Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 04月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

真・三国志を見に行く小旅行(2021年10月30日)


場所 ※前の記事 リンク:三国志はじめて読むのでだいぶ心を乱されているという日記(2021年10月23日)

 2021年10月30日土曜日。ちょうど一週間前、下記関連記事で書いた「映画 真・三國無双」に原作ゲームの象徴的人物である趙雲字子龍がでなかったので、妙に映画での趙雲熱が高まってしまったんで、同じイベントで上映している、原題「趙子龍」である映画を見に行くことに。

※関連記事 メモ:映画 真・三國無双(心斎橋2021年10月23日)

 どうせだったら下記関連記事の先週と同じく三国と絡めて小旅行をしてその様を独立した記事に書こうと思い立つ。ただルートは先週と似てしまうので、今回は写真少なめ。

※関連記事 映画 真・三國無双を見に行く小旅行(2021年10月23日)

 肝心の、何の映画なのかは邦題ではすっかり書いてないのだけど、それは下記関連記事にあるように、「真・三国志 蜀への道」(原題「赵子龙」、中国2020年公開。英題「GOD OF WAR」)。先週の「映画 真・三國無双」と同じく大阪の心斎橋の同映画館で上映される。開始時刻は違って、夜。映画本編、ネタバレ部分については記事を改める予定。

※関連記事 真・三国志 蜀への道(のむコレ’21 2021年10月29日-)

 その日は朝から自宅のWiFiの調子が悪くて無駄な小一時間を過ごしてしまう。再起動は正義、WiFiの発信側の電源コードを抜いて付け直したら調子が戻った(※マネしたら駄目なやつ)。ストレスで気づいたらポテチ一袋がなくなってた。普段ありえない。下記動画を見る。20分ぐらいにミランのトピック。ミランの守備は組織と配置の素晴らしさ、と。最前線に誰が入っても後ろの守備が崩れない。サポナーラがとりあげられていた、あとペットボトル持ったままゴールのデストロ(笑)ファールをとられないんだ、それ。終盤急にアンテ・レビッチあげ。

・話題のあのシーンにも言及!?セリエA序盤戦を振り返ろう!
https://youtu.be/bo4fTzMKQTE

 日本マンガ学会第20回大会シンポジウム「BLとメディア」、やっと開催日と方法、決まったか―。1年あまり待った、楽しみ。

・日本マンガ学会第20回大会シンポジウム「BLとメディア」
https://www.jsscc.net/convention/2021_symposium

※関連記事 日本マンガ学会 2020年度大会中止(2020年7月4日5日)

※新規関連記事 増補新版 漢帝国と辺境社会(2021年11月30日発売)

 3時間仮眠するつもりが目覚めたら6時半。それで7時台に出発。映画館までは先週と同じルート。今回写真はほとんどないかな。8時18分出町柳駅発京阪本線特急(プレミアムカー連結)(淀屋橋行)。淀屋橋まで480円。やはりWiFiがあって快適。

※関連記事 メモ:蜀味な難波・心斎橋(2019年9月28日)

 8時33分、急停止したが、すぐ走り出した。定刻だったら9時12分に到着。一週間前よりも利用回数が少ないものの、やはり1日乗車券エンジョイエコカード土日祝を600円で購入。9時16分淀屋橋駅発、9時20分心斎橋駅着、180円区間。到着時刻が同じだけど先週と違って1階に待機の方々がいないと思ったら9時半開始の映画があるようで。先週と違って単騎片道の陣…いや片手で数えられる程の客数?逆にこっちの方が語れる伸び代は大きい!
 先週と違って、心斎橋駅に戻らず、そのまま御堂筋を南下。なので道頓堀のそばを通過。



※関連記事 日本人と遠近法(1998年8月20日)

 あと公開の映画の主役、趙雲に関係するものが何かないかってことで、金龍ラーメン。いや金は何も関係しないけど。



※関連記事 韓国いんちきマンガ読本(2019年8月10日発売)

 ゆっくり気味だったのに大阪難波から9時40分の阪神なんば線快速急行に乗れた。780円。とりあえず三宮までいけるそうで。でも三宮より先を目指すので、尼崎でホームに降り、5番線の10時8分発の須磨浦公園行特急に乗り込む、2両目はクロスシート。にしても阪神にのるのも久しぶり。なので、5番線へ入線する特急を撮影。



※関連記事 阪神線でいく関帝巡り(2019年9月8日)

 せっかくなんで、海側から山側への写真も撮った。神戸の風景。



 西代駅10時45分着ぐらい?そこから南下して、11時ちょうど 神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 映画 真・三國無双を見に行く小旅行(2021年10月23日)

※新規関連記事 六間道三国志祭 旗(2021年11月7日)

 残念ながら、WiFiつながらず。12時22分、つながった。映画を想定して行軍の梅曹MEN、梅と素麺があうね、おいしい。果たして趙雲の一騎駆なるか。



※関連記事 ブックカフェCha-ngokushi( ちゃんごくし )にて勝手にDay 5 他(神戸2020年6月6日)

 一緒に撮影したのは横山光輝『殷周伝説』4巻だけど、反射してよく見えないな。哪吒に太公望に面白い!後者のは俗世間ではダメダメ描写。15時45分、三国志ニュースの記事「あきない三國志プロジェクト(東京都大田区2021年11月14日-2021年12月12日)」アップ。それで映画は17時25分からなので、予定通り、16時にはお店を出る。18時閉店なので、先週みたく映画を見てからまた来店できない。16時11分駒ヶ林駅発。神戸市営海岸線(三宮・花時計前行)。240円で16時20分ハーバーランド駅到着。結構深いところから(いや都心の大江戸線に比べたら全然浅いが)、一階に上がったら、待っていたのが横山光輝「三国志」の蜀漢の五虎将軍。この駅に飾られるのは意味深。というより、映画と関連付けて考えてしまうのだけど、趙雲は主役で登場確定として、果たして黄忠、馬超は出るのかどうか。副題の「蜀への道」は厳密には蜀には到達してないという意味だし。ちなみに当日は急いでたので写真をとらず終い。後日改めて撮った。



※関連記事 adidas Basketball 5 GENERALS(2020年5月)

 16時32分神戸駅発、JR神戸線新快速(長浜行)。410円で大阪駅へ。席に座って気づいたのだけど、Cha-ngokushiにノートPCのACアダプタを忘れた。次の土日に行こうと思っていたものの、さすがにそこまでバッテリーがもたないので、予備のACアダプタが売っていれば購入しようかと考えていた。16時58分大阪駅到着。17時6分梅田駅発、17時12分着。とりあえずACアダプタを忘れた旨をお店に伝えようとしたけど、6分じゃうまくつながらないね。いや、ツイートまではできたけど。

 シネマート心斎橋に到着。ここから先の映画については記事を改めるのだけど、人はまばらだがもう開場してたので、まともな映画館ぽい写真は撮れてない。映画の特典としてもらったチラシを後日、記念撮影。なぜか出てないのに孔融とのツーショット。映画自体は17時25分よりスタート。

※映画記事 メモ:真・三国志 蜀への道(心斎橋2021年10月30日)


 
 それで予定ではそのまま家に帰るつもりが、そのまま御堂筋線でヨドバシ梅田へ。ACアダプタを自力で探しだしたところでようやく店員登場。動作テストしてもらって問題なく充電できたので(いやオチへのフリだな)。

※関連記事 ひまわりっ ~健一レジェンド~ 13巻(2010年2月23日発行)

 淀屋橋駅で京阪の特急に帰る。21時15分に京都の市バスに乗り込む。それで家に帰って気づいたのだけど、というかあれこれテストしたのだけど、どうやらパソコンを起動させた状態だと充電されないようだね。休止モードにするか電源OFFにしないと充電されない。つまりACアダプタを挿していても、バッテリ駆動とかわらないというオチ。大人しく明日、お店に取りに行くことにしよう。

※新規関連記事 四条寺町デパ地下古本市(京都2021年10月29日-11月7日)


 以上で小旅行の話は終わりで、以下、蛇足的に日常記述。10月31日日曜日、購入したACアダプタが電源をおとさないと充電できないことがわかって失意のうちにダラダラとすごしていてアタランタ×ラツィオ戦に備えて眠って、2時に目覚しをかけていたのに3時半におきてあわてて見たら、実は日本時間で昨日の22時からスタートで、サマータイムが終わったことと、時差と二重に誤ってしかも寝坊したという誤りに誤りをかさねていた。仮眠から7時前起床。2020年6月28日WOWOW放送の映画「泣き虫しょったんの奇跡」2018年を見る。実話のドラマ化。1970年生まれで将棋の奨励会で断念したがアマ名人で脚光を浴び特例で規定年齢を過ぎても勝てばプロになれるという流れ。王道な描き方で面白かったな、ちゃんとそれまで主役がかかわってきた人物がプロ決定戦でのリアクションを見せるし。小中学生のときの先生とか夢やぶれて中華料理店で働く先輩とか。つか全然泣き虫じゃない。アニメ「無職転生」#15 安定したおもしろさになってきたなー。獣人の街からいよいよ旅立ち。アニメ「最果てのパラディン」#3を見る。転生先の謎がとけた!三国志ニュースの記事「中国文学の歴史 古代から唐宋まで(2021年10月)」を書く。

※次の記事 教養として学んでおきたい三国志(2021年11月26日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5877
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。