Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 07月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

第2回新・三国志De Night‐花見‐(2014年4月6日)


場所 ・[mixi] 三国志的飲み家『いっぽ』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4328221
※いつの間にかmixi会員でなくても見れるようになったんだね。

・[mixi] 三国志的飲み家『いっぽ』 | 第2回新・三国志De Night‐花見‐
http://mixi.jp/view_event.pl?id=76006009

上記のSNS「mixi」内コミュニティの上記イベントページによると、下記関連記事で触れた、一旦閉店した三国志的飲み家『いっぽ』関連で2014年4月6日日曜日11時に栄クリスタル広場(愛知県名古屋市中区)集合で、「第2回新・三国志De Night‐花見‐」が開催されるという。参加費は男性3000円女性2500円とのこと。「第2回」というのは下記関連記事にあるように昨年、第1回があったからだ。

※関連記事 第1回天下統一戦‐桃園ならぬ桜園の誓い‐(2013年4月7日)

三国志お花見オフ会in東京(2014年4月5日)


場所 下記ブログのRSS配信で気付く。

・【三国志感謝祭公式ブログ】
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/

・三国志お花見オフ会in東京 (※上記ブログ記事)
http://ameblo.jp/sangokusi-engi/entry-11803619467.html

上記ブログ記事によると、2014年4月5日土曜日に「総合三国志同盟代表/坂本和丸」主催で浮間公園(東京都北区)にて「三国志お花見オフ会in東京」が13時集合18時解散で開催されるという。参加費は3000円で集合場所はJRの浮間舟渡駅で、参加表明は上記ブログ記事参照のこと。

※関連記事 三国志お花見★関東関西同時開催(2012年4月14日)

・都立浮間公園|北区観光ホームページ
http://www.kanko.city.kita.tokyo.jp/data/j/10.html

東京媽祖廟


  • 2014年3月18日(火) 23:04 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,060
場所 ※前の三国関連の記事 メモ:東方書店(2014年3月8日)

※前の三国と無関係な雑記
・22番のユニを求めて (※2014年3月8日の雑記)
http://cte.main.jp/calcio/blog.cgi?n=840

 前の雑記にあるように、2014年3月8日土曜日20時過ぎに渋谷の町中に居て、渋谷駅に戻り宮益坂口から入り、捺印済みの青春18きっぷを見せ、ハチ公改札を通り新宿方面の山手線を待つ。電車を待つ間もなるべく先頭の方へと歩き、列車に乗り込んだ後も前に進み…と思っていたが混んでいたのでできず、ともかく移動時間の短縮に努めた。
 というのも目的の所が普通に考えると夜間は営業していない所だからだ。どこかというと下記リンク先にある「東京媽祖廟」だ。サイトには開廟時間が書かれていないため、望みは薄いとはいえ、なるべく早く言って、少ない可能性に賭けていた。

・東京媽祖廟
http://www.maso.jp/
※しかしどこのページかは言わないが、このサイトの団体の知的財産に対する認識は大丈夫か?

KOBE三国志ガーデン開館3周年イベント(2014年3月15日16日)


場所 ※関連記事
 2014年のKOBE三国志ガーデン内イベント
 KOBE三国志ガーデン オープン2周年イベント(2013年3月23日24日)

上記関連記事からの流れ(というよりそこからのコピー中心)。

※関連記事 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)

上記関連記事にあるように、2011年3月19日に「特定非営利活動法人 KOBE鉄人PROJECT」の管理運営による「KOBE三国志ガーデン」が神戸市長田区二葉町5丁目のアスタくにづか5番館南棟2階にてオープンした。

・三国志ガーデン
http://www.3594garden.com/
三国志ガーデン

それで上記の関連記事同様、上記のKOBE三国志ガーデンのサイトの「イベント」を見ると、そのオープしてから4日5日違いでちょうど三周年ということで、それを記念し、2014年3月15日土曜日16日日曜日に「KOBE三国志ガーデン開館3周年イベント」が開催される。

曹操墓と許昌をめぐる旅(2014年3月6日木曜日-9日日曜日)


場所 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/
英傑群像

・JTB「曹操墓と許昌をめぐる旅」ツアー開催
http://sangokushi.chugen.net/4023/

上記サイトの上記ブログ記事で知ったこと。それと下記リンク先にあるように2013年10月13日日曜日・14日祝日月曜日開催の「第七回三国志祭」でもブース出展されていて、「三国志祭参加特典:「英傑群像オリジナルミニ遺跡写真」プレゼント」とのことだそうな。

・三国志祭オフィシャル #JTB西日本「曹操墓と許昌をめぐる旅」実施決定ブース出展
http://sangoku-maturi.com/#tabi

※関連記事 第七回三国志祭(2013年10月13日14日)

何かというと、冒頭のブログ記事によると、関西国際空港起点で2014年3月6日木曜日から9日日曜日まで「「英傑群像」岡本伸也氏と行く 曹操墓と許昌をめぐる旅 4日間」がJTB西日本 海外旅行西日本支店により企画されているという。旅行料金1人136000円(2人1室利用、一人部屋21000円追加料金)+別途費用で、募集人員20人、最少催行人員15人とのこと。申込方法や問い合わせは冒頭のブログ記事にあるPDFファイル参照。

2014春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2014年1月30日-31日)


場所 ※関連記事 横浜中華街関帝廟カウントダウン(2013年12月31日)

※前回記事 2013春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2013年2月9日-10日)

上記の新年の横浜中華街関帝廟におけるカウントダウンイベントに続き春節のカウントダウンの情報が来ないか、関帝廟のサイトをチェックしていた。

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/

気付けば、上記サイトのコンテンツが充実していき、昔は無かった「關聖帝君について」「参拝の作法」、「神筈式おみくじ」などがあり、今回のカウントダウンについても「關帝廟のご案内」の「年間行事」の2月のところに「旧暦1月1日/深夜0時のカウントダウン。/20014年の春節は1月31日(金)。」とあり、早くも一万八千年後の行事について予定を立てているだなんてさすが、と茶化したくもなるが、おそらく2014年のことなんだろう。つまり2014年1月30日から31日の日付がかわるときに春節、旧暦1月1日に向けてカウントダウンが行われるという。また昨年と同じく下記の横浜中華街の公式サイトを見ると、今回も春節の特設ページがある。開催期間は2014年1月31日金曜日から2月14日金曜日、つまり元宵節までで、2014長崎ランタンフェスティバルと開催期間が同じだ。

※関連記事 2014長崎ランタンフェスティバル(2014年1月31日-2月14日)

・横浜中華街 Yokohama China Town
http://www.chinatown.or.jp/

・2014春節(旧暦元旦) | 横浜中華街 Yokohama China Town
http://www.chinatown.or.jp/agenda/event/2014shunsetsu

2014年のKOBE三国志ガーデン内イベント


  • 2014年1月19日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,479
場所 ※関連記事 2013年のKOBE三国志ガーデン内イベント

上記関連記事の継承記事。後述の公式サイトをチェックした方が正確で判りよいので、そちらを参照のこと。

※関連記事 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)

上記関連記事にあるように、2011年3月19日に「特定非営利活動法人 KOBE鉄人PROJECT」の管理運営による「KOBE三国志ガーデン」が神戸市長田区二葉町5丁目のアスタくにづか5番館南棟2階にてオープンした。

・三国志ガーデン
http://www.3594garden.com/
三国志ガーデン

それで上記の関連記事同様、上記のKOBE三国志ガーデンのサイトの「イベント」を見ると、2011年2012年2013年の流れで続々とイベントが企画されているので、それらの紹介を列挙していこう。

2014長崎ランタンフェスティバル(2014年1月31日-2月14日)


  • 2014年1月18日(土) 02:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,042
場所 ※関連記事 2013長崎ランタンフェスティバル(2013年2月10日-24日)

上記関連記事に書いたように毎年、長崎新地中華街では春節(つまり旧元旦)の時に長崎ランタンフェスティバル(長崎燈會)が行われる。
次の2014長崎ランタンフェスティバルは次の春節である2014年1月31日金曜日から始まり元宵節(旧1月15日)の2月14日金曜日までだという。

・長崎新地中華街
http://www.nagasaki-chinatown.com/

・長崎ランタンフェスティバル
http://www.nagasaki-lantern.com/

それで何が三国に関係するかというと、上記フェスティバルサイトの「ランタンオブジェ」を見ると、二年前の新作の「馬上関羽」、そして定番の曹操が見える。

兀突骨(福岡県北九州市)


  • 2014年1月 8日(水) 23:13 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,900
場所  内輪の話だけど、今回で「三国志ニュース」において記事番号3000という記念すべき記事だ。と言っても特に何かするわけではないので、せめてレポート系の記事を書こうと思い立つ。

 表題通り、福岡県の黒崎にある創作居酒屋「兀突骨」に行ったという記事なんだけど、まず先に基本情報から書く。

・兀突骨
http://jsite-fukuoka.com/kitakyushu/gotsutotsukotsu/

 上記リンク先にあるように、創作居酒屋「兀突骨」は北九州市八幡西区黒崎の繁華街にあり、定休日は水曜日で、18時から26時ごろまでが開店時間とのことだ。
 店名はもちろん『三国志演義』第九十回「驅巨獸六破蠻兵、燒藤甲七擒孟獲」に「國主兀突骨、身長二丈、不食五穀、以生蛇惡獸為飯;身有鱗甲、刀劍不能侵。其手下軍士。」と出てくる、烏戈国の国主にちなんだものだ。身長が二丈(三国魏の尺寸で4.8メートル)あったり、体に鱗甲があったり、もちろん歴史に名の無い創作上の人物だ。
 この店を知ったのが下記のUSHISUKEさんのブログの記事だ。

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/

・グルメ16.兀突骨 (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-310.html

この2010年のブログ記事で「年の暮れ12/23に参加した「『三国志街道の集い』大忘年会」で、参加者の方からとある三国志グルメ情報をゲットしました」とあり、その情報がさらに清岡のところに来ており、三国志ファンのネットワーク、おそるべしってところだろうか。
 それで前述の店のページを見ても、「居酒屋三国志」新潟店や三国志城食堂のように三国にちなんだメニューが見当たらないので、どれほど三国要素があるのか見極めたいと思っていた。

※関連記事
 2007年3月16日エレ片のコント太郎(TBSラジオ)
 三国志城食堂メニュー再び

2014年南京町春節祭(2014年1月31日-2月2日)


場所 応募締切が4日後と迫っているので、順番を替えて早い目のお知らせ。後日、記事の日付を元に戻す。
何かというと神戸南京町の次の春節、およびそこでの企画についてだ。

・熱烈歓迎!南京町
http://www.nankinmachi.or.jp/

上記公式サイトによると、2014年1月31日金曜日-2月2日日曜日の3日間に「2014年南京町春節祭」が開催される旨(つまり旧正月あるいは春節は2014年1月31日)と、それ前の日曜日となる1月26日日曜日にプレイベントが開催されるそうな。下記関連記事にあるように、今回は前回より5日期間が縮み3日間の開催となっており、また告知は未だないが、例年と同じく四阿に関羽像が祀られるのだろう。また下記関連記事にあるような前回同様、「中国史人游行」(仮装パレード)が今回もあって、すでにその参加者を上記サイトで募集している。応募資格は「当日必ず参加できる18歳以上の男女/(高校生不可)」で応募締切は「2014年1月6日(月)必着」とのこと。あと「京劇のメイクをしますので、肌の荒れやすい方は/ご注意ください」「衣装(役柄)は主催者にて決定させていただきます」「メガネをかけたまま参加できません(コンタクトレンズをご使用ください)」とのことなので注意が必要。

※前回 2013年南京町春節祭(2013年2月10日-17日)