メモ:空旅中国 茶馬古道(NHK BSプレミアム2020年3月14日)

※前の記事 リンク:史略 巻1,2(1225-1227年)

 2021年8月16日月曜日、HDDに録っていた2020年4月16日13時30分-15時NHK BSプレミアム再放送の番組「空旅中国」「茶馬古道」を見る。

・空旅中国 - NHK
https://www4.nhk.or.jp/P5713/

※関連記事 空旅中国 孔明が挑んだ蜀の道(NHK BSプレミアム2019年8月14日)

※新規関連記事 空旅中国 英雄が駆けた道 孔明 天下への道(NHK 総合2021年9月13日)

・NHKオンデマンド | 空旅中国 「茶馬古道」
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020106434SA000/

 上記ページによると、初回放送は2020年3月14日放送で、国際共同制作:NHK/北京テレビ。語りは近藤正臣さんと小谷直子さん。上記ページから引用するに「ジノ族は諸葛孔明とゆかりある茶を育て」とあるんで、三国との関係がわかる。
いや、番組を見てからそれに気づいたんだけどね。サブタイトルにある茶馬古道を空撮を含め辿り、近藤正臣さんの語りをかぶさている番組の構成で、雲南省南部の亜熱帯の森の道をたどり、24分ごろにジノ族の解説(語り)が下記に引用するように入る。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わずか2万、どこからきたのか、独自の言葉を話すが文字はない。実は先祖代々うやまう人物がいる。あの三国志の諸葛孔明だ。言い伝えでは孔明から茶の種を授かった。この山は今や茶の名産地です。ジノ族のお茶、三国志の英雄から授かった、なにかちょっといい言い伝えですね。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これで終わりかと思ったら、31分40秒ごろに下記に引用するように近藤正臣さんの語りが入る。「あくまで言い伝え」ってあたりが良心っぽい。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
保存された茶馬古道。つい数十年前まで千四百年近くも使われていた道ですぞ。雲南の人々が茶の祖と思う人がいる。茶の産業を花開かせた人物がいる。諸葛孔明、三国志の英雄です。ああ、これあくまで言い伝えなんですが、雲南遠征をしたときに、兵士が食あたりをしました。困った孔明は現地の人が飲む茶に目と付けたそうです。解毒作用がある、と気付き、ならば、と種を持ち帰り蜀の国に、今の四川省に茶畑をひろめていった。お茶産業が戦で疲弊した経済を立て直す、「孔明興茶」と呼ばれた。そうか茶は雲南から四川へ、四川から長安へ、そして中国から世界へ!へーそういうこと?いやいや今はチベットへお茶を運ぶのが役目です。ビタミンを待っている遊牧民に届けるために。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 テロップで「諸葛孔明(181~234)」と出て、その後、「孔明興茶」というテロップが左下にでて、カメラが左から右へ回って、映像で台座に「孔明興茶」と書かれた諸葛亮の石像がでてくる。言い伝えは何か華佗っぽいエピソードではある。

※関連記事 中国の民話《薬草編》下巻(1987年12月)

 これで終わりと思ったら、39分ごろに下記に引用するのも出てくる。お茶を入れているところ。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
百回もふるなんて待ちきれませんな、私は。そうか、きっと商人だけではなく諸葛孔明もこうしたお茶でもてなされて、はたとひらめいたんだな、健康ブーム先取りー
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 三国志ニュースの記事「飯田市川本喜八郎人形美術館 休館(2021年8月20日-9月12日)」を書く、3時25分アップ、8月29日分。2020年4月26日BSフジ放送「鉄道伝説スペシャル」「時代を走る鉄道たち2020春」を見る。いつもの再放送パックと思ったら、間に南野さんらのトークが入る新録だった。2020年の引退車両特集でふしぎな感じ。スーパービュー踊り子ってもう引退してたか、というかあの豪華さはバブル時代からきてたのか、というか全盛期はバブルとともにきえたのか。4時40分、皿うどん食べ終える。ミニポークビッツ食べ終え。下記配信を見る。メモね、DAZN火曜「FOOTBALL FREAKS」はセリエA。あとこの配信の終わりの方にジルーとか、ミランでのフランス人とか。

・今季はこの選手たちを見て! 計21人を紹介します!
https://youtu.be/NG0d2oe4AW8

※次の記事 リンク:三国志に見られる、日本らしい「アレンジ」(サーチナ2021年8月16日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5799