三国志ファンのためのサポート掲示板 ※共同掲示板。話題は三国志関係。横レス歓迎。初心者モードの質問からマニアックな雑談まで
  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
470 / 659 ツリー ←次へ前へ→

【1491】丁原に関して 岡本 2005/1/26(水) 14:05

【1498】Re:丁原に関して むじん 2005/1/29(土) 21:43
┗ 【1501】Re:丁原に関して 岡本 2005/1/30(日) 0:04
┗ 【1507】Re:丁原に関して MM2 2005/2/1(火) 0:24

【1498】Re:丁原に関して
 むじん WEB  - 2005/1/29(土) 21:43 -

引用なし
パスワード
   こんにちは。

>>これについては何太后から宦官誅滅の令旨を引き出すため、示威行動を取ったよ
>>うですね。『後漢書』何進伝だったか、どこかに書いてありましたよ。

中研院が復旧したようですね。やはり何進伝でした。

>宦官への示威行動で地方の実力者の参集で前将軍・董卓の駐屯、泰山の王匡の強弩部隊、東郡太守・橋瑁の駐屯までは(穏やかではないにせよ)理解とまだ納得ができたのですが、その次の
>”使武猛校尉丁原焼孟津”のフレーズはニュアンスが完全に違います。効果的でしょうが暴挙です。反発も大きいでしょう。ほとんとその筋の人のやり方です。

橋瑁が成睾の要害を占拠したのも結構大きいと思いますが、やはり孟津炎上は心理的にインパクトが大きいでしょうね。ただ孟津の機能をどれくらい奪ったかはちょっと分からないと思います。要害は焼失しても、通常の港湾機能くらいは残ってたかも知れませんし、その逆もあり得るかと思います。

>個人的には、多分丁原の勇み足だったのでしょうが、もし命じてやらせたなら何進がやらせたと思います。袁紹が命じた可能性もないわけではないですが、もしそうだったなら洛陽人士にそっぽを向かれる危険性を無視したとは思えませんし、その後で躊躇を見せた何進の尻を叩いたときに立場が弱くて叩けないはずから。

もともと袁紹の発案なのですが、何進は陳琳の諫言を蹴って採用してるんですよね。相当な決意があったようにも見えます。そうなると意図せざることであったかどうか…。この一連の動きには洛陽の四方を途絶して宦官勢力への援軍を遮断する意図があったと思います。西は夕陽亭の董卓、東は成睾の橋瑁、北は孟津の丁原ですね。これで南方を除いてほぼ封鎖されました。

【1501】Re:丁原に関して
 岡本  - 2005/1/30(日) 0:04 -

引用なし
パスワード
   ▼むじんさん:

>もともと袁紹の発案なのですが、何進は陳琳の諫言を蹴って採用してるんですよ
>ね。相当な決意があったようにも見えます。そうなると意図せざることであった
>かどうか…。この一連の動きには洛陽の四方を途絶して宦官勢力への援軍を遮断
>する意図があったと思います。西は夕陽亭の董卓、東は成睾の橋瑁、北は孟津の
>丁原ですね。これで南方を除いてほぼ封鎖されました。

う〜〜ん、なるほど。毎度のことながら私の解釈は浅すぎ&ピント外れですねえ。
袁紹がクーデターに限りなく近いことをやる覚悟だったとすると意図してやらせた可能性もなくはないですし。事実宮中に兵を入れて宦官を誅殺するという理由は真っ当かもしれませんが一大暴挙を袁紹自身がやっていますからねえ。
竇武の二の舞だけはさけるべきだという進言から兵権を固めさせていることを考えると、第二の張奐の出現を避けるために洛陽を封鎖、そして自軍勢力の結束を固めるために仮節を得たとする見方のほうが暴走を防ぐためだったとみるよりも妥当でしょうか。

しかし、袁紹は間違いなく当時を代表する英雄であることが間接的であれ証明されますね。宦官誅滅は三国志演義では一応イベントの一つではありますが三英雄が直接的に絡んでこないことと、董卓の台頭を招いたことから前後の流れや意義をスルーされている印象が強く感じられます。

【1507】Re:丁原に関して
 MM2  - 2005/2/1(火) 0:24 -

引用なし
パスワード
   ▼岡本さん:
孟津については私も交通網とか詳しくないのですが、黄河の渡しということで前記のような発想になりました。
メインの要路なんか分かればいいんですけどね。

>西は夕陽亭の董卓、東は成睾の橋瑁、北は孟津の丁原ですね。これで南方を除いてほぼ封鎖されました。
南方は何進が南陽出身なので、地元の利を生かして色々手を回して軍を置かなくてもよい状況だったか、それとも有力豪族が怖くて置くに置けなかったかだと思います。
後者については、私は何氏は南陽豪族の中でもそれほど勢力の大きい豪族ではないと考えるからなのですが、外戚となって10年近く(何氏が皇后になったのが180年)経っていれば南陽の中でも有力豪族たりえる勢力になっているのかもしれません。
孫子に“囲師には必ず闕き”とあるのは…関係ないか。

>竇武の二の舞だけはさけるべきだという進言から兵権を固めさせていることを考えると、第二の張奐の出現を避けるために洛陽を封鎖、そして自軍勢力の結束を固めるために仮節を得たとする見方のほうが暴走を防ぐためだったとみるよりも妥当でしょうか。
竇武伝・陳蕃伝から、竇武の軍事蜂起の失敗は張奐の力が大きかったというより、中央軍の兵が宦官を恐れていた事による自壊が原因でしょう。何進(袁紹)らはその事を考慮して外軍(董卓ら)を引き込み、もし何進側が軍事蜂起しても中央軍が(外軍の行動を恐れて)宦官側につかないよう予防措置をとったのだと思います。
後に何進が誅殺された時は何進の部曲とそれに便乗した袁紹・袁術らが蜂起して、市街戦にまで発展させる事無く宮内での戦闘になりましたが(このため結局外軍は役に立たなかった)、時間的な問題はあったにせよ何進が西園から接収した軍・五営の軍(+何進の大将軍府・どさくさに紛れて殺害された何進の弟何苗の車騎将軍府)に動きが無かったのは、これらが一連の騒動を静観していたからともとれますね。

  新規投稿 ┃ツリー ┃スレッド ┃一覧 ┃トピック ┃番号順 ┃検索 ┃設定 ┃ルール ┃外部カレンダ ┃フロント  
470 / 659 ツリー ←次へ前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
472,301
(SS)C-BOARD v3.8 is Free