三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
3683 / 3859 ←次へ前へ→

【182】「沈瑩臨海水土志」
お答え  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2003/6/28(土) 0:38 -

引用なし
パスワード
   http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=one&no=176&id=
↑はい、ここの続きです。
「沈瑩臨海水土志」という書物に載っていたという記述。
(この書物って、部分的にしか現存してなさそうですね)

沈瑩が書いた臨海(郡)の地理記って感じでしょうか。

辞書片手にちょいと訳しますです。


夷洲在臨海東南、去郡二千里。土地無霜雪、草木不死。四面是山谿。

夷洲は臨海郡の東南二千里にあり、土地に霜や雪はなく、草木は死なない。四方は山と谷だ。

……とここまでが、夷洲(ここの距離とかの記述が多分、台湾とする根拠)の土地柄の説明かな、ここからが陸さんご質問の「台湾にはどんな民族が住んでいたのか」にあたるとおもいます。

人皆コン(ひげがしらに几)髮穿耳、女人不穿耳。土地饒沃、既生五穀、又多魚肉。有 犬。尾短如麕尾状。

人は皆、髪を剃り、耳たぶに穴を開けていて(辞書ではその穴に玉を入れる?)、女性は耳に穴をあけない。土地は肥沃で元々、五穀(辞書によると麻、キビ、アワ、麦、豆)が生えていて、また、魚肉も多い。犬がいて、尾が短く、のろ(辞書によるとしか科のけもの)の尾みたいだ。

此夷舅姑子婦臥息共一大床、略不相避。地有銅鐵、唯用鹿格為矛以戰鬥、摩礪青石以作矢鏃。

この異民族の舅、姑、子と嫁は一つの大きな寝床で眠り、ほとんどお互いを避けようとしない。土地に銅鉄があって、ただ戦闘においてシカの角を矛として使い、摩礪青石(?)で矢じりをつくる。

取生魚肉雜貯大瓦器中、以鹽鹵之、歴月所日、乃啖食之、以為上肴。

生の魚肉を取り、大きな瓦器(かわらのうつわ?)の中に塩をいれて混ぜて蓄え、一月と数日を経て(訳、自信なし)、うまいごちそうと思い、むさぼり食う。


……こんなところでしょうか。
訳にまったく自信がないので、漢文もおいてみました。

3 hits

【170】日本・台湾 陸伯議 2003/6/21(土) 17:21 初心者質問
┣ 【171】呉からみた日本・台湾 清岡美津夫 2003/6/22(日) 14:40 お答え
┗ 【172】Re:日本・台湾 むじん 2003/6/24(火) 11:04 追記
┗ 【174】Re:日本・台湾 陸伯議 2003/6/25(水) 18:41 感謝♪
┣ 【176】夷洲&倭 清岡美津夫 2003/6/26(木) 15:02 お答え
┃┗ 【206】倭のサイト「古代史獺祭」 清岡美津夫 2003/7/5(土) 21:17 紹介
┃┗ 【207】Re:倭のサイト「古代史獺祭」 陸伯議 2003/7/5(土) 22:43
┗ 【182】「沈瑩臨海水土志」 清岡美津夫 2003/6/28(土) 0:38 お答え

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
3683 / 3859 ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
467,230
(SS)C-BOARD v3.8 is Free