ミニチュア山鉾(京都大丸2020年7月)


※前の記事 パリピ孔明 2巻(2020年7月8日)

 2020年7月12日日曜日夕方、神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)を出て、特に急がず列車を乗り継いで行ったら、京都の阪急の四条烏丸駅についたのが21時前。市バスで帰ろうと東側の改札から出たらあるものに気づく。それは大丸京都店の地下側のショーウィンドウ。

・大丸京都店
https://www.daimaru.co.jp/kyoto/

 そこに飾られたのは、京都祇園祭の山鉾の絵と、それらの前を長細い楕円を順に進行するミニチュア山鉾。今年、新型のやつの影響で京都祇園祭の宵山や山鉾巡行が中止になったがこういう企画は嬉しいね。
下記関連記事にあるように、それらの中で三国に関係するのは鯉山、孟宗山、菊水鉾だ。夢中になって写真撮影した絵とミニチュアを下記に順に並べておこう。

※関連記事 京都祇園祭宵山で三国(2013年7月16日)

  
          鯉山


  
          孟宗山


  
          菊水鉾

 そのショーウィンドウにあった、説明書きによると、大丸京都店の4階のリビング雑貨売場にて展示されるミニチュア山鉾が3410円で売られているそうな。下記関連記事にあるように、菊水鉾は曹丕関連だし、即位1800年記念にファンは購入するのかな、と想像していた。

※関連記事 7月16日 京都祇園祭宵山に菊水鉾

※次の記事 リンク:日本人は『三国志』を「自分のもの」にしている―中国人学生(レコードチャイナ2020年7月14日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/5407