Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 07月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

三国伝 豪傑大全


  • 2008年6月 5日(木) 12:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,288
玩具 「三国伝 豪傑大全」とよく検索されるので再検索してみると、どうやら8月に『BB戦士 三国伝』とは別にそういうPVCフィギュア(つまりプラスチックの人形だね)がでるようだね。
まだ公式サイトの方で情報が出ていないようなのでとりあえずメモがてら書いておく。

・BB戦士三国伝 ~英雄激突編~
http://sangokuden.net
・バンダイホビーサイト
http://bandai-hobby.net/


・玩具、模型の通販サイト ホビーショップミドリ
http://www6.ocn.ne.jp/~midori-b/

上記「ホビーショップミドリ」のサイトから下記へ引用。

--引用開始---------------------------------------------------------
三国伝 豪傑大全
 虎牢城之章 
 赤壁之章

バンダイ
■8月発売予定
■商品説明画像
 
三国伝の彩色済みPVCフィギュア
パッケージは三国伝の歴史書をイメージしたボックスタイプ
ペーパークラフトや今石画伯書き下ろしの取説絵巻が付属されます
--引用終了---------------------------------------------------------


<8月7日追記>
バンダイホビーサイトから下記に引用。
--引用開始---------------------------------------------------------
三国伝 豪傑大全 虎牢城之章

○¥2,100(税5%)
○ 8月7日出荷予定
●8体の彩色済みフィギュアとペーパーストラクチャで虎牢城の戦いを再現!
●劉備ガンダム、張飛ガンダム、関羽ガンダム、曹操ガンダム、孫権ガンダム(天玉鎧覚醒モード)、呂布トールギス、張遼ゲルググ、董卓軍部隊兵のフィギュアがセット
●虎牢城を再現したペーパーストラクチャと情景シートを組み合わせて戦場を演出、情景シートの裏は「三国伝 豪傑大全 赤壁之章」(別売)に付いている物と組み合わせると三璃紗の地図を再現可能
●三国伝の物語をまとめた取り説絵巻が付属
▲ページのトップへ戻る


三国伝 豪傑大全 赤壁之章

○¥2,100(税5%)
○ 8月7日出荷予定
●8体の彩色済みフィギュアとペーパーストラクチャで赤壁の戦いを再現!
●趙雲ガンダム、孔明リ・ガズィ、孫権ガンダム、周瑜ヒャクシキ、甘寧ケンプファー、曹操ガンダム(天玉鎧覚醒モード)、司馬懿サザビー、曹操軍部隊兵のフィギュアがセット
●船のペーパーストラクチャと情景シートを組み合わせて戦場を演出、情景シートの裏は「三国伝 豪傑大全 虎牢城之章」(別売)に付いている物と組み合わせると三璃紗の地図を再現可能
●三国伝の物語をまとめた取り説絵巻が付属
--引用終了---------------------------------------------------------


<追記終了>


※関連記事
 三国伝キャラクター人気投票2008
  ※三国志ニュースでは三国伝関連すべては追記しこの記事にまとめている

※追記 『BB戦士三国伝 ~英雄激突編~』公式サイトリニューアル(2008年8月1日)

データベース消費が加速している感じだな。

赤兎馬Presents「三国志の宴3」第2部レポ


  • 2008年6月 5日(木) 12:16 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,766
ショー ・三国志ブランド「赤兎馬」
http://www.plastic-rouge.com/souten/
・赤兎馬 Presens「三国志の宴3」三国志イベント情報
http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/ibe/utage_2008.htm

※目次 赤兎馬Presents「三国志の宴3」レポ

※前記事 赤兎馬Presents「三国志の宴3」第1部レポ


 ここで全てのカーテンが開けら北側から外光が入れられる。MC曰く、その理由は第2部でおもしろ三国志さんを外に晒すからとのこと。笑いを誘う。そんな感じで「第2部 おもしろ三国志氏スーパーライブ!!」を偽悪的に紹介していく。

・おもしろ三国志の【諸葛孔明IN THE HOUSE】
http://sango94.blog26.fc2.com/
・三国志の宴3 終了
http://sango94.blog26.fc2.com/blog-entry-65.html

 松本キックさんによると、ライブに出てまったく受けなくて(おもしろ三国志さんが)すごく落ち込んで、活動休止にすると言ったそうな。それでも「三国志の宴3」出演の声かけたら、「これはやります」と言ったとのこと(笑)
 さらに第2部への前降りとして、MCがライブ中、「TOKYO CULTURE CULTURE」の目の前にあるパレットタウンの大観覧車に乗るよう煽り、会場の爆笑を誘っていた。どうも無線マイクは大観覧車の下部では届くとかで。
 というわけで15分間の休憩。

 休憩中、周りでmixiの話などしていた。


●第2部 おもしろ三国志氏スーパーライブ!!

 会場の音楽が替わりMCが出てきて、窓を通じて見える外の様子を「修学旅行生ですか」と言っていじりだす。というのも逆に言えば外から中の会場が丸見えということで、暗におもしろ三国志さんにプレッシャーを与えており、それを察する観客を笑わせていた。
 ここで今まで集まったアンケートを読んだりと、アンケート提出の呼び掛け。
 アンケートの「7 「三国志の宴」に呼んで欲しいゲストはだれですか?」で『蒼天航路』の作者の王欣太先生が挙がっており、MCによると主催の柄沢さん曰くもちろん視野には入っているとのこと(場内歓声が挙がる)。しかし王欣太先生は大阪に住んでいるそうだって話になり、その流れで「三国志の宴」大阪篇?なんて話が出ていた。
 ここで別のアンケートで「5 三国志が好きで得した事は?または損した事は?」の回答として「(得した事で)おもしろ三国志さんに出会えたこと」が挙がっていた。MCは「残念ながら損した事ですね」と言って場内の笑いを取り、徐々にライブへの気を向けている。
 そしてMCによる、やはり笑いを誘う偽悪的紹介。「前回と同じですよ」とか(笑)

※参照記事 赤兎馬Presents「三国志の宴2」第2部

 そしてDJ急行さんが大観覧車の一回分の料金(※公式サイトでは900円とのこと)として、その場に千円札を置いて乗るよう煽り、場内を湧かせる。

DJ急行さん「写メを撮りたい方、撮ってください。思い思いの画像をネットにアップして下さい!」
 (場内笑。※というわけでお言葉に甘え写真をアップしてみる)




DJ急行さん「スーパーライブ! おもしろ三国志!」


というタイトルコールで14:15ごろ、おもしろ三国志さん、右手の控え室より音楽と共にやってくる。前回と同じく。朝服のようなゆったりした服を纏って、『蒼天航路』の曹操メイクに左目に矢付きの眼帯をし、冕冠を被り、スニーカーを履いた姿。

おもしろ三国志さん「一年ぶりだ、義兄弟」
 (場内歓声)
おもしろ三国志さん「今日、初めておもしろ三国志を見る諸君らは、今日から俺たちの義兄弟だ」
 (場内歓声)
おもしろ三国志さん「明日、死ぬかもしれないけど」
 (場内爆笑)


という感じで観客を掴み、実はDJ急行さんが大観覧車に乗ることを煽っていたことはネタバレでありハードルを上げられたことを告げ笑いを誘う。さらには千円札を懐に入れ会場の笑いを誘う。
 タイトルコールから一曲目に入る。


1. 呂伯奢

 ミニマルな音の中、曹操の名言「寧教我負天下人、休教天下人負我。」(『三国演義』第四回「廢漢帝陳留為皇、謀董賊孟徳獻刀」)をフィーチャーしたセリフ(日本語)を何回か言っている。観客は手拍子したり掛け声入れたり大盛り上がり。
 おもしろ三国志さんは『三国演義』のこのシーンのセリフをバックの声に合わせて効果的に言う(バックはアニメ『横山光輝 三国志』のサンプリング?) 「やってしまったものはどうにもならん!」とか。
 パフォーマンスは左右に長い会場を目一杯使って、左奥に居る観客を玩具の刀で斬りつけたり、右奥に居る観客を斬りつけたり(今回、通路が広いのでうまく利用し動きまくり・笑)。
 曲終了。一斉に「おもしろーい!」の掛け声。


 やはり窓越しの少し離れた通路を通る人のチラチラと見る視線が気になるようでそれをネタに場内を笑わせていた。

おもしろ三国志さん「諸葛亮孔明、好きな人も嫌いな人も居るだろうと思う。そんな愛され憎まれている諸葛亮。みなさんはどんなイメージを持つだろうか。賢い…先が見通せる…でも戦がうまくない」
 (場内笑)
おもしろ三国志さん「でもオレの考える諸葛亮は忠義者のイメージ……」
おもしろ三国志さん「……なぜシーンとした? 『わかるー』とか言わないのか?」
 (場内笑)


というような感じで次の曲に導きタイトルコール。


2. 出師の表

 やはりミニマルな音が流れ出す。おもしろ三国志さんの手には出師の表が書かれたと思わしきトイレットペーパー。

おもしろ三国志さん「諸葛孔明、諸葛孔明、諸葛孔明、諸葛孔明、諸葛孔明、諸葛孔明、諸葛孔明、IN THE HOUSE!」

と叫んだ後、「出師の表」をリズミカルに連呼。そっからひたすら「出師の表」を唱えていく。元ネタは『三国志』蜀書諸葛亮伝の建興五年の諸葛亮の上疏、出師表ね。

 パフォーマンスは、もう「出師の表」かどうか判別できないぐらいの何かを唱えながら左右に長い会場を所狭しと練り歩くこと。行った先々で大盛り上がりの観客。
 途中で気付いたんだけど、ハンドカメラから三つのスクリーンに同時に映し出される映像はパフォーマンスをするおもしろ三国志さんだけじゃなく、会場の外も交互に映している。つまり観客に会場の外の通行人のリアクションも意識して貰って、おもしろ三国志さんの置かれている状況を笑いに換えるというものだろう。

 曲終了。一斉に「おもしろーい!」の掛け声。


おもしろ三国志さん「はい、そういうわけで…」


と急に素に戻って、観客をわかせる。

おもしろ三国志さん「今日はみんなの顔を一人一人絶対、覚えて帰るから!そうだろう!」
(場内笑)
おもしろ三国志さん「…って昔、LUNA SEAのボーカルのRYUICHIがMCで言っていた…東京ドームで言っていた!」
 (場内爆笑)


 ここでおもしろ三国志さん近くにある限定いも焼酎「赤兎馬」(※例によって一杯500円でメニューに加わっている)の一升瓶を持ち右手前の客の前にコップを置いてその焼酎で注ぐ。客に飲ませるのかと思ったら、自分で飲んで、場内の笑いを取っていた。
 やはり少し会場の外に言及し、笑いを誘っていた。

おもしろ三国志さん「では、もう三年連続やっているから…興味ある人も、ない人も…三国志ごっこを!」
 (場内から歓声と拍手が挙がる)


 ここで好例の劉備の妻役募集。
 清岡の後に座る闇月さんが勢い良く手を挙げ、おもしろ三国志さんの目にも留まったんだけど、「遠いから」という理由で、同じ列の手前の人に、阿斗を模したキューピー人形が託され、やはり場内の笑いを誘っていた。
 そしていつもの青釭の剣を模した玩具の剣……と思いきや実は二代目の剣とのこと。初代は大阪のライブで粉々に砕けた、と言って会場爆笑。

 次に夏侯恩役として右手前の人が選ばれる。

おもしろ三国志さん「そして三年連続、趙雲役はオレ!」
 (場内笑。「おもしろーい」の掛け声と拍手が沸き上がる)


 おもしろ三国志さんのタイトルコールで次の曲が始まる。


3. 奥方様

おもしろ三国志さん「奥方様はいずこ…」


とやはりサンプリングしたアニメ『横山光輝 三国志』(※未確認)の声に合わせたセリフを語り上げる。曲調はやはりミニマルだけど高い電子音が印象的。間隔を開けて「奥方様~」と効果的に言っている。

 元ネタは『三国志』蜀書趙雲伝にもある「及先主為曹公所追於當陽長阪、棄妻子南走、雲身抱弱子、即後主也」というより青釭剣が出ているあたりなどを見ると『三国演義』の「第四十一回:劉玄徳攜民渡江、趙子龍単騎救主」といった方がより正確。

 そしておもしろ三国志さんによるセリフ語り。その次にアニメ『横山光輝 三国志』(※未確認)のナレーションが入る。
 青釭の剣を模した玩具の剣をシャキーンという音と共に振って、戦いを模している。
 やはり「奥方様~」と曲に合わせタイミング良く発声。
 「三国志ごっこ」を標榜しているだけあって、セリフもパフォーマンスも演劇的。

 最後、舞台で阿斗を無造作に捨てて終了。会場から「おもしろーい」とかけ声。


 面白がって青釭の剣を振ってシャキーンと何度も鳴らし客をわかせる。

おもしろ三国志さん「さて、さっきMCの急行さんが『新曲なんてあるわけねぇーじゃん』と言っていたが一応、作ってきた」
 (会場で歓声と拍手が挙がる)


おもしろ三国志さん「董卓の配下につき、反董卓連合を凌駕し続けた者は誰? サンハイっ!」


と観客に質問を投げかけ、観客は思い思いのことを言う。前回の「苦肉の計」前の問い掛けのこともあってか、素直に「呂布」という声より「華雄」という声の方がよく耳に付いた(※ちなみに清岡は「徐栄」と言っていた)。


おもしろ三国志さん「華雄でーす」
 (場内笑)


 ここで曲のフライングがあったけど、おもしろ三国志さんに制止される。会場から「おもしろーい」との声。

おもしろ三国志さん「華雄のセリフはしゃべりません……しゃべるのは、ただ部下にわめきちらしている袁紹…」
 (会場で歓声と拍手が挙がる)
おもしろ三国志さん「袁紹はホント曲にしやすいんです。いちいちしゃべることが情けなくて情けなくて」
 (場内笑)

というわけで次の曲のタイトルコール。


4. 諸侯らに華雄を討てるものはいるのか
 (※「諸」と「ら」で重語になっているね)

 やはりミニマルな低音から入る。アニメ『横山光輝 三国志』(※未確認)からサンプリングしたセリフが入り、おもしろ三国志さんがそれに追随しセリフを言う。
 元ネタは『三国演義』「第五回:發矯詔諸鎮應曹公、破關兵三英戦呂布」。
 ここで少し曲が止まりサンプリングした「関雲長、華雄の首を挙げてご覧に入れましょう」のセリフ(※『三国演義』の「小將軍願往斬華雄頭、獻於帳下!」に相当する)が流れ、おもしろ三国志さんがスパイダーマンのマスクを取り出し、それを頭から被る。つまり赤いスパイダーマン→赤ら顔関羽を意味している。会場大盛り上がり。
 曲は流れているんだけど、なぜかおもしろ三国志さん、右奥の楽屋に消えていく。

 再び楽屋からあごひげを付け青龍円月刀を持って登場。つまり関羽の役に成りきっている。そして華雄の首を模した風船にキン肉マンのマスクを被せたものを取り出し、酒を飲んで言う。

おもしろ三国志さん「まだ暖かい」
 (会場で歓声と拍手がわき上がる)

 というわけで曲終了(※『三国演義』の「酒當温時斬華雄」ってやつね)。


おもしろ三国志さん「さっき楽屋に行ったとき、マイクがオンになっていることを忘れ『ま、終わりよければ良いか』と呟いてしまった」
 (場内笑)
おもしろ三国志さん「(楽屋の)みんな顔面蒼白だった」
 (場内笑)
おもしろ三国志さん「まぁ初めてやる曲はこんなもんだ」
 (場内笑)


 ここでいきなり裏話。あごひげ本当は口ひげも付ける予定だったけど、汗で付かなかったことを告げ、会場の笑いを誘っていた。

 ここで観覧車に乗ることを仄めかし、みんな後を着いてくるよう呼び掛け、会場大盛り上がり。
 しかしおもしろ三国志さんの準備ができておらず(剣がない)、しばし探し、ようやく見つかりタイトルコール。


5. 董卓討つべし

 「董卓討つべし討つべし討つべし討つべしべし」とラップ音が何度も入り、それにリズムがのり、会場も手拍子で呼応。後は「董卓董卓董卓董卓」とか「董董董卓討つべし」とかリズミカルに何度もセリフが入る。
 とここまでは前回と一緒だが、「董卓討つべし」とバックで流れる中、ついに会場の外に出る。ハンディカメラが後を追い会場の三つのスクリーンにその様子が映し出される。無関係な通行人がキョトンとしている様子が画面にチラリチラリと映り面白さを際立たせる。
 どうやら大観覧車の入り口まで行ったがそのまま引き返してきたらしい。
 それでも外を練り歩き、おもしろ三国志さんが会場すぐ外の階段を降りると、逆に階段を上がってくる女性二人組と遭遇。そのアクシデントに会場内大うけ。しかしそのままおもしろ三国志さんはおずおずと引き返す。

 曲終了。一斉に爆笑と「おもしろーい!」の掛け声。


おもしろ三国志さん「はい、そういうわけで…」


と素に戻り、今回、会場で販売しているCDの宣伝。今回は前回と違い、特典として所々で収めた映像集が入っているそうな。おもしろ三国志さん、「なんとせこい商売」や「去年買った人はどう思っているのだろうか?」と自己ツッコミしていた(笑)
 そして先ほどの会場に出た話になる。

おもしろ三国志さん「一人は来てくれるんじゃないかなーと思っていたんだけど、表に出たら観覧車の案内の人が同じテンションで『観覧車こちらで~す』って」
 (場内爆笑)
おもしろ三国志さん「Zeppは、下からなんかギャルっぽい人みたいなのが現れて『ウザぁ』って顔で睨まれた」
 (場内爆笑)
おもしろ三国志さん「今はその時ではないと思ってしまった」
 (場内爆笑)


というわけでライブ終了。MCが出てきてしばしトーク。

MC「『董卓討つべし』で誰か着いていくかなと思ったら誰も着いていかなかった」
 (場内笑)


 MCが今後のライブの予定を聞くと「ありません」とのこと。そうライブ休み中なのだ。でも「三国志の宴4」があれば出演するとのこと。ここで会場にどんな人物のネタをやりたいか問い掛けていた。そこでおもしろ三国志さん曰く「次は黄忠、作ります」とのこと。
 ここで休憩10分間。

(※今回は会場の地の利をうまく利用し前回より個人的に面白かったなぁ、と清岡は思っていた)


※次記事 赤兎馬Presents「三国志の宴3」第3部レポ

※追記 速報:おもしろ三国志、サマソニ出陣!

三國志-<赤壁大戦>(2008年8月8日 いいだ人形劇フェスタ)


  • 2008年6月 4日(水) 18:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,988
場所 ・飯田市川本喜八郎人形美術館
http://www.city.iida.nagano.jp/puppet/kawamoto/
・いいだ人形劇フェスタ情報 2 「三國志-赤壁大戦」
http://www.city.iida.nagano.jp/cgi-bin/puppet/kawamoto/info/c-board.cgi?cmd=one;no=56

上記、「飯田市川本喜八郎人形美術館」の公式サイトによると、いいだ人形劇フェスタにて台湾の亦宛然(イーワンラン)掌中劇団による『三國志-<赤壁大戦>』が上演されるとのこと。布袋戯(プータイシ 片手遣い人形)による劇だそうな。引用した方が正確で早いので上記、公式サイトより下記に引用。

--引用開始---------------------------------------------------------
 ■劇団名:亦宛然(イーワンラン)掌中劇団 (台湾)
 ■演目:三國志-<赤壁大戦>
     「赤壁の戦い」後の曹操敗走のストーリーを中心に上演予定
 ■日時:8月8日(金)午後7時~ ※上演時間60分
 ■会場:シルクホテル(飯田市錦町1-10 美術館から徒歩15分)
 ■定員:200名
 ■観覧対象:小学校低学年以上
 ■技法:布袋戯(プータイシ 片手遣い人形)
 ■観覧料:2200円
     人形劇フェスタワッペン(参加証)700円+有料公演チケット1500円

   ※ワッペンを着用した方は、フェスタ期間中、当美術館に無料入館できます

 ■発売日:7月1日(火)
      ワッペン・有料公演チケットとも同日発売

 ■販売窓口:ワッペン→川本喜八郎人形美術館・飯田文化会館など
            当日、各公演会場でも購入可
       有料公演チケット→前売り券:飯田文化会館 当日券:各公演会場

  ※有料公演チケットは電話予約、郵送も行っています。
--引用終了---------------------------------------------------------

※関連記事
 飯田市川本喜八郎人形美術館で『横山光輝 三国志』(アニメ)上映
 飯田市川本喜八郎人形美術館のしおり

※追記 日中合作「三國志」飯田公演(2008年9月23日祝日)

宮野・遊佐の帰ってきた鋼鉄三国志~らじお伝~(2008年6月14日)


  • 2008年6月 4日(水) 18:23 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,135
ラジオ アニメ『鋼鉄三国志』の放送開始(テレビ東京、2007年4月5日深夜)に先立ち、陸遜伯言役の宮野真守さんと諸葛瑾子瑜役の遊佐浩二さんをメインパーソナリティに据えタイアップ的に2007年1月6日深夜から毎週土曜日深夜にラジオ番組『宮野・遊佐の鋼鉄三国志らじお伝』(文化放送(1134khz))の放送が始まり2007年12月29日深夜に放送終了した(当初の放送時間は25:45-26:00だったのがいつの間にか26:30-26:45に変わっていた)。

そのラジオ放送が同じく文化放送で2008年6月14日28:00に『宮野・遊佐の帰ってきた鋼鉄三国志~らじお伝~』として一回のみ放送されるとのこと。

・鋼鉄三国志
http://www.koutetsu-sangokushi.jp/
・宮野・遊佐の帰ってきた鋼鉄三国志~らじお伝~ (※公式サイトブログ記事)
http://www.koutetsu-sangokushi.jp/admin/archive/113

・超!A&G
http://agqr.jp/

あまり関係ないが次回(7月1日深夜)のテレビ番組「アニメギガ」のゲストは宮野真守さん。

・アニメギガ
http://www.nhk.or.jp/animegiga/

※関連記事
 『鋼鉄三国志』関連情報
 『宮野・遊佐の鋼鉄三国志らじお伝』終了(2007年12月29日)

赤兎馬Presents「三国志の宴3」第1部レポ


  • 2008年6月 4日(水) 12:10 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,603
ショー ・三国志ブランド「赤兎馬」
http://www.plastic-rouge.com/souten/
・赤兎馬 Presens「三国志の宴3」三国志イベント情報
http://www.plastic-rouge.com/souten/saito/ibe/utage_2008.htm

※目次 赤兎馬Presents「三国志の宴3」レポ

 まず右手奥の控え室からステージに登場したのはMCのDJ急行さんとセラチェン春山さん。
 DJ急行さんから、赤兎馬Presents「三国志の宴3」、とタイトルコール。

DJ急行さん「下(一階)、Hey! Say! JUMP、いるらしいですからね」


と場内の笑いを誘う。その次にMCの松本キックさん登場。

松本キックさん「出てきて早々、皆様にお詫びがあります…下に居るのはHey! Say! JUMPじゃないそうです。急行くんがおもしろ三国志にガセネタを掴まされたそうです」


とさらに場に爆笑を重ねる。トークは会場のこと(地上に出たとかお台場とか)や二日でソールドアウトしたことなど言及し、場を暖める。

 そして今回のイベントの主催者である赤兎馬の柄沢さん登場。

 そして好例の「桃園結義」を模した乾杯へ。
 スクリーン三つにその文言が映し出される。これを皆で読み上げた後、乾杯(カンペイ)するといった流れ。ちなみにBGMはアニメの『横山光輝 三国志』のオープニングテーマ「時の河」(アーティスト名:FENCE OF DEFENSE)。

 「我ら天に誓う」/「我ら生まれた日は違えども」/「死す時は同じ日同じ時を願わん」/「乾杯(カンペイ)」


 前回と少し文言が違った感じ。
 えぇ、補足する必要はないと思うけど、『三国演義』「第一回 宴桃園豪傑三結義、斬黄巾英雄首立功」の「念劉備・關羽・張飛、雖然異姓、既結為兄弟、則同心協力、救困扶危;上報國家、下安黎庶;不求同年同月同日生、但願同年同月同日死。皇天后土、實鑒此心。背義忘恩、天人共戮。」ってやつね、元ネタは(とここは前回のレポのコピペ)。

 MCが好きな国を観衆に向け聞く。呉、魏、蜀、南蛮と順に聞いていく。清岡は孫堅ファンで後漢なのでどれも手を挙げず終い。それからおもしろ三国志さんへのいじりトーク。
 そして、MCにより長野剛先生の紹介がありステージへ登場。


●第1部 長野剛先生のお話

 先生の登場で、満場拍手で会場のテンションが一気に上がる感じ。

長野先生「どうも初めまして、イラストレータの長野です。宜しくお願い致します」


 その後、ステージに用意されたイスに皆、座る。
 ここでMCにより長野先生のお仕事の紹介。スクリーンに現れた『三國志』シリーズの絵を指しながら、その人物画やパッケージのイラストを描かれたと紹介。
 ここでスクリーンにおいてその絵に左から覆い被さるように出てきたのはなんとWikipediaの長野剛の項目。これには場内大爆笑! 松本キックさん「笑いすぎやぞ!」とツッコミ。ともかくそれが読み上げられお仕事が紹介される。すべて油絵だそうな。
(※今、この項目を見ると三國志V及び三國志VII以降なんだね。MCで1977年から1980年生まれと年代を限定した理由がわかった気が)

 ここでMCから質問。一番最初(※重語のまま)に描かれた「三国志」は何かというもの。長野先生曰く、○○書店(※名前失念)の三国志関係の本の表紙で劉備と諸葛亮を描いたとのこと。とにかく人物画を描きたかったとのこと。
 ここでスクリーンに長野先生のイラストが映し出されて、それを中心にトークが進む。
 初めは諸葛亮。実際の大きさはB2サイズ。(※ここでMCの人がおそらく今回、唯一コスプレしてきていた横光諸葛亮について言及していた)
 描き方はまず簡単な鉛筆のスケッチを描いてそこから資料を集めるとのこと。あくまでもリアルな絵を描くため様々なモデルとなる写真を集めるという(手のモデルとか顔のモデルとか)。集めてトレーシングペーパーに元となる輪郭を書き、クライアントに見せ、OKが出たら、そこから描いていくとのこと。
 (顔の)モデルは居たか?の質問で、例えばスクリーンに映っている諸葛亮は誰か?との問いに長野先生曰く「忘れました」。そこからタイプ別にモデルがあってという話になる。諸葛亮は優男モデルという。
 長野先生が好きな人物は関羽とのこと。その理由が三国志占いで関羽だったから、とのことで場内をわかせる。というわけでスクリーンに関羽の絵が出てくる。

MC「歯並びもすごい良いですね」
長野先生「それはこの絵を納品したときに出版社の方も言ってました」
(場内爆笑)


 勢いのある絵は気分を高めるので、描いている時の表情もそういった表情になるそうな。
 それから次々とスクリーンに絵を出していく。劉備。その絵はどうやら分冊百科『週刊ビジュアル三国志』(全50巻)(世界文化社)の表紙絵からという(※清岡は、昔、ジョージ真壁さんがその表紙をえらく気に入っていたことを思い出していた)。ここで表紙の裏話。ポスターにも使うとのこと(※さらに後年発売された『ROMAN COMICS 三国志 1 桃園の誓い』の表紙にも使い回しされていた)。
 中国の連環画を参考にしているとのこと(※道理で腹巻きタイプの鎧や小さくて堅そうな冠など『三国演義』の挿絵に出てきそうな伝統的なデザインになる訳だ、と清岡は妙に納得していた)
 コーエーさんから注文の流れは、デザイナーさんが描いた簡単なスケッチをまずコーエーの社内で確認し、そのスケッチを元に描くとのこと。
 さらにスクリーンに曹操が映し出される。長野先生は馬を描くの好きとのこと。次が夏侯惇。基本的に中国人を描くときは中国系の俳優さんをモデルにするそうな。
 次が呂布。MCから「安岡力也さんがモデルですか?」と聞かれ長野先生曰く、違うとのこと。やはり赤兎馬が迫力ある、とMC。
 次が貂蝉と董卓。MCが「これこそ安岡力也さん?」と聞いたら、

長野先生「実は安岡力也さんです」


ってことで場内爆笑と拍手。董卓だけ描いてくれと言われたが、それじゃ絵にならないんで、逆に長野先生から貂蝉を描かせて欲しいといったとのこと。しかし、『週刊ビジュアル三国志』編集側では女の人を表紙に描かない方針だったらしい(読者層に男性を考えていたため。しかし女性も多い)。結局、長野先生の提案を納得したとのこと。
 女性のモデルは複数人を合成するとのこと。ここでMCが(理想の女性を)合成することは男性誰しもあって目は広末とか、と言って笑いを誘う。その次が孫尚香。
 スクリーンには黄忠、張飛、趙雲、陸遜、典偉と続く。その都度、格好良さに歓声がわく。
 ここで『信長の野望』や『三國志』などの先代のパッケージイラストを描かれた生頼範義先生(イベント中は「生頼(おうらい)さん」と呼称)との違いの話。生頼先生の信長は無骨な感じだったが、長野先生も最初、生頼先生のイメージを踏襲していたが、コーエーさんの要望により変えていったそうな。
 顔良、孫堅。ここで馬の描き方の話。さらに長野先生の幼少時代の話。小学生のころから絵を描いていて、ある日、父親から絵の描き方の本を貰ったという。ここでMCは、お父さんがもし絵の本を渡さず藤子不二雄Aの『まんが道』を渡していたら違う方向に行っていたと言って笑いを取る。長野先生はマンガは読んでいたが池上遼一先生などの劇画を読んでいたそうな。
 仕事とは別に何か描きたいものはというMCの質問に、女性が描きたい、と長野先生。仕事で男ばかり描いているからと。ここ最近、オリジナル作品で女性をお描きになっているそうな。
 馬謖。馬謖感が出てかなり味わい深い絵。次、馬超。やはり獅子兜のやつ。連環画をベースにしているので、この兜。張遼、徐晃、[广龍]徳、袁紹と続く。その都度、場内に歓声が湧く。
 ここで長野先生が初めてコーエーさんの仕事を受けたときの話。初めは出版部。『超・三國志』の小説のカバー絵だったとのこと(※清岡は、今、発売しているGAMECITY文庫『超・三國志』のイラストとはすごいギャップで販売戦略が明確だな、と思い興味深かった)。その頃ちょうど生頼先生がパッケージイラストを降りられたので出版部から推薦もあって就任されたとのこと。
 やはり『信長の野望』と『三國志』は二本柱で、『三國志』はどちらかというと時代がかなり過去なのでアレンジのし甲斐があるという。
 関平、張苞と続く。若々しい絵。
 今はスターウォーズの仕事が多いらしい。
 そして抽選会で長野先生のサイン付きポストカードがでると告知。満場拍手。長野先生退場。14時前、第一部終了。


※次記事 赤兎馬Presents「三国志の宴3」第2部レポ


※追記 自衛隊三国志(世界文化社)

※追記 戦略と義の壮大なドラマ 三国志(2010年3月1日)

※追記 私的メモ2:三国漫画分析

※追記 リンク:中国の連環画の変遷とその描写技法

※追記 三国志英傑群像伝(2011年4月-)

※追記 長野剛「原画・イラストパネル展」(2011年10月14日-16日)

※追記 まんが劇画ゼミ 7巻(1980年2月25日)

※追記 生頼 範義 氏、死去(2015年10月27日)

※追記 アートコレクション 複製原画 三國志(受注期間2016年3月6日-10日)


(※自称「リアル」なわけだけど、清岡はどちらかというとIlya Efimovich Repinや Norman Rockwellの絵画のように一場面を切り取ったような人物配置や各人の豊かな表情に想像力を刺激されドラマ性を感じる絵を好む。そのため、『週刊ビジュアル三国志』を全冊揃えるほど長野先生のファンなRiangさんのリアクションをチラ見てしつつ脳内補正をかけていた。また衣裳や(のある)馬具を見ても、連環画をベースにしているためかリアリティを感じなかったのでやはり脳内補正)