Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2023年 03月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

新人物往来社サイトリニューアル(2009年12月24日)


  • 2009年12月25日(金) 20:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,536
書籍 たびたび「三国志」の特集が組まれたり、「三国志」の別冊が出たりする雑誌に月刊『歴史読本』というのがある。その雑誌を出す出版社は新人物往来社であり、そのウェブサイトの説明文によると「月刊歴史読本の刊行をはじめ歴史愛好家のための歴史総合出版社。」と言うことで歴史に特化したところだ。
その出版社のサイトが2009年12月24日にリニューアルされたという。

・新人物往来社
http://jinbutsu.chukei.co.jp/
※ちなみに以前のURLは「http://www.jinbutsu.co.jp/」

リニューアル前のサイトには「中経出版 新人物往来社は、 平成20年11月26日から中経出版のグループ会社となりました」という文が掲げられていて、情報が滞っていたがようやく雑誌、書籍、文庫についての新鮮な情報が出るようになっている。

以前から記事にしようとしていたんだけど、ネットで情報源がないもんだから、リニューアルした今になってようやく記事にする。何かというと月刊『歴史読本』2009年10月号「中国4000年 皇帝 覇業への道」(1090円)に、上記サイトから下記へ目次を引用するように『三国志』関連の記事がある。「皇帝」なのに「紀」じゃなくて「伝」ってあたりと、「皇帝をめざした男」に袁術はともかく曹操も含まれているのがツッコミどころかな。でも、それを言ったら「献帝」が含まれているし。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【人物クローズアップ】
三国志 皇帝伝――三国志を彩る皇帝をめざした男たちの実像
曹操・劉備・孫権・袁術・献帝
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第一回英傑サロン(2010年1月23日)


  • 2009年12月24日(木) 23:21 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,036
場所  下記サイトのRSS配信で知ったこと。

・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/

・1/23第一回英傑サロン開催!  (※ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1381

<リンク追記>第一回「英傑サロン」報告と今後の日程!  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1393

<リンク追記>第三回「英傑サロン」報告と次回予定  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/1465

 上記ブログ記事によると、2010年1月23日土曜日(17時半から2時間弱予定)を第一回として毎月一回、「KOBE鉄人三国志ギャラリー」(神戸市長田区)にて「英傑群像」主催で「英傑サロン」という参加型企画を開催するという。
 費用は500円というお手頃価格で、先着50名限定とのこと。応募方法は1月20日締切で上記サイト「英傑群像」の問い合わせページから、もしくは「KOBE鉄人三国志ギャラリー」まで電話するとのこと(安全性を考慮し、その電話番号をここで書くつもりはないが下四桁が「3594」であることを思わず書かずにはいられない・笑)。

・KOBE鉄人PROJECT|鉄人28号・横山光輝三国志|光プロ|神戸市
http://www.kobe-tetsujin.com/

※関連記事 「英傑群像」グッズショップ開設予定(2009年12月6日)

 また上記ブログ記事に第一回内容も書かれてあるので、以下に引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内容:
    ・ギャラリー展示品の江戸時代三国志双六大会
    ・横山光輝三国志トランプを使ったトランプ大会
    ・映像を使った三国志紹介イベント
    ・その他交流会
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横山光輝「三国志」カレンダー2010(応募終了)


  • 2009年12月23日(水) 23:25 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,705
ネット 検索語句から気付いたんだけど、気付いたときにはすでに応募が締め切られていた。

・潮出版社 USIO
http://www.usio.co.jp/

何かというと上記サイトで2009年12月16日より上記サイト限定で「【先着100名様限定】オリジナルカレンダー2010をプレゼント!」という企画が始まっており、その中の三つのカレンダーのうち一つに「横山光輝「三国志」カレンダー2010」というのがあった。冒頭で書いたようにもう応募は終了している(この唐突な流れは企画にスクリーニングをかけたんだろうか)。
どういうカレンダーかというと、まず上記サイトの該当ページのimgタグのaltから下記へ引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横山光輝「三国志」カレンダー2010 第3回・神戸「三国志祭」の展示ブースで話題を独占した横山光輝・愛蔵版「三国志」の企画ポスターがカレンダーになりました。ビジネスにも人生にも効く[三国志の智慧]満載のカレンダーです。 (大好評で応募受付終了しました。)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そのページから1月のカレンダーの拡大画像を見ることができる。横山光輝/著『三国志』(漫画)の一コマ(張飛が酒で失敗し後悔しているシーン)が素材に採用されており、それにキャッチコピーが添えられており、なかなか良い感じ。

※関連記事
 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)
 横山光輝『三国志』カレンダー2009
 横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻)

メモ:歴史漫画における少年漫画と少女漫画との違い


  • 2009年12月22日(火) 19:16 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,034
マンガ  今回も多少、前置きが長い。

・京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

・国際学術会議「世界のコミックスとコミックスの世界」| 京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/event/study/isc01.php

 上記リンク先にあるように2009年12月18日から20日まで京都国際マンガミュージアムにて国際学術会議「世界のコミックスとコミックスの世界」が開催された。知っている分で、関連する登壇者のブログ記事へのリンクを下記に列挙する。

・夏目房之介の「で?」
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/
・京都国際シンポ終了  (※上記ブログ記事)
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2009/12/post-03e7.html
※追記
・国際シンポ12月18日ワークショップへのコメント  (※上記ブログ記事)
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2009/12/post-f0c9.html
※追記
・2009.12.18 グルンステン氏の発表後の質疑  (※上記ブログ記事)
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2009/12/20091218-a376.html

・小田切博の「キャラクターのランドスケープ」
http://wiredvision.jp/blog/odagiri/
・「マンガの国際学術会議」が日本で開かれる意義  (※上記ブログ記事)
http://wiredvision.jp/blog/odagiri/200911/200911241400.html
・間抜けな話  (※上記ブログ記事)
http://wiredvision.jp/blog/odagiri/200912/200912221500.html

知ったかぶり三国志(2009年12月1日)


  • 2009年12月21日(月) 01:25 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,783
書籍 毎日コミュニケーションズからこんなのが出ていた。

ビジュアル雑学委員会/著『知ったかぶり三国志 ~ビジュアル雑学ブック~』(ISBN978-4-8399-3343-2)が2009年12月1日に1344円で発売したとのこと。どうやら「知ったかぶり」シリーズみたいなのが同社であるようだね。表紙を見ると、何一つ出土史料から参照されていない絵なので、タイトル通り「知ったかぶり」感が前面に出ていて判りやすく良い感じ。

・MYCOM BOOKS - HOME
http://book.mycom.co.jp/

※関連記事 ニンテンドーDS用ゲーム二種

・MYCOM BOOKS - 知ったかぶり三国志 ~ビジュアル雑学ブック~
http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-3343-2/978-4-8399-3343-2.shtml