月岡芳年『月百姿』発行135年記念展 後期(川崎浮世絵ギャラリー2020年9月19日-10月18日)

※関連記事 リンク:「月岡芳年ー血と妖艶」展スライド・トークその4「月百姿」(2020年8月27日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

上記関連記事で触れた太田記念美術館での展覧会「月岡芳年 血と妖艶」前期、2020年8月1日-30日の期間、月岡芳年「月百姿 南屏山昇月 曹操」が展示されたのだけど、その後、おそらく下記サイトの下記ページにあるように、神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階 川崎浮世絵ギャラリーでの「月岡芳年『月百姿』発行135年記念展」の後期、2020年9月19日土曜日から10月18日日曜日まで、月岡芳年「月百姿 南屏山昇月 曹操」が展示されるのであろう。開館時間は11時から18時30分まで。観覧料500円

・川崎浮世絵ギャラリー ~斎藤文夫コレクション
https://ukiyo-e.gallery/

・開催中のイベント
https://ukiyo-e.gallery/current_event/

・月百姿 南屏山昇月 曹操 - 国立国会図書館デジタルコレクション
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1306349

※関連記事 魏晋学術考(1968年)


上記の国立国会図書館デジタルコレクションでどんな絵かは見ることができる。
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5428