Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

映画『銅雀台』


  • 2011年8月21日(日) 03:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,530
映画 確実な情報が少ないので、プチネタになってしまう。何か判れば追記するかもしれない。

手元のアクセスログを見ると、2011年8月16日に「銅雀台 映画」という検索語句他、異なる2つのドメインからアクセス、翌日の17日に検索語句「銅雀台 映画2011」他、異なる3つのドメインからのアクセス、そしてさっき1アクセスとあった。

「銅雀台」と言えば、三国志ファンには言わずと知れた『三国志』巻一魏書武帝紀に「(建安十五年、紀元210年)冬、作銅雀臺。」とある曹操が建てた建造物だ。あと『資治通鑑』巻第六十九魏紀一黄初元年二月条 胡三省注所引「操遺令」(つまり曹操の遺令)にも「汝等時時登銅雀臺、望吾西陵墓田」と出てくるのも最近では有名かな。

はじめ名前だけで『三国志』と無関係と思ったがそうでなく、Googleのニュース検索で検索すると、日本国内のニュースはないものの、海外だと下記のような8月19日のが出てくる。

・玉木宏、蘇有朋 將合演「銅雀台」 | 電影世界 | 娛樂追星 | 聯合新聞網
http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT3/6535570.shtml

・《銅雀台》即將開機 玉木宏蘇有朋攜手領銜主演-娛樂新聞-新浪新聞中心
http://news.sina.com.tw/article/20110819/4653721.html

・博通天下 玉木宏首次拍中國片 - 香港文匯報
http://paper.wenweipo.com/2011/08/19/EN1108190025.htm

映画『腐女子彼女。』に「孔明陸遜」


  • 2011年6月28日(火) 00:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,748
映画  初放送ではないとは思うんだけど、2011年5月4日にCSで映画『腐女子彼女。』が放送されていた。この映画は2009年5月2日より公開とのこと。

・腐女子彼女。 : 角川映画
http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/fujoshi/

 タイトルにあるぐらいだから、アニメ『海月姫』のように単なるオタク女子を「腐った女の子」と称すること(※原作は未確認)もないし、それらの層が好みそうな作品名、あるいは固有の作品を連想させるネタが出ていたり有名声優が出演していたが、さすがに商業作品とあってか「腐女子」の描写はリアル志向と言うより戯画(カルカチュア)化されている印象があった。

※関連記事 三国志マニアまやや(アニメ『海月姫』2010年10月14日-)

 それで映画の中盤辺りで、彼女が半身浴しながら勝手に彼氏所有の『三国志 壱』(作者名確認できず)を初めて読むというシーンがあった。劇中の彼女曰く「やっぱ孔明陸遜だよね~」だそうな。

三国志(2011年5月6日-)


映画 ※関連記事 三国志 Three Kingdoms(衛星劇場2011年4月18日より毎月曜2話ずつ全95話)

上記関連記事にあるようにCS放送局「衛星劇場」(Ch.222)でドラマ『三国志 Three Kingdoms』(原題『三国』)が放送中。

・衛星劇場-日本映画から韓国ドラマ、大人の映画まで24H放送中
http://www.eigeki.com/

それに合わせてか上記の放送局のサイトによると、下記のページにあるように、2011年5月6日金曜日5時、8日日曜日20時半、14日土曜日18時、17日火曜日20時半、27日金曜日11時に映画『三国志』(原題『三国之見龍卸甲』、英題『Three Kingdoms; The Resurrection Of The Dragon』)が放送されるという。

・衛星劇場 | 三国志(アンディ・ラウ主演)
http://www.eigeki.com/eigeki/program?action=showProgramDetail&oa_prg_frm_cd=111030314023321099

三国志英傑伝 関羽(2012年1月14日)


  • 2011年4月18日(月) 02:21 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,663
映画 2011年4月28日に中国で香港伝記格闘映画『關雲長』(The Lost Bladesman)が公開されるというのを小耳に挟んで(つまり関羽字雲長の映画)、まず下記のサイト「Wikipedia」英語版を思い出しては公式サイトへのリンクがないかチェックしていた。

・The Lost Bladesman - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Lost_Bladesman

そうすると昨日、上記ページの「Languages」に「中文」のリンクを見掛け、リンク先となる下記ページにアクセスする。

・關雲長 (電影) - 维基百科,自由的百科全书
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%97%9C%E9%9B%B2%E9%95%B7_%28%E9%9B%BB%E5%BD%B1%29

そこの「外部鏈結」には「關雲長電影官方網站」とあって、つまり公式サイトへのリンクがあった。次のサイト(実際はその繁体字サイト)。

・关云长
http://www.gyc-movie.com/

URLの「gyc」は「關雲長」(繁体字表記)あるいは「关云长」(簡体字表記)の「Pinyin」である「Guān Yúncháng」から来ているのだろうね。公開は中国、香港で2011年4月28日から、台湾では2011年4月29日から、シンガポールでは2011年5月5日からだそうな。

三国志(2011年2月26日土曜日21時)


  • 2011年2月26日(土) 02:25 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,266
映画 放送時間が迫っているので、端的に早く紹介。

・BS朝日 - サタデーシアター
http://www.bs-asahi.co.jp/theater/

上記サイトによると、BS朝日の映画放送番組『サタデーシアター』で、2011年2月26日土曜日21時-23時の枠で映画『三国志』(原題『三国之見龍卸甲』、英題『Three Kingdoms; The Resurrection Of The Dragon』)が放送されるという。

これは下記関連記事にあるように、李仁港(ダニエル・リー)監督で、劉徳華(アンディ・ラウ)は趙雲役、マギー・Qは曹操の孫・曹嬰役(オリジナル人物)、洪金寶(サモ・ハン・キンポー)は羅平安(オリジナル人物)役、F4の呉建豪(ヴァネス・ウー)は関羽の息子・関興役の映画ね。BSとCSの違いはあるけど、先月、Ch.228 ザ・シネマで放送されている。

※関連記事
 李仁港(ダニエル・リー)監督『三国志』報道まとめ
 三国志(ザ・シネマ2011年1月1日)

※追記 三国志(2011年5月6日-)

※追記。2011年6月4日21時-23時に同番組で放送される。

※追記 まぼろしの邪馬台国(2012年6月3日土曜日21時)

レッドクリフ Part I&II(テレビ朝日系列2011年1月16日23日)


  • 2010年12月25日(土) 14:28 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,461
映画 ・テレビ朝日|日曜洋画劇場
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/

上記番組ページによると、2011年1月16日のテレビ朝日の番組『日曜洋画劇場』で映画『レッドクリフ Part I』が放送されるという。

・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト
http://redcliff.jp/

雑誌の番組表を見ると、『レッドクリフ Part I』(原題『赤壁』)が2011年1月16日日曜日21時から159分、
その続編の映画『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』(原題『赤壁:決戰天下』)が一週間後の2011年1月23日日曜日21時から159分、それぞれ放送されるという。
後者は地上波初放送かな。CS局のムービープラスでは先月(2010年11月)放送されたばかりだけど。

※関連記事 レッドクリフ PartI&II(2010年8月7日ムービープラス放送)

『レッドクリフ Part I』の日本公開が2008年11月1日で、『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』の日本公開が2009年4月10日で、『レッドクリフ Part I』の地上波初放送が2009年4月12日にテレビ朝日系列の番組『日曜洋画劇場』にて、『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』の日本初放送が2010年1月3日にWOWOW放送にてと言った流れ。

※関連記事
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ
 レッドクリフ Part I(テレビ朝日系列2009年4月12日)
 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)

※追記 逃走中2011~卑弥呼伝説~(2011年1月16日)

※追記 劇団EXILE W-IMPACT レッドクリフ(2011年8月8日-31日)

※追記 “邪馬台国”を掘る(NHKスペシャル2011年1月23日)

※追記 『シルシルミシル』で「横山三国志」(2011年3月30日)

三国志(ザ・シネマ2011年1月1日)


  • 2010年12月19日(日) 17:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,171
映画 ・洋画専門チャンネル ザ・シネマ
http://www.thecinema.jp/

※新規関連記事 三国志(ザ・シネマ2020年8月8日18日31日、9月2日19日)

・三国志 || 洋画専門チャンネル ザ・シネマ
http://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=00902

たまたま知って、ネットで探したら上記のCS局のサイトとその番組ページを見かける。何かというと、ダニエル・リー監督、アンディー・ラウ主演、サモ・ハン出演の映画『三国志』(原題『三国之見龍卸甲』)がCh.228 ザ・シネマで放送されるとのこと。放送日時は上記番組ページから下記へ引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2011年01月01日(土)15:00 - 17:00

2011年01月05日(水)21:00 - 23:00

2011年01月16日(日)17:00 - 19:00

2011年01月19日(水)14:00 - 16:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※引用追記
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2011年03月06日(日)23:30 - 深夜 01:30

2011年03月11日(金)23:30 - 深夜 01:30

2011年03月16日(水)16:30 - 18:30

2011年03月25日(金)19:00 - 21:00

2011年03月29日(火)08:00 - 10:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レッドクリフ PartI&II(2010年8月7日ムービープラス放送)


  • 2010年8月 6日(金) 23:16 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,046
映画 ※関連記事 レッドクリフ PartI&II(2010年8月12日WOWOW放送)

上記記事でWOWOWで『レッドクリフ』PartI&IIが一挙放送されることをお伝えしたわけだけど、まだ放送されるチャンネルがあった。

・ムービープラス
http://www.movieplus.jp/

・ムービープラス|レッドクリフPartⅠ/PartⅡ、一挙放映。
http://www.movieplus.jp/feature/redcliff/

それは上記サイトの上記ページにあるように、スカパーやJ:COMを始めとするケーブルテレビのCSチャンネル「ムービープラス」で2010年8月に上記ページのimgタグのaltから下記へ引用する日程で『レッドクリフ』PartI&IIが放送されるという。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
字幕ver|PARTⅠ 8月7日(土)18:15 / 8月9日(月)21:00|PARTⅡ 8月7日(土)20:55 / 8月8日(日)13:15 / 8月10日(火)21:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吹替ver|声の出演:山寺宏一、東地宏樹|PARTⅠ 8月12日(月)21:00|PARTⅡ 8月13日(火)21:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※というか、12日は木曜日で13日は金曜日だね。altだけでなく画像でも誤りがある。しかも時間も共に「21:00」じゃなくて共に「13:30」だ。誰か指摘しなかったのか?

気合いの入ったページだと思ったけど、『レッドクリフ』公式サイトからの流用な感じだね。「登場人物」等諸々のリンク先はhttp://redcliff.jp/のところだし。

※関連記事 "RED CLIFF Part II" JAPANESE OPENING (ROBOT Communications Inc.)

※追記 レッドクリフ Part I&II(テレビ朝日系列2011年1月16日23日)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2011年12月10日ムービープラス放送)

それに付随して5分番組『プレミア・ナビ』や特番『レッドクリフ PartⅠ』が上記ページから下記に引用する時間に放送されるとのこと。おぉ、番組構成でも(確認してないが流用でなければ)気合いが入っている!

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プレミア・ナビ

『レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―』放映前には、 小堺一機さんがナビゲートする5分番組「プレミア・ナビ」を放送。

『レッドクリフ』シリーズに出演された中村獅童さんをゲストに迎え、 当時の撮影裏話や、ジョン・ウー監督との関係など、 貴重なお話をたくさん伺いました。お楽しみに!

【放送日】
8月7日(土)20:55 /8月8日(日)13:15 / 8月10日(月)21:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特番『レッドクリフ PartⅠ』

ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、中村獅童が明かす、
撮影舞台裏のエピソードをたっぷり紹介。また、周瑜、諸葛孔明、曹操ら
勇猛な武将が織り成す“赤壁の戦い”の勢力図も解説します。

【放送日】
8月1日(日)14:00 / 8月5日(木)5:30 / 8月11日(水)25:00
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<追記>

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特番『レッドクリフ PartⅠ』
SPECIAL PROGRAM: RED CLIFF I

放送日
11月2日 15:30
11月7日 05:15
11月18日 04:30
11月18日 08:15
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レッドクリフ PartI<日本語吹替版>
RED CLIFF I

放送日
11月7日 06:30
11月8日 16:00
11月18日 21:00
11月20日 13:15
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―<日本語吹替版>
RED CLIFF II

放送日
11月9日 16:00
11月18日 23:45
11月20日 16:15
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レッドクリフ PartI&II(2010年8月12日WOWOW放送)


映画 アクセスログを見ると一つのドメインから執拗に「wowowの三国志解説」と検索されるんで、何かと思えば、WOWOWで映画『レッドクリフ』の放送があるんだね。

・WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/

・レッドクリフ PartI|映画|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021386001/

・レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-|映画|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021709001/

上記WOWOWのサイトの各ページによると、有料BS放送局のWOWOWで映画『レッドクリフ PartI』(原題『赤壁』)が2010年8月12日木曜日20時と同年同月11日月曜日15時20分から148分放送し、その続編の映画『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』(原題『赤壁:決戰天下』)が同日17時50分から144分放送するという。『レッドクリフ PartI』の方は2010年9月4日18時に再放送が決まっている。

映画『レッドクリフ』、原題『赤壁』は名前の通り『三国演義』における「赤壁の戦い」を題材にしたジョン・ウー監督による中国映画。下記の関連記事にあるように、DVD化とBlu-ray化されている。それにしてもPartIIの邦題どうにかならんかったんかな。

※関連記事 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)

※追記 レッドクリフ PartI&II(2010年8月7日ムービープラス放送)

ダニエル・リー三国志(2010年2月7日3月15日WOWOW放送)


  • 2010年2月 8日(月) 12:34 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,849
映画 検索語句で昨日気付いたんだけど、すでに初回の放送が終わった後だったので今さらの記事になる。

・WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/

上記WOWOWのサイトによると、有料BS放送局のWOWOWで映画のダニエル・リー/監督『三国志』(原題『三国之見龍卸甲』)が2010年2月7日日曜日10時と同年3月15日月曜日18時から103分放送するという。

・三国志|映画|WOWOWオンライン
http://www.wowow.co.jp/pg/detail/021693001/

映画『三国志』、原題『三国之見龍卸甲』は名前の通り『三国志』、むしろ『三国演義』を題材にしたダニエル・リー監督による映画。下記の関連記事にあるように、DVD化とBlu-ray化されている。それにしても歴史書から名前を奪い取るような邦題どうにかならんかったんかな。

※関連記事
 三国志(2009年7月24日DVD&Blu-rayリリース)
 李仁港(ダニエル・リー)監督『三国志』報道まとめ
 レッドクリフ PartI&II(2010年1月2日3日WOWOW放送)