本サイトの雑記から分離整理したできたブログ。
タイトル通りライト層による単なるメモなので面白みはないかと思われます。
書き手がミラニスタなので内容はACミラン中心です。
<< 2024年2月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
<< ニュースの記事 >>

メモ:KAMO SUMMER BARGAIN 2014 京都


 2014 FIFAワールドカップの7月5日土曜日の分をビデオの追っかけ再生で見終え(つまり時差では半日前)、急いで身支度し、予定していたバスには信号に阻まれ間に合わず。だけど、諦めずに走って、バスが信号待ちの間に追い付き、次のバス停で乗り込む
 四条烏丸に到着したのは9時40分ぐらいだった。
 そこから目的のきらっ都プラザに行くのだけど、南側のバス停のすぐ傍にその建物があるのは看板でわかるが、何階にあるか把握する前に思わずエレベータに飛び乗った。各階説明を見ようとするも他の同乗者に阻まれ読めず、降りようにも他の同乗者同士が話し込んでまったくこっちに気を向けず、かといって明確に何階に降りるか決められないので、声も出せない。気が付けば、何の興味も関係もないイベント会場前の階に降りていて、仕方なく、折り返しエレベータに乗る。
 そして案内板をみるにどうやら2階から4階まであたりが目的のところだようで、2階で降りる。

京都産業会館: 京都市内最大級/アクセス抜群の展示場・イベントホール きらっ都プラザ - 京都産業会館

 目的地はきらっ都プラザでふとエレベータ横(西方面)の階段を見ると、上の階から行列が伸びていた。ブラジル代表のマークの入ったポロシャツを着た人もいたし、それが目的の行列だと気付き、確認する前に体を動かし最後尾に並ぶ。正式名称はきっちり確認してないが、目的のイベントは「KAMO SUMMER BARGAIN 2014 京都」だ。10時開始で案内のハガキがきていて、明日も含め各日先着30名に500円の割引チケットが配られるとのことだった。

サッカーショップ加茂 サッカー用品 サッカーユニフォームなど

 その先着がきになって、階段の上の方を仰ぐとどうやら行列は4階まで続いているようで、もう諦めてしまった。それでも期待が高まる。父子連れや母子連れ、それに10代ぐらいの男友達の集団が多く、私みたく一人は珍しいようだ。近くの男が子にスマホを見せながら、「脊髄骨折だって」と言う(もちろん正確には「腰椎骨折」ね)。それがすぐにスニガから背にジャンピングニーパット喰らったネイマールのこととわかる。もう今回のワールドカップ出場が絶望的だな、と思っていた。

チアゴ×マリオ(2014年7月5日の雑記)

 店員さんが前から順にKAMOの買い物ふくろを配りだしさらに他の店員さんがハガキを回収する。回収したからといって特に特典があるわけでもなく、バッチリ、マーケティングに使われるのだろう。
 回りを見回すとバロテッリ(ではないだろうが、青いシャツに9番で黒人で頭が黄金クレスタだし。)のショボンTシャツやACミランのポロシャツ、それにキッズのユニフォーム…と思ったら、2012/13シーズンの襟なしTシャツを着ている子がいるし。
 入場。入口付近にキッズ向けの1000円均一と2000円均一。そこが目的地なんだけど、ひとまずまわる。ミランの今シーズンのユニフォームは全部XL。各国ポロシャツがあるけど、ケイパやロットであからさまに代表とは無関係メーカー。よく見るとFIGCマークじゃなくただのスクデットマークだ。ブラジルの黒のポロシャツにひかれたが4700円と私にとっても高額。戻って2000円均一のところにイタリア代表152cmのやつをみつけ軽くへこむ。なぜかっていうと、Sサイズのを以前、KAMOで8000円で買ったしね。こっちでよかったやんと。そしてスペイン代表やバルセロナ押しだったし帰ることに。これだと普段のKAMOの方が私にとって魅力的だったかもねー。

C O M M E N T


名前 :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>










RSS

Ringworld
RingBlog v3.22