Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 11月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 65 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

新脩 最新漢文讀本 第四册(1937年6月25日發行)


書籍 ※前の記事 尋常小學國語讀本 卷十一(1935年8月13日脩正發行)

 2020年10月31日日曜日昼。前の記事と同じく帰宅して「第44回 秋の古本まつり」で購入した本、というか教科書を確認。次に服部宇之吉/編『新脩 最新漢文讀本』第四册(冨山房1937年6月25日發行、編者の方は著名な中国哲学の学者だったんだね、表紙には「文學博士」と)。前の記事と同じように表紙の左上に鉛筆で「100」と値段が書かれてある。前の記事は「国語」という教科だったが、今回の記事は「漢文」という教科。

   
 前の記事で書いたようにpp.48-51曾先之「[練習] 赤壁之戰」、pp.51-54蘇軾「[一五] 前赤壁賦」、pp.54-56蘇軾「[課外] 後赤壁賦」、pp.56-58安積信「[一六] 題赤壁圖後」がある。「赤壁之戰」はそこに付される人名から今の日本の教科書でおなじみの『十八史略』によるものだとわかる。

※関連記事
 十八史略(2014年7月9日)
 教科書本文データ集(全国漢文教育学会)

 文章自体は訳文や書き下しではなく漢文そのものだが訓点が付されている。ページ上部の欄に語句説明がある。西暦ではなく皇紀表記ってのが時代性。p.49の下部には赤壁が中国大陸のどこにあるかの地図。p.50の上部には「赤壁戰址」と銘打たれた白黒写真。崖に赤壁という額縁付き(?)の文字がある。注によると安 積信という方は日本人みたいだね、皇紀2520年、西暦1860年に年76(数え年?)で亡くなった方。「定價 各册金五拾五錢」とのことで前回の国語の教科書の五倍あまりで、やはり小学より高等な教育の場で使われた教科書なんだろうね。


 2019年6月15日NHK BSプレミアム放送、プレミアムドラマ「長閑の庭」(3)全4回が面白くて見切ってしまった。橋本愛演じるシュヴァちゃんの視座に立てば教授のエプロン姿が可愛く見えてくる。13時15分出発。

・プレミアムドラマ「長閑の庭」 | NHKドラマ
https://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=5850

※関連記事 パリピ孔明 3巻(2020年10月14日)

 京都駅の成城石井でおにぎり2つ買う。14時発琵琶湖線新快速(米原経由近江塩津行)。ずっとジーナ・キーティング、牧野洋/訳『NETFLIX コンテンツ帝国の野望 GAFAを超える最強IT企業』(新潮社2019年6月25日発行)を読んでいた。USAのNETFLIXはもともと、オンラインDVDレンタルのサービスで今のようなストリーミングのサブスクリプションではない。つまりはオンラインで発注をかけたら郵便でDVDが送られてくるサービスでリアル店舗のように延長料金を払わなくても良いという売り。月最大三本まで借りられるとか値段に応じた内容をあれこれ用意してあり、ヘビーユーザーからの魅力としてはシネマッチというリコメンドエンジンがある。リアル店舗の大手ブロックバスターとの競争がとてもおもしろく、その子会社のブロックバスターオンラインをめぐる内部でのいざこざ、ネットフリックスとの競争などなどで、p.216-「新世代ブロガーの先駆け、マイク・カルトシュネー」では「ハッキング・ネットフリックス・ドット・コム」のブログ主、マイク・カルトシュネーがクローズアップされる。ここらへんのファン行動おもしれー。
 下記記事を読む。「受信のほうが多ければ、もはや、「SNSの奴隷」です。」には共感やな。まぁ、平日毎日鉄道のホームとか車内とか眺めていたら自戒の必要もないのだけど。あまり直視したくないあの首の角度。

・応援しフォローするものが減った/自分で自分を応援するので忙しい|佐藤大朗(ひろお)
https://note.com/hirosatoh3594/n/n70fdb8cbc2a8

※関連記事 パリピ孔明 3巻(2020年10月14日)

※新規関連記事 どうぶつ三国志(なつぞら(79)2019年7月1日)

 で、テーマ的に似ていた。こちらも本をきっかけとしてる。なるほどねー。

・私が「デジタルリセット」を決意した理由
https://kenta-survival.com/digital-reset/

 大垣駅ではそのまま直通なのに終点って言い切ってたな。17時4分、三国志ニュースの記事「CHARA-MASK 横山三国志(2021年2月)」を書ききる。17時11分、豊橋駅プロントの電波強い!豊橋駅気温16℃。18時55分 島田駅 磚画・壁画からみた 魏晋時代の河西(2019年9月30日)を書ききる。さすがにこの時間ミランスポットは見えないな。22時42分、三国志ニュースの記事「勝手に出版記念 呂布について(三国志祭 2020年11月1日)」を仕上げる。というわけで都内某マンガ喫茶に到着。

※次の記事 諸葛孔明ポストカード(青梅市吉川英治記念館2020年9月7日?)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5517
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。