※関連記事 「三国志」を文学する―『三国志』から『三国志演義』へ―(2017年4月) 上記関連記事を書く際に下記出版社サイトを見たときに知ったこと。 ・勉誠出版 --HOME http://bensei.jp/ ・邪馬台国全面戦争: 勉誠出版 http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=4_6&products_id=100774 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、勉誠出版より安本美典『邪馬台国全面戦争 捏造の「畿内説」を撃つ』(ISBN978-4-585-22559-1)が2017年7月に刊行されるという。3024円。

277. 中国史に学ぶ「将の器」の磨き方(2016年8月19日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第8号(総302号その2)(2016年9月30日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記書籍ページによると、KKロングセラーズより2016年8月19日(※日付はAmazon.co.jpより、次のISBNもそこからだけど)に守屋洋/著『中国史に学ぶ「将の器」の磨き方』(ISBN978-4845409877)が1000円(税別)で発売したという。 ・心を豊かにしていく出版会社 KKロングセラーズ http://kklong.co.jp/ ・中国史に学ぶ「将の器」の磨き方 http://kklong.co.jp/201608-1.html ※関連記事 【真説】日本誕生II 神武天皇が攻めた「卑弥呼の邪馬台国」は鹿児島にあった!(2016年6月28日) ※同著者記事 黄昏三国志 孔明以後の英雄たち(2015年4月16日)

278. 「三国志」ナンバーワン決定戦(2017年5月12日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 中国思想史(2017年4月26日復刊) ※新規関連記事 鏡鑑としての中国の歴史(2017年6月) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』第5号(総310号その2)(2017年6月30日発行)により知ったこと。 ・宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル http://tkj.jp/ ・「三国志」ナンバーワン決定戦│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル http://tkj.jp/book/?cd=02699401 ※関連記事 三国志 合戦読本(2017年2月13日) ・渡邉義浩ホームページ http://ywata.gakkaisv.org/ ※監修者のサイト ※関連記事 三国志 曹操(2016年3月9日) 上記の出版社サイトの上記の書籍ページによると、2017年5月12日に宝島社より渡邉義浩/監修『「三国志」ナンバーワン決定戦』(ISBN978-4-8002-6994-2)が700円(税別)で発売したという。

279. 三国志演義大事典(1996年7月30日発行)
※前の記事 日経電子版 春割 2018(2018年3月26日-5月15日)  2018年4月5日木曜日、三国志ニュースの記事「送別の贈りもの : 魏晋南朝詩における送別の贈答(中國中世文學研究 第70号 2017年9月25日)」を書く。

280. 中国を学ぶための入門書・ガイドブック(東方書店2018年4月)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・東方書店 (tohoshoten) on Twitter https://twitter.com/tohoshoten ・Twitter /tohoshoten: 【中国学 はじめの一歩♪】 昨年、一昨年に続き、今年も「中国を学ぶための入門書・ガイドブック」を作成いたしました! 東方書店オススメの国内書57冊を厳選。中国について学びたい学生さん必見! ... https://twitter.com/tohoshoten/status/986057827524395008 下記書店サイトの下記ページにあるように、東方書店により2018年4月に「中国を学ぶための入門書・ガイドブック」が作成・公開された。タイトルどおり入門書・ガイドブックの類がしょうかいされており、三国関連だと、46番目に金文京『三国志演義の世界 増補版』(東方書店2010年5月)があがっており、それ以外で三国志ニュースで取り上げたのは『改訂新版 中国学入門 中国古典を学ぶための13章』(勉誠出版2017年04月)、『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』(東方書店2014年6月)がある。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・中国を学ぶための入門書・ガイドブック 2018 http://bit.ly/2H83vi7 ・PDF版 中国を学ぶための入門書・ガイドブック 2018 http://www.toho-shoten.co.jp/kbook/catalogue_201804.pdf ※関連記事  三国志演義の世界 増補版(2010年5月下旬)  地下からの贈り物(2014年6月)  「三国志」を文学する―『三国志』から『三国志演義』へ―(2017年4月)  汲古書院 訳あり特価本販売中(東方書店2017年12月)  見て読む中国 京劇の世界(2006年6月20日)

281. 教養の中国史(2018年8月20日)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter https://twitter.com/toho_jimbocho ・Twitter /toho_jimbocho: ‏『教養の中国史』 津田資久,井ノ口哲也 著/ミネルヴァ書房/税込3,024円 https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4623080311&bookType=jp 中国史の通史のみならず、思想史、文化史、美術史にも目を配った、大学1~2年生向けの教養科目テキスト。始皇帝以前の先秦から21世紀の現代に至るまで図版を豊富に掲載し、学ぶべきポイントを整理 ... https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1029211992169410560 ※関連記事 中国古典小説研究の未来(2018年5月) ※新規関連記事 すぐわかる中国の書 改訂版(2018年8月) ・国内書 教養の中国史 https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4623080311&bookType=jp 下記サイトの下記ページによると2018年8月20日にミネルヴァ書房より津田資久・井ノ口哲也/編著『教養の中国史』(ISBN 9784623080311)が出版されるという。2800円(税別)。どこが三国と関係するか、目次を見てタイトルだけでもわかるものは敬称略で、「第4章 〈貴族〉の盛衰と「天下」観の変容——三国・両晋・南朝(津田資久)」だろうね。「第3章 儒家思想の浸透と外戚・宦官の専横——前漢中期〜後漢(井ノ口哲也)」もかかりそう。 ・ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/ ※関連記事 はじめて学ぶ中国思想(2018年4月20日) ・教養の中国史 http://www.minervashobo.co.jp/book/b279969.html ※関連記事  『華陽国志』の世界(東洋大学2017年9月30日)  後漢経学研究序説(2015年2月)

282. 小学修身用書 第四(成美堂1887年10月)
※前の記事 第12回三国志祭(2018年11月3日)  2018年8月23日木曜日。1時-2時30分ぐらいおきてた。22時40分、UEFAチャンピンズリーグ 2016/17 プレーオフ 1st Leg ポルト×ローマを見終えたけど、アンドレ・シウヴァ、ポルトで10番、センターフォワードだったんだね。普通に相手の脅威になっているし。  8月24日金曜日、4時前に目が覚める。5時30分、三国志ニュースの記事「Afternoon Tea Party(GONTA MECCA 2018年7月15日)」を仕上げる。8時、東海道本線[豊橋〜米原]の運転状況は関ケ原~米原駅間で発生した倒木の影響で、現在も一部列車に遅れや運休が出ています、だって。「見合わせ」から少し状況が良くなった。  例によって17時38分京都駅発の東海道・山陽本線東海道本線(東海)から乗り継いで東へ。とりあえず米原駅まで順調にいけそう。いきなり右の窓際に座れる。17時45分、下記の記事を読みきる。 ・日本マンガ学会海外マンガ交流部会第11回公開研究会レポート | ComicStreet(外漫街) https://comicstreet.net/uncategorized/kaigai-manga-koryu-bukai-11/  ただし以下のリンクあり。 ・第580回 ラジオビューグル(2018年07月07日)「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その1 http://radiobugle.seesaa.net/article/460369417.html ※新規関連記事 資料紹介〈年画縮様〉について(連環画研究 第3号 2014年3月10日印刷)  気づいたら、コロッケパンとクルミデニッシュを食べ終わっていた。18時15分、野洲駅ダイヤの乱れで長浜行き新快速に乗れるだなんて。混んでいるし乗らないけど。  米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると27℃。結局、18時52分到着と通常のダイヤだった。例によってホームの対面乗換え。19時50分、岐阜駅の外の電光掲示板によると29℃。20時6分、眠るか。20時30分?大府駅までねむってた。21時5分、三国志ニュースの記事「リンク:日本に於ける周瑜像についての一考察(2013年7月)」を書き上げる。豊橋駅停車。21時13分、17 ICEでクッキー&クリーム160円を買う。コスパが良い。  そうやって西に乗り継ぐ。22時6分、以下のブログ記事などを読んでた。 ・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む http://blog.livedoor.jp/kashikou/ ※関連記事 オタ中国人の憂鬱(2011年1月) ・中国オタク的疑問「日本で中国の古典ってどのくらい研究されてるの?」 http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51553277.html ※2010年07月08日19:05 ・SDガンダム三国伝はなぜ中国本土のオタクに人気が無いのか http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51573957.html ※2010年08月31日19:05

283. 機略・策略の三國志(2017年10月5日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 送別の贈りもの : 魏晋南朝詩における送別の贈答(中國中世文學研究 第70号 2017年9月25日) ※新規関連記事 曹全碑(2017年9月30日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第9号(総314号)その2(2017年12月1日発行)により知ったこと。 ・徳間書店 http://www.tokuma.jp/ ※新規関連記事 終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝(コミックゼノン2019年10月25日-) ・機略・策略の三國志 http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784199070815 ※関連記事  逸話で綴る 三國志(2008年12月5日)  女剣三国志 貂蝉(2009年4月3日)  立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月) 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、2017年10月5日に徳間書店より坂口和澄『機略・策略の三國志』(ISBN978-4-19-907081-5、文庫判)が発売されたという。1200円(税別)。作者は三国関連の著作を数多く出されている方。 ※関連記事  図説 合戦地図で読む 三国志の全貌(青春出版社2008年11月10日)  正史三国志 英雄奇談(2009年11月10日)  三国志列伝(2011年7月)  全貌三国志演義 英雄百年の興亡(2011年7月9日)  真説 その後の三国志(2012年5月18日)  三国志人物外伝(2006年5月)  正史三國志 群雄銘銘傳 増補・改訂版(2012年12月25日)  三国志 それからの系譜(2013年10月)  もう一つの『三国志』(2014年5月)

284. マンガ図解三国志「武将」大百科(2016年8月3日)
※前の記事 第31回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2018年8月11日-16日)  2018年8月16日木曜日5時に目が覚める。以下のブログ記事などを読んでた。 ・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む http://blog.livedoor.jp/kashikou/ ※関連記事 オタ中国人の憂鬱(2011年1月) ・日中で違う三国志についての認識 呂布編 http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51437680.html ※2010年02月21日12:54  三国志ニュースの記事「毛宗崗批評『三国志演義』の研究(2017年12月28日)」を書く。ねおち。24時前に目覚める。三国志ニュースの記事「真・一騎当千 第3巻(2018年4月23日)」を書く、25時に眠る。17日金曜日5時半に目覚める。

285. 絶対に人に言いたくなる ろくでもない三国志の話(2018年3月30日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・電撃オンライン (dengekionline) on Twitter http://twitter.com/dengekionline ・Twitter / dengekionline: じつはあの趙雲はザコ専!? 三国志のろくでもないエピソードを集めた逸話集が3月30日に発売 ... https://twitter.com/dengekionline/status/973487644632993792 下記サイトの下記記事によると、2018年3月30日にKADOKAWAよりうどん/著、木志田コテツ/絵『絶対に人に言いたくなる ろくでもない三国志の話』(ISBN4048938096)が1080円で発売するという。 ・電撃オンライン - ゲーム・アプリ・漫画・アニメ情報サイト http://dengekionline.com/ ・電撃 - じつはあの趙雲はザコ専!? 三国志のろくでもないエピソードを集めた逸話集が3月30日に発売 http://dengekionline.com/elem/000/001/694/1694309/ ※関連記事  なぜなに三国志(2015年6月27日-)  ぐだぐだ三国志(電撃PlayStation2016年3月31日-)

286. 中国文学の愉しき世界(2017年9月15日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 簡牘が描く中国古代の政治と社会(2017年9月15日) ※新規関連記事 送別の贈りもの : 魏晋南朝詩における送別の贈答(中國中世文學研究 第70号 2017年9月25日) 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第8号(総313号その1)(2017年10月25日発行)により知ったこと。 ・岩波書店 http://www.usio.co.jp/ ・中国文学の愉しき世界 https://www.iwanami.co.jp/book/b309283.html ※関連記事  史記・三国志英雄列伝(2015年11月5日)  完訳 三国志(2011年3月16日-)  井波律子/著『中国の五大小説(上)三国志演義・西遊記』(2008年4月22日) 上記のサイトの上記ページによると、2017年9月15日に岩波書店より井波律子『中国文学の愉しき世界 奇行・幻想・夢――とびきり愉しい中国文学案内』(岩波現代文庫、ISBN9784006022914)が860円(税別)で発売したという。

287. チャイナの夜明け(2015年7月)
おそらくプチネタ。 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第11号(総292号その1)(2015年10月15日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記書籍ページによると2015年7月発売(前述のメルマガより)で叢文社より成田弘/著『チャイナの夜明け―日本語教師の中国四千年紀行』(ISBN978-4-7947-0743-7)が1500円(税別)で刊行したという。後述の紹介文にあるように一応、中国で知った「原風景」に「三国志」が挙がっていた。 ・総合出版会社 叢文社 そうぶんしゃ そう文社 のホームページへようこそ http://www.soubunsha.co.jp/ ・「チャイナの夜明け―日本語教師の中国四千年紀行」 成田 弘 著 http://www.soubunsha.co.jp/sofind.cgi?isbn=7947-0743 ※関連記事 写真紀行 心に残る「三国志」の言葉(2015年8月31日)

288. 三国志談義(文春文庫2015年1月5日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第1号(総282号その1)(2015年2月11日発行)により知ったこと。下記サイトの下記書籍ページによると文芸春秋より2015年1月5日に安野光雅・半藤一利『三国志談義』(文春文庫、ISBN978-4-16-790284-1)が750円(税別)で発売したという。著者とタイトルからつまり下記関連記事で触れた単行本の文庫版だ。元が平凡社で出版社を換えての出版と珍しく……とあまり珍しくないか、よくある販売戦略なのかもね。 ・文藝春秋ホームページ http://www.bunshun.jp/ ・文春文庫『三国志談義』半藤一利 安野光雅 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167902841 ※関連記事 三国志談義(2009年6月)

289. 三国志 群雄列伝(2015年11月19日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter http://twitter.com/Vitalize3K ・Twitter / Vitalize3K: 【新刊情報】11/12(木)にカンゼンより三国志の人物計169名を解説した『三国志群雄列伝』が1512円で発売される。 ... http://twitter.com/Vitalize3K/status/663855136809226240 上記書籍ページによると、株式会社カンゼンより2015年11月19日にレッカ社/編『三国志 群雄列伝』(ISBN9784862553270)が1400円(税別)で出版されたという。 ・株式会社カンゼン http://www.kanzen.jp/ ・三国志 群雄列伝 - 株式会社カンゼン (※上記サイト内書籍ページ) http://www.kanzen.jp/book/b213757.html

290. メモ:三国志占いオリジナル孔融の作者
※前の記事 第5回古書会館de古本まつり(京都古書研究会2019年2月8日-10日)  2019年2月10日日曜日。5時すぎ起床。「ラジオCha-ngokushi ちゃんごくし 第92回」を聴く。Cha-ngokushiさん開店2周年おめでとう回。オフ会、春節に節分。臓器がスーパーサイヤ人って(笑)あと重たいプレゼントへのボケが(笑)八宝茶のおかげで呂布に優しいイメージになったってのは印象的…というか飲み会! 続いて「東々・むらやのまだねばらんと 第41回」。2番目の「リメンバー・ミー」のヒット!メキシコにおばあちゃん映画なんや、見たくなるね。架空のジャケット、面白そう。それに深淵を覗いたリアクションの東々さん、確かに「いくところまでいけ」やね、曲づくりって(笑 ※新規関連記事 呂布を飲もう!(Cha-ngokushi2019年3月24日) ・ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第92回 2019.2.4配信 https://youtu.be/mJzj7evvUdE ※関連記事 プチネタ:中華一番!に周瑜 ・東々・むらやのまだねばらんと 第41回 2018.1.28配信 https://youtu.be/zUVAghnxsD8 ※関連記事 メモ:曹操(の中の人)が(Cha-ngokushi(ちゃんごくし)2019年2月3日) ※新規関連記事 メモ:寺島優/原作・李志清/作画 三国志(MFコミックス文庫2006年1月31日発行)  6時22分。ちゃんごくしに行った金曜日が土曜感覚だったけど、マンガ喫茶で迎えた日曜日の今日が土曜感覚で、三日連続土曜というより、土曜がないけど“これじゃない土曜”が飛び石で来た感覚。総じて春節感ということでいいのではないかと。 ※関連記事 ニセ横山光輝「三国志」での孔融(2004年12月)  それで本題。下記Twitter Accountの下記statusで知ったこと。というより上記関連記事のシリーズの完結編というべきか。 ・今岡英二 (eiji_imaoka) on Twitter http://twitter.com/eiji_imaoka ・Twitter / eiji_imaoka: ラジオで名前出していただいてもよかったんですがね(笑)ちなみにいきなり本のほうへ行ったのは、中で自由帳の表紙を見て、「あ、孔融だ。もしかして本があるのか……」と思ったからでした。あれはチーフアシさんの描き下ろしだったので、あの本にしかないイラストでしたので。 ... https://twitter.com/eiji_imaoka/status/1094278902866821120

291. 小学生に授業(2013年1月4日)
図書館のサイトで探し物をしていてたまたま見かけたので記事に。 ・朝日新聞出版 最新刊行物 http://publications.asahi.com/ ・朝日新聞出版 最新刊行物:文庫:小学生に授業 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14541 2013年1月4日に朝日新聞出版より『小学生に授業』(ISBN9784022617460)が735円(税込)で発売されたという。この文庫の紹介文によるとタイトル通り「日本を代表する9人の学者たちによる白熱の授業風景」とのことで、図書館のデータによると、それらの中の145から168ページの間に、井波律子先生による授業テーマ「三国志」があるという。 ※関連記事 世説新語1(2013年11月14日)

292. 中国庶民生活誌 裏街春秋(1994年8月1日)
※前の三国関連の記事 妖怪三国志 国盗りウォーズ TVCM(2018年6月8日-)  2018年7月1日日曜日、ライブ帰りに学芸大学駅近くのカフェでファントークに盛り上がり、解散し、16時42分発に乗り自由が丘駅で急行に乗り換え。元町・中華街駅下車。そして立ち寄ったのはBOOKS&CAFE関帝堂書店に到着する。終電が迫っていたのでそんな長居できないな、と思いつつ、関帝堂書店のマスターに日本マンガ学会大会のレジュメを差し上げるためもあって。 ・横濱バザール http://yokohamabazaar.com/ ・たぶん横浜中華街唯一のブックカフェ*BOOKS&CAFE関帝堂書店 http://kanteido.com/ ※関連記事  と学会レポート オタク的中国学入門(2007年7月9日)  メモ:日本マンガにおける秦始皇帝兵馬俑鎧甲デザインの伝播(2018年6月23日) ※新規関連記事 三国志を行く 三国鼎立編(2006年6月15日)  それで鉄観音を注文し、17時57分、ノートPCを起動。上記関連記事で前回きたときに見かけた、明木茂夫『と学会レポート オタク的中国学入門』(楽工社2007年7月9日印刷)と同じ本棚の並びにあったもので、島尾伸三『中国庶民生活誌 裏街春秋』(東京書籍1994年8月1日発行)があった。三国関連の記述があるのではないかと淡い期待で手に取る。 ・東京書籍 https://www.tokyo-shoseki.co.jp/ ※関連記事 教科書本文データ集(全国漢文教育学会)

293. 龐統祠墓(中国文化出版社2014年8月)
※前の記事 森田 崇さんに訊く(マンガ論争 Vol.19 2018年8月10日)  2018年9月26日水曜日3時に目覚める。三国と無関係だけど、公式ルート、任天堂チャンネルでゲームセンターDX&CXを見える幸せ。 ・ゲームセンターCX 有野の挑戦 「ファミコンリミックス 1+2」前篇 https://www.youtube.com/watch?v=j23tGeK3zu0 ※2014/04/15 に公開 Wii U  4時30分には以下の。マリオメーカーで見せるってのはいいね。そして未発売だったか、2015年9月10日発売 ・スーパーマリオ30周年SPステージ ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015 https://www.youtube.com/watch?v=MiUOmqQDM_s ※2015/06/16 に公開  5時50分には以下のを見始める。去年のゲームなんやね、ゲーム内の世界で写真撮ったりできる…ってどっかで聞いたことあるな、って今のゲームの潮流なんやろうね。あ、番組自体は浜口さんが写真にハッシュタグをつける見立てでコメントを入れるといういじり方でとても面白かった。三国志ニュース「SOSOの服を着てSOSO好きにSOSOの写真を渡す(2018年8月12日)」「教養の中国史(2018年8月20日)」を書く。 ・ゲームセンターDX 「スーパーマリオ オデッセイ」 https://www.youtube.com/watch?v=zIXfgyDMy1E

294. 「その後」の三国志(2016年12月9日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2017年第1号(総306号)(2017年2月3日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記書籍ページによると、実業之日本社より2016年12月9日に渡辺精一/監修『「その後」の三国志』(ISBN978-4-408-45680-5 じっぴコンパクト文庫)が680円(税別)で発売したという。おそらく下記関連記事を文庫化したものだろうね。 ・トップページ|実業之日本社 http://www.j-n.co.jp/ ・「その後」の三国志|実業之日本社 http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-45680-5 ※関連記事 知れば知るほど面白い 「その後」の三国志(2012年11月8日)

295. 2度目の中国ができるまで(2018年1月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 曹植と飛翔する「蓬」について(2017年3月) ※新規関連記事 史料で読み解く三国志の嘘と真実(全三巻2017年8月、10月、12月) ・国内書 2度目の中国ができるまで http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4780308808&bookType=jp 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2018年第1号(総136号その2)(2018年2月9日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記ページによると、かもがわ出版より2018年1月に渡辺信一郎/監修・岡田和一郎/著『2度目の中国ができるまで』(中国の歴史・現在がわかる本 第2期、ISBN978-4-7803-0880-8)が2800円(税別)で発行されたという。これはシリーズ中の1冊で、後で引用する目次によると、この冊の冒頭が「「三国志」の時代」とのことだ。 ・かもがわ出版 http://www.kamogawa.co.jp/ ・中国の歴史・現在がわかる本第2期 2度目の中国ができるまで http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ta/0880.html ※関連記事  中國古代の財政と國家(2010年9月17日)  魏晋南北朝史のいま(2017年9月)

296. 地球の歩き方 ガイドブック D01 中国 2015年~2016年版(2015年3月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2015年第4号(総285号)(2015年4月3日発行)により知ったこと。 ・地球の歩き方 | ダイヤモンド社 http://www.diamond.co.jp/arukikata/ ・地球の歩き方 ガイドブック D01 中国 | 地球の歩き方 | ダイヤモンド社 http://www.diamond.co.jp/arukikata/9784478047187.html 上記サイトの上記ページにあるように、2015年4月にダイヤモンド社より『地球の歩き方 ガイドブック D01 中国 2015年~2016年版』(ISBN978-4-478-04718-7)が1800円(税別)で発売したという。

297. 連環画 諸葛亮(1979年11月第1版)
※前の記事 玄徳寿司(埼玉県朝霞市2017年4月8日新装開店)  2018年9月16日日曜日、マンガ喫茶で4時前に目が覚める。睡眠時間3時間ということもだけど、ノートPCのバッテリーがバッテリーが1本しか充電できなかったという悲しい状況。  4時25分の始発に乗り込み鈍行列車で西へ。ひたすら昨日の日記を書いていたけど、7時58分。清水駅。床に眠っていた客の対応で4分遅れ。11時32分大垣駅に到着するも寝過ごししんがりをつとめるが余裕で窓側に座れる。やはり青春18きっぷ期間外だから?14時19分、新長田駅到着。神戸市長田のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到達。 ・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter https://twitter.com/Changokushi ※前回訪店記事 Cha-ngokushiでホワイトボートに書き出され(2018年9月8日)  他の人の端末はつながるのに私のノートPCがつながらず1時間半ぐらい格闘していた。もったいない。でもお土産話のネタには困らないほどたくさんあるし、レジュメの束がかるし。 ※関連記事  三國志研究第十三号(2018年9月15日)  特別展 三国志(東京2019年7月9日-9月16日、福岡2019年10月1日-2020年1月5日)  中国版画散策 第44回(東方 451号2018年9月5日発行)  狩野直禎先生記念 三国志学会賞(2018年9月15日)  昼飯が遅かったので、17時53分、姜維の剣閣生姜アイスを食べる。諏訪緑『諸葛孔明 時の地平線』5巻を読みながら。そして閉店時刻18時に。  その前に前回Cha-ngokushiに伺った際(前述にリンクした記事)、気になった本があったんで、メモを取る。それは『三国演義』連環画と同じ上海人民美術出版社からの連環画『諸葛亮』で1979年11月第1版とのこと。150枚。「編文 浦増元 馮元魁 劉元胜」「絵画 徐有武」とのことだ。三顧礼のときの昼寝シーンの絵はなし。秦始皇帝兵馬俑デザインの鎧が特徴的。というか1979年だと、中国でもあの発見が絵画文化に影響を与えていたか。劉備も秦始皇帝兵馬俑デザインっぽいんで、川本喜八郎先生が参照した可能性はあるけど、それより秦始皇帝兵馬俑情報自体の伝播強度の方がはるかに強いだろうから考えなくて良いんだろうね。にしても日本との比較対象として6月の学会発表に入れ込めれば良かったんだろうにね。 ※関連記事  人形劇 三国志 三顧礼での諸葛亮の寝台デザイン(1983年3月19日)  メモ:日本マンガにおける秦始皇帝兵馬俑鎧甲デザインの伝播(2018年6月23日)

298. 連環画図録(古代題材)(2005年5月第1次印刷)
※前の記事 『三国演義』連環画とその日本版(連環画研究 第6号所収 2017年2月28日印刷)  例によって日記が導入部分。

299. 第42回 秋の古本まつり(京都古書研究会2018年10月31日-11月4日)
※前の記事 日めくりまいにち横山光輝三国志(2018年11月1日)  2018年11月1日木曜日3時半の目覚まし時計でおきる。セリエA 2018/19シーズン第1節(延期分) ミラン×ジェノアを見る。スソのミドルシュートで先制!ジャンプセレブレーション。ティムのポカで追いつかれるも、アディショナルタイムでロングボールをパンチングではじき、それをアレッシオが足であわせ、そのままループシュートのように入り、2-1で劇的勝利!6時35分、何か忘れていると思ったら朝飯を食べるのをわすれているや。弁当をつめているときに思い出した。帰り最寄のスーパーマーケットによってによって牛乳、チョコチップクッキー、野菜、コロッケを買って500円近う。11月2日金曜日3時半起床。三国志ニュースの記事「創縁祭での中文同学会(2018年11月3日4日)」を書く。8時25分、ようやく下記のレポートをよんだ。というか文化庁のコンテンツだったんだね。 ・日本マンガ学会第18回大会レポート https://mediag.bunka.go.jp/article/article-13975/ ※「坂口 将史2018年10月23日 更新」と  11月3日土曜日3時半の目覚まし時計。5時下記のページで下記サイトの日本マンガ学会カトゥーン部会2018年度第1回研究会を知る。2018年12月1日土曜日京都開催。しかも第2回研究会がその一週間後の12月8日土曜日に東京で開催されるそうな。両方とも参加したいねぇ。 ・日本マンガ学会 http://www.jsscc.net/ ※関連記事 日本の三国志マンガにおける表象考察(上) 横山光輝の『三国志』(2018年8月30日) ※新規関連記事 Fate/Grand Order Lostbelt No.3 人智統合真国 シン 紅の月下美人(2018年11月27日-) ・日本マンガ学会カトゥーン部会2018年度第1回研究会 http://www.jsscc.net/study-group/cartoon/2018-01  三国志ニュースの記事「三国志トーク英雄人物伝「関羽」(関帝堂書店2018年11月23日祝日)」を書き上げる。9時15分出発、徒歩で。 ※関連記事  第31回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2018年8月11日-16日)  第41回 秋の古本まつり(京都古書研究会2017年11月1日-11月5日)  上記関連記事にあるように京都古書研究会主催の「第31回下鴨納涼古本まつり」に引き続き、また昨年は行きそびれたので、昨年の「第41回 秋の古本まつり」に引き続き、「第42回 秋の古本まつり」に足を運んだってことで多分10時着。2018年10月31日水曜日から11月4日日曜日まで、知恩寺境内(京都大学吉田キャンパスの北部構内と本部構内の間辺り)で開催される。 ・京都古書研究会ブログ http://koshoken.seesaa.net/ ※新規関連記事 第5回古書会館de古本まつり(京都古書研究会2019年2月8日-10日)

300. 秘密の成功哲学 厚黒学(2013年5月31日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 賢人の中国古典(2013年6月26日) 上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第6号(総262号その2)(2013年7月17日発行)により知ったこと…というより、上記関連記事と同じく記事に紹介するタイミングを逸してしまったので蔵出しする第2弾。 ・学研出版サイト http://hon.gakken.jp/ ・『リーダーとなるためには腹黒く生きよ!秘密の成功哲学 厚黒学』 | 学研出版サイト http://hon.gakken.jp/book/1340553300 上記サイトの上記ページにあるように、2013年5月31日に学研より守屋洋/著『秘密の成功哲学 厚黒学 リーダーとなるためには腹黒く生きよ!』(ISBN978-4-05-405533-9)が1620円(税込)で発売したという。上記ページでは何が三国と関係するが判りにくいが前述のメルマガによると、「三国志に隠された秘密の成功法則」だそうな。