三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
110 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【3432】三国時代の虎狩について教えてください。 みちゅ 2009/6/5(金) 11:05

【3438】Re:三国時代の虎狩について教えてください。 清岡美津夫 2009/6/6(土) 13:55 ひと言

【3438】Re:三国時代の虎狩について教えてください...
ひと言  清岡美津夫 E-MAILWEB  - 2009/6/6(土) 13:55 -

引用なし
パスワード
   こんにちわ。

▼みちゅさん:
>清岡美津夫さん、さっそく詳細かつ丁寧なお返事をありがとうございます!
> 
>武器は弓矢に限るわけではないのですね。
>双戟や戈のほうがアクションにしやすいので、大変有用な情報で嬉しく思いました。
>最終的に張世が捕獲している例は、孫権の身が危なかったからでしょうか?
>シナリオ的に、最後は君主に仕留めてもらわなきゃダメなんだ!という空気をかもし出したいので、そこはもう捏造してしまおうかと考えています。


先に挙げた二番目の例を私なりに訳すと、下記のようになります。

建安二十三(紀元218)年、孫権は呉に到り、〓亭(地名)でみずから馬に乗り虎を射た。馬が虎に傷付けられるところとなり、孫権が双戟を投げ、虎は退き、常に従う張世が戈で撃ち、これを捕獲した。

ということで、おっしゃるように孫権の身が危なかったからですね。
三番目の例では虎の狩猟があるごとに、孫権が乗る馬の鞍へ虎によじ登られるんで、張昭に諫められ、なおかつ孫権の安全のため、「射虎車」が作られるって話なので、臣下からみてもよほど危険に思えたのでしょう。


>>狩猟は古代より儀礼の一つで、軍事訓練の一環になりえるそうです。
>>まず思い付くのが、『周禮』(周礼)夏官 大司馬條なのですが、図書館で借りられそうな手頃な訳本が見あたらないですね(汗)
>>私がそれを知ったのが、『中國古代禮制研究』(京都大学人文科学研究所、1995年)という書籍に収録されている小南一郎「射の儀禮化をめぐって」という論文でして、そこに『周禮』夏官 大司馬條の訳が載っていました。
> 
>↑図書館で上記の文献を探してみたのですが、見当たりませんでした。
>せっかく教えていただいたのに残念です。
>でも、池田末利さんの『儀禮』(全四巻、東海大学古典叢書)という本を見つけ、その第二巻に、「大射儀」という項目が載っていたので、借りてきました。
>まだざっとしか目を通していませんが、参考になりそうな気配がします。
>狩猟が「儀礼」に通じるという発想を教えていただいたおかげです。
>本当にありがとうございました。

やはり見あたらないですね。残念です。
『儀禮』大射儀を今、ざっと見てみると、建物の名称がたくさん出てくるんで、狩猟と違ってきそうですが、大丈夫だったでしょうか。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
110 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
471,630
(SS)C-BOARD v3.8 is Free