Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 09月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国志(希望の友1972年1月号 1971年12月6日-)


マンガ ※前の記事 副葬品が語る古代中国(東京都新宿区2021年12月5日)

 2021年10月17日日曜日、8時過ぎに出発。河原町駅に8時48分着。本数が少なくなっているのか、9時発。9時41分十三駅。最近、「延々と」の誤変換で「永遠と」と見かけるけど、もしかしてそのうち「一所懸命」が「一生懸命」になるぐらい定着する?10時45分、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 纒向デジタルミュージアム(2020年)

 11時10分、『パリピ孔明』(7)は2021年11月18日発売ね。連載を追いかけてないので事情をしらないけど、発刊ペースがかわった。

・『パリピ孔明(7)』(四葉 夕卜,小川 亮)|講談社コミックプラス
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000357628

※関連記事 パリピ孔明 6巻(2021年7月14日)

 それでマンガつながりだけど、ふと思い出したのが、横山光輝「三国志」の連載開始。そもそも1972年連載開始は知られていたけど、何月かはしばらく判らずに居た。下記関連記事で書いたのだけど、それが1月号で、そしたら雑誌の発売はその当時も号数の一ヶ月前だってことで意外と1971年12月発売の潮出版社の中高生向け雑誌『希望の友』から連載開始とのことだった。

※関連記事
 月刊コミックトム 創刊号(1980年4月15日)
 少年ワールド 1979年12月号(最終号1979年11月6日発売)

 この連載開始年月の何日が連載開始した号の発売日か?、つまり横山光輝「三国志」の連載開始年月日はいつか?ってのを知りたかったんだ、と思い出す(※この記事を書いている際、上記関連記事に何日か推測されていたのに気づいたけど、それがどういう理由かは不明なので)。
 ブックカフェCha-ngokushiには『希望の友』がいくつかあって、連載開始年月日の近い号の次号予告を見てみると、毎月6日発売とのこと。加えて、1971年12月の6日は平日なので、発売日のズレもなさそうだ。



といいうことで、横山光輝「三国志」の連載開始は1971年12月6日。下記関連記事にあるように、12月10日は歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日なので、半世紀記念(50周年記念)の2021年12月6日に、その日をマンガ三国志の日にすれば良いのにと無責任に思った。

※関連記事 12月10日は 歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日

三国志拾遺 正(2021年8月31日)


研究 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・満田 剛 (tmitsuda3594) on Twitter
https://twitter.com/tmitsuda3594

※関連記事 リンク:五輪と二階氏と三国志(朝日新聞デジタル 2021年5月18日)

・Twitter / tmitsuda3594: 非常に興味深いです。じっくり拝読させていただきます。 / 関尾史郎『三国志拾遺 正――史料・地域・対外関係』(Nakazato Labo)|ssekio #note https://note.com/nakazato211/n/n335dd5fc10ae ...
https://twitter.com/tmitsuda3594/status/1432616766476144640

 下記noteアカウントの下記ページ(上が目次、下記が本体)によると、2021年8月31日に関尾史郎(新潟大学名誉教授)『三国志拾遺 正ー史料・地域・対外関係』(PDF256頁、Nakazato Labo、ISBN 978-4-9912259-0-1)が1200円で発売したという。そのnoteは関尾先生によるものなのだけど、そのnoteの説明をみると引用するに「仕事の進捗状況や細やかな成果などを「関尾史郎のブログ」(http://sekio516.exblog.jp/)で発信してきましたが,ここではまとまった成果を発信していきます.」とのことだ。Nakazato Laboは神奈川県横須賀市にある関尾先生の研究所とのこと。

・ssekio | note
https://note.com/nakazato211

・『三国志拾遺 正ー史料・地域・対外関係』を刊行します.
https://note.com/nakazato211/n/n33300005f694

・関尾史郎『三国志拾遺 正――史料・地域・対外関係』(Nakazato Labo)
https://note.com/nakazato211/n/n335dd5fc10ae

・關尾史郎のブログ
http://sekio516.exblog.jp/

※関連記事 三国志の考古学(2019年6月)

副葬品が語る古代中国(東京都新宿区2021年12月5日)


  • 2021年11月 8日(月) 07:06 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    478
教育機関 ※前の記事 古代中国の24時間(中公新書2021年11月18日刊行)

 2021年10月16日土曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・柿沼陽平 Yohei Kakinuma (yoheikakinuma) on Twitter
http://twitter.com/yoheikakinuma

・Twitter / yoheikakinuma: きたる12月5日。対面とオンラインで講演します。題名は「副葬品が語る古代中国」。『古代中国の24時間』出版記念講演です。対面は新宿朝日カルチャーセンターで、先着順です。ぜひご興味があれば、いらしてください!!マーク https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/416ede15-ab89-3fad-2383-614194bc83e7 ...
https://twitter.com/yoheikakinuma/status/1449263575936036864

「下記関連記事の続きで講座を紹介」シリーズが感染症の影響で断絶してしまっているのだけどそろそろ復活できる兆しが出始めてきた。

※関連記事 【中止】原文で楽しむ「三国志演義」 (愛知県豊田市2020年3月1日)

※新規関連記事 三国志列伝(大阪市東住吉区2021年11月13日-12月25日全6回)

下記サイトの下記ページによると、東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階 朝日カルチャーセンター新宿教室またはオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーにて2021年12月5日日曜日13時から14時30分まで早稲田大学文学学術院教授 柿沼陽平先生による講座「副葬品が語る古代中国 「古代中国の24時間」出版記念」があるという。「受講料(税込) 会員 3,300円 一般 4,400円」「設備費(税込) 165円」とのこと。

・朝日カルチャーセンター | 新宿教室
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/

※関連記事 興亡の中国古代文明史 三国志の時代(東京都新宿区2019年7月24日-9月11日)

・副葬品が語る古代中国
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/416ede15-ab89-3fad-2383-614194bc83e7

※関連記事 第3回“三国志”の作り方講座(東京都新宿区戸山2019年10月26日)

・柿沼陽平研究室
http://yohey0806.sun.macserver.jp/

※関連記事 リンク:魏晋時代の人びととそのつながり(2016年2月)

ある地方官吏の生涯(2021年7月)


研究 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 中国文学の歴史 古代から唐宋まで(2021年10月)

・Twitter /toho_jimbocho: ‏【入荷情報】2021年8月 『ある地方官吏の生涯 木簡が語る中国古代人の日常生活 /京大人文研東方学叢書9』(宮宅潔 著/臨川書店/税込3,300円)が本日、東方書店 東京店(神田神保町)に入荷しました!店頭在庫あり。 通販は https://toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4653043799&bookType=jp (東方書店の通販サイトにジャンプします) ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1430043470886936576

・国内書 ある地方官吏の生涯 木簡が語る中国古代人の日常生活
https://toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4653043799&bookType=jp

下記の出版社サイトの書籍ページによると、臨川書店より2021年7月に宮宅潔『ある地方官吏の生涯 木簡が語る中国古代人の日常生活』(京大人文研東方学叢書 9、ISBN: 978-4-653-04379-9)が3300円(税込)で刊行されたという。目次を見ると一見、三国と無関係に見えるが、三国の制度に密接に関係する前の時代について書かれている。

・株式会社 臨川書店 RINSEN BOOK CO. | 創業1932年 京都の学術古書・出版
http://www.rinsen.com/

※関連記事 中国古代車馬研究(2018年10月19日)

・ある地方官吏の生涯
http://www.rinsen.com/linkbooks/ISBN978-4-653-04379-9.htm

※関連記事
 多民族社会の軍事統治(2018年4月)
 古代中国の24時間(中公新書2021年11月18日刊行)

古代中国の24時間(中公新書2021年11月18日刊行)


  • 2021年11月 6日(土) 23:32 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    296
書籍 ※前の記事 リンク:孫策・周瑜の「断金」の交わりの歴史的背景(東洋哲学研究所紀要第28号 2012年12月)

 2021年10月11日月曜日、下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・柿沼陽平 Yohei Kakinuma (yoheikakinuma) on Twitter
http://twitter.com/yoheikakinuma

・Twitter / yoheikakinuma: 柿沼陽平『古代中国の24時間ーー秦漢時代の衣食住から性愛まで ーー』(中央公論新社、2021年)が刊行されます!! 新著です。朝から晩まで、秦漢時代を中心に、戦国時代や三国志の時代もふくむある1日24時間の歴史です。プロモ動画もご覧いただければ。 #古代中国の24時間 https://www.youtube.com/watch?v=2kPkFs9TXmE ...
https://twitter.com/yoheikakinuma/status/1447483401766785036

下記サイトの下記ページによると2021年11月18日に中央公論新社より柿沼陽平『古代中国の24時間 秦漢時代の衣食住から性愛まで』(中公新書 ISBN978-4-12-102669-9)が1056円(税込)で刊行されるという。後で引用する文を見ると、『三国志』が対象とする時代も含まれるようで。

・中央公論新社
http://www.chuko.co.jp/

※関連記事 戦乱中国の英雄たち(2021年5月10日)

・古代中国の24時間|新書
https://www.chuko.co.jp/shinsho/2021/11/102669.html

※関連記事 魏志倭人伝の謎を解く(2012年5月25日)

※新規関連記事 ある地方官吏の生涯(2021年7月)

・柿沼陽平研究室
http://yohey0806.sun.macserver.jp/

※関連記事 メモ:三国志学会 第十五回大会 報告(2020年9月13日)