面白いほどよくわかる三国志(2001年6月)

※関連記事 イラスト図解 三国志(2010年9月29日)

上記関連記事の続き。

やはりAmazon.co.jpでフォローし損ねに気付いたんだけど、下記グループ公式サイトの書籍ページによると、2001年6月に日本文芸社より阿部幸夫/監修、神保龍太/著『面白いほどよくわかる三国志 英雄・豪傑たちの激闘の軌跡と三国興亡のすべて』(学校で教えない教科書シリーズ ISBN978-4-537-25044-2)が1365円で発売したという。

・日本文芸社
http://www.nihonbungeisha.co.jp/

・日本文芸社 | 面白いほどよくわかる三国志/阿部 幸夫 監修/神保 龍太 著
http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/pages/ISBN978-4-537-25044-2.html

Amazon.co.jpによると、『面白いほどよくわかる三国志』の改題、軽装版として同社から2004年9月に阿部幸夫/監修、神保龍太/著『今さら聞けない三国志のツボ』が発売したそうな。
ちなみにこれらを出版する日本文芸社と文芸社とは別の会社のようだね。

それとこれらの書籍の監修者が或る先生と一字違いだったので、何か関係するかと思ったんだけど、著者名で検索すると、三国もの以外でも引っかかるので多分、無関係なんだろうね。ちなみに三国ものは他には『思わず話したくなる三国志の謎』(日本文芸社2006年6月)、『三国志のすべてがわかる』(日本文芸社2008年3月)、『史記~三国志に学ぶ「勝つ」技術!』(パンドラ新書、日本文芸社2005年6月)、『超おもしろ三国志』(にちぶん文庫、日本文芸社)などがある。

※追記 第24回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2011年8月11日-16日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/2118