Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 08月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

鳥取・燕趙園(中華庭園)


  • 2005年4月25日(月) 21:41 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,555
場所

http://www.encho-en.com/
↑燕趙園

大型連休も近いごとだし、三国志ファンにお勧めの観光地をお一つ、ご紹介。
関帝廟やら三国志城みたいにそのものズバリ、三国志ものってわけじゃないけど、変に中華に走ろうとしているところ(そんなところ知らないですが・汗)よりは全然、良いところ。
鳥取県にある(詳しいアクセスは上のサイトを参照)

「中華」を満喫できるのだ。
庭園とあって「自然」も味わい深い。

燕趙園それまで潮風で痛んでいた華夏堂の修繕も終わり、2005年1月にリニューアルオープンされたとのこと。
それにともなってかサイトの方も見やすく美しく更新されているので、それだけでも要チェック。

ちなみに建物には2000以上の彩画が描かれていて、いろんなモチーフなんだけど、中には三国志演義があるので、行ったおりには探してみると良い。

http://cte.main.jp/sunshi/w/w040816.html
↑参照。。。といっても私の日記だけど(笑)

※追記 メモ:曹豹さんを囲む会(仮)(2013年5月4日)

※追記 燕趙園 彩画(三国志演義 関連)

※追記 第18回中華コスプレ大会(2015年5月9日10日)
 

2005年5月4日・8月14日 三国志城イベント「三顧会」追加情報


  • 2005年4月10日(日) 20:07 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,300
場所 righthttp://cte.main.jp/newsch/article.php/96
↑ここの続き。

http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/
↑三国志城の公式サイト。

4月7日に発表があったんですが、2005年5月4日以外にも2005年8月14日に山口県の三国志城(展示館)でイベント「三顧会」(三国志ファンの集い)があるとのこと。
5月4日に関しては上記サイトの掲示板にタイムテーブルが出ていて、そちらを参考。
8月14日の方は「風水を語るを予定中」とのこと。

http://www.chugen.net/
↑「英傑群像」
三国志城までの行き方およびそのほかの観光はこちらのサイトを参照。

5月4日のタイムテーブルは三国志城の公式サイトか英傑群像のブログ(2005年4月12日付け)参照です。

2005年5月4日 三国志城イベント「三顧会」開催


  • 2005年3月31日(木) 21:59 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,184
場所 すでに年賀状でお知らせがあったんですが、やっぱりネットで発表があった方が紹介しやすいってことで。

http://www3.ocn.ne.jp/~sangoku/
↑「三国志城」の公式サイト。
知る人ぞ知る山口県大和町にある三国志城(資料館)なんですが、2005年5月4日に「三顧会」という三国志ファンのイベントがあるようです。

詳細なことはまだ発表されてませんが、とりあえず第一報ってことで。
http://www.chugen.net/
↑現在、三国志グッズ総合オンラインショップ「英傑群像」の掲示板(3月31日付け)とブログ(3月31日付け)で発表されています。
詳細な続報が待ち遠しいですね。

ちなみに前回、2004年8月15日にあった三顧会は以下のリンクを参照してください。
http://cte.main.jp/sunshi/w/w040815.html

それから三国志ファンをつのって三顧会に参加した様子など
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr&tree=965

JR西日本の広告に神戸関帝廟


  • 2005年3月12日(土) 23:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,024
場所

2月27日に大阪駅にいったさい、ポスターで見かけていたんだけど、今回はそれと同じチラシをゲットしたので、ニュースにしてみる。

JR西日本の広告のポスターで中華風の建物の写真が使われているものがあった。
何かと思ってよく見てみると、それは神戸の関帝廟(慈眼山長楽寺)。
ちょうど、敷地内の龍門にたって、関帝廟をみているような構図(龍門もうつっている)。
※右の写真は広告の写真ではなく私が撮った写真。敷地の外から撮っている。
そしてその写真には

・「神戸の中の中国へ、JRでどうですか。」
・「神戸休暇へ」
・「シティ★ハイク」
・「あゝ、中国の空気だ。」

というような文字が配置されている。
ポスターと同じ写真が表紙のチラシが今、手元にあるのでまじまじと見ることができるんだけど、その写真を見て、私は最初に

「あぁ、関帝の像は撮影禁止だったから、この広告でもそれは徹底しているのかなぁ」

なんて思っていた。
ところがよくその写真の龍門のひさしの裏のところを見てみると、なにやら細かい絵が25枚、描かれている。
おそらく、三国演義の名場面だ(未確認だけど)

あれ、神戸の関帝廟に行ったとき、こんなの気付かなかったぞ、といった感じで少し悔しい思いをする。もう一度、神戸の関帝廟に行きたくなってくる……む、見事にこの広告の意図通りになっている自分が居る!(笑)
まぁ、可能不可能は別にして関帝を直接、撮影するより広告効果は高いってことかな(適当)

ちなみにチラシの中身に
『神戸「中国」。この言葉から、南京町を想像するあなたは、この街の懐の深さをまだまだ知らない。』
と書いてあって、思わす
「まぁ、南京町よりは山の手の懐深いところ(つまり南京町より遠いところ)に関帝廟があるからね」
なんて心の中で突っ込みを入れてしまった(笑)

※追記 正史『三国志』の世界(2010年7月3日)

※追記 2011 南京町春節祭(2011年2月3日-6日)

※追記 リンク:神戸華僑歴史博物館

※追記 少年ワールド、コミックトム

※追記 京都で哲舟さんを囲む会(2013年2月5日)
 

オンラインショップ「英傑群像」で三国志サークル募集中!


  • 2005年3月 3日(木) 22:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,134
場所 http://www.chugen.net/
↑三国志グッズ総合オンラインショップの「英傑群像」。
このサイトの「三国志サークルグッズ」のページ。
そのページの下の方で「三国志サークル募集中!」という旨が書かれている。
つまり、あなたの三国志サークルのグッズや同人誌を「英傑群像」で売ってみませんか、ってこと。

同人誌やグッズをつくるのは楽しいけど、売るのが億劫だ、ということはよく聞く話なので、需要はありそう。
もしあなたが三国志サークルをやっていて、何か、自作の三国志グッズや同人誌を持っていて(ただし、三国無双デザインとか二次創作でないもの)、通販をやっていないのなら、問い合わせてみると、良いかも。


ちなみに私は「美陽亭」というサークル名で、本を四種類、おいてもらっている(←宣伝)

神戸南京町・春節祭2005に関聖帝君登場。


  • 2005年2月12日(土) 16:26 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,949
場所

2005年の2月9日は旧正月で、どこの中華街でも春節祭が行われているんだろう。
神戸南京町でも2月9日から20日の間、行われている。
(震災、10年ってことなのか、例年より長いそうな)

そこで何か三国志関連のものはないかと思ったらやっぱりあるみたい。
一つは春節祭の期間中、関帝をまつる祭壇が登場すること(それが右の写真)。
南京町の中央にある広場の四阿(あずまや)に祭壇がおかれていた。
その祭壇には西遊記の三蔵法師、孫悟空、猪八戒の扮装をしている人がいて(なぜか沙悟浄がいない・汗)、記念撮影もできるのだ。そう関帝と孫悟空という変なツーショットも可能(笑)
ちなみに1本100円の線香で参拝すると、フォーチュンクッキーがもらえる。
なにがフォーチュンかというと、実はクッキーにおみくじが挟まっているのだ。
ちなみに私のおみくじには

「目もとはブラウン系のシャドウ、口紅はオレンジが今週のラッキーカラー!」

と書かれていた。。。たいへんだーオレンジの口紅を買いに行かないと(笑)
その前に、「今週」しか効かないんスか?(汗)

あと毎年のことらしんだけど、「中国史人游行~中国歴史人物パレード~」というのが9日と18日の12時からあるとのこと。
説明文を丸写しすると

「三国志の英雄や楊貴妃などが、京劇の衣装とメイクで南京町とその周辺をパレードします。」

ということ。「三国志の英雄」と「楊貴妃」が並んでいるあたりがなんだかすごい(笑)
私は見に行けそうにないけど、いった人の話によると孔明とかでるそうな。

※追記 神戸南京町広場四阿 彫刻
 

吉川英治記念館(東京都青梅市)


  • 2005年2月 3日(木) 22:35 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,597
場所 http://www.kodansha.co.jp/yoshikawa/
↑吉川英治記念館のサイト


http://cte.main.jp/sunshi/w/w050116.html
↑先月、自サイトで三国志に関する文を書いていて、代表的な三国志小説について書く段になる。
それで真っ先に思いつくのがみなさんご存じ、吉川英治/著「三国志」。
よくよく考えたら、私はこの小説を読んだことないし、詳しく知らない。
というわけで、ネットで情報を集めているときにふと見つけたのが、上記記念館のサイト。

サイトの写真をみると、なかなか良さそうなところ。
「三国志」の所蔵資料が見られるといいなぁ
ちなみにURLが講談社のところになっているけど、縁が深いのかなぁ

中国旅行から(blog「三国志漂流」)


  • 2004年11月30日(火) 23:41 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,138
場所  本来なら外部blogのTrackBackを使いたいところだけど、まだその機能がサポートされていないようなので、とりあえずリンク。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/3040/731442#731442
↑blog「三国志漂流」の「中国旅行から」。

 三国志に的をしぼったblogとして有名な「三国志漂流」だけど、その管理人さんであるUSHISUKEさんが中国へ旅行に行ったようで、ここしばらく中国からの「三国志漂流」だった。
 もちろん、内容は三国志ネタを絡ませた旅行記で現地に行かないとわからないようなとても興味深い内容だった。まさにblog内でUSHISUKEさんがおっしゃっているように「文献だけでは見えてこない、リアル三国志の一端への接触…」、といった感じだ。blogの特長を活かしている。

 個人的に「関公文化学術研究中心」の話がとても面白かった…「安倍氏」に例えているあたりとか(笑)
 ↓あと傅氏のサイトを思い出した。
http://cte.main.jp/sunshi/c-board/c-board.cgi?cmd=one&no=195

京都大学11月祭での古本・古レコード市にて


  • 2004年11月23日(火) 01:09 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,713
場所  三国志ファンが二人いて、本屋、図書館や古本やを訪れたら、三国志ものの本を探すと思うけど(偏見?)、そういうのを一度、文にしてみたかった。普通の本屋や図書館だと、「三国志」とタイトルにつくものだけでもずらりと並んで、とても書ききれないし、面白みもないので、古本屋に行ったときに書こうと思っていた。そんな折り、たまたま訪れたのが、京都大学11月祭(2004年11月20日~23日)での古本・古レコード市。
 やっぱり「古本・古レコード市」といっても多くの模擬店がある学園祭の一模擬店なので、それほど規模が大きくなく、運動会でつかうような一つのテントの外周にそって本棚がわりの段ボールを上下段(折り畳み事務机の上が上段で地べたが下段)ぐるりと並べ、その内側に店員がいるって規模だ。まぁそれぐらいだからちょいとどんな本(CD)があるかみるにはちょうどいい。
 よく三国志ファンにきくとありがちなのは、三国志ファンには「三国志」とタイトルにつく本は何でもかんでも買ってしまう時期があるようだ。そこで三国志に詳しくなると言うよりか三国志本に詳しくなるときなんだけど、私にはそういう時期が思い当たらないせいか、三国志本にはそれほどくわしくない。それでも文庫のところ(西面あたり)でも単行本のところ(北面の一部)でも一番目立っている「吉川三国志」が普及していることはわかる。。吉川英治文庫ほか、いろんな出版形態で売っている。漫画のコーナー(東面)では蒼天航路なんてのはなく、やっぱり横山三国志が数冊、おいてあった。これも漫画の三国志本ではおそらく一番、知られているだろう。その他は文庫のところに北方三国志1~3巻、5巻。この中途半端なそろいぐあいが場の雰囲気にあっている(汗)。単行本のところ(北面の一部)に「三国志物語」(同名がたくさんあるが誰のか失念。珍しく冒頭で三国志と三国演義を明確に区別していたような…)、安能務/著「三国演義」。
 まぁ、ここらへんは定番といえば定番。目新しいところでは大判のコーナー(南面の一部)に別冊宝島「僕たちの好きな三国志2 戦争編」が合ったことかな。
http://ryuzen.blogtribe.org/
↑参照、blog「さんぞくみなごろし」
 一番、珍しかったのは児童書のコーナー(南面の一部)で見つけた物。それは「少年少女新世界文学全集 第34巻 中国古典編 2 水滸伝 三国志」。児童書とはいえ、なんと一冊で水滸伝と三国志を知ってしまえる(?)逸品。もちろん三国志の原作は「羅貫中」となっていて、実は「三国演義」だったというお約束付き。さらっと見た感じではちゃんと三国演義を追っていたような気がする。おそるべし! しかも古本だからたったの百円! 思わず買ってしまいそうになるけど、部屋のデッドスペースになることをおそれ買わなかったんだけど。

京都・黄檗山萬福寺の関羽像


  • 2004年10月23日(土) 00:23 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,693
場所  ちょ~と、わかりにくいけど、関羽像の写真。中央の赤い顔のがそう。
 京都の黄檗というところにある萬福寺の境内にある。ネットでそういうのがあるって見かけたので行ってみた。
 私が行ったときは、中に入れない建物の中にその関羽像があって、ちょうど木の格子越しに写真をとったって状態。それに関羽像の前には写真のようになんだか植物などが置かれている。だから全身像を写せず仕舞い。それどころかあるって知っておかなければ見逃すぐらいだ。像のまわりには関羽をにおわす掛け軸(青龍堰月刀に似た言葉とか)があるのでそれがヒントにはなるんだけど…

 オフ会で「関羽を探せ!」なんて企画をやってみてもおもしろいかも、なんて思った。