Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 03月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

第24回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2011年8月11日-16日)


  • 2011年8月13日(土) 22:58 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,693
場所 ※関連記事 第23回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会)

 上記関連記事にもあるように、毎年この時期に京都市の下鴨神社の「糺の森」、つまり神社の境内の青空の下で、京都古書研究会主催の「下鴨納涼古本まつり」が開催される。今回で第24回で、2011年8月11日木曜日から16日火曜日までだ。昨年と違って、台風の心配もないので、のんびり構えていたら、結局、昨年みたく初日の開始直後じゃなくて、何日目かのお昼に行った。

・京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/

 さすがにもうお昼とあって、戻ってくる人も多く、すでに会場には人がたくさん居た。南北の通りに沿って東西に軒を並べている。

※関連記事 第34回 秋の古本まつり(京都古書研究会)

※追記 第35回 秋の古本まつり(京都古書研究会2011年10月29日-11月3日)

※追記 第30回 春の古書大即売会(京都古書研究会2012年5月1日-5日)

※追記 第25回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2012年8月11日-16日)

8月のKOBE三国志ガーデンでのイベント(2011年8月)


場所 ※関連記事 4月のKOBE三国志ガーデンでのイベント(2011年4月10日-)

日が迫っているのもあるので端的に早くお伝えする。上記関連記事の続き。

※関連記事 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)

上記関連記事にあるように、2011年3月19日に「特定非営利活動法人 KOBE鉄人PROJECT」の管理運営による「KOBE三国志ガーデン」が神戸市長田区二葉町5丁目のアスタくにづか5番館南棟2階にてオープンした。

・三国志ガーデン
http://www.3594garden.com/
三国志ガーデン

それで上記の関連記事同様、上記のKOBE三国志ガーデンのサイトの「イベント」を見ると、夏休み期間中も続々とイベントが企画されているので、それらの紹介を列挙していこう。

※追記 11月以降KOBE三国志ガーデン内イベント(2011年11月-)

※追記 十大三国志ニュース2011 前編

特別陳列 川本喜八郎展 人形のドラマ・半世紀の軌道(前期・三国志の世界)(2000年2月12日-27日)


  • 2011年7月27日(水) 23:10 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,027
場所 ※関連記事 三国志フェス2011(2011年9月10日)

上記関連記事で追記したように、2011年9月10日開催予定の「三国志フェス2011」の展示スペースにて、川本喜八郎先生作の若い荀彧人形(個人蔵)が展示されるという。NHK番組人形劇「三国志」に登場した見た目老年の荀彧と違い若いため、それと区別するため「若荀彧」と通称されているとのこと。

※参照記事 人形劇「三国志 桃園の誓い」(NHKアーカイブス)

※追記 川本喜八郎人形ギャラリー(渋谷ヒカリエ2012年6月4日)

その個人蔵の「若荀彧」が過去一度だけ東京都渋谷区の松濤美術館で展示されたと聞き、

・渋谷区立松濤美術館
http://www.shoto-museum.jp/

・過去の展覧会一覧 | 渋谷区立松濤美術館  (※上記サイト内ページ、「1999年(平成11年度)」の覧)
http://www.shoto-museum.jp/06_past/index.html#A1999

上記ページ「過去の展覧会一覧」の「平成11年度」を見ると、「併催:特別陳列 川本喜八郎展―人形のドラマ・半世紀の軌道(前期・三国志の世界)」の文字が見える。ちなみに後期は「平家物語の世界」とのこと。
この情報を元にネットで検索を掛けてみると、下記のサイトの下記ページが出てくる。つまり、2000年2月12日から27日までの間に東京都渋谷区の松濤美術館にて特別陳列「川本喜八郎展 人形のドラマ・半世紀の軌道(前期・三国志の世界)」が開催されたという。十年以上も前の出来事だけど、三国志ファンにとって重要なトピックになりそうなので、記録のために記事としてリンクだけでも残しておこう。

・Lian's Bookroom
http://www2.plala.or.jp/Lian/

・川本喜八郎人形展  (※上記サイト内ページ)
http://www2.plala.or.jp/Lian/bookindex/kenbunroku/000212.htm

7月16日 京都祇園祭宵山に菊水鉾


  • 2011年7月16日(土) 23:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,191
場所 ※関連記事 7月16日 祇園祭宵山に菊水鉾

 上記関連記事にあるように昨年と同じく京都の祇園祭宵山にて「祇園祭 宵山・巡行ガイド2011」とタイトルがうたれたチラシが配られていて、祇園祭(宵山)総合案内所で頂く。
 このチラシで山鉾の説明は毎年同じで、やはり「秦」と書くべき所が「泰」となっている誤字がそのままだったりと別の意味での安定感がある。誰か指摘しないのかな。
 それでそのチラシに、前述の関連記事でも書いたように、菊水鉾の説明があって、それは下記に引用するようになっていて魏の文帝が関係するらしいことが書かれている。そのため、まず菊水鉾に行く。それが右の写真。

━引用開始━━━━━━━━━━
17 菊水鉾
室町通四条通上ル菊水鉾町

町内にあった「菊水井
戸」にちなんで名付けら
れ、鉾頭には金色の菊花を
つける。稚児人形は、
魏の文帝の勅使が薬水を
求めて山に入った時に
出会った、菊の露を飲ん
で700年生き続けた少年
をあらわしている。唐破
風造りの屋根が特徴。
━引用終了━━━━━━━━━━

 前述の関連記事にも書いたように、菊水鉾の立て看板にはこの「魏の文帝」について触れられておらず、前述の関連記事を書いた時点から出典は何か気になっていた。それが今年の初めぐらいに別件で知ることになる。

福岡関帝廟入口(福岡県福岡市中央区天神地区)


  • 2011年6月23日(木) 21:34 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,608
場所 ・【親富孝通り 振子】
http://www.furiko.net/

例えば、上記サイトの「親不孝通りと親富孝通り」ページを見ると、福岡県福岡市中央区に親富孝通りと呼ばれる繁華街があるという。

福岡関帝廟入口2福岡関帝廟入口1先日、知人がその親富孝通りに行ったらしく、左と右にあるような写真2枚を送ってきた。
左の写真はビルの1階が駐車場だという一見、何ともない写真だが、その建物入口右側をよく見ると、何やら石像が立っている。
そこを拡大したのが右の写真。この小さい写真では判りにくいが、河童のような石像の後に門を模したような物があって、そこには横書きで「関帝廟入口」と書かれてある。石像の前には縦書きで「ともに生きよう 親孝行神社」と書かれた石碑がある(旧称の「親不孝通り」と掛けたんだね)。

第4回中華コスプレアジア大会(2011年11月12日13日)


場所 ※関連記事
 第3回中華コスプレアジア大会(2010年10月23日24日)
 第10回中華コスプレ日本大会(2011年5月28日29日)

※追記 第4回中華コスプレアジア大会フォトコンテスト(2012年1月13日まで)

※追記 第12回中華コスプレ大会(2012年5月19日20日)

※追記 第5回中華コスプレアジア大会(2012年11月10日11日)

・中華コスプレプロジェクト公式ホームページ
http://www.pulse.vc/cos/
中華コスプレプロジェクト公式ホームページ
※バナー直リンク禁止

・次回第4回アジア大会の日程が決まりました!!
http://www.pulse.vc/cos/news/gallery.cgi?no=127
※リンク追記
・フェイスブックにコミュニティーを立ち上げました。
http://www.pulse.vc/cos/news/gallery.cgi?no=133

「中華コスプレ大会」とは、中華の仮装(三国志関連も含まれる。写真を見ると版権ものもあるようだ)をした参加者による交流会やコンテストがあるイベントだ。会場に「燕趙園」(鳥取県にある日本最大級中華庭園)を使用しており、年二回のペースで開催されている。

・中国庭園 燕趙園【えんちょうえん】
http://www.encho-en.com/

前回2011年5月28日29日開催は「第9回中華コスプレ日本大会」で、今回は「第4回中華コスプレアジア大会」とのこと。2011年11月12日土曜日、13日日曜日開催ということだろうね(以前、10月22日23日開催予定と告知があったので注意)。

三国志酒場銅雀台(2011年6月4日-2012年2月11日)


  • 2011年5月22日(日) 00:37 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,708
場所 ・総合三国志同盟ホームページ
http://s-sangokushi-d.com/

※参照記事 三国志感謝祭(2010年10月30日)

・総合三国志同盟★坂本和丸ブログ
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/

・【超号外!】三国志酒場がオープンします!!!  (※上記ブログ記事)
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-10864688055.html

・【三国志イラスト大募集のお知らせです!】  (※上記ブログ記事)
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-10867494666.html

・【☆御礼☆】  (※上記ブログ記事)
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-10888670869.html

※リンク追記
・三国志酒場銅雀台まとめ
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-10904911510.html
※15時開店、22時LO、22時半閉店

※リンク追記
・三国志酒場銅雀台旗揚げ2連戦
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-10915434517.html

冒頭のサイトや上記ブログ記事にあるように、2011年6月4日土曜日に東京都世田谷区に土日限定開店の「三国志酒場銅雀台」がオープンするという。店主は坂本和丸さん。

※リンク追記
・三国志酒場・お休み・変更のお知らせ
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-11005633350.html
 ※2011年9月より「三国志酒場は土曜のみの営業となります。」とのこと。

※リンク追記
・Twitter / @kazumaru359: 【超絶お知らせ】三国志酒場銅雀台…2月11日で閉店に ...
http://twitter.com/kazumaru359/status/160608744265363457
 ※2012年2月11日土曜日祝日で閉店になるとのこと。

※リンク追記
・※電撃閉店のお知らせです※
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-11155987890.html
 ※Twitterでの告知とブログでの告知とに時間的差があるのは営業戦略か何かだろうか…

第五回三国志祭(2011年10月9日10日)


  • 2011年5月19日(木) 00:03 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,284
場所 ・三国志祭オフィシャルサイト
http://sangoku-maturi.com/

上記サイトの2011年5月12日のRSS配信によると、例年、JR新長田駅南(兵庫県神戸市長田区)の商店街地域(新長田一番街商店街、大正筋商店街、六間道商店街、本町筋商店街等)を会場とした、「第五回三国志祭」は2011年10月9日日曜日、10日祝日に開催するという。前回と同じく(それ以前と違って)秋の休日二日間開催だね。

※関連記事
 KOBE鉄人PROJECTサイト2007年5月19日リニューアル
 第2回「三国志祭」開催決定(2008年7月27日)
 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)
 第四回三国志祭(2010年10月2日3日)

毎回規模が大きくなっているし、今年は同地域にKOBE三国志ガーデンが出来てから初の三国志祭だし、何かと期待してしまうね。

※関連記事 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)

まだ詳細な内容は発表されていないものの、今年はどんな企画があるのか今から楽しみなところ。

※追記 精巧大型人形劇『三國志』~総集編~(埼玉県飯能市2011年10月10日)

※追記 精巧大型人形劇「三国志」~総集編~(2011年10月9日和歌山県田辺市)

※追記 第六回三国志祭(2012年10月7日8日)

第29回 春の古書大即売会(京都古書研究会2011年5月1日-5日)


  • 2011年5月 3日(火) 15:24 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,596
場所  2011年5月1日日曜日がちょうど予約なしで有鄰館(京都市左京区岡崎)の開いている第一日曜日(他は第三日曜日)であり、みやこめっせ・京都市勧業館1階第二展示場(左京区岡崎)で開催される京都古書研究会の「第29回 春の古書大即売会」の初日なものだから(2011年5月1日-5日)、その二連コンボを狙っていたんだけど、同行者の都合(笑)により行くのが中止となった。

・有鄰館
http://www.yurinkan-museum.jp/
※いつの間にかサイトが復活していた。

・京都古書研究会
http://www1.kcn.ne.jp/~kosho/koshoken/
※今、気付いたけど、今年は地下に「震災チャリティーの百円均一コーナー」なんてあったんだね。

※関連記事
 有鄰館(京都)
 第27回春の古書大即売会(京都古書研究会)

※追記 第30回 春の古書大即売会(京都古書研究会2012年5月1日-5日)

 そんな感じで今年も昨年に続き「春の古書大即売会」には行かないのかな、と思っていたんだけど、ちょうどタイミング良く会場近くの京都府立図書館で予約していた書籍が届いたというメールが来たものだから、自転車で行ってそれを貸し出しするついでにちょっと寄ってくる。

※関連記事 第34回 秋の古本まつり(京都古書研究会)

 チラシとして配られている会場見取図で店舗数を数えてみると、今年は39店。「エアブックハンティング」を称して、東から順に一通り目を通していく。

中華料理 三国志(大阪市西区西本町)


  • 2011年4月27日(水) 01:33 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,175
場所  2011年4月23日は朝、駅前の書店で『三国志ジョーカー』(マンガ)2巻を購入し、正午に『おやこ三国志』(人形劇)を観劇し、その会場でもある「KBOE三国志ガーデン」(施設)やその他周辺施設で楽しんだ他、三国志関連の打ち合わせ1件を行う程、三国志Dayだった。

※関連記事
 三国志ジョーカー 第2巻(2011年4月15日)
 4月のKOBE三国志ガーデンでのイベント(2011年4月10日-)

 三国要素は三国要素を呼び込むようで、特に行く予定のなかった、大阪のビジネス街である本町(ほんまち)にある「中華料理 三国志」(大阪市西区西本町)という飲食店に、USHISUKEさんと共に初めて行くことに。
 公式サイトがなさそうなので、とりあえず下記のページ参照。

・ぐるなび - 三国志
http://rp.gnavi.co.jp/5701545/

・三国志 - 本町/中華料理 [食べログ]
http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27040379/

中華料理 三国志 外観 事前に上記ページを参照にしていたので、どんな外観が知っていたが、すっかり日が落ち辺りが暗くなっている時に訪れると、「三国志」と書かれた提灯が幾つも灯っていて驚くと共に、何か歓迎を受けた気分になっていた。