Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 04月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 4591 - 4620 / 5557 件 (0.0866 秒). 検索条件の修正

4591. 三国劇翻訳集(2002年3月)
ついつい記事にしそびれていたのを放出するシリーズ。 ※関連記事 出土状況よりみた長沙呉簡(2013年3月) 下記の研究室ページの下記書籍ページによると、2002年3月に関西大学出版部より井上泰山/訳『三国劇翻訳集』(ISBN978-4873543468)が7035円(税込)で刊行したという。「明代の宮廷内」の雑劇だそうで底本は「宮廷秘蔵の上演用台本(内府本)の他、「雑劇十段錦本」や「息機子本」などの古版本」とのことで「巻末に詳細な「解題」を付す」とのこと。 ・井上泰山研究室 http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~taizan/ ※新規関連記事 三国志への道標(2019年2月) ・『三国劇翻訳集』 http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~taizan/book04.html ※関連記事  泊園古典講座 ~コース3 三国志を読む~(2016年11月7日-2017年1月23日)  「ロザンの道案内しよッ!」で三国ネタ(2014年6月23日)  「四大奇書」の研究(2010年11月10日)

4592. 『真・三國無双2』が「PlayStation 25周年特別賞」を受賞(2019年12月3日PlayStation Awards 2019)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ※関連記事 『真・三國無双』プレミアムパーティー feat.魏 次代を拓く叡知の宴(2019年11月2日) ※新規関連記事 妖怪三国志 国盗りウォーズ 公式生放送 第4陣(2020年1月22日) ・『真・三國無双2』が「PlayStation 25周年特別賞」を受賞 | 2019年 | ニュース | 株式会社コーエーテクモホールディングス https://www.koeitecmo.co.jp/news/2019/12/playstation25.html ※関連記事 新三國志手機版(2017年11月16日正式リリース) ※新規関連記事 「真・三國無双」20周年記念番組(2020年9月27日) 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2019年12月5日のコーエーテクモ INFORMATIONによると、上記ページにあるように、「『真・三國無双2』が「PlayStation 25周年特別賞」を受賞」とのことで、それは2019年12月3日開催「PlayStation Awards 2019」にて発表された。 ・PlayStation Awards 2019 | プレイステーション https://www.jp.playstation.com/events/playstation-awards/ ・PlayStation Awards | Award results in 2019 https://www.jp.playstation.com/events/playstation-awards/history/2019/ ・真・三國無双2 https://www.jp.playstation.com/software/title/slpm65053.html ※関連記事 真・三國無双 総合サイト オープン(2016年11月16日) ※新規関連記事 真・三國無双20th シリーズアンケート(-2020年7月19日) これだけだと受賞がどういうポジションなのかわからないので、どんな賞があるかというと、「Platinum Prize」「Gold Prize」「PlayStation Network Award」「プレイステーション ...

4593. 2020年見るべき中国時代劇ドラマ(2020年3月26日)
下記の関連記事を書く際に知ったこと。 ※関連記事 中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2020年版(2019年11月6日) 下記サイトの下記ページによると2020年3月26日にぴあより『2020年見るべき中国時代劇ドラマ』(ISBN9784835641676)が発売されたという。1500円(税別)。下記ページを見ると、「三国志ドラマ」のところに「『三国志 Secret of Three Kingdoms』/『三国志~司馬懿 軍師連盟~』」とある。 ・ぴあ株式会社 https://book.pia.co.jp/ ・2020年見るべき中国時代劇ドラマ https://book.pia.co.jp/book/b507590.html ※関連記事  三国志~司馬懿 軍師連盟~(WOWOWプライム2018年7月14日-)  三国志 Secret of Three Kingdoms(衛星劇場2018年10月17日-)

4594. 三国志詩話(2016年2月24日)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2016年第3号(総297号その1)(2016年3月30日発行)により知ったこと。右のAmazon.co.jpのページによると2016年2月24日に創英社/三省堂書店より瀧口房州/著『三国志詩話』(ISBN978-4881429426)が1296円で発売したという。 ・書籍 編集 出版の創英社 - 三省堂書店 http://www.books-sanseido.co.jp/soeisha/

4595. 2017春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2017年1月27日-28日)
※関連記事 横浜中華街関帝廟 2017年迎春カウント・ダウン(2016年12月31日) ※前回記事 2016春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2016年2月7日-8日) 上記の新年の横浜中華街関帝廟におけるカウントダウンイベントに続き春節のカウントダウンの情報が来ないか、関帝廟のサイトをチェックしていた。 ・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》 http://www.yokohama-kanteibyo.com/ ※リンクを張るのに古式ゆかしき許可制なのでURLだけ示しておこう。 そうすると未だ情報がないので、下記の横浜中華街サイトの下記ページに当たると、「横浜中華街では、「春節」を迎える1月28日の前夜、横濵中華街關帝廟と横濱媽祖廟の両廟でカウントダウンが行われ、街は新年を迎えるお祝いムード一色に包まれます。」とのことだ。日時は春節2017年1月28日土曜日の前日の「2017年1月27日(金)24:00」となっている。 ・[公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載! http://www.chinatown.or.jp/ ・2017春節 | [公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載! http://www.chinatown.or.jp/event/celebration/201610_03/ ※関連記事  2017長崎ランタンフェスティバル(2017年1月28日-2月11日)  2017南京町春節祭(2017年1月27日-29日)

4596. 岩田駅名所案内での石城の里 三国志城消滅(2016年下半期?)
 以下、プチネタ…だけどセンチ。 ・三国志城博物館 http://www.3594castle.com/ ※関連記事 石城の里 三国志城 休館(2015年4月22日-)  定義によってその年月日に揺れがありそうだけど、上記関連記事にあるように、休館を経た上で、2015年に山口県光市にあった「石城の里 三国志城」が閉館したことは確実のようだ。  本館がなくなたからといって、すぐに痕跡が消えたわけではなく、街中にある三国志城への道しるべはすぐになくならないようで、少なくとも三国志城の最寄り駅である岩田駅構内にある名所案内には「三国志城」が依然、残ったままだった。下記関連記事にあるように少なくとも2016年夏には存在していた。 ※関連記事 博多人形 卑弥呼(川崎幸子作、2011年2月18日) ・岩田駅 駅情報:JRおでかけネット https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0800633  ところが2016年12月30日に岩田駅を通過するときに確認すると、ペンキが塗りなおされていて、「三国志城」の四文字はきれいに無くなっていた。「消えた」というより名所案内のリニューアルであるため、あたかも初めから「三国志城」が無かったかのようになっていた。  まぁ存在しないものの案内をいつまでも残すわけはないのに当然といえば当然なんだけど、ひとつの時代が終わったんだと再確認してしまった。

4597. 三国志 Three Kingdoms(チャンネル銀河月-金2018年4月5日-)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・うさこ (rekiotome_usako) on Twitter http://twitter.com/rekiotome_usako ※新規関連記事 人形劇 三国志 ダイジェスト版(チャンネル銀河2020年3月1日-5月24日) ・Twitter / rekiotome_usako: 再放送きたよ。 #三国志 #threekingdoms #チャンネル銀河 ... https://twitter.com/rekiotome_usako/status/969360468358848512 ※関連記事 邪馬台国と卑弥呼の謎(歴史街道9月号2016年8月6日) 下記のCSのチャンネル銀河の放送局サイトの、下記番組ページを見ると、チャンネル銀河にて2018年4月5日木曜日より、毎月曜日から毎金曜日までの13時から14時までの枠でドラマ『三国志 Three Kingdoms』(原題『三国』、吹替版)全95話が放送されるという。下記の関連記事にあるように過去同局では2014年12月21日からと2015年3月16日から全話放送をされている。哲舟さんのエピソードガイド(末尾にリンク)も残ってさらなるファンを呼び込めそう。 ・チャンネル銀河 http://www.ch-ginga.jp/ ※新規関連記事 中国古典名作選~三国志(チャンネル銀河2019年10月16日17日) ・三国志 Three Kingdoms | チャンネル銀河 https://www.ch-ginga.jp/feature/threekingdoms/index.html ※関連記事 三国志 Three Kingdoms(チャンネル銀河毎週日曜2014年12月21日-) ・ドラマ「三国志」公式サイト http://www.sangokushi-tv.com/ ちなみに下記ページにあるように、チャンネル銀河はスカパー!新基本パックに含まれるチャンネルなので比較的、視聴しやすいかと。 ・スカパー!新基本パック|ココロ動く、未来へ。スカパー! http://www.skyperfectv.co.jp/pack/detail.html?pid=006

4598. 一年で学ぶ「三国志」の世界(NHKカルチャーセンター横浜ランドマーク教室2018年4月6日-2019年3月29日)
下記関連記事の続きで講座を紹介。 ※関連記事 三国志の世界 ― 劉備の入蜀(中野2018年5月12日-6月16日) 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマ-クプラザ5FのNHK文化センター横浜ランドマーク教室にて2018年4月6日、6月1日、6月29日、7月6日、8月3日、9月7日、10月5日、11月2日、12月7日、2019年2月1日、3月1日、3月29日の金曜日各13時-14時30分に早稲田大学教授の渡邉義浩先生と早稲田大学講師の仙石知子先生による講座「三国志の世界 ― 劉備の入蜀」(ジャンル世界を知る)があるという。受講料は会員前提で、37,843円とのこと、途中受講は可能とのこと。 ・NHK文化センター横浜ランドマーク教室 | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー https://www.nhk-cul.co.jp/school/yokohama/ ・NHK文化センター横浜ランドマーク教室:一年で学ぶ「三国志」の世界 https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1147606.html ・NHK文化センター横浜ランドマーク教室 春の講座案内(※PDFファイル) https://www.nhk-cul.co.jp/information/school/3100/yokohama_tab201804.pdf ※関連記事 三国志演義を読む(NHKカルチャーセンター守口教室2017年11月2日-2018年3月29日)

4599. 三国志メシ 2巻(2019年8月20日)
※前の記事 連環図画 三国志(1927年初版 2002年6月印刷物)  2019年8月25日日曜日2時前に目覚める。イベントの写真を見て、多分、お互いに面識のない知り合い同士が同じテーブルに座っているのに気づき、仲良くなれたんだろうか、まぁ、そうでなくてもイベントで同じ趣味で盛り上がったんだろうな、とほっこりした気分になれる、良いね!3時23分、2018年1月18日25日放送 NHK BSプレミアム『英雄たちの選択』秀吉VS山城SP第1夜第2夜、おもしろいな。山城めぐりの趣味があったら、よりそういう視点で楽しめそう。4時15分味噌汁つくった!IH復活したんで、ようやっとインスタントから卒業して味噌汁を作れた。わかめ、豆腐、油揚げ、ナスね。4時15分、当時、深衣という言葉なんてあるのかよ?とおもって『太平御覧』を検索するとあることはあるけど、袍ほど一般的ではない。まぁ、暖かく見守りましょう。  『マンガ論争』21 p.101でもレポのあった日本マンガ学会第19回大会の研究報告。まるっと動画で公開して下さるのはとてもありがたい!「ほんまやー」って近代的自我構造との相似形に感心しつつ。それを少女マンガ一般にまで広げるのは見習いたい。その相似形を少女マンガ作品の物語構造一般にまで広げるのは研究の理想的に思えて(いや単に私に足りない部分なのだけど)、見習いたい。あと自分の音声データをとっておいてあとでスライドのデータと同期させるという動画作成もありだな、と別の面でも感心しつつ。 ・ 女性の近代的自我の芽生えと少女マンガの物語構造―眼鏡を再びかけ直すことの弁証法的意味 http://meganeculture.boo.jp/2019/08/18/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e8%bf%91%e4%bb%a3%e7%9a%84%e8%87%aa%e6%88%91%e3%81%ae%e8%8a%bd%e7%94%9f%e3%81%88%e3%81%a8%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%81%ae%e7%89%a9%e8%aa%9e%e6%a7%8b/ ※関連記事  メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」考(2019年6月22日)  関帝 紹興酒 ビル看板(恵比寿駅2019年8月10日確認)  テレビ東京の情報番組『リトルトーキョーライフ』2018年1月11日放送の三国志回を見終え、下記関連記事に追記。 ※関連記事 リトルトーキョーライフ(テレビ東京2018年1月(10日深夜)11日)  8時35分発の市バスに乗る。阪急で乗り継ぎ、開店時刻の11時には神戸市長田のブックカフェCha-ngoushi(ちゃんごくし)にいた。 ・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter https://twitter.com/Changokushi ※関連記事 連環図画 三国志(1927年初版 2002年6月印刷物) ※新規関連記事 心が燃える 三国志の言葉(リベラル社2019年8月29日初版)  昼食の後は15時にあわせて麹義パフェを注文。みよ、この姓の字!強弩千張で一斉射撃……というかかわゆくしあがってる♪15時45分、麹義パフェを食べきる。『三国志メシ』2巻を読みながら。その2巻が今回の本題。 ・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ ・WEBコミックトム http://www.usio.co.jp/html/comic_tom/ ・三国志メシ https://www.usio.co.jp/html/sangokushimeshi/index.html ※関連記事  三国志メシ(2017年3月20日-)  メモ:第9回 Cha-ngokushiで『三国志メシ』を作ろう(2019年3月24日) ・三国志メシ 2巻 https://www.usio.co.jp/comic/comics/19584 ※前巻記事 三国志メシ 1巻(2019年6月20日) ※次巻記事 三国志メシ 3巻(2019年10月20日)  2017年3月20日より毎月20日のペースで潮出版社によるウェブサイト「WEBコミックトム」にて連載されている本庄敬「三国志メシ」2巻(ISBN978-4-267-90672-5)が8月20日に1000円(税別)で発売されたという。掲載作品は2017年12月19日から2018年9月20日まで9膳目から16膳目までの全8話とのこと。帯にはエレキコミックやついいちろうさんによる文が載っている、三国志好き芸人として有名な方ね。 ※関連記事  エレキコミックやついいちろうの三国志くん。(2010年6月22日) ...

4600. 無双OROCHI2 Ultimate(PS4 2014年6月26日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2014年3月27日のNews Releaseによると、下記ページにリンクがあり、『無双OROCHI2 Ultimate』 PlayStation4版が2014年6月26日の発売が決定したという。パッケージ版6800円(税別)、ダウンロード版6000円(税別)とのことだ。もちろん名前の通りアクションゲーム『無双OROCHI2』のバージョンの一つで、『真・三國無双』のキャラクターが登場し、下記リンク先や下記関連記事にあるようにすでにPS3とPlayStation Vita版が発売している。 ・無双OROCHI2 Ultimate http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/ ・無双OROCHI2 Ultimate:NEW SYSTEM-ACTION http://www.gamecity.ne.jp/orochi2/ultimate/info-ps4.html ※関連記事 無双OROCHI2 Ultimate(2013年9月26日)

4601. LINE クリエイターズスタンプ 三国志大戦(2015年5月25日)
※関連記事 LINE クリエイターズスタンプ サンゴク(2015年4月27日) 上記関連記事の続き。 ※関連記事 三国志大戦3 WAR BEGINS ネットワークサービス終了(2015年1月16日) 上記関連記事で触れたように、アーケードゲーム『三国志大戦3 WAR BEGINS』のネットワークサービスは終了したんだけど、下記のサイトの下記ページによると、LINE クリエイターズスタンプ『三国志大戦』が発売されたという。下記ページのURLをツイッター上で検索するに、2015年5月25日に発売されたという。もちろんLINEのアプリを使っている前提でその動作環境は「iOS、Android用LINE3.1.1、NOKIA Asha用LINE1.7.20、BlackBerry用LINE1.10、Windows Phone用LINE2.7以上、FireFox用LINE1.1.4以上」とのことだ。有効期限なしの120円。下記のページを見る限り40種類のスタンプなのかな? ・LINE STORE http://store.line.me/ ・三国志大戦 - LINE クリエイターズスタンプ http://store.line.me/stickershop/product/1114938/

4602. 立命館大学の入試で三国志関連2014
※前記事 大学入試センター試験で三国志関連2014 上記記事にあるように毎年、この時期になると大学入試に三国関連がないか、下記サイトをチェックするのだけど、どうもタイミングを逸して2014年からは私的利用の範囲内で手元にPDFファイルをおいておくだけになっていた。 ・大学入試速報2014 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://nyushi.yomiuri.co.jp/14/ ※さすがに2年前の速報ページになるとリンク切れなので、アーカイブ内へのリンクをいれておく。 ・大学入試速報2014 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) https://web.archive.org/web/20140408083202/http://nyushi.yomiuri.co.jp/14/ そうすると下記関連記事のように、その前年に引き続き今年もこの大学の入試に三国関連がある。 ※関連記事 立命館大学の入試で三国志関連2013 ・立命館大学 - +R 未来を生みだす人になる。 - http://www.ritsumei.jp/

4603. 真・三國無双 SLASHサービス終了(2017年1月23日)
※関連記事 真・三國無双ブラストサービス終了(2016年3月23日) 感覚的には上記関連記事の続き。 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ・コーエーテクモ | SOCIAL GAME TITLES | 「真・三國無双SLASH」 http://www.gamecity.ne.jp/social-games/products/sanslash-info.htm ・コーエーテクモ | SOCIAL GAME TITLES | 「真・三國無双SLASH」 http://www.gamecity.ne.jp/social-games/products/sanslash-info_notice.htm ※関連記事  真・三國無双 SLASH(2013年1月8日)  真・三國無双SLASH PLUS(2014年5月28日) 上記関連記事にあるように2013年1月8日にリリースされた『真・三國無双SLASH』 (iOS/Android版)は、上記の上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2016年11月21日の上記お知らせページによると、2017年1月23日月曜日15時でサービス提供終了し、それ以降プレイできなくなるという。

4604. 『三国志』の世界―中国の歴史をたどる(NHK文化センター松山教室2017年4月11日9月12日)
下記関連記事と同じく同時期の講座情報の続き。 ※関連記事 三国志演義を読む(NHKカルチャーセンター守口教室2017年4月6日-9月7日) 愛媛県松山市二番町3-6-5 明治安田生命松山二番町ビル5FのNHK文化センター松山教室にて2017年4月11日火曜日から9月12日火曜日までの毎月第2火曜日各10時30分-12時に愛媛大学名誉教授 藤田勝久/講師「『三国志』の世界―中国の歴史をたどる」の全6回の講座が下記関連記事で触れた講座に引き続きあるという。ただし6月は第4週の27日火曜日で「受講会場も5Fロビーに変更」とのことだ。受講料は会員前提で、13478円とのことだ。 ・NHK文化センター松山教室:トップページ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー https://www.nhk-cul.co.jp/school/matsuyama/ ・NHK文化センター松山教室:『三国志』の世界―中国の歴史をたどる | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_931582.html ※関連記事 『三国志』の世界―中国の歴史をたどる(NHK文化センター松山教室2016年10月11日-2017年3月14日) ※次回記事 『三国志』の世界―中国の歴史をたどる(NHK文化センター松山教室2017年10月17日-2018年3月13日)

4605. 終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝(コミックゼノン2019年10月25日-)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・終末のワルキューレ@第⑤巻発売中!150万部突破! (record_ragnarok) on Twitter http://twitter.com/record_ragnarok ・Twitter / record_ragnarok: 【限定公開】 ただいま、ゼノン編集部のサイトにて、初のスピンオフ作品「呂布奉先飛将伝」を1,2話公開中です! 呂布、呂布、呂布!な、隅から隅まで呂布たっぷりのスピンオフを、ぜひご覧ください! ... https://twitter.com/record_ragnarok/status/1200259771183484928 文脈がよくわからないのだけど、つまりはコアミックスの『コミックゼノン』にて連載中の、梅村真也/原作、フクイタクミ/構成、アジチカ/作画「終末のワルキューレ」のスピンオフ作品である、オノタケオ「終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝」が同誌2019年12月号(10月25日発売)から連載がはじまり、その1話2話が下記サイトの下記3番目のページで読めるといったことだそうな。おそらく歴史上の呂布として描かれているものの、あくまでもスピンオフ元作品由来で。 ・COAMIX|株式会社コアミックス https://www.coamix.co.jp/ ※関連記事  立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月)  機略・策略の三國志(2017年10月5日) ・コミックゼノン|「終末のワルキューレ」 http://comic-zenon.jp/magazine/walkure.html ・終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝 - オノタケオ https://comic-zenon.com/episode/10834108156717158306

4606. 三国志カードウォーズ(オープンβテスト2012年12月13日)
※関連記事 三国群英伝ONLINE2ティザーサイトオープン(2011年6月29日) 上記関連記事にあるネットゲーム『三国群英伝ONLINE2』の運営会社のUSERJOY JAPAN株式会社さんから、以前、メールを頂いて、それ以降、ありがたいことにちょくちょくお知らせをメールで頂いていた。 ・三国群英伝ONLINE2 - 無料オンラインRPG http://sg2.ujj.co.jp/ そんな中で今回頂いたお知らせは、下記サイトにあるように、ブラウザゲーム『三国志カードウォーズ』の公式サイトが2012年12月7日にオープンし、そのゲームのオープンβテストが2012年12月13日15時に開始されたという。 ・三国志カードウォーズ - ハイスピードブラウザカードゲーム http://scw.ujj.co.jp/

4607. 第21回中華コスプレ大会(2016年11月19日20日)
※前回開催 第20回中華コスプレ日本大会(2016年5月21日22日) 上記関連記事にあるように、2015年11月14日15日に鳥取県の燕趙園で「第19回中華コスプレ日本大会」、2016年5月21日22日に「第20回中華コスプレ日本大会」が開催され、年二回のペースが定着している。そこで逆算すると、今回で十周年記念ってことか。下記関連記事を見ると、初回は5月でも11月でもなく2006年9月24日開催。 ・中華コスプレプロジェクト公式ホームページ http://china-cos.net/ ・第21回大会の開催日が決定しました http://china-cos.net/archives/1396 ・中国庭園 燕趙園【えんちょうえん】 http://www.encho-en.com/ ※関連記事 2006年9月24日 中華コスプレ日本大会(in鳥取・燕趙園) それで上記ページ(二番目)を6月29日のRSSフィードで気づき、それによると、2016年11月19日土曜日、20日日曜日に「第21回中華コスプレ大会」が開催されるとのことだ。申込受付は「8月中旬〜下旬を予定しています」とのことだ。

4608. 邪馬台国全面戦争 捏造の「畿内説」を撃つ(2017年7月)
※関連記事 「三国志」を文学する―『三国志』から『三国志演義』へ―(2017年4月) 上記関連記事を書く際に下記出版社サイトを見たときに知ったこと。 ・勉誠出版 --HOME http://bensei.jp/ ・邪馬台国全面戦争: 勉誠出版 http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=4_6&products_id=100774 上記出版社サイトの上記書籍ページによると、勉誠出版より安本美典『邪馬台国全面戦争 捏造の「畿内説」を撃つ』(ISBN978-4-585-22559-1)が2017年7月に刊行されるという。3024円。

4609. 史料で読み解く三国志の嘘と真実(全三巻2017年8月、10月、12月)
・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~ http://www.toho-shoten.co.jp/ ・メルマガ登録 http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/ ※関連記事 2度目の中国ができるまで(2018年1月) ※新規関連記事 出土状況よりみた長沙呉簡(2013年3月) ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第一巻 三国の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089120&bookType=jp ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第二巻 蜀漢の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089137&bookType=jp ・国内書 史料で読み解く三国志の嘘と真実 第二巻 蜀漢の謎100 http://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4909089144&bookType=jp 上記の書店サイトの上記ページ(メルマガ登録)にあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2018年第1号(総136号その1)(2018年2月9日発行)により知ったこと。下記出版社サイトの下記ページによると、大樟樹出版社合同会社より方北辰・譚良嘯/主編、人見香緒/訳『史料で読み解く三国志の嘘と真実』「第一巻 三国の謎100」(ISBN978-4-909089-12-0)が2017年8月に、「第二巻 蜀漢の謎100」(ISBN978-4-909089-13-7)が2017年10月に、「第三巻 三国志を読む愉しみ」(ISBN978-4-909089-14-4)が2017年12月に各3000円(税別)で刊行されたという。 ・浙江出版東京株式会社トップページ http://www.zjp.co.jp/ ・史料で読み解く三国志の嘘と真実 http://www.zjp.co.jp/sinkan7.html ※新規関連記事 URLまとめ:(リレーおぴにおん)私の三国志(朝日新聞2020年9月8日-)

4610. 真・三國無双 VS ユーザー公式大会(2012年5月26日)
・真・三國無双 VS http://www.gamecity.ne.jp/smusouvs/ ※関連記事 真・三國無双 VS(2012年4月26日) 上記公式サイトや上記関連記事にあるように、2012年4月26日にニンテンドー3DS用アクションゲーム『真・三國無双 VS』が発売した。 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記メーカー公式ポータルサイトの2012年04月27日のNews Releaseによると「『真・三國無双 VS』 (3DS版) 好評発売中! ユーザー公式大会開催決定 参加者募集中!」とのことで、そこには下記のページにリンクされていた。 ・「真・三國無双 VS」ユーザー公式大会開催のお知らせ http://www.gamecity.ne.jp/smusouvs/event/ 上記ページによると、コーエーテクモゲームス市ヶ谷事業所(東京都千代田区) B1F特設会場にて2012年5月26日土曜日13時受付13時30分開始で「真・三國無双 VS ユーザー公式大会」が開催されるという。

4611. バイトのコーメイくん(3)(2015年4月23日)
カレンダ・コンテンツを通じ、講談社の新刊情報で知ったこと。 ・モーニング・ツー2015年4号 モーニング公式サイト - モアイ http://morning.moae.jp/magazine/morningtwo ※前巻記事 バイトのコーメイくん(2)(2014年6月23日) 上記雑誌ページによると「カレー沢薫『バイトのコーメイくん』、ついに涙の最終回! 最終③巻は、4月23日(木)発売予定です。」とのことで、下記関連記事で紹介した、2012年10月22日発売の月刊の雑誌『モーニング・ツー』No.12DECEMBER 12月2日号から連載が始まったカレー沢薫/著『バイトのコーメイくん』(マンガ)が2015年2月21日発売の『モーニング・ツー』2015年4号で最終回を迎え、さらに単行本3巻(モーニング KC)が2015年4月23日に発売するという。 ※関連記事 バイトのコーメイくん(2012年10月22日-) ・猫痙攣 http://ameblo.jp/rosia29 ※著者ブログ ・カレー沢 薫 (rosia29) on Twitter http://twitter.com/rosia29 ※著者ツイッター・アカウント

4612. 教養の中国史(2018年8月20日)
下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。 ・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter https://twitter.com/toho_jimbocho ・Twitter /toho_jimbocho: ‏『教養の中国史』 津田資久,井ノ口哲也 著/ミネルヴァ書房/税込3,024円 https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4623080311&bookType=jp 中国史の通史のみならず、思想史、文化史、美術史にも目を配った、大学1~2年生向けの教養科目テキスト。始皇帝以前の先秦から21世紀の現代に至るまで図版を豊富に掲載し、学ぶべきポイントを整理 ... https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1029211992169410560 ※関連記事 中国古典小説研究の未来(2018年5月) ※新規関連記事 すぐわかる中国の書 改訂版(2018年8月) ・国内書 教養の中国史 https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4623080311&bookType=jp 下記サイトの下記ページによると2018年8月20日にミネルヴァ書房より津田資久・井ノ口哲也/編著『教養の中国史』(ISBN 9784623080311)が出版されるという。2800円(税別)。どこが三国と関係するか、目次を見てタイトルだけでもわかるものは敬称略で、「第4章 〈貴族〉の盛衰と「天下」観の変容——三国・両晋・南朝(津田資久)」だろうね。「第3章 儒家思想の浸透と外戚・宦官の専横——前漢中期〜後漢(井ノ口哲也)」もかかりそう。 ・ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 http://www.minervashobo.co.jp/ ※関連記事 はじめて学ぶ中国思想(2018年4月20日) ・教養の中国史 http://www.minervashobo.co.jp/book/b279969.html ※関連記事  『華陽国志』の世界(東洋大学2017年9月30日)  後漢経学研究序説(2015年2月)

4613. 中国史人游行(神戸南京町2019年2月5日)
※関連記事 三国志旅游局 春節前忘年会 神戸オフ会(2019年2月2日) 上の関連記事につづいての春節ネタ。 ・熱烈歓迎!南京町 http://www.nankinmachi.or.jp/ 上記公式サイトの2018年10月30日のお知らせによると、兵庫県神戸市中央区の元町の南京町(中華街)での2019年2月5日火曜日の春節にあわせた「2019南京町春節祭」にも中国史人游行があるという。 ・2019南京町春節祭 中国史人游行 参加者募集のお知らせ https://www.nankinmachi.or.jp/news/1102 下記関連記事にあるような前回同様、その参加者を上記サイトの上記ページにて募集していて。応募資格は「当日必ず参加できる18歳以上の男女/(高校生不可)」で応募締切は「2019年1月5日(土)必着」とのこと。 ※前回記事 中国史人游行(神戸南京町2018年2月16日) ※次回記事 中国史人游行(神戸南京町2020年1月24日) 「中国史人游行」には毎年、京劇衣装で三国の人物も何人か登場している。下記のページにあるように、「男性10名」中、「曹操 [三国演義]」「劉備 [三国演義]」「孫権 [三国演義]」「関羽 [三国演義]」「張飛 [三国演義]」「趙雲 [三国演義]」「孔明 [三国演義]」「呂布 [三国演義]」の8名が居て、「女性10」中、「大喬 [三国演義]」「小喬 [三国演義]」「貂蝉 [三国演義]」の3名が挙がっている。

4614. 横浜中華街関帝廟 2016年歳次丙申年迎春カウント・ダウン(2015年12月31日)
※前回記事 横浜中華街関帝廟カウントダウン(2014年12月31日) 上記関連記事にあるように、例年行っている横浜中華街關帝廟のカウントダウンについて今年はどうかと思って下記公式サイトの更新を待っていた。 ・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》 http://www.yokohama-kanteibyo.com/ そうすると2015年12月12日更新(ちなみに昨年は11月1日更新、その前は12月5日)で最新情報「2016年歳次丙申年迎春カウント・ダウン」が現れ、2015年12月31日の23時30分開場予定で24時20分までで「横浜關帝廟横の「横浜中華学院校庭」にて、「2016年歳次丙申年迎春カウントダウン」が行われるという。雨天中止。

4615. 三国志大戦 新カードカテゴリ「LEGEND」追加(2017年)
下記のTwitter AccountのStatusなどで知ったこと。 ・セガ大戦シリーズ広報 (taisen_ko_ho) on Twitter https://twitter.com/taisen_ko_ho ※新規関連記事 バキ コラボ大戦スタンプキャンペーン(2021年4月4日-5月26日) ・Twitter / taisen_ko_ho: 「三国志大戦」新情報その6 ■新カードカテゴリ「LEGEND」 「三国志」を題材とした名作をフューチャーした「LEGEND」カードの第一弾として「川本喜八郎」氏による「人形劇 三国志」が発表されました。 ... https://twitter.com/taisen_ko_ho/status/829946680392900608 ※関連記事 三国志大戦 稼動(2016年12月21日) 上記関連記事で触れたセガのアーケードゲーム『三国志大戦』が2016年12月21日水曜日に(再)稼動して以来、ここ三国志ニュースでは特にお伝えしてなかったんだけど、やはり盛りだくさんのトピックがあるようで、そのわかりやすいのが、上記のstatusの情報源となった、「JAPAN AMUSEMENT EXPO 2017」にて2017年2月10日にセガより発表された、LEGENDカードについてだ。 ・三国志大戦|セガ公式サイト|トレーディングカードアーケードゲーム http://www.sangokushi-taisen.com/ ・ジャパンアミューズメントエキスポ2017 http://jaepo.jp/top.html その発表内容は散見されるけど、下記の電撃オンラインの記事を挙げておこう。 ・電撃-『三国志大戦』秋のアップデートで新勢力と新兵種が登場。高橋陽一さんの武将や川本喜八郎さんの人形劇が参戦 http://dengekionline.com/elem/000/001/466/1466710/ そこにもあるように今回稼動された『三国志大戦』でのカードの人物を描くイラストレーターに有名な人が参加するとかで(「2017年秋」と)、そこでの例として、マンガ『キャプテン翼』の作者でおなじみの高橋陽一先生が挙がっており、その孫堅の絵が出ていた。あと「新カードカテゴリ「LEGEND」追加」ってことでその第一弾として川本喜八郎先生制作の諸葛亮人形が挙がっていた(関係ないが、プレゼンのスライド資料の写真を見ると、まるで諸葛亮人形が「川本喜八郎」先生みたくみえてしまう)。

4616. 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2017上半期
・三国志ファンのためのサポート掲示板 http://cte.main.jp/  上記サイトは私が管理するサイトの一つなんだけど、半年を区切りとしてフロントページにてツリー別閲覧ランキングを更新している。 ※関連記事 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2016 ※新規関連記事 三サポ板ツリー別閲覧ランキング2017  この「ツリー別閲覧ランキング」は下記の記事別の閲覧ランキングの閲覧数が多い記事を参考にして、ツリー別に組みなおしてできたものだ。その後の作業として、記事別の閲覧ランキングをリセットしている(つまりは記事別のヒット数全てを0にする)。 ・閲覧ランキング http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=rnr ☆ツリー別閲覧ランキング(2017/1-2017/6)  1.  三国志の原文・書き下し文・日本語訳  2.  国の色  3.  曹張無言問答  4.  「[登β]哀王曹沖」の現代語訳  5.  三国志の時代の服装について  6.  三国志を取り巻く現状を憂う(長いです)  7.  破廉恥ネタかもしれませんが・・・  8.  太史慈の命日について  9.  なぜ曹操は渡河を試みたのか(赤壁)  10. 「中平」年号について  11. 雑号将軍らの開府に及び幕僚等への俸給  12. 一合  13. 馬氏の五常  14. 成人って何歳から?  15. 凌統の妻について。  16. 陸遜の正室って誰ですか?  17. 夏侯蘭について  18. 孔明の吟じた詩  19. 明帝曹叡は曹丕の子か?  20. 曹操の幼名(吉利、阿瞞)

4617. 2019春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2019年2月4日-5日)
※関連記事 横浜中華街関帝廟 2019年カウント・ダウン(2018年12月31日) ※前回記事 2018春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2018年2月15日-16日) ※次回記事 2020年春節奉納獅子舞中止(横浜中華街関帝廟2020年1月24日) 上記の2019年新年の横浜中華街関帝廟におけるカウントダウンイベントや春節のカウントダウンの情報が来ないか、関帝廟のサイトをチェックしていた。 ・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》 http://www.yokohama-kanteibyo.com/ そうすると2018年11月1日更新で最新情報「2019年春節 開門時間とカウント・ダウンのお知らせ」を見かけ、2019年2月4日月曜日の23時30分開場予定で横浜中華街関帝廟横の「中華学院 校庭」にて、2019年春節への「カウント・ダウン」が行われるという。雨天中止。

4618. 三国志大戦トレーディングカードゲーム 第11弾ブースターパック ~百華繚乱~(2015年2月5日)
・三国志フェス2015水魚の交わり 後援:中国大使館文化部他 http://3fes.sangokushi-forum.com/2015/ ・出展ブース ─企業スペース─ http://3fes.sangokushi-forum.com/2015/booth2nd.html#sangokushi-taisen-tcg ※関連記事 三国志フェス2015 水魚の交わり 予習リンク集 上記公式サイトの「三国志フェス2015 水魚の交わり」の会場でのブース出展で知ったこと。 ・三国志大戦トレーディングカードゲーム公式サイト http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/ ・三国志大戦トレーディングカードゲーム 第11弾ブースターパック ~百華繚乱~ | 三国志大戦トレーディングカードゲーム公式サイト http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/products/vol11/ ※リンク追記 ・いよいよ明日、「百華繚乱」発売!! http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/touenex/staff-u20150203/ ※リンク追記 ・「三国志フェス2015」 三国志大戦TCG ミニレポート http://www.sangokushi-taisen-tcg.com/touenex/staff-u20150212/ 上記公式サイトの上記ページにあるように、2015年2月5日に『三国志大戦トレーディングカードゲーム 第11弾ブースターパック ~百華繚乱~』の1パック7枚入りが250円(税別)で、1ボックス20パック入りが5000円(税別)で発売するという。「第11弾」とあるのは下記の記事にあるようにそれまで第10弾と販売しているからだ。ちなみに前弾の第10弾と枚数設定と価格設定だ。前弾は「五つの道」とサブタイトルがついていたが今回は「百華繚乱」でパッケージからしてそれを連想させるデザインで、上記ページによると「初回生産のボックスには、1ボックスにつき1パック(特典カード2枚入)購入特典のキャンペーンパックが封入されています。/※特典カードは全5種類です。」とのことだ。 ※前弾記事 三国志大戦トレーディングカードゲーム 第10弾ブースターパック(2014年10月30日) ※次弾記事 三国志大戦トレーディングカードゲーム 第12弾ブースターパック ~赤壁の戦い~(2015年3月31日)

4619. DRAGON BLADE(2017年)
・DRAGON BLADE ドラゴンブレイド 公式サイト http://www.dragon-blade.jp/ ※関連記事  さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~(2017年4月20日)  三国志ものがたり(2016年1月14日) 上記公式サイトにあるように、2016年12月22日にRegina Entertainmentからのスマートフォン向けRPG『DRAGON BLADE』の公式サイトがオープンしたということで、今は事前登録受付の状態のようだ。一見三国とむかんけいだけど、meta-tagのkeywordにはっきり「三国志」とあり、また下記に引用するように三国由来の登場人物で、今、出演する声優で顧客の興味を引いている模様。引用すると「M・A・O さん参戦決定」「小倉 唯さん参戦決定」「江口拓也さん」「釘宮理恵さん」。

4620. 秋葉原☆グルメ無双キャンペーン(2017年3月10日-3月31日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・神崎 暁@無双新作期待! (akatuki_kz) on Twitter https://twitter.com/akatuki_kz ・Twitter / akatuki_kz: 無双スターズのコラボイベント、グルメ無双行ってきました(*^o^*) ... https://twitter.com/akatuki_kz/status/845534138505486336 下記サイトの下記ページによると、2017年3月10日金曜日から3月31日金曜日まで東京・秋葉原にて『無双☆スターズ』の発売に合わせ、「秋葉原☆グルメ無双キャンペーン」が行われるという。具体的に何をするか、正確性を期するため、下記ページからその下に内容説明文を引用する。 ・無双☆スターズ(PS4/PS Vita) https://www.gamecity.ne.jp/stars/ ・秋葉原☆グルメ無双キャンペーン https://www.gamecity.ne.jp/stars/cp_akiba.html ※関連記事  無双☆スターズ(2017年3月30日)  無双シリーズ×チムニーグループ コラボキャンペーン(2012年2月1日-3月25日) ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋葉原地区のレストラン、カフェ、居酒屋など様々なジャンルの飲食店全34店舗が『無双☆スターズ』タイアップキャンペーンに集結! 対象店舗にて、期間中500円(税込)以上ご飲食いただいた方に『無双☆スターズ』限定ポストカードをプレゼントいたします。さらに、『無双☆スターズ』のキャラクターごとにデザインの異なるオリジナルランチョンマットを各店舗にご用意。ランチョンマットデザインは、全参戦キャラクター分の30種類です。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━