Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)


  • 2009年12月 6日(日) 01:36 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,100
映画 ※関連記事 祇園会館で『レッドクリフ』上映(2009年12月26日-1月15日)

 先ほど上記のような記事を書いていたんだけど、タレコミ情報が入って、再び『レッドクリフ』関連。

・WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/

上記WOWOWのサイトによると、有料BS放送局のWOWOWで映画『レッドクリフ PartI』(原題『赤壁』)が2010年1月2日土曜日20時と同年同月11日月曜日12時から148分放送し、その続編の映画『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』(原題『赤壁:決戰天下』)が2010年1月3日日曜日20時から144分放送するという。

・レッドクリフ PartI|映画|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021386001/index.php

・レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-|映画|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021709001/index.php

映画『レッドクリフ』、原題『赤壁』は名前の通り『三国演義』における「赤壁の戦い」を題材にしたジョン・ウー監督による中国映画。下記の関連記事にあるように、DVD化とBlu-ray化されている。それにしてもPartIIの邦題どうにかならんかったんかな。

※関連記事
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
 レッドクリフ(2009年8月5日DVD&Blu-rayリリース)
 レッドクリフ Part I(テレビ朝日系列2009年4月12日)
 "RED CLIFF Part II" JAPANESE OPENING (ROBOT Communications Inc.)

※追記 ダニエル・リー三国志(2010年2月7日3月15日WOWOW放送)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年8月12日WOWOW放送)

※追記 レッドクリフ Part I&II(テレビ朝日系列2011年1月16日23日)

『ザ・マジックアワー』で蜀呉の旗


  • 2009年10月29日(木) 00:24 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,829
映画 タイトルで想像できると思うけど以下、プチネタ。

・映画「ザ・マジックアワー=The Magic Hour=」オフィシャルサイト
http://www.magic-hour.jp/

2008年6月7日に全国の映画館で公開され、さらに2009年10月3日にフジテレビの番組『土曜プレミアム』(21:00-)の枠で放送された映画『ザ・マジックアワー』の映画題字が出てくるところは、撮影所の遠景が出てくるシーンになる。そこで蜀と書かれた緑色のふちがある旗、呉と書かれた赤色のふちがある旗、劉と書かれた黄色のふちのある旗が出てくる。今の旗のように横の片側を固定するタイプではなく上側からつり下げるタイプ。よく見ると、中華風衣装を纏った役者も見える。
やはりこれは同年公開の映画、『レッドクリフ』(『赤壁』)、『三国志』(『三国之見龍卸甲』)の影響なのかな。こちらも撮影中でも報道があったわけだし。

※関連記事
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
 李仁港(ダニエル・リー)監督『三国志』報道まとめ

映画会『レッドクリフ Part I&II』一挙上映(2009年8月14日)


  • 2009年8月 6日(木) 18:17 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,926
映画 ※関連記事 三国志SHOP通信「赤兎馬」

上記記事で紹介した『三国志SHOP通信「赤兎馬」』のvol.178(2009年8月6日発行)を読んで知る。

下記サイトの下記電子チラシによると、神奈川県横浜市青葉区の青葉公会堂で2009年8月14日に映画『レッドクリフ Part I&II』の上映会(よこはまあおばシネクラブ主催)があるという。

・青葉区民ポータルサイト - 情報広場・あおばみん
http://aoba-portal.net/

・電子ちらし (よこはまあおばシネクラブ)
http://aoba-portal.net/modules/eventflyer/index.php?mode=show&class=1&seq=1748

上映時間は上記電子ちらしによると

 10:00-12:25 Part I
 12:45-15:10 Part II
 15:45-18:10 Part I
 18:30-20:55 Part II

となり、料金は当日で、片方だけで999円、両方のセット料金で1900円、前売のセット料金で1500円となる。前売の場所が地域密着型で面白い。

下記関連記事にあるように、『レッドクリフ』はPart I、Part II両方ともDVD日本語版が8月5日の発売で市場に出揃って居るんだけど、スクリーンで見る機会は滅多にないことなので、『レッドクリフ』ファンにとっては嬉しい企画なんだろうね。

※関連記事 レッドクリフ(2009年8月5日DVD&Blu-rayリリース)

レッドクリフ(2009年8月5日DVD&Blu-rayリリース)


  • 2009年6月15日(月) 12:40 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,601
映画 別にチェックしている訳ではないので、いろんなブログでようやく気付く。
下記公式サイトを見ると、2009年8月5日に『三国演義』の赤壁の戦いを題材にした映画『レッドクリフ』のDVDとブルーレイが併せて全6形態リリースされるそうな。

※追記。利便性を鑑みて、以下のように消費の片棒を担ぎつつ商品販売ページへリンクしておく。


・レッドクリフ
http://redcliff.jp/

※関連記事
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
 レッドクリフ PartⅠコレクターズ・エディション(2009年3月11日)
 "RED CLIFF Part II" JAPANESE OPENING (ROBOT Communications Inc.)

※追記 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

※追記 コスプレイヤーズアーカイブ(SNS)

※追記 祇園会館で『レッドクリフ』上映(2009年12月26日-1月15日)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)

三国志(2009年7月24日DVD&Blu-rayリリース)


  • 2009年5月22日(金) 03:23 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,852
映画 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・映画『三国志』7/24DVDブルーレイ発売  (※ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1174

 RSS配信を通じ上記ブログ記事で知る。
 日本では2009年2月14日に公開された李仁港(ダニエル・リー)/監督『三国志』(原題:『三国之見龍卸甲』)のDVD(3990円、品番TADD-67481)とBlu-ray(4980円、品番BAS-67481)がソニー・ピクチャーズより2009年7月24日に発売されるという。詳しくは下記公式サイトへ。

・映画「三国志」オフィシャルサイト
http://www.sangokushi-movie.jp/

※関連記事 李仁港(ダニエル・リー)監督『三国志』報道まとめ

※追記 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

※追記 ダニエル・リー三国志(2010年2月7日3月15日WOWOW放送)

※追記 メモ:自作レーベルor自作ラベル

※追記 三国志(ザ・シネマ2011年1月1日)


 下記サイトから、それぞれの音声&映像特典を下記へ引用する。やはりブルーレイの方が多いんだね。

DVDの音声&映像特典
・メイキング“龍の帰還”
・インタビュー集(アンディ・ラウ、サモ・ハン他)
・ワールド・プレミア風景
・予告編集

Blu-rayの音声&映像特典
・メイキング“龍の帰還”
・インタビュー集(アンディ・ラウ、サモ・ハン他)
・ワールド・プレミア風景
・予告編集
・『三国志』のCG
・『三国志』の武器と衣装
・“趙雲”のキャラクター


※追記。利便性を鑑みて、以下のように消費の片棒を担ぎつつ商品販売ページへリンクしておく。

レッドクリフ Part I(テレビ朝日系列2009年4月12日)


  • 2009年3月16日(月) 22:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,610
映画 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・レッドクリフpart1テレビ放送決定4/12  (※ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1107


 上記サイト「英傑群像」の上記ブログで知ったこと。
 下記のようにサイト「シネマトゥデイ」で『レッドクリフ Part I』の地上波放映情報が報道されたとのこと。


・もう地上波で!『レッドクリフ Part I』が公開から5か月、異例の早さでテレビ放送! - シネマトゥデイ
http://cinematoday.jp/page/N0017308

・シネマトゥデイ - 映画の情報を毎日更新
http://cinematoday.jp/


 テレビ朝日系列の番組『日曜洋画劇場』で2009年4月12日21:00-11:45の枠で『レッドクリフ Part I』が放映されるとのこと。『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』の公開二日後だね。テレビで前作を放送するのは良くあるパターン。

・テレビ朝日|日曜洋画劇場
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/

※追記。閲覧者の利便性のため、右にあるように関連する商品情報へのリンクを張っておく。

EX周瑜(『レッドクリフ Part I コレクターズエディション』)


  • 2009年2月28日(土) 15:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,187
映画 ※関連記事 レッドクリフ PartⅠコレクターズ・エディション(2009年3月11日)

すでに上記記事に追記したんだけど、話題性が高いため改めて記事を起こす。

・三国志大戦3公式サイト
http://www.sangokushi-taisen.com/


上記「三国志大戦3公式サイト」の2009年2月27日更新分によると、2009年3月11日に発売する『レッドクリフ Part I コレクターズエディション』に『三国志大戦3』(アーケードゲーム)のエクストラカードが同梱されるとのこと。追加封入特典をまとめると。

◆「三国志大戦3」オリジナル武将カード (EX周瑜)
◆「真・三國無双 MULTI RAID」特典付きチラシ (ゲーム内アイテム用パスワード記載)

ということになる。EX周瑜はもちろん映画『レッドクリフ』でトニー・レオン演じる周瑜のイラスト。さらに詳しく、どうなのかというと、上記サイトから下記へ引用する。
--引用開始-----------------------------------------------------
三国志を題材とした作品からの初のEXカードのフレームはレジェンド仕様。
使用できる計略は三国志大戦3内でも絶大な火力を持つ破壊力抜群の「赤壁の大火(REDCLIFF)」。能力も「R周瑜」と同じとなります。そのほかにも、初回限定版「レッドクリフPart1コレクターズエディション」には様々なオリジナルグッズが同梱されております。
--引用終了-----------------------------------------------------

"RED CLIFF Part II" JAPANESE OPENING (ROBOT Communications Inc.)


  • 2009年2月28日(土) 13:52 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,456
映画 今回の記事は話がわき道に逸れまくるので注意。

・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト
http://redcliff.jp/

※関連記事 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

※追記 レッドクリフ(2009年8月5日DVD&Blu-rayリリース)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年8月7日ムービープラス放送)

有り難いことに機会があって『レッドクリフ Part II』の試写に行けたわけだけど、そこでいただいたパンフレットに載っていた、日経エンタテイメント!編集委員の方が寄稿されているプロモーション視点のとても興味深い文を読んでいて、あることに気付く。

日本語オリジナルの解説オープニングは制作会社のROBOTによるものだということ。

・ROBOT Communications Inc.
http://www.robot.co.jp/

レッドクリフ PartⅠコレクターズ・エディション(2009年3月11日)


  • 2009年1月11日(日) 13:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,278
映画 映画『レッドクリフ』の公式サイトの9日の更新によると、『レッドクリフ』のDVD用の公式サイトが下記のようにできて、さらに初回生産限定盤「レッドクリフ PartⅠコレクターズ・エディション」6090円の発売日が2009年3月11日に決まったとのこと。

・レッドクリフ
http://redcliff.jp/

・『レッドクリフ』 DVD公式サイト -avex movie-
http://mv.avex.jp/redcliff/


『赤壁』の各国サイト


  • 2008年7月 6日(日) 21:35 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,001
映画 ※関連記事 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

すでに上記記事でも追記したんだけど、新たに情報中継。
中国、台湾、韓国で映画『赤壁』(RED CLIFF、邦題:レッドクリフ)の前編が2008年7月10日に公開され、後編の公開は年末から2009年1月になる見込みという。
日本での公開は2008年11月1日。これは前編後編合わせたものなのかな? それとも前編?

それで各国サイトは以下のようになる。

※香港サイト
・電影:赤壁 Red Cliff:官方網站
http://redcliff.meiah.com/

※台湾サイト
・【赤壁-Red Cliff】中文官方網站
http://th.foxmovies.com.tw/redcliff/

※韓国サイト
http://www.redcliff.co.kr/

※日本サイト
・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト
http://redcliff.jp/

例えば台湾サイトだとすでに8分ほどの予告編が公開されている。
(※やはりflv形式のファイルだからその気になればダウンロードできる)
これをみると、手で弦を引ける弩なんて大した威力はないだろうとか、孔明灯って(笑)とか、あれこれツッコミを入れて楽しめるね。

話もどして、そこで見られるキャストは以下。

 曹操 張豊毅(チャン・フォンイー)
 孫権 張震(チャン・チェン)
 周瑜 梁朝偉(トニー・レオン)
 諸葛亮 金城武
 趙雲 胡軍(フー・ジュン)
 甘興 中村獅童
 小喬 林志玲(リン・チーリン)
 孫尚香 趙薇(ヴィッキー・チャオ)