Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 10月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

第2353回 近畿宝くじ(2012年3月14日-27日)


  • 2012年3月 5日(月) 19:19 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,088
物品 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ)
http://www.chugen.net/
英傑群像

・三国志宝くじ発売!?  (※上記ブログ記事)
http://sangokushi.chugen.net/3021

上記ブログにあるように、2012年3月14日から27日までの発売の「近畿宝くじ」が、下記サイトにある、兵庫県神戸市長田区(最寄りはJR新長田駅と神戸市営地下鉄海岸線駒ヶ林駅)の大正筋商店街のアスタくにづか5番館2階の「KOBE三国志ガーデン」を紹介したようなデザインになっているという。下記サイトにある近畿宝くじの画像をみる限り、その施設のマスコットキャラクターである関うーたんや孔明わんが脇に描かれ、メインにKOBE三国志ガーデンのジオラマ館のジオラマ、体験館のスマートボールっぽいゲーム、交流館の仮装コーナー、庭園が描かれている。

※追記 鉄人モニュメントの次は三国志“ゆるキャラ”(神戸新聞2010年7月28日夕刊)

下記サイトによると「近畿地方の一般宝くじ売り場にて販売」とのこと。

・KOBE三国志ガーデン
http://www.3594garden.com/
三国志ガーデン

※関連記事
 KOBE三国志ガーデン(2011年3月19日)
 11月以降KOBE三国志ガーデン内イベント(2011年11月-)

※追記 KOBE三国志ガーデン1周年記念ステージイベント(2012年3月18日)

※追記 よみがえれ三国志武将!(2012年3月-)

その「近畿宝くじ」は下記サイトの「宝くじの発売スケジュール」によると、第2353回で単価100円で抽せん日は3月29日、1等1000万円×1本、前後賞500万円×2本(以下略)とのこと。

・宝くじオフィシャルサイトのご案内|Home
http://www.takarakuji-official.jp/

同じ所をよく見ると同じ発売期間で同じ抽選日で「第2354回 近畿宝くじ 春きらきらくじ」があって、それは単価200円で1等1億円×1本、前後賞500万円×2本(以下略)とのこと。個人的に宝くじに興味も知識もないので、素朴に疑問を抱くのだけど、同時期に同じ近畿宝くじだなんて競合しないのかな?と思ってしまう。

話を戻し、このデザインの「近畿宝くじ」発売に合わせ、2012年3月17日から20日までの期間にKOBE三国志ガーデンではKOBE三国志ガーデンジオラマ館の来場者にこのデザインの近畿宝くじをプレゼントするという。各日50枚で「※割引利用の方は、対象外となります。」とのことだ。

このKOBE三国志ガーデンは/宝くじの普及宣伝事業として/整備されたものです。/平成23年3月/神戸市KOBE三国志ガーデンの壁には右の写真のようなプレートが掲げられており、「このKOBE三国志ガーデンは/宝くじの普及宣伝事業として/整備されたものです。」とのことで、元からして「宝くじの普及宣伝」するものだから、そのコンテンツを宝くじのデザインに有効活用するのは自然なことなのかな、と部外者としては感じてしまう。まぁ、例えば外から人と金を商店街に呼び込む等、間接的にさえも復興にお金が費やされず、上の方と外だけで資金が回り、「三国志」関連が出汁に使われるだけの「供給過剰」で返って恨みを買ってしまうという印象がなければ、第三者・部外者から文句を出す筋合いもないけど。素朴な疑問として費用対(商店街への)効果は気になるね。むしろちゃんとそれを調査し(来場者数だけでなく)評価する仕組みは組み込まれているのかが気になるか。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2326
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。