Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 02月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 52 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • 2005年のウェブ三国志界は?[ブログについて]
  • 投稿者:曹徳  2005年1月 2日(日) 21:45 JST
メンバーの末席に参加させて頂きたいと思い、登録させて頂きました。よろしくお願いします。
上記、ブログ及びトラックバックに関する展望とても面白く拝見致しました。個人的にはコミュニケーションツールとして掲示板やチャットにブログという選択肢が増えたと考えています。サイト活性化の一端となれるでしょう。また、おっしゃられるように、三国志をメインとするサイト以外のサイトや閲覧者との接点が出来るというのは、とても有為で、今後の展開が楽しみなところと思っています。

ただ、実際僕がブログの位置付けに当惑したのと同様、三国志界的には当分ブログの使い分けに苦慮される所もあるかと思われます。
2005年は三国志界におけるブログがどういう位置におさまるか、その試金石になる年かと思われます。