Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 09月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国志2 天上の舞姫(2009年7月10日)


  • 2009年7月 5日(日) 00:44 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,913
小説 ・月光楽園
http://mlp.cside.to/

上記サイトの「つれづれ日記」で知ったこと。

理論社より小前亮/著『三国志1 桃園の誓い』が2009年4月30日に、同著『三国志2 天上の舞姫』が2009年7月10日に発売とのこと。共に各940円。小説だろうね。

・理論社ホームページ
http://www.rironsha.co.jp/
※2011年1月追記。今、上記出版社サイトを見ると、「新会社設立と事業譲受のご案内」の書類の画像ファイルがあってそこに旧理論社が「民事再生手続き」を行い、新理論社に引き継がれる旨が書かれているね。この小説はどうなるのやら。
※2011年5月4日追記。今の段階で2011年5月に8巻発売予定。

・WRIGHT STAFF
http://www.wrightstaff.co.jp/



それぞれの書籍情報を上記の出版社のサイトより下記へ引用。

--引用開始-----------------------------------------------------
三国志1 桃園の誓い

■著作 小前亮 作/中山けーしょー 絵
■ISBN 978-4-652-07231-8 

■判型 四六判

■サイズ 19cm

■ページ数 180ページ

■価格 定価940円 (本体895円+税)

■発売日 2009年4月30日

劉備、関羽、張飛 響きあう三つの心。覇道を疾走する熱き<絆>の物語。シリーズ第1弾!
--引用終了-----------------------------------------------------


--引用開始-----------------------------------------------------
三国志2 天上の舞姫

■著作 小前亮 作/中山けーしょー 絵

■ISBN 978-4-652-07232-5

■判型 四六判

■ページ数 176ページ

■価格 定価940円 (本体895円+税)

■発売日 2009年7月10日

個性豊かな人物たちが、国の支配権をめぐってバトルを繰り広げる歴史&戦記エンターテイメントの新シリーズ第2弾!
--引用終了-----------------------------------------------------

<追記>
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志3 関羽千里行
■著作 小前亮 作/中山けーしょー 絵
■ISBN 978-4-652-07233-2
■判型 四六判
■ページ数 ページ
■価格 定価940円 (本体895円+税) 
■発売日 2009年10月22日
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<追記>
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志4 伏竜の飛翔


■著作 小前 亮 作/中山けーしょー 絵

■ISBN 978-4-652-07234-9 

■判型 四六判 

■ページ数 186ページ 

■価格 定価940円 (本体895円+税) 

■発売日 2009年12月21日 
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<追記>
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志5 赤壁の戦い


■著作 小前 亮 作/中山けーしょー 絵

■ISBN 978-4-652-07235-6 

■判型 四六判 

■ページ数 184ページ 

■価格 定価940円 (本体895円+税) 

■発売日 2010年3月18日 
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<追記>
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志6 決意の入蜀

■著作 小前 亮 作/中山けーしょー 絵

■ISBN 978-4-652-07236-3 

■判型 四六判 

■ページ数 184ページ 

■価格 定価940円 (本体895円+税) 

■発売日 2010年4月28日 

個性豊かな人物たちが、国の支配権をめぐってバトルを繰り広げる歴史&戦記エンターテイメント第6弾!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※コメント。後世の満州族由来のチャイナ服を表紙の絵に遣うなんてぶっ飛んでいるよな。

※追記 第17回三顧会 午前(2012年8月14日)

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●三国志
三国志7 五虎大将軍


■著作 小前 亮 作/中山けーしょー 絵

■ISBN 978-4-652-07237-0 

■判型 四六判 

■ページ数 184ページ 

■価格 定価940円 (本体895円+税) 

■発売日 2010年7月21日 
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※リンク追記。2011年5月発売。2011年5月4日の段階で発売日不明。内容を下記へ引用する。
・(8) 復讐の東征 - 株式会社 理論社
http://www.rironsha.com/?pid=30271443
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(8) 復讐の東征ISBN 978-4-652-07238-7
定価 998円(税48円)



最後まで忠義をつらぬいて散っていく関羽。 自暴自棄になり裏切りにあう張飛。義兄弟に 先立たれた劉備は、復讐の闘いを誓う。
対象 (上)(中学)
著者
サイズ 四六判
ページ数 192
発行 2011年5月
NDC 923
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※追記。「(9)秋風五丈原」(ISBN978-4-652-07239-4)、「(10)見果てぬ夢」(ISBN978-4-652-07240-0)が各998円で発売。出版社ページによると、それぞれの紹介文は「亡き劉備の志を受け継ぐ諸葛亮は、南蛮の反乱を平定し、ついに北伐へ向け起つ! その行く手には文武両道の天才児・姜維が立ちはだかった。」「姜威ひきいる蜀軍は、味方の反乱や、敵の追撃に苦しみながらも、諸葛亮が残した計略によって窮地を脱し、ついに最終決戦へと向かう。」
<追記終了>

※追記 姜維伝 諸葛孔明の遺志を継ぐ者(2010年3月5日)

※追記 三国志 1(2011年4月5日)

女剣三国志 貂蝉(2009年4月3日)


  • 2009年4月30日(木) 18:56 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,556
小説 ※関連記事 書羅盤より2009年2月発売の書籍

上記記事で紹介した、メールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』の2009年第7号(総190号)(2009年4月30日発行)で知ったこと(1/4)。

徳間書店より2009年4月に加野厚志/著『女剣三国志 貂蝉』(徳間文庫、ISBN9784198929565)が700円で発売したとのこと。小説。

・トップページ - 徳間書店
http://www.tokuma.jp/

それで上記、徳間書店のサイトで探してみると、その情報がないような(汗)
徳間文庫なので、発売日は2009年4月3日なんだろうけど。

真・恋姫無双 -乙女繚乱☆三国志演義- 蜀書・外史 -荒野の決戦!(2009年5月30日)


  • 2009年3月27日(金) 12:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,248
小説 ・エンターブレイン
http://www.enterbrain.co.jp/
・マジキュー
http://www.enterbrain.co.jp/magical-cute/

上記「エンターブレイン」のサイトで検索すると下記に引用する情報が出てくる。

--引用開始-----------------------------------------------------
2009-05-30 真・恋姫 無双 ファミ通文庫 (著者)小林正親/(イラスト)片桐雛太、かんたか ほか 672円(本体640円+税)
--引用終了-----------------------------------------------------

小説かな?

※関連記事 マジキュー4コマ 真・恋姫無双

※追記 「真・恋姫†無双」キャラクターソングCD

※追記 真・恋姫無双~乙女繚乱☆三国志演義~呉書・外史

※追記 真・恋姫無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ 魏書・外史(2010年4月30日)

秘本三国志(一)(2009年3月25日)


  • 2009年3月13日(金) 12:50 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,468
小説 ・宣和堂遺事
http://sengna.com/
・三月の本  (※ブログ記事)
http://sengna.com/log/eid1442.html

 上記サイトの上記記事で知ったこと。

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

 2009年3月25日に中公文庫より陳舜臣/著『秘本三国志』(一)が刊行されるという。720円。
 というわけで、上記出版社のサイトより情報を下記へ引用。
--引用開始-----------------------------------------------------
中公文庫 2009年3月25日刊
秘本三国志(一)

ひほんさんごくし(1)

陳舜臣 著
ちんしゅんしん

後漢末、相続く天変地異、疫病の流行……。黄巾の乱をきっかけに、曹操・董卓・呂布ら、梟雄・智将が登場。乱世を制するのは誰か。壮大な戦国ドラマの幕開き。

文庫判
304ページ
定価720円(本体686円)
ISBN978-4-12-205132-4 C1193
--引用終了-----------------------------------------------------


 冒頭で示したブログ記事によると、昔は文春文庫から出ていたようだね。

仲達(2009年1月29日)


  • 2009年2月10日(火) 18:57 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,005
小説 ・書羅盤・チャイナブックナビゲーター
http://www.mag2.com/m/0000067662.html

・東方書店のホームページ<中国・本の情報館>
http://www.toho-shoten.co.jp/


 上記、メールマガジン『書羅盤・チャイナブックナビゲーター』2009年第3号(総186号)2009年2月10日発行によると、下記のような情報があった。

--引用開始---------------------------------------------------------
▲『仲達』 塚本青史 角川グループパブシッシング 四六 296頁 2009年1月
1,890円 9784048739207
孔明と仲達、本当はどちらが翻弄されたのか? 新たな視点から「三国志」のダー
クヒーロー・司馬仲達に光をあてた書き下ろし。
--引用終了---------------------------------------------------------

 それで下記、出版社のサイトを当たってみると、どうやら書き下ろし小説の塚本靑史/著『仲達』が角川グループパブリッシングから2009年1月29日に発売したようだね。1890円。

・web KADOKAWA - 角川書店・角川グループ
http://www.kadokawa.co.jp/

※関連記事 『三國志曹操伝』(塚本青史/著、11月下旬)

<追記>
内容については下記ブログ記事が参照になるかと。

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/

・02.『仲達』     (※上記ブログ記事)
http://3594h.blog95.fc2.com/blog-entry-43.html

※追記 仲達(角川文庫2012年1月25日)

三国志(2) 風雲の巻(2009年2月17日)


  • 2009年2月 9日(月) 01:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,705
小説 ・青い鳥文庫
http://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/

上記、講談社の「青い鳥文庫」のサイトによると、小学中級向けの小沢章友/作、山田章博/絵『三国志(2) 風雲の巻』(青い鳥文庫)が2009年2月17日発売とのこと。530円。
「(2)」となっているのは、『三国志(1) 飛龍の巻』(青い鳥文庫、530円 ISBN:978-4-06-285068-1)が2008年12月15日に発売していたそうな。

というわけで、上記サイトより内容を下記に引用。「呂布と戦う劉備ら三兄弟」ってことだから羅貫中『三国演義』がベースになっているんだろうね。
--引用開始---------------------------------------------------------
『三国志(2) 風雲の巻』
小沢章友/作 山田章博/絵

徐州を得た劉備(りゅうび)だったが、梟雄(きょうゆう)呂布(りょふ)により、国をうばわれてしまう。淮南には偽皇帝・袁術(えんじゅつ)が立ち、乱世は混迷を深めていた。そんなとき、曹操(そうそう)は漢の皇帝をむかえいれ、着々と勢力を拡大していた。曹操とむすび、呂布と戦う劉備ら三兄弟だが、戦いが熾烈(しれつ)をきわめた。一国をめぐる、男たちの熱き戦いの結末はいかに--!?

小学中級から
定価:530円(税込)
ISBN978-4-06-285077-3
--引用終了---------------------------------------------------------

<追記>
--引用開始---------------------------------------------------------
『三国志(3) ―激闘の巻― 』
小沢章友/作 山田章博/絵

最高権力者となった曹操(そうそう)は、ついに河北四州を擁(よう)する袁紹(えんしょう)と激突する! 天下分け目の激闘の行方はいったいどうなるのか……!? 一方、国を失い、曹操に追われた劉備(りゅうび)は、荊州の劉表(りゅうひょう)をたよって、落ちのびていく。そこで、劉備は、当世最高の軍師、諸葛孔明(しょかつこうめい)と出会い、天下三分(てんかさんぶん)の計をさずけられる。天下の覇(は)をきそう、英雄たちの命がけの激闘編!!

小学中級から
定価:530円(税込)
ISBNISBN978-4-06-285089-6
--引用終了---------------------------------------------------------

<追記>
--引用開始---------------------------------------------------------
三国志(4) —火炎の巻— 6/17頃発売

小沢章友/作 山田章博/絵
孔明(こうめい)の知略(ちりゃく)により、呉の孫権(そんけん)と同盟をむすぶことになった劉備(りゅうび)。劉備ら連合軍は、圧倒的な軍事力をほこる曹操(そうそう)軍に、赤壁(せきへき)でついに対峙(たいじ)する。孔明と鳳雛(ほうすう)は、連環(れんかん)の計で立ち向かうが!?
--引用終了---------------------------------------------------------

※→「7/4頃発売」に変更。
<追記>
--引用開始---------------------------------------------------------
三国志(5)—大願の巻— 8/31
頃発売

がんばってます
小沢章友/作 山田章博/絵
赤壁(せきへき)で100万の曹操(そうそう)軍をやぶった劉備(りゅうび)は、天下を魏(ぎ)の曹操、呉(ご)の孫権と三分するため、益州へと兵を進める。苦難の末、益州・荊州をあわせた蜀(しょく)を手に入 れ、天下三分の計が完成する!
--引用終了---------------------------------------------------------
※「9/17頃発売」に変更
<追記>
「12月17日頃発売」とのこと。
--引用開始---------------------------------------------------------
『三国志(6) 流星の巻』
小沢章友/作 山田章博/絵

ついに三国のうちの一国、蜀を手にいれた劉備軍。しかし、それは魏の曹操、呉の孫権との新たな戦いのはじまりにすぎなかった。漢中の地を曹操、孫権との激しい争いのすえ手にいれ、漢中王を名のった劉備だったが、それもつかの間、今度は関羽の守る荊州に曹操と密約を結んだ孫権の手がのびてくる! 長編歴史ドラマ、いよいよクライマックスへ!

小学中級から
定価:530円(税込)
ISBN978-4-06-285130-5
--引用終了---------------------------------------------------------

<追記>
「2月15日頃発売」とのこと。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志(7)
死生の巻
著者: 小沢章友
画家: 山田章博

発行年月日:2010/02/15
サイズ:新書判
ページ数:166
ISBN:978-4-06-285139-8

定価(税込):530円

三国の争い、ついにクライマックスへ
諸葛孔明、最後の戦い!
壮大な歴史ロマン、ここに完結!

魏の曹操と密約を結んでいた呉の孫権に荊州をおそわれ、関羽を失った劉備軍。悲しみにくれ、関羽の復讐を優先させようとする劉備に、孔明は冷静な作戦を伝えようとするが……。追いこまれた蜀は、もう一度勢いを取りもどせるのか!?魏・呉・蜀の三国の戦いも、いよいよクライマックスへ!壮大な長編歴史ロマン、怒濤の完結編!

※小学中級から
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<追記終了>

※関連記事 講談社と三国志

円卓三国志 諸葛鞠孔明の知謀!!(2009年1月23日)


  • 2008年12月17日(水) 12:01 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,440
小説

 ・宣和堂遺事
http://sengna.com/
・一月の本
http://sengna.com/log/eid1399.html

上記サイトの上記記事で知ったこと。

本田透/著、大田優一/画『円卓三国志 諸葛鞠孔明の知謀!!』が集英社のスーパーダッシュ文庫で2009年1月23日に発売とのこと。

・スーパーダッシュ文庫
http://dash.shueisha.co.jp/
・円卓生徒会シリーズ
http://dash.shueisha.co.jp/-entaku/

・しろはた~すべては大鉄の電波妄想…そんなふうに考えた時期が俺にも ...
http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/
※著者サイト

つまりライトノベルの異世界トリップ学園ものってことで、三国志の世界に行くんだろうね。
しかし、いつかどこかがやると思っていたが、ようやく出版社からの必要性が追い付いたんだね。


<追記>
上記サイト「スーパーダッシュ文庫」から内容紹介文を下記へ引用
--引用開始---------------------------------------------------------
赤壁の戦いの全貌を『円卓生徒会』のキャラたちが完璧に熱演!
田舎のワープア少年が何の因果か義勇兵から将軍、そして一国の主として成り上がっていく――。「三国志」を元にどうもどこかで見たことがあるようなキャラクターたちが赤壁の戦いへと誘われる。猫魔女・孔明? セーラー服の関羽に、蝶々仮面の趙雲? はちゃめちゃで、むちゃくちゃな円卓生徒会外伝が満を持して登場!
--引用終了---------------------------------------------------------

※追記 精恋三国志I(2010年4月10日)

※追記 ろくでなし三国志(2010年6月16日)

※追記 ここはボツコニアン 3 二軍三国志(2013年8月5日)
 

 

自衛隊三国志(世界文化社)


  • 2008年11月20日(木) 20:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,614
小説

 研究発表のノートの続きとか漢代関連の研究論文を読んだメモとか「三国志ニュース」で記事にしたいことはいっぱいあるんだけど、なかなかまとまった時間がとれず、その腹いせという訳じゃないけど、フラグメント化した時間の中で、後世の語りぐさにしようと、映画『レッドクリフ』に便乗した数々の消費財、あるいは消費システムを眺め悦に浸るという悪趣味に走っている。
そんな中で見かけたのが以下。世界文化社の三種。こうやって『レッドクリフ』関連で記事にするのは何度目だろう。

・世界文化社
http://www.sekaibunka.com/

※関連リンク
・Digital アリババコミックス
http://da.sekaibunka.com/


 

『小説レッドクリフ(上)』(2008年10月7日)


  • 2008年10月 4日(土) 10:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,816
小説

私事ながら最近、情報探索に時間が割けない状況なんだけど(消費の早さと浅さに諦念があり距離をとっているってのもあるが)、そういうときに有り難いことにタレコミ情報を頂く。

高里椎奈/著『小説レッドクリフ(上)』が2008年10月7日に講談社より900円で発行とのこと。

詳しくは下記、講談社のサイトで。

・講談社「おもしろくて、ためになる」出版を
http://www.kodansha.co.jp/

※関連記事 講談社と三国志

タイトル通り、映画『レッドクリフ』のノベライズとのこと。タイトルで「(上)」となっているのは恐らく映画『レッドクリフ』に合わせ、パート1のノベライズなんだろうね(二部作なので)。ちなみに読者プレゼント企画に「三国志キューピー」曹ピーVer.があるようだね。

・RED CLIFF 映画『レッドクリフ』公式サイト
http://redcliff.jp/

※関連情報 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

タレコミ情報を頂いた情報源によると発売は「10月3日頃」となっており、もう発売しているようだね。そこらへんは中国での小説と同じく映画公開より先行している。ちなみに中国の小説に対し日本の小説は訳とかではなく直接には無関係のようだね。もっとも中国のは映画『レッドクリフ』の脚本家が書いているので、直接関係があるといえばあるんだけど。
※追記 コメント覧にあるように『小説レッドクリフ(上)』には「映画にはないオリジナルストーリー」があるとのことなので、そういう意味で単純な訳本ってことじゃないんだね。

※関連情報 史杰鵬/著『赤壁』(2008年6月25日)

<10/8追記>

情報募集のコメント覧で情報を頂いたので下記に引用。講談社のサイトでのタイトルと日付が違うところは誤差の範囲だろうね。
--引用開始---------------------------------------------------------
三国志大作映画『レッドクリフ PartI』におきまして、劇場前売特典として限定特別生産し、全国映画館にて好評を博した『三国志キュービー(孔ピー、周ピー)』。

大好評につきシリーズ第3弾「曹操バージョン(曹ピー)」の生産が決定致しました!
本アイテムは10月上旬から全国の書店にて行われる「三国志フェア」にて『レッドクリフ』関連本購入者の中から抽選でプレゼントします!

【入手方法】
10月上旬より全国約2000店舗で実施の講談社「三国志フェア」関連書籍をご購入の消費者に抽選で3000名様にプレゼント。
【対象書籍】
・蒼天航路(発売中)
・映画『レッドクリフ』ノベライズ(10/15日発売)
・吉川英治「三国志」(10/15日発売)

http://redcliff.jp/campaign/

皆さんの御応募お待ちしております。


『レッドクリフ PartI』公式サイト http://redcliff.jp/
ブログクチコミ情報サイト「レッドクリフ3594」 http://3594.redcliff.jp/
--引用終了---------------------------------------------------------
<追記終了>



私的には、素人目に見て事前に根回ししてなさそうなクオリティが結構、当たり始めている点に注目している(実は「人形三国志」は『人形劇三国志』のことではなく、「孔ピー、周ピー」のことだったりして)。まぁ、営利団体同士なんだから当然の帰結といえばそうなんだけど。
 

宮城谷昌光/著『三国志』第七巻(2008年9月13日)


  • 2008年9月11日(木) 12:49 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,301
小説

・文藝春秋
http://www.bunshun.co.jp/

歴史書の陳寿撰『三国志』と同じ名前が付けられ、『文藝春秋』に連載中の歴史小説である宮城谷昌光/著『三国志』なんだけど、その七巻が2008年9月13日発売とのこと。1700円。
ちなみに作中の地の文で陳寿撰『三国志』が出てきたりすることもあるので、両者の区別に注意が必要。

上記サイト「文藝春秋」から以下に内容を引用する。

--引用開始---------------------------------------------------------
劉備、蜀を平定す
劉備は荊州四郡を押さえ、戦力は巨大化する。孫権、曹操と睨み合いながら、劉璋との戦いへ……。宮城谷版「三国志」怒濤の第7巻
--引用終了---------------------------------------------------------

スタートがスタートだけに、どこでエンドになるのか今から楽しみ。

あとまだ上記サイトでは情報がなく、未確認情報だけど、来月、文春文庫で発売されるようだね。
※追記。上記「文藝春秋」のサイトによると文春文庫の『三国志 第一巻』『三国志 第二巻』は2008年10月10日発売、各630円。

※関連記事 宮城谷昌光/著『三国志 第六巻』

※次巻 宮城谷昌光/著『三国志』第八巻(2009年9月16日)

※追記 三国志第三巻第四巻(2009年10月9日)