Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

祇園会館で『レッドクリフ』上映(2009年12月26日-1月15日)


  • 2009年12月 6日(日) 01:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,005
場所 ・株式会社祇園会館
http://www.gionkaikan.jp/

上記サイトのスケジュールにあるように、京都市東山区にある祇園会館にて2009年12月26日土曜日から2010年1月15日金曜日まで映画『レッドクリフ PartI』と『レッドクリフ PartII』が上映されるという。現在上映中のものを見ると、その二作の間には「休憩」はあっても「入れ替え」はなさそうだ。

祇園会館は公開から少し経った名作を上映する映画館として有名で、上記サイトでは現在、1000円で観賞できるWEB特別鑑賞券が発行されている。

映画『レッドクリフ』、原題『赤壁』は名前の通り『三国演義』における「赤壁の戦い」を題材にしたジョン・ウー監督による中国映画で、日本ではPartIが2008年11月1日、PartIIが2009年4月10日に公開されたばかりだ。ちなみに下記の関連記事にあるように、DVD化とBlu-ray化されている。

※関連記事
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
 レッドクリフ(2009年8月5日DVD&Blu-rayリリース)
 映画会『レッドクリフ Part I&II』一挙上映(2009年8月14日)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)

関羽入館券(2009年12月1日より冬期限定)


  • 2009年12月 5日(土) 14:41 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,525
場所 長野県飯田市にある飯田市川本喜八郎人形美術館関連の記事だけど、本題に入る前にお知らせ。

ふと気付いたら、「飯田市川本喜八郎人形美術館」のサイトよりRSSフィードが来ていない。
いつからか見てみると、今年の7月からだ。
もしやと思ったら、やはりサイト「飯田市川本喜八郎人形美術館」のURLがまた変わっている。これで二度目の三代目。以前に比べURLがシンプルになって良い感じ。

【初代】http://www.city.iida.nagano.jp/puppet/kawamoto/
【二代目】http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/puppet/kawamoto/

【三代目】
・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/

ちなみに「インフォメーション」のページは下記の「お知らせ」にあるように、ブログ形式であるため、RSSフィードをとりやすいページになっている。というわけで「三国志ニュース」にある両者へのリンクを更新する。

・飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ
http://kawamoto-info.jugem.jp/

その新しいRSSフィードで知ったこと。下記公式サイトのお知らせであるように、それまでの諸葛亮人形(川本喜八郎作)の写真がデザインとなる入館券に加え、2009年12月1日から2010年3月末まで、つまり冬期限定で関羽入館券が販売される。通常の入館料400円で諸葛亮入館券か関羽入館券かを選べるという。それから「商売繁盛、入試合格のお守りとしてお買い求めいただくこともできます」とのこと。そこの写真を見ると確かに裏に「商売繁盛/入試合格」と書いているね。この時期だと特に後者は需要が高そう。

・冬期限定 関羽入館券始まりました
http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=54

※関連記事
 第1回三国志 桃園の宴 昼神温泉(2009年9月26日27日)
 人形劇三国志関連公演まとめ2009
 人形に命を吹き込む~人形操演者・船塚洋子さんトークショー(飯田市川本喜八郎人形美術館)

※追記 三国志ハガキ4種類新発売(飯田市川本喜八郎人形美術館)

三国志街道の集い(2010年1月31日から毎月)


  • 2009年11月27日(金) 20:13 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,928
場所 ※前回 三国志街道の集い(2009年11月23日)

2009年11月23日に東京都江東区亀戸の「中華料理店 三國志」で「三国志街道の集い」と言うイベントが行われた。
それはプレイベント的な位置づけなんだけど、下記、公式ページにあるように次回第一回の日程等が発表されている。それによると同会場で2010年1月31日に13時開演の約2時間で第1回「三国志街道の集い」が開催され、以降、毎月開催する予定だという。前売り券料金が2500円、当日券料金が3000円だそうな。

・日本各地の体験プログラムを検索・予約 - 旅の発見
http://tabihatsu.jp/

・【三国志街道の集い】魏呉蜀!劉備が関羽が張飛が諸葛亮が!ん、趙雲、曹操、呂布もみんな好きです。
http://tabihatsu.jp/program/74556.html

※リンク追記。2011年からはこちらのURLとのこと。
・【三国志街道の集い】魏呉蜀!劉備が関羽が張飛が諸葛亮が!ん、趙雲、曹操、呂布もみんな好きです。
http://tabihatsu.jp/program/79450.html

※会場サイト
・亀戸の中華料理店 三國志 中国料理のご宴会 100名様までOK
http://www.3594.co.jp/

※会場サイト訂正。いつの間にか上記URLが消滅し、下記URLになっていた。
・亀戸の中華料理店 三國志 中国料理のご宴会 100名様までOK
http://www.china3594.com/‎

三国志街道の集い(2009年11月23日)


  • 2009年11月18日(水) 01:40 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,183
場所 三国志ピープルのRSS送信経由で知ったこと。

・満田剛のブログ
http://tmitsuda.blog112.fc2.com/
・【三国志街道の集い】(2009年11月23日)  (※上記ブログ記事)
http://tmitsuda.blog112.fc2.com/blog-entry-429.html

上記ブログ記事とそこからのリンクによると、東京都江東区亀戸の「中華料理店 三國志」を会場に、2009年11月23日月曜祝日12:45開場13:00開演で「三国志街道の集い」というイベントがあるそうな。

・亀戸の中華料理店 三國志 中国料理のご宴会 100名様までOK
http://www.3594.co.jp/
※サイトを見る限り特に『三国志』にちなんだメニューはなく、下記の関連記事にある岡崎の店と同様、ここでいう「三国志」は陳寿『三国志』とは無関係であくまでも店名のようだ。

※会場サイト訂正。いつの間にか上記URLが消滅し、下記URLになっていた。
・亀戸の中華料理店 三國志 中国料理のご宴会 100名様までOK
http://www.china3594.com/‎

※関連記事 岡崎市「中国料理・三国志」

それでどんなイベントかというと、検索型トラベルサイト「旅の発見」に公式のページがある。下記。

・日本各地の体験プログラムを検索・予約 - 旅の発見
http://tabihatsu.jp/

・【三国志街道の集い】魏呉蜀!劉備が関羽が張飛が諸葛亮が!ん、趙雲、曹操、呂布もみんな好きです。
http://tabihatsu.jp/program/74556.html

第33回 秋の古本まつり(京都古書研究会)


  • 2009年10月30日(金) 14:05 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,001
場所 ※関連記事
 第22回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会)
 第32回 秋の古本まつり(京都古書研究会)

 上記関連記事にあるように京都古書研究会主催の「第22回下鴨納涼古本まつり」に引き続き、また昨年の「第32回 秋の古本まつり」に引き続き、「第33回 秋の古本まつり」に行ってくる。2009年10月30日金曜日から11月3日火曜祝日まで。知恩寺境内(京都大学吉田キャンパスの北部構内と本部構内の間辺り)で開催されている。

・京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/

 早い目に行かないと昨年みたく、始まって一時間ぐらいで欲しいのが売り切れそうだと思ったので、初日の10時過ぎ会場へ到着。私にとっては下記リンク先にあるように毎月15日にある「手づくり市」でお馴染みの会場。

・デザート三連発    (※個人の日記)
http://cte.main.jp/sunshi/2008/1110.html#15

関羽石像設置記念イベント(2009年10月18日)


  • 2009年10月14日(水) 02:10 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,714
場所 ・KOBE鉄人PROJECT|鉄人28号・横山光輝三国志|光プロ|神戸市
http://www.kobe-tetsujin.com/

※関連記事 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

以前、上記関連記事の追記部分で石像の関羽像が2009年10月7日に設置されたこと(神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館の角とのこと)を伝えたわけだけど、下記ブログ記事によると、その設置記念イベントがアスタくにづか4番館北側の関羽石像前にて2009年10月18日日曜日の昼過ぎに行われるという。

・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・関羽石像設置記念イベント開催10/18  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1308

第3回「三国志祭」レポート(サイト「潮出版社」)


  • 2009年9月 8日(火) 22:39 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,390
場所 ほぼプチネタだけど。
横山光輝/著『三国志』(漫画)を出版している会社としてお馴染みの潮出版社。

・潮出版社 USIO
http://www.usio.co.jp/

上記、そのサイトを見ると2009年8月28日更新分で第3回「三国志祭」レポートが挙げられていた。

・「三国志祭」レポート
http://www.usio.co.jp/html/topics/index.php#topic1

※関連記事 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

写真が三枚といえども、その熱気がこちら側まで伝わってくる感じだね。

登録商標「三国志検定」


  • 2009年9月 7日(月) 01:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,753
場所 ※関連記事 三国志学会 第四回大会(2009年9月5日龍谷大学)

上記「三国志学会第四回大会」で小耳に挟んだこと。いや、運営側からとかじゃなくて、一般同士のやりとりでね。

それを確かめるため、お馴染みの特許電子図書館で検索してみる。

・特許電子図書館
http://www.ipdl.inpit.go.jp/

三国志館プレオープン(2009年8月23日)


  • 2009年8月29日(土) 11:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,159
場所 ※関連記事 神戸・長田に“第2のトキワ荘”を…地元商店主ら計画(読売新聞2008年8月23日付)

 上記記事にあるように、『読売新聞』2008年8月23日付の関西発の記事で、NPO法人KOBE鉄人PROJECTが「劉備や曹操ら三国志武将の「コスプレ」などが楽しめるミュージアムの建設を企画した」(※新聞記事より)ということが伝えられていたんだけど、下記ブログ記事にあるように、「第三回三国志祭」中の2009年8月23日に兵庫県神戸市長田区にてプレオープンしていたという。


・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・神戸新長田「三国志館」プレオープン  (※ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1275


・KOBE鉄人PROJECT|鉄人28号・横山光輝三国志|光プロ|神戸鉄人プロジェクト
http://www.kobe-tetsujin.com/

※関連記事 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

 報道があってからちょうど一年でプレオープンまでこぎ着ける堅実さもさることながら、新聞記事の日付もプレオープンの日付も『三国演義』でいうところの諸葛亮の忌日であるところが興味深い。偶然なのか狙ってのことなのか…

『三国演義』第百四回:隕大星漢丞相歸天、見木像魏都督喪膽

孔明不答。衆將近前視之、已薨矣。時建興十二年秋八月二十三日也:壽五十四歳。

※関連記事 8月23日は三国演義での諸葛亮の命日

 それと余談だけど「三国志館」と聞くと、下記記事にあるように山口県光市(当時は熊毛郡)の「石城の里 三国志城」の旧名(おそらく)を思い出す。

※関連記事 「石城の里 三国志城」設立10周年

<2010年2月19日追記>

・「神戸三国志館(仮称)」2011年開設決定!  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1419

この三国志館とは別のようだね。まぁ仮称だし。もしかすると2008年の新聞記事はこちらを指していたのかもしれない。話がさらにまとまってから改めて記事にしようかな。

※追記 鉄人モニュメントの次は三国志“ゆるキャラ”(神戸新聞2010年7月28日夕刊)

※2011年6月23日追記。アクセスログを見ていると、検索語句から依然、「神戸三国志館」と思っている人が多数いるので、誘導しておくが、それは現「KOBE三国志ガーデン」の旧称である可能性が高い。「KOBE三国志ガーデン」は下記追記記事リンク先へ。

※追記 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)

※追記 十大三国志ニュース2011 前編

三国志テーマパーク「三国城」鎮江の旅(2009年11月5日-7日)


  • 2009年8月22日(土) 21:39 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,877
場所 ※前記事 第1回三国志 桃園の宴 昼神温泉(2009年9月26日27日)

 上記の記事の続き。

・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・三国志祭より発売のツアー2つ決定  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1261


 上記ブログ記事からの情報中継の二件目は国外旅行。2009年11月5日木曜日から二泊三日。
 英傑群像&KOBE鉄人PROJECTと近畿日本ツーリストとのコラボ企画だそうな。

・KOBE鉄人PROJECT|鉄人28号・横山光輝三国志|光プロ|神戸市
http://www.kobe-tetsujin.com/

 ツアー起点は関西国際空港。まずは下記のようにページにリンクを張る。

・日本各地の体験プログラムを検索・予約 - 旅の発見
http://tabihatsu.jp/

・【英傑群像・神戸鉄人プロジェクト×KNT】三国志テーマパーク「三国城」鎮江の旅 3日間 関空発
http://tabihatsu.jp/program/73624.html